Intel

「デュアルディスプレイ」がもたらす新感覚の使い勝手レノボ「Yoga Book C930」を試す!

生活のあらゆるシーンでパソコンをより自由に活用したいというニーズに応え、コンバーチブルノートや2in1タブレットなど、さまざまなジャンルのデバイスが開発されている。そんななか、レノボから、1台でこれらを使い分けることができ、さらに今までにない使い方ができる新感覚のデバイスが発売された。それが、ノートPCのキーボード面に当たる部分にE Inkディスプレイを採用した、「Yoga Book C930」である。液晶とE Inkの「デュアルディスプレイ」構成を駆使して、新たな使用スタイルを提案する革新的な設計と、その実用性をレポートしていこう。

製品概要マルチタッチ対応液晶とE Inkの
「デュアルディスプレイ」構成による新感覚の使い勝手

コンバーチブルノートや2in1タブレットなど、デバイスはその形態を多様化させており、入力の手段についても、ディスプレイ上でのタッチ操作が一般的になりつつある。とはいえ、文字入力においては、物理キーボードを使った入力スタイルが、最も作業効率にすぐれるというのが、一般的な感覚だろう。しかし、その“常識”を覆したのが、レノボの最新デバイス「Yoga Book C930」だ。本機には物理キーボードがなく、天板を開くと、フラットなディスプレイが上下に2枚並ぶ。この「デュアルディスプレイ」構成こそが本機の最大の特徴であり、既存のデバイスよりさらに自由度の高い使い方を可能にしているのだ。

レノボ「Yoga Book C930」 レノボ「Yoga Book C930」
レノボ「Yoga Book C930」 第8世代インテル® Core™ i5 プロセッサー搭載
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Core、Core Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

Yoga Book C930「Yoga Book C930」は、搭載するCPU、ストレージ、Wi-Fi/LTEの組み合わせが異なる全4モデルをラインアップ。今回のレビューでは、「インテル Core i5-7Y54 プロセッサー」(1.20GHz-最大3.20GHz)/4GBメモリー/256GB SSDを搭載した上位構成のWi-Fiモデルを使用した。なお、カラーバリエーションは「アイアングレー」のみとなる

レノボ「Yoga Book C930」 第8世代インテル® Core™ i5 プロセッサー搭載 Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Core、Core Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

早速、デュアルディスプレイ構成の仕組みを見ていこう。「Yoga Book C930」では、通常のノートPCの画面に当たる部分に、10点マルチタッチ対応の10.8型WQXGA(2560×1600) IPS液晶ディスプレイを、キーボードに当たる部分には、10点マルチタッチ対応の10.8型フルHD(1920×1080)E Inkディスプレイを搭載。電子ペーパーのひとつとして知られるE Inkディスプレイだが、表示を切り替えることにより、キーボードとして使えるほか、PDFファイルを表示させたり、付属のスタイラスペンを使って手書きメモやイラスト作成が行なえたりと、多用途に利用できる。

E Inkディスプレイの表示切り替え
ペン入力時レノボ「Yoga Book C930」

E Inkは、液晶より消費電力が低く、応答性能にすぐれるため、キーボードとしての利用や、ペンでの入力に適している。また、長時間見ても目が疲れにくいため、電子書籍リーダーとしての用途にも向いている

物理キーボードに代わり、E Inkディスプレイを採用することで得られたもうひとつのメリットとして見逃せないのが、ボディの薄型・軽量化だ。「Yoga Book C930」の本体サイズは、約260.4(幅)×179.44(奥行)×9.9(高さ)mmで、重さは約775g。ディスプレイが10.8型なのでコンパクトなのはある程度予想できたが、その薄さと軽さには率直に驚いた。実際に持ってみた感覚は、ノートPCというよりタブレット端末に近い。これなら、肌身離さず持ち歩くことができそうだ。

レノボ「Yoga Book C930」

設置面積がA4用紙よりもひと回り小さいのに加え、重量は約775gと、10.8型液晶ディスプレイを搭載したノートPCとしては極めて軽量。タブレット端末のようなサイズ感で、携帯性にすぐれている

レノボ「Yoga Book C930」

物理キーボードを排したことで、1cmを切る約9.9mmという薄さを実現。メタルボディのため強度も高い

また、3本の多軸ヒンジをウォッチバンドのように束ねた「ウォッチバンドヒンジ」を採用しており、ディスプレイを自由に回転させて本体を4つのスタイルに変形させることも可能。「テントスタイル」で動画鑑賞を行ったり、「タブレットスタイル」でタッチ操作を行ったりと、ビジネスからプライベートまで、より柔軟なスタイルで使用できる。

レノボ「Yoga Book C930」

「ウォッチバンドヒンジ」はトルク圧が高いため、さまざまなスタイルに変形させても安定感が高い

4つの変形スタイル

一般的なノートPCとして使用する「ラップトップスタイル」のほか、E Inkディスプレイを底面にして液晶ディスプレイを立てる「スタンドスタイル」、ディスプレイを外側にして山折りにする「テントスタイル」、さらに、タブレット端末のように使える「タブレットスタイル」の4つのスタイルに変形可能。文字入力からタッチ操作によるWebブラウジング、動画の鑑賞まで、その時々の使用シーンや使い方の好みに応じて、それぞれのスタイルを使い分けられる

レノボ「Yoga Book C930」 レノボ「Yoga Book C930」

外部インターフェイスとして、本体両側面にUSB Type-C(USB 3.1)ポートを1基ずつ備えており、充電もUSBポート経由で行う。また、左側面にはピンで引き出すトレイ式のmicroSDメモリーカードスロットを装備する

このように、その仕組みをチェックしてみると、2つのディスプレイとコンバーチブル機能を備えた「Yoga Book C930」なら、確かに今までにない使い方ができそうだ。しかし、全く新しい形のデバイスだけに、「本当に実用的なの?」と懐疑的に思う人もいることだろう。ならば、そこは論より証拠。企画職、営業職、デザイナーという異なる職種のユーザー3人に「Yoga Book C930」を試してもらい、どんな点に注目し、実際に使ってみてどうだったのかを、次章以降で詳しくレポートしてもらった。

Report01:企画・編集職 ユーザーA文書編集ユーザーのタイピングスタイルを学習する
キーボードで文字入力が便利

記事コンテンツの企画・編集の仕事をしていて、一番気になったのはキーボードの打ちやすさです。Webサイトなどで情報をチェックしながら原稿を編集することがよくありますが、文字入力がスムーズにできなければ、作業がはかどりません。E Inkディスプレイのキーボードについての第一印象は「打ちにくそう」「タイプミスが増えるのでは」というものでした。ところが、いざタイピングを行なってみると、そんな心配は杞憂だったことに気付きました。打鍵すると、ブルッというバイブレーションが指先に伝わると同時に、音とアニメーションによるフィードバックがあるので、しっかりとした打鍵感が得られ、打ち心地も良好でした。

レノボ「Yoga Book C930」

Webで情報をチェックしながら原稿を編集してみたところ、E Inkディスプレイのキーボードは「予想していたより文字入力がしやすかった」という。また、作業中に複数のWebページを開いたり、アプリを実行したりするマルチタスク作業を試してもらったが、「動作はサクサクでした」とユーザーA

また、数日間使ってみると、タイプミスが一気に少なくなっていたのも印象的でした。タイプミスが少なくなったのは、ユーザーのキータイプの傾向を学習し、キートップの位置を擬似的にずらしてタイプミスを減らす「アドバンスド・エルゴノミック・バーチャルレイアウト」の効果によるものです。私は手が大きいほうなので、使い始めたときはホームポジションで左手の小指にあたる「A」のキーが押しづらく、キーの左端を打っていた感覚だったのですが、しばらく使っていくと、見た目のキートップの表示はそのままなのに、この「A」の認識範囲が広くなったのか、キーの中心付近を押している感覚になっていきました。一般的なノートPCの「クラシックレイアウト」と、よりキートップが大きな「モダンレイアウト」を切り替えられるなど、好みに応じてカスタマイズできるのもうれしいですね。

選べるキーレイアウト

E Inkディスプレイで表示できるキーボードは、バイブレーションや音、アニメーションによってしっかりとした打鍵感を再現している。一般的なノートPCの「クラシックレイアウト」と、タイピング時にタッチパッドを非表示とすることで、より大きなキートップで表示できる「モダンレイアウト」を選択できるのも便利だ。なお、キーの配色についても、写真のブラックとホワイトの2色から選択できる

レノボ「Yoga Book C930」 レノボ「Yoga Book C930」

「これまではタブレット端末を使っていましたが、ノートPCと2台を持ち歩くのは重いので、Yoga Book C930のみを携帯して通勤時に電子書籍を読んでみました。E Inkディスプレイは映り込みが少なく文字が読みやすいので快適です。帰宅後はテントスタイルで最新の映画コンテンツを鑑賞してみましたが、3次元サラウンド技術のDolby® Atmosにも対応しているので、臨場感たっぷりに楽しめました」(ユーザーA)

レノボ「Yoga Book C930」

「Yoga Book C930」の天板を指先で軽く2回叩けば液晶ディスプレイが持ち上がる「Knock to OPEN」により、サッと作業に取りかかれるようになっている。より快適に使用するためのちょっとした工夫だ

Report02:営業職 ユーザーB会議・商談物理キーボードがない薄型・軽量ボディ
会議や商談でE Inkディスプレイが大活躍

営業マンが打ち合せや商談で使うには、まず機動力の高いパソコンであることが欠かせません。いつでもサッと持ち出せて、スマートに使えることが重要です。その点、「Yoga Book C930」は物理キーボードがないため、想像以上に薄くて軽い。これなら持ち運びが苦になりません。もともとメタルボディで強度が高いうえ、通常の保証ではカバーされない、落下、液体こぼしなど偶発の事故による修理費用を、レノボが1年間全額負担してくれるプレミアムサービス「アクシデント・ダメージ・プロテクション」も受けられるので、外出先はもちろん、出張にも気軽に持ち出せました。

レノボ「Yoga Book C930」

小型・軽量ボディのため、持ち運びが苦にならない。サッと持ち出して使えるので、忙しいビジネスシーンで便利だ

社内での会議やお客様との商談中に便利だと感じたのは、液晶ディスプレイで資料やWebブラウザーを表示しながら、付属のスタイラスペン「Lenovo Precision Pen」でE Inkディスプレイにメモを取れたことです。大事な情報やスケジュールもすぐに手書きで書き込めるので、重要な商談内容を漏らさず記録できました。また、液晶ディスプレイを180°開いて、商談中にお客様と画面を共有することができるコンバーチブル機能も便利です。薄型・軽量で柔軟な使い方ができる「Yoga Book C930」は、営業マンの頼もしいビジネスパートナーになってくれるはずです。

レノボ「Yoga Book C930」

商談中は、さまざまな情報をチェックしつつ、顧客の要望を聞き漏らさないことが重要。その点「Yoga Book C930」なら、液晶ディスプレイで資料やWebブラウザーを表示しながら、10.8型のE Inkディスプレイでメモが取れる。「紙のノートも持ち歩いていますが、ほとんど使用する機会がありませんでした」(ユーザーB)

レノボ「Yoga Book C930」

液晶ディスプレイを180°開いて、画面を共有しながら商談を進められるのも便利。「イラストとテキストを示してご提案する場合など、画面を見せながらのほうが伝わりやすく、折衝もスムーズでした」(ユーザーB)

レノボ「Yoga Book C930」

最大約11時間(JEITA2.0)のバッテリー駆動が可能なので、1日フルに使用してもバッテリー切れの心配は少なそうだ。実際、朝10時に出社して、夕方18時に最後の打ち合わせを終えるまで使用しても、バッテリー残量は36%と、まだ余裕があった

Report03:デザイナー ユーザーCデザイン作成スタイラスペンによる本格的なクリエイティブ作業も!
アイデア次第で使い方が広がる

創作力が求められる仕事なので、デザインやイラストのアイデアを思いついたらその場ですぐにスケッチするようにしています。「Yoga Book C930」で一番チェックしたかったのは、付属のスタイラスペン「Lenovo Precision Pen」の描き心地です。実際に使ってみると、文字もイラストも思い通りのタッチで表現できて、とにかくなめらか。紙に描くのとさほど変わらない感覚で自然に使えました。

レノボ「Yoga Book C930」

4096段階の筆圧検知や傾き検知などにより、なめらかな描き心地を実現した付属のスタイラスペン「Lenovo Precision Pen」。繊細なタッチも思い通りに表現でき、本格的なイラストも描くことができる「なめらかな描き心地がお気に入りです」とユーザーC

Webサイトをチェックしながら、頭に浮かんだイラストをスケッチできるだけでも便利なのですが、「描いたら終わり」にならないのが「Yoga Book C930」のいいところ。スケッチしたイラストをクリップボードにコピーして、画像編集やプレゼンテーション用のアプリに貼り付けられるんです。各種アプリに貼り付けたイラストには絵柄や文字、写真などを加えられるので、本格的なデザイン作成にも活用できますし、もちろん、デザインのラフにもそのまま流し込めます。

レノボ「Yoga Book C930」

スケッチしたイラストはクリップボードにコピーしてアプリに貼り付けられ、絵柄や文字、写真などを加えることも可能。「これまでのパソコンと同じコピー&ペーストの要領で行えるので、操作がとても簡単でした」(ユーザーC)

また、プライベートでは、5歳になる子どものお絵かき用としても重宝しました。子どもが描いたイラストをデータで保存しておけば、家族で共有できる貴重な成長記録になります。アイデア次第で柔軟に使用シーンを広げられるのも、「Yoga Book C930」の大きな魅力ではないでしょうか。

レノボ「Yoga Book C930」

デザイナーである母親の絵心を受け継いだのか、5歳の子どももお絵かきが大得意。「子どものお絵かきをデータで保存できるので、家族や友人と手軽に共有でき、楽しみが増えました」(ユーザーC)

レノボ「Yoga Book C930」

「スタイラスペンをマグネットで天板に装着しておけるのもありがたいです。細いペンなので、ついどこかに置き忘れてしまうことがありそうで」とユーザーC

キャンペーン情報お得に購入するチャンス!
最大7,000円分がお得になる新生活応援キャンペーンをチェック

レノボ「Yoga Book C930」

レノボが実施している「新生活応援キャンペーン」も忘れずにチェックしておきたい。その内容は、2019年4月7日までに「Yoga Book C930」を購入すると、最大7,000円分がお得※になる(Microsoft Office非搭載モデルも対象)というもの。新年度に向けて心機一転、パソコンを新調しようと考えているのなら、今が絶好のチャンス! お得に「Yoga Book C930」を手に入れて、新生活のスタートダッシュを決めてはいかがだろうか。 ※ 店舗によって内容が異なることがあります。

まとめ使い込むほどにわかる実用性の高さ。
モバイル用のサブマシンにもうってつけ

今回の検証では、異なる職種のユーザー3人に「Yoga Book C930」を試してもらったが、全員がその実用性の高さに納得しており、まさに目からウロコという様子だった。「デュアルディスプレイ」構成の採用により、本体をタブレット端末並みに薄型・軽量化されただけでなく、ユーザーのタイピングの傾向や好みに合ったキーボードが使えるほか、Webサイトを閲覧しながらメモを取ったり、スケッチやイラストを描けたりと、今までにない活用の仕方ができた。また、本体をさまざまなスタイルに変形できるのも便利で、使い込むほど従来のノートPCやタブレット端末に戻れなくなりそうだった。もちろん、薄型・軽量なので、モバイル用のサブマシンとしてもうってつけ。これまでのデバイスにない魅力を備えた革新的なモデルを、ぜひ多くの人に試していただきたい。

レノボ「Yoga Book C930」
レノボ「Yoga Book C930」
「デュアルディスプレイ」でパソコンを革新する
レノボYoga Book C930
Core i5-7Y54/256GB SSDを搭載 上位モデル
ZA3S0141JP価格.comでの最安価格をチェック!
Core m3-7Y30/128GB SSDを搭載 下位モデル
ZA3S0144JP価格.comで最安価格をチェック!
主なスペック(Wi-Fi版)
型番 ZA3S0141JP検証機 ZA3S0144JP
ボディカラー アイアングレー
CPU インテル Core i5-7Y54 プロセッサー
(1.20GHz-最大3.20GHz)
インテル Core m3-7Y30 プロセッサー
(1.00GHz-最大2.60GHz)
OS Windows 10 Home 64ビット
メモリー 4GB DDR3
ストレージ 256GB SSD(PCIe) 128GB SSD(PCIe)
ディスプレイ(×2) 10.8型IPS液晶(2560×1600、10点マルチタッチ対応)/
10.8型E Ink (1920×1080、10点マルチタッチ対応)
バッテリー駆動時間
(JEITA2.0)
約11時間
充電時間 約3時間
外部インターフェイス USB3.1 Type-Cポート×2、microSDメモリーカードリーダー
ボディサイズ 約260.4(幅)×179.44(奥行)×9.9(高さ)mm
重量 約775g