NEC製パソコンが3万円台(税込)から!高信頼と高コスパを両立したスタンダードノート「LAVIE Direct NS(A)」徹底検証

NEC「LAVIE Direct NS(A)」

最近のパソコン市場を見渡すと、リーズナブルで購入しやすい3〜4万円台のスタンダードノートもいくつかあるが、そのほとんどは海外メーカーの製品だ。しかし、品質やアフターサポートの面で、何となく海外メーカー製品に抵抗があるという人にとって、この価格帯でほかの選択肢がないかというと、そんなことはない。老舗の国内パソコンメーカーであるNECパーソナルコンピュータのスタンダードノート「LAVIE Direct NS(A) 価格.com限定モデル NSLKB520NAFZ1B」は、3万円台(税込)から買えるのだ。本記事では、その魅力に迫った。

高品質3万円台で買える! 国内メーカー製スタンダードノートの最新モデル

大画面と余裕のあるキーボード、豊富な外部インターフェイスを備えた15.6型スタンダードノートは、家庭のメインマシンとして人気がある。価格性能比にすぐれ、多用途に使えるのがその理由だ。特に、Web閲覧やメールの送受信、オフィス文書の作成が主な目的という人にとって、必要十分な性能を備えた3〜4万円台の低価格モデルは魅力的。ただ、信頼性の高い国内メーカーの製品となると、途端に選択肢が少なくなる。そんな中で異彩を放つのが、3万円台(税込)から買えるNECパーソナルコンピュータ(以下、NEC)のスタンダードノート「LAVIE Direct NS(A)」シリーズだ。

同シリーズから2018年7月に発売された「LAVIE Direct NS(A) 価格.com限定モデル NSLKB154NACZ1S」は、国内メーカー製品としては高いコストパフォーマンスが注目され、価格.com「ノートパソコン」カテゴリーにおける売れ筋ランキングで、同年9月まで約2か月間にわたり堂々の1位を獲得し、高い支持を集めた。今回レビューするのは、その後継となる最新モデル「LAVIE Direct NS(A) 価格.com限定モデル NSLKB520NAFZ1B」(以下、LAVIE Direct NS(A))で、価格は39,800円(税込。2019年5月16日時点の価格.com最安価格)。インターネット通販中心に販路を絞り、販促費や広告費を抑えることで、低価格を実現したモデルだ。

NEC「LAVIE Direct NS(A)」

NECの15.6型スタンダードノート「LAVIE Direct NS(A)」の最新モデルとなる、「LAVIE Direct NS(A) 価格.com限定モデル」。国内メーカー製品ながら、39,800円(税込。2019年5月16日時点の価格.com最安価格)という高いコストパフォーマンスを実現している

もちろん、日本の老舗パソコンメーカー、NECの定番ブランド「LAVIE」の最新モデルというだけあって、低価格でもその品質やアフターサポートは上級モデルと同様。国内工場での徹底した品質管理のもとで組み立てられているため信頼性が高く、購入後は充実したサポートが受けられる。

NEC「LAVIE Direct NS(A)」 NEC「LAVIE Direct NS(A)」

山形県にあるNEC米沢工場で組み立てを行い、徹底した品質管理により高品質が維持されている「LAVIE Direct NS(A)」。本体底面のラベルには、日本国内で組み立てられていることを示す「ASSEMBLED IN JAPAN」の文字が印字されている

NEC製品ならではの品質の高さをまず実感できるのが、そのボディだ。「LAVIE Direct NS(A)」のボディは厚さが約22.9mmあるが、「DVDスーパーマルチドライブ」を搭載しながらこの薄さに仕上げたのは見事。シャーシのエッジが底面に向かって絞り込まれ、キーはスクエア形状で統一されている。天板には光沢仕上げが施され、全体的にシャープで質感が高い印象だ。3〜4万円台の低価格なスタンダードノートというと、デザインが二の次にされ、どこかチープさが感じられる製品も少なくないが、「LAVIE Direct NS(A)」のデザインはそれらと一線を画している。

NEC「LAVIE Direct NS(A)」 NEC「LAVIE Direct NS(A)」

シャーシのエッジが底面に向かって絞り込まれ、厚さ約22.9mmの薄型ボディは、あたかも宙に浮いているような印象だ。キーはスクエア形状で統一され、シャープな雰囲気となっている

NEC「LAVIE Direct NS(A)」

パール調の「カームブラック」をまとうボディは質感が高く、とても3万円台とは思えない。ボディの端を手に取って持ち上げてみても、低価格なスタンダードノートにありがちなたわむ感じがなく、剛性も十分だ

NEC「LAVIE Direct NS(A)」

画面をフラットにすることが可能なので、家族や友人など、複数人で画面を共有する場合に重宝する

使い勝手NECならでは! 打鍵感にすぐれたキーボードと多彩なショートカットキーで快適操作

続いて、「LAVIE Direct NS(A)」の操作性や使い勝手をチェックしていこう。スタンダードノートの操作性を大きく左右する要素と言えば、1にも2にもキーボードだろう。NECのノートPCはキーボードの作りに定評があるが、低価格な「LAVIE Direct NS(A)」もそうした期待を裏切らない。キーピッチは約19mmのフルサイズで、キーストロークも約1.5mmと十分な深さがあり、キーレイアウトも自然。実際に打鍵してみると、強すぎず、弱すぎずの絶妙な反発感があった。また、パームレストが広めに取られ、ゆったりと両手を置けるので、長時間の入力作業でも疲れを感じにくかった。

NEC「LAVIE Direct NS(A)」

キーボードはアイソレーションタイプで、標準的なキー配列。パームレストも広めに取られており、無理のないタイピングが行えた

NEC「LAVIE Direct NS(A)」 NEC「LAVIE Direct NS(A)」

キーピッチはフルサイズの約19mmで、キーストロークは約1.5mmのゆったりした設計。ボディが薄い分、キーストロークが浅くなるのではないかと不安だったが、そうした心配は無用だった

NEC「LAVIE Direct NS(A)」

6,000字ほどの原稿を書いてみたが、筆者が普段使用している13.3型モバイルノートと比べて、圧倒的に手が疲れにくかった。ゆとりのあるキーピッチや、広々としたパームレスト、剛性の高いキーボードが、疲労感の低減に貢献しているのだろう

また、豊富なショートカット機能も便利だ。ファンクションキーとの同時押しにより、音量や輝度の調節はもちろん、機内モードのオン/オフ、Webカメラのオン/オフなどができるので、パソコンの各種設定をスピーディーに変更できる。こうした細やかな使い勝手への配慮こそ、NEC製品ならではの魅力と言えそうだ。

NEC「LAVIE Direct NS(A)」

全12種類の豊富なショートカット機能の中でも、特に重宝したのが「F8」キーに割り当てられたカメラのオン/オフ機能だ。筆者は「Skype」をはじめとするビデオ電話をひんぱんに使用するが、通話の開始や、終了に合わせてワンタッチでWebカメラをオン/オフできるのは、予想以上に便利だった

NEC「LAVIE Direct NS(A)」

ボタン一体型のタッチパッドは広めに設計されている。表面はサラサラとしていて滑りがよく、マルチジェスチャーにももちろん対応。ピンチイン/アウトをはじめ、さまざまなジェスチャー操作がスムーズに行えた

NEC「LAVIE Direct NS(A)」

外部インターフェイスはボディ左側面にまとめられており、HDMI出力ポート、USB 3.0ポート、USB 2.0ポート、有線LANポート、マイク/ヘッドホンコンボジャック、SDメモリーカードスロットを装備。テレビや外部ディスプレイへの映像出力に加え、デジタルカメラからの写真取り込みなどもスムーズに行える

処理性能低価格でも普段使いに十分な処理性能! エンタメもゆったりと楽しめる

続いて、「LAVIE Direct NS(A)」のスペックや処理性能もチェックしていこう。CPUには、AMDのAPU「AMD E2-9000 APU」(1.8〜2.2GHz)を搭載する。CPUの性能としてはそれほど高いわけではないが、それでも普段使いには十分な処理性能で、何より価格の安さがうれしい。また、AMDのAPUに内蔵されるグラフィック機能(本製品では「Radeon R2」)は、価格以上にすぐれたパフォーマンスを発揮するといわれ、動画視聴などもスムーズに行える。なお、「AMD E2-9000 APU」は、インテルのCPUにたとえるなら、「Core」シリーズよりも下位グレードの「Celeron」に相当する位置づけだ。

そのほかの基本スペックは、メモリーが4GB、ストレージが約500GB HDD。ごくベーシックな構成だが、Web閲覧やメールの送受信、オフィス文書作成といった用途なら、実用に十分な処理性能が得られた。実際、複数のタブを開いてWebサイトを閲覧したり、高解像度の画像データをコピー/ペーストしたり、ストリーミング動画を再生しながらSNSをチェックしたりしても軽快に動作していた。ゲームなど高負荷な用途にパソコンを使用しない人なら、十分な性能と言えるだろう。

NEC「LAVIE Direct NS(A)」

Web閲覧をしながら画像データを開き、同時にメールを作成するといったマルチタスク処理を試してみたが、終始サクサクと動作した。ライトユーザーにとっては、必要十分な処理性能と言える

NEC「LAVIE Direct NS(A)」

発色がよく、コントラストも高いグレアタイプのスーパーシャインビューLED液晶(1366×768)を搭載。これならお気に入りの写真も、高品位に楽しめそうだ

NEC「LAVIE Direct NS(A)」 NEC「LAVIE Direct NS(A)」

「Dolby Audio」認証のステレオスピーカーを本体底面の左右前方に搭載しており、迫力のサウンドが楽しめた。また、音質の設定変更やイコライジングの調節ができるので、コンテンツに合わせて好みのサウンドにすることが可能だ

NEC「LAVIE Direct NS(A)」

本体右側面に「DVDスーパーマルチドライブ」を搭載。DVDタイトルを再生できるのはもちろん、DVD-R/RWメディアへのデータ保存やバックアップにも利用できる

まとめ低価格ながら長く使える高信頼モデル

NEC「LAVIE Direct NS(A)」

スタンダードノートの使い方は人それぞれ。自分の用途に合った製品をなるべくお得に購入することこそ、“賢い買い物”と言えるが、動画編集やゲームなどの重たい処理はほとんど行わず、Web閲覧やオフィス文書の作成、SNSやメールができれば十分という人にとって、「LAVIE Direct NS(A)」は、低価格でも安心して長く使える高信頼モデルと言えるだろう。実際、キーボードは使い勝手がよく、処理性能も必要にして十分。そのうえ、ボディの作りもしっかりしていた。この価格でこの内容なら、「いい買い物をした」と素直に思えるのではないだろうか。

OS Windows 10 Home 64ビット版
CPU(APU) AMD E2-9000 APU (1.8GHz〜最大2.2GHz)
メモリー 4GB
ストレージ 約500GB HDD
グラフィック AMD Radeon R2 グラフィックス
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ (DVD-R/+R 2層書込み)
ディスプレイ 15.6型ワイド スーパーシャインビューLED液晶 (1366×768)
ネットワーク 有線LAN(100BASE-TX/10BASE-T)、 無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
外部インターフェイス USB 3.0ポート×1、USB 2.0ポート×1、HDMI出力ポート×1、SDメモリーカード(SDHC/SDXC対応)スロット×1、ヘッドホン/マイク端子×1
バッテリー駆動時間 約6.0時間
本体サイズ 約378(幅)×260(奥行)×22.9(厚さ)mm
重量 約2.2kg