「超音波水流※1」で歯の汚れを強力除去! お風呂でも使える防水コードレスモデル ジェットウォッシャー ドルツ「EW-DJ52」を体験

※1 バブルが弾ける際の衝撃波により超音波が発生する水流

手磨きでは落としきれない歯の汚れをしっかりと取り除くためのオーラルケアツールとして、価格.comユーザーから高い評価を受けているパナソニックの口腔洗浄器「ジェットウォッシャー ドルツ」。2019年6月に発売された「EW-DJ52」は、泡が弾ける際の衝撃波を応用した独自の「超音波水流※1」を、防水コードレスタイプとして初めて搭載した注目モデルだ。ここでは、本機の汚れ除去力や使い勝手などを徹底レビューする。

口腔洗浄器とは?価格.comユーザーも支持する「ジェットウォッシャー ドルツ」

毎日歯磨きを行っていても、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)などに汚れは残っているもの。デンタルフロスや歯間ブラシなどを併用して念を入れた対策をしている人も少なくないが、歯磨きに加えてこれらの補助用具でも清掃を行うのは面倒。手は汚れやすいし、強引にケアすると歯ぐきを傷付けかねない。そのうえ、隙間の広さが異なる歯間の汚れを確実に取り除こうとするなら、用具のサイズを複数使い分ける必要もある。そのため、歯と歯の間や歯周ポケットのケアは怠りがちだ。

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52

歯と歯の間や歯周ポケットなどは、歯ブラシの毛が届きにくいため、通常の手磨きでは汚れを落としきれないことも多い。このほか、歯並びの悪い部分や、矯正器具やブリッジの周りもそうだ。こうしたポイントに残った汚れが、嫌な口臭や虫歯、歯周病の原因になる

歯ブラシでは落としにくい、これらのポイントの汚れをしっかりと取り除けるオーラルケアツールとして、価格.comユーザーの間で評判なのが、パナソニックの口腔洗浄器「ジェットウォッシャー ドルツ」である。「本当に買ってよかった」「今年買った家電の中で今のところ1番の高評価」「もうこれなしでは生きていけません」「もっと早く買えばよかった」などと、絶賛している人が多いのだ。

価格.comのユーザーレビュー(抜粋)

  • デンタルフロスをした後でさえも、これを使うとびっくりするほど食べカスが取れました。妻も最初は面倒そうだから使いたくないと言っていたものの、1度使ったら習慣になってきたようです。本当に買ってよかった。
  • 電動歯ブラシを使った後でも、この商品を使うと口の中がスッキリして最高! 妻も使っていますが、今年買った家電の中で今のところ1番の高評価を得ています。
  • 毎日の生活に欠かせないものになっています。ていねいに歯磨きしてからこれを使いますが、ほぼ間違いなく磨き残しの食べ物カスが出てきます。もうこれなしでは生きていけません。
  • 歯磨き後に使用しているのに食べ物のカスがボロボロと出てくるのは爽快。これまでフロスなどを駆使していましたが、こちらのほうが断然いいです。買う前は「少ししたらやらなくなるんじゃないか」と思っていましたが、今ではやり過ぎて妻にしかられています(笑)。
  • 我が家では「Best of the year 家電の部」で1位の商品。歯並びが悪い私の歯に詰まったものをしっかりと除去してくれます。寝る前にこれを使わないと寝られません。もっと早く買えばよかった。

※ 2019年5月10日時点、価格.comのパナソニック「ジェットウォッシャー ドルツ」製品ページに寄せられたユーザーレビューを抜粋・編集しています。

とはいえ、口腔洗浄器と聞いてピンとくる人はあまり多くないかもしれない。その仕組みはシンプルで、水タンクの水を勢いよく連続噴射し、そのチカラで食べカスなどの汚れを弾き飛ばし、洗い流すというもの。クルマや壁などの汚れを落とす高圧洗浄機をお口サイズにしたものと言うと、想像しやすいだろうか。

なかでも、2019年6月に発売された「ジェットウォッシャー ドルツ」の最新モデル「EW-DJ52」は、防水コードレスモデルとして初めてパナソニック独自の「超音波水流」を搭載。使い勝手のよさと高い汚れ除去力が両立された、注目のモデルだ。

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52

「ジェットウォッシャー ドルツ」の最新モデル「EW-DJ52」。従来、据え置き型の最上位機種にしか搭載されていなかった「超音波水流」を、防水コードレスモデルとして初めて搭載したのが大きな特徴だ

汚れ除去力「超音波水流」で歯間や歯周ポケットの汚れを強力除去!

「EW-DJ52」最大の特徴は、汚れ除去にパナソニックの独自の「超音波水流」を活用する点だ。「超音波水流」とは、水を噴射するノズルの途中を絞り、水流の圧力を変化させることで、小さな気泡を発生させ、それが弾ける衝撃波を活用して汚れを弾き飛ばすというもの。歯と歯の間や歯周ポケットの汚れを水流で洗い流すだけでなく、従来の水流では落としきれなかった歯の表面の汚れもはがし飛ばせるという。また、汚れ除去力は強力になっても、水流の勢いが強まったわけではないため、歯ぐきに大きな負担をかけないのもメリットだ。

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52

「EW-DJ52」の「超音波水流」を顎模型でチェック

「超音波水流」を活用した「EW-DJ52」の汚れ除去力を確認するため、顎模型の歯と歯の間や歯周ポケットなどに赤色の粘土をすり込んで、「EW-DJ52」の水流をぶつけてみた。

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52
ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52

「EW-DJ52」は5段階の水圧調節が可能だが、ここでは真ん中のレベル3でテストしてみた。水の勢いを手で確かめてみると「ちょっとくすぐったいな」と感じるやさしい噴射。歯ぐきに当てても痛いとは感じなさそうなレベルだ。ところが、粘土をすり込んだ顎模型に当ててみると、その除去力は予想以上。歯の表面はもちろん、歯と歯の間や歯周ポケットに詰まった粘土がペリペリとはがれ飛んでいく。「超音波水流」の汚れ除去力に驚いた

清掃前の顎模型と清掃後の顎模型を比べてみると、「EW-DJ52」の汚れ除去力の高さがよくわかる。しつこくすり込んだ粘土が1分程度の噴射でほぼキレイさっぱり落ちた。なお、事前にすり込んだ粘土の状態を確かめるため、爪楊枝や手でも取り除いてみたのだが、そのときよりも断然にキレイになっている

価格.comスタッフが「EW-DJ52」を体験

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52

「EW-DJ52」の汚れ除去力が確かめられたところで、実施に口に含んで使い心地をチェックしていこう。手磨きで歯を磨いた後、口の中にノズルを入れたら、軽く口を閉じて電源をオン。口の中に水が連続で噴射されるという初めての感覚に最初はとまどったが、取扱説明書に書かれているとおりに、歯と歯の間に水流を当てたり、歯ぐきに沿ってゆっくりと移動させたりしていくと、ボロボロと食べカスが取れ、口から流れ出てくる。ちなみに、筆者の場合、口から出てくる水に血が混ざっていた。個人差はあるものの、「ジェットウォッシャー ドルツ」を初めて使う場合、最初、出血する人もいるようだ。

ひと通り清掃を終えると、口の中は普段よりもスッキリ、さわやか。前章で「ジェットウォッシャー ドルツ」を絶賛する価格.comユーザーの声を紹介したが、まさしくそう、1度使うと手放せなくなる爽快感だ。

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52

最初はノズルを口に入れる前に電源オンにしてしまい、洗面所をびしょびしょにしてしまったが、1週間、朝と夜の2回、歯磨き後に「EW-DJ52」を使用したところ、次第に出血もなくなり、心なしか歯ぐきの色もよくなったように感じた。また、最初は手際が悪く、使用中にタンクの水がなくなることもあったが、使い方に慣れると1回の給水で十分にキレイにできるようになった

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52

水流の強さは、電源ボタンの下にある水圧調節スイッチで変更可能。水圧レベルは1(弱)〜5(強)の5段階。歯ぐきの状態や好みに合わせて使い分けるとよさそうだ。なお、筆者の場合はレベル3(中)がちょうどよかった

使い勝手お風呂でも使える防水コードレス設計の手軽さも魅力

毎日使用することが望ましい口腔洗浄機にとって使い勝手のよさは重要な要素だが、「EW-DJ52」なら心配はない。たとえば、本機は一定時間水没しても内部に浸水しないIPX7の防水性能を持つうえ、充電式のコードレスモデルなので、洗面所だけでなくバスルームなどでも使用できる。

また、フル充電にかかる時間は約1時間と、従来モデル(「EW-DJ51」)に比べて1/15に短縮化。水タンクの容量は約130mLから約200mLに増え、ポンプも改良されたことで、給水1回あたりの使用可能時間は、従来モデルの約1.7倍の約60秒※2に向上。汚れ除去力だけでなく、使い勝手も大きくアップしているのだ。

※2 使用条件により、使用時間が異なります

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52

使用中、口から水を流し出す必要があるため、水回りで使用するのが望ましい「ジェットウォッシャー ドルツ」。据え置き型は電源が必要になるため、洗面所で使用するのが一般的だが、充電式で防水仕様の「EW-DJ52」ならバスルームでも使える。また、口に入れるオーラルケア製品はいつも清潔に保ちたいものだが、本機は水で丸洗いすることも可能だ

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52

「EW-DJ52」にはコンパクトな充電台が付属。約1時間のフル充電で約10分使用※2できる。なお、充電のタイミングはハンドルのLEDランプが知らせてくれる

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52

水タンクが小さかった従来モデルでは、少し使っては給水して、少し使っては給水して、という使い方になりがちだが、「EW-DJ52」では水タンクの容量が約200mLへとアップ。1回の給水で約60秒※2使用できる

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52

一見、太く握りにくそうな「EW-DJ52」のハンドルだが、グリップ部が細くなったエルゴノミクスデザインのため、見た目以上に持ちやすい。電源ボタンや水圧調節スイッチも、自然と親指がかかる位置に配置され、操作しやすい

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52

シンプルで清潔感があるホワイトのボディは、サニタリールームやバスルームにしっくりとなじむ。また、据え置き型のように大容量タンクを設置する必要がないので、洗面台の空きスペースや狭い棚などにも置いておきやすい

まとめ汚れ除去力に思わず感動! 使い勝手も◎

「今年買った家電の中で今のところ1番の高評価」「もうこれなしでは生きていけません」「もっと早く買えばよかった」――。実際に使ってみるまで「ジェットウォッシャー ドルツ」に対する価格.comユーザーの評価は大げさではないかと感じていた。しかし、今では確信を持って、「ジェットウォッシャー ドルツ」の最新モデル「EW-DJ52」の汚れ除去力はスゴイと言える。歯を磨いた後でも「EW-DJ52」で歯を清掃すると、ボロボロと食べカスが取れたうえ、歯と歯の間などがスッキリした感じがあった。

また、防水コードレスタイプなのでバスルームでも使えるほか、水タンクの容量が増えたことで使用可能時間も大幅に伸び、使い勝手もいい。オーラルケアが気になっている人は、歯磨きにプラスして「EW-DJ52」での清掃を取り入れ、歯と歯の間や歯周ポケットの汚れをスッキリと洗い流してみてはどうだろうか?