最新の第2世代「Ryzen」搭載 妥協なきモバイルノート「HP ENVY x360 13」の実力を探る!

高校生・大学生やビジネスパーソンにとってモバイルノートは、毎日の学習や仕事だけでなく、趣味や遊びもカバーする、私生活に欠かせないアイテムとなっている。持ち歩いてひんぱんに使用するだけに、パソコンとしての処理性能はもちろん、ボディの機能性やデザイン性にも妥協したくない。ただし、モバイルノートでそれらすべてにこだわると、とたんに予算オーバーということも。そこで注目したいのが、HPのプレミアムブランド「ENVY」シリーズの最新作「HP ENVY x360 13」だ。前モデルは約1年前の発売以降、価格.comの売れ筋ランキングで上位の常連として人気を博したが、本機もコストパフォーマンスにすぐれた注目度の高いモデルとなっている。本企画では、そんな「HP ENVY x360 13」の実力を徹底チェックしていく。

製品の魅力最新の第2世代「AMD Ryzen 3000」シリーズを採用。
ニーズや予算に合わせて選べる4つのラインアップ

快適に利用できる性能と上質なデザインを兼ね備えたHPのプレミアムパソコン「ENVY」シリーズ。その最新モデル「HP ENVY x360 13」は、AMDのAPU「Ryzen」の第2世代となる「AMD Ryzen 3000」シリーズをモバイルノートとしていち早く採用し、すぐれた処理性能と求めやすい価格を両立させている。また、製品ラインアップとして、スペックの異なる4機種を用意しており、予算や利用シーンに合わせて、高校生・大学生から社会人まで自分にピッタリな1台が選べるのも魅力だ。

HP ENVY x360 13 HP ENVY x360 13

HP ENVY x360 13「HP ENVY x360 13」は、13.3型フルHD(1920×1080)液晶搭載のモバイルノート。HPのノートPCのラインアップではプレミアムブランドに位置づけられるものの、学生でも手が届きやすいコストパフォーマンスの高さを実現しており、コストパフォーマンスの高さが売りだ

HP ENVY x360 13

タッチ操作に対応したディスプレイが360°回転するコンバーチブル機構を備えているので、タブレット端末のような使い方もできる。1024段階の筆圧検知に対応するオプションの「Spectre アクティブペン」を使用すれば、メモを取ったりイラストを描くことも可能だ

HP ENVY x360 13

CPU(APU)の「Ryzen」は2017年に発表され、比較的低価格ながら高い処理性能が得られることから、人気がある。APUとは、演算処理を担うCPUとグラフィック処理を担うGPUを1つのチップに統合したAMDのプロセッサーの呼び名で、強力なGPU支援により高いグラフィック処理性能を発揮できるのが特徴となっている

「HP ENVY x360 13」のラインアップは、CPU(APU)/メモリー/ストレージの組み合わせが異なる「ベーシックモデル」「スタンダードモデル」「パフォーマンスモデル」の3モデル4機種。価格重視なら「ベーシックモデル」を、よりハイスペックを求めるなら「スタンダードモデル」や「パフォーマンスモデル」をと、予算や用途に合ったモデルを選べる。今回はこの中から、最もバランスが良く、売れ筋にあたる「スタンダードモデル」の256GB SSDを搭載したモデルを用いて検証を行った。

「HP ENVY x360 13」全4製品の主なスペック
ベーシックモデル スタンダードモデル パフォーマンスモデル
CPU(APU) AMD Ryzen 3 3300U
(2.1GHz-3.5GHz)
AMD Ryzen 5 3500U
(2.1GHz-3.7GHz)
AMD Ryzen 7 3700U
(2.3GHz-4.0GHz)
グラフィックス Radeon Vega 6 Graphics Radeon Vega 8 Graphics Radeon RX Vega 10 Graphics
メモリー 8GB 8GB 16GB
ストレージ 256GB SSD 256GB SSD 512GB SSD 512GB SSD

処理性能モバイルノートながら、クリエイティブ作業にも使える
高いグラフィック処理性能を実現!

それでは早速、「HP ENVY x360 13」の処理性能をチェックしていこう。今回検証に用いた「スタンダードモデル」は、APUに4コア/8スレッドの「AMD Ryzen 5 3500U」(2.1GHz-3.7GHz)を、メモリーに8GBを、SSDにNVMe接続の256GB SSDを搭載。「AMD Ryzen 5 3500U」は、グラフィックコアとして「Radeon Vega 8 Graphics」を搭載しており、モバイルノートながらすぐれたグラフィック処理性能を発揮する。これをふまえ、各種のベンチマークテストから、その処理性能を見ていこう。なお、本機には、システムのパフォーマンスやファンの回転数、温度などを管理するソフトウェア「HP Command Center」がプリインストールされているが、今回は、性能を最大限に発揮できる「パフォーマンスモード」を選択し、電源アダプターを接続した状態でベンチマークテストを実施した。

CPU-ZHP ENVY x360 13

「CPU-Z」はCPUのさまざまな情報を表示するソフトウェアで、APUにも対応。画面から「AMD Ryzen 5 3500U」と「Radeon Vega Graphics」を搭載していることが確認できる

CPUの定番ベンチマークソフトの最新版「CINEBENCH R20」でスコアを計測したところ、「1401cb」を記録。参考のためひとつ前のバージョンにあたる「CINEBENCH R15」でも計測してみたが、マルチコアで「632cb」をマークした。「スタンダードモデル」ながら、10万円台を超える上位クラスのノートPCに搭載されているCPUにも引けを取らないパフォーマンスと言えるだろう。大学の課題レポートや、営業用のプレゼン資料の作成といった作業は言うにおよばず、画像や動画の編集をサクサクとこなせるだけのパフォーマンスを備えている。

CPU処理性能を測定する「CINEBENCH R20」のスコアは「1401cb」、ひとつ前のバージョンにあたる「CINEBENCH R15」では「632cb」をマークした。モバイルノートとしてはすぐれた処理性能で、基本的な作業はもちろん、クリエイティブな作業にも十分に活用できるレベルだ

次に、パソコンの総合性能を計測するベンチマークソフト「PCMARK 10」でテスト。総合スコアは「3573」と、モバイルノートとしては優秀な総合スコアをマークしたが、さらに注目したいのはグラフィック処理性能の高さだ。グラフィック処理性能に大きく影響する「Digital Content Creation」のスコアは「3242」。他社製CPUを搭載した同価格帯のノートPCでは2000台が平均的であることを考えると、「Radeon Vega 8 Graphics」のグラフィック性能がいかに高いかがわかる。

PCMARK 10HP ENVY x360 13

パソコンの総合的な性能を測る定番のベンチマークテストプログラム「PCMARK 10」で処理性能をチェックしたところ、総合スコアは「3573」。クリエイティブ系のアプリ性能を測定する「Digital Content Creation」の「3242」やパソコンの基本性能を測定する「Essentials」の「7210」など、軒並み優秀なスコアを出した。これには、「Radeon Vega 8 Graphics」に加え、高速なNVMe接続のSSDを搭載していることも影響しているのだろう

また、4K動画をフルHDにエンコードする時間を計測してみたところ、1分間の4K動画を2分14秒でフルHD動画に変換終了。動画を再生しながら画像を処理するマルチタスク作業もスムーズにこなしてくれた。マルチタスク作業時のCPUの使用率は25%前後を推移していたので、まだまだ余裕がある。カジュアルな3Dゲームなら快適に遊べるパフォーマンスを発揮するので、ビジネスでもプライベートでも大きな不満を感じることなく、仕事にも趣味にもフル活用できることだろう。

動画エンコードHP ENVY x360 13

ペガシスの「TMPGEnc Video Mastering Works 7」をインストールし、4Kサイズ(3840×2160)で30fps、1分間で724MBの動画を、YouTube向けのフルHD動画(30fps)に変換したところ、2分14秒で完了した。モバイルノートであることを感じさせないスムーズさだった

マルチタスク作業
HP ENVY x360 13 HP ENVY x360 13

動画を再生しながら画像を処理し、Webページも閲覧するようなマルチタスクを実施したところ、「タスクマネージャー」のCPU使用率は25%前後で推移。処理はとても快適で、カクつくようなこともなかった。メモリーの使用率も約60%でまだ余裕があった

ドラゴンクエストX ベンチマークソフトHP ENVY x360 13

人気のオンラインRPG「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト」でテスト。グラフィック設定を「最高品質」、解像度を「1920×1080」にして試してみたところ、スコアは「5966」で、評価は「快適」だった。カジュアルな3Dゲームなら快適にプレイできる性能だ

高品位ボディ「ENVY」シリーズ初搭載のセキュリティ機能と、
高品位なデザインも魅力

処理性能の高さもさることながら、この価格帯ではまずライバルが見当たらない、ワンランク上の機能性やデザイン性を備えているのも「HP ENVY x360 13」の大きな魅力。特に、ビジネス利用で重視したいセキュリティ機能では、Windows Hello対応の指紋認証に加え、新たに「プライバシーカメラキルスイッチ」を搭載。これは、Webカメラの内部回路を物理的に遮断することで、不正アクセスによるWebカメラの乗っ取りを防ぐというもので、本体側面のスイッチで簡単にオン/オフを切り替えられる。これまではHPの最上位ノートPCブランド「Spectre」シリーズにのみ採用されていたが、「ENVY」シリーズの本機にも追加された。

HP ENVY x360 13

キーボードの右下に指紋認証センサーを装備。Windowsのログイン時に素早くロックの解除が可能。パスワードを盗み見られる心配がないため、安心して利用できる

HP ENVY x360 13

「プライバシーカメラキルスイッチ」は右側面に搭載。スイッチをスライドさせて赤い状態にするとWebカメラがオフになり、反対側にスライドさせればオンになる

プレミアムブランドと銘打つ「ENVY」シリーズだけに、デザインにも妥協がない。狭額ベゼルを採用したシャープなボディは、落ち着きのある「ナイトフォールブラック」のカラーリングでまとめられており、洗練された都会的な雰囲気だ。本体サイズは約306(幅)×212(奥行)×14.5〜16(高さ)mmとコンパクトで、重量は約1.28kgに抑えられているため、機動力も高い。落ち着いたカラーリングのアルミニウムボディが、所有欲を刺激するような高い質感を実現している。

HP ENVY x360 13

本体サイズは約306(幅)×212(奥行)×14.5〜16(厚さ)mmで、重量は約1.28kg。コンバーチブル機構を備えていることを考えると、かなり軽量だ。デザイン的には、シャープなフォルムと落ち着いたカラーリングで高品位な仕上がりとなっている

HP ENVY x360 13

前モデルではヒンジ部にダマスカス鋼の特徴的な模様をあしらっていたが、本機ではフラットなデザインに変更されており、よりデザイン的な統一感が高まっている

HP ENVY x360 13

ディスプレイ上部とキーボード前方が重なる部分には、傾斜が設けられている。これにより、ディスプレイを開くときに手が引っかかりやすく、サッとディスプレイを開いて作業にかかることができる

HP ENVY x360 13 HP ENVY x360 13

スピーカーには、デンマークの老舗オーディオブランド「Bang & Olufsen」と共同開発したスピーカーユニットを採用。キーボードの奥に2基、側面の左右に1基ずつの計4基のスピーカーを内蔵する。高音質なのはもちろんだが、スピーカーグリルにジオメトリック(幾何学的)デザインが施されるなど、ここにもこだわりが見られる

モバイルノートでは見逃せないキーボードの操作性やバッテリー駆動時間についてはどうだろうか。 本機はコンパクトなボディながら、キーボードはキーピッチが約19mmのフルサイズとなっており、手の大きな筆者でも、窮屈さを感じることなく打鍵ができた。また、キーボードにバックライトを内蔵しており、薄暗いカフェや飛行機内などで安心して作業できるのもうれしい。また、バッテリー駆動時間は、カタログスペックで最大約14時間とスタミナも十分。約45分で50%の充電が可能な「HPファストチャージ」に対応するので、当日に急な外出予定が入ってもサッと充電して出かけられる。

HP ENVY x360 13 HP ENVY x360 13

キーボードのキーピッチは約19mmのフルサイズを確保。キーストロークは実測で約1.3mmと決して深くはないが、しっかりとした打鍵感があった。また、キーボードバックライトは2段階で明るさを変えられる

HP ENVY x360 13 HP ENVY x360 13

外部インターフェイスは、左側面にUSB 3.1ポート、ヘッドホン出力/マイク入力コンボポートを、右側面にmicroSDメモリーカードスロット、USB Type-C(USB 3.1)ポート、USB 3.1ポートを装備。右側面の2つのUSBポートはスリープ状態でのUSB給電にも対応している

HP ENVY x360 13

付属のACアダプターはコンパクトで軽量。また、ケーブルのない小型のコンセントアダプターも付属している

まとめ驚異のコスパで幅広いユーザーが納得できるモバイルノート

HPのプレミアムブランドでありながら、幅広いユーザーに支持される「ENVY」シリーズ。その人気の理由は、「性能」「デザイン」「低価格」の追求にある。最新の「HP ENVY x360 13」は、「AMD Ryzen 3000」シリーズを採用することで高い処理性能を発揮。また、高品位で都会的なデザインのボディは持つ人をスタイリッシュに見せ、質感の高さが所有欲を満たしてくれる。さらに、セキュリティ機能を高めて使い勝手にも配慮するなど、細部に至るまでこだわりが見られ、完成度の高い製品に仕上がっていた。本機は、高校・大学生から社会人まで、モバイルノートを必要とする幅広い人が納得できるような、妥協のない仕上がりとなっているので、ぜひその魅力を確かめてほしい。

HP ENVY x360 13
妥協なきモバイルノート
HP ENVY x360 13
HP ENVY x360 13
価格.comで最新価格・クチコミをチェック
ベーシックモデル スタンダードモデル パフォーマンスモデル
CPU AMD Ryzen 3 3300U
(2.1GHz-3.5GHz)
HP ENVY x360 13
AMD Ryzen 5 3500U
(2.1GHz-3.7GHz)
HP ENVY x360 13
AMD Ryzen 7 3700U
(2.3GHz-4.0GHz)
HP ENVY x360 13
グラフィック Radeon Vega 6 Graphics Radeon Vega 8 Graphics Radeon RX Vega 10 Graphics
メモリー 8GB 16GB
ストレージ 256GB SSD 256GB SSD 512GB SSD 512GB SSD
OS Windows 10 Home 64ビット版
ディスプレイ 13.3型(1920×1080)、ブライトビューIPSタッチディスプレイ
Webカメラ HP Wide Vision HD Webcam(約92万画素)
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.2
バッテリー
駆動時間
最大約14時間30分
外部
インターフェイス
USB 3.1ポート×2、USB Type-C(USB 3.1)ポート、microSDメモリーカードスロット、
ヘッドホン出力/マイク入力コンボポート
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)
約306×212×14.5〜16.0mm
重量 約1.28kg