15.6型ノートPCもコンバーチブルの時代 アクティブペン付属で6万円台※の高コスパ レノボ「Ideapad C340」登場※価格.com最安価格68,515円(税込。2019年7月5日時点)

2019年4月にレノボから15.6型ノートPCの最新モデル「Ideapad C340」が登場した。本機の大きな特徴は、15.6型液晶を搭載するスタンダードノートでありながら、従来、小型のモバイルノートに採用されることの多かった、液晶ディスプレイを360°回転してスタイルを切り替えられるコンバート機構を採用したこと。ペン入力用のアクティブペンも付属しており、15.6型ノートPCの活用の幅をグンと押し広げてくれるモデルとなっている。本特集では、そんな「Ideapad C340」を徹底レビューする。

コンバート機構大画面タブレット端末としても使える15.6型ノートPC

ゆったりとしたフルサイズキーボードや大型の液晶ディスプレイを備え、使い勝手がよいことから人気の高い15.6型ノートPC。このカテゴリーには、低価格ながら高いスペックを備えたモデルが多く、今やデスクトップPCに代わる家庭のメインマシンとしての座を獲得している。しかし、家庭のメインマシンの座がデスクトップPCから15.6型ノートPCへと移り変わったように、今市場の中心を占めているスタンダードタイプの15.6型ノートPCが今後も家庭のメインマシンの主流であり続けるかどうかはわからない。なぜなら、エンターテインメントコンテンツ消費の中心が従来の光ディスクからネット配信に移り変わり、仕事においてテレワークが取り入れられるなど、パソコンの使われ方は変わりつつあるからだ。

そんなトレンドに対応する新しい15.6型ノートPCの形のひとつが、液晶ディスプレイが360°ぐるっと回転して、さまざまなスタイルで使えるコンバーチブルノートだ。2019年4月にレノボから発売された「Ideapad C340」は、15.6型ノートPCとしてはまだ珍しい、このコンバート機構を採用したモデル。さらに、メインマシンとしても十分に使えるパワフルな処理性能を搭載したうえ、ペン入力用のアクティブペンも付属しながら、6万円台という低価格を実現しているのだ。

見た目は普通の15.6型スタンダードノートと同じだが、本機は液晶ディスプレイが360°ぐるっと回転するコンバート機構を採用。利用シーンに合わせてさまざまスタイルで使える、柔軟性の高い15.6型ノートPCだ

では、早速「Ideapad C340」のボディからチェックしていこう。高級感のある「プラチナ」のカラーをまとった本機の天板には、手が吸い付くような感触のソフトペイント加工が施されており、質感が高く、手触りがいい。さらに、15.6型スタンダードノートが搭載していることの多い光学ドライブを省略することで、本体サイズ約364(幅)×250(奥行)×20.5(厚さ)mmのスリムボディを実現。家の中をラクに持ち運んで移動させることができる。

「プラチナ」のカラーをまとった「Ideapad C340」の第1印象は、シンプル&スタイリッシュ。天面には、ソフトペイント加工が施されており、手に吸い付くような上質な触り心地だ

スタイル変形を可能にしているのが、液晶部とキーボード部を連結するヒンジ。本機のヒンジは、通常のノートPCが採用する1軸でなく、2軸のため、液晶ディスプレイの360°回転を実現している。これにより、一般的なノートPCと同じスタイルの「ラップトップモード」だけでなく、キーボード面を下にして液晶ディスプレイを立てた「スタンドモード」、液晶を360°回転させてタブレット端末のように使用する「タブレットモード」、ヒンジを上にしてちょこんと立てる「テントモード」といった4つのスタイルで使用可能。キーボード入力だけでなく、ネット動画を視聴したり、アクティブペンを使って手書き入力を行ったりなど、用途に合わせて使いやすいスタイルが選べるのだ。

レノボ「Ideapad C340」

液晶ディスプレイが360°回転する秘密は、液晶ディスプレイとキーボード部を連結する2軸ヒンジにある。「Ideapad C340」のディスプレイは15.6型と大型だが、このヒンジがしっかりとしたトルクを発揮してくれるため、360°どの角度でもピタッとディスプレイを固定することが可能

ラップトップモード

レノボ「Ideapad C340」

スタンドモード

レノボ「Ideapad C340」

コンバーチブルノートのメリットは、さまざまな使い方ができること。「ラップトップモード」では、一般的なノートPCと同様にキーボードが使えるし、キーボード面を下にして液晶ディスプレイを立てた「スタンドモード」では、Webサイトなどをタッチ操作しながら閲覧するのに便利だ

タブレットモード

レノボ「Ideapad C340」

テントモード

レノボ「Ideapad C340」

液晶ディスプレイを360°回転させると「タブレットモード」に。15.6型の大画面なので、電子書籍を読んだり、アクティブペンで手書き入力したりするのにピッタリ。また、ヒンジを上にすれば奥行きの狭い机の上にも立てられる「テントモード」になるので、ソファ横のサイドテーブルでネット動画を見たいときなどに重宝する

使い勝手ペン入力ができるアクティブペンが付属し、使い勝手抜群!

続いて、「Ideapad C340」の使い勝手をチェックしていこう。まずは、15.6型の液晶ディスプレイから。解像度はフルHD(1920×1080)なので、広いデスクトップ画面が使えるだけでなく、ネット動画の視聴にも適している。また、液晶パネルは、広視野角で色再現性にすぐれたIPSパネルのため、「ラップトップモード」はもちろん、「タブレットモード」にして机の上に平置きしても画面が見やすい。

搭載する15.6型フルHD液晶ディスプレイには、視野角の広いIPSパネルを採用。ご覧のように斜めから見ても、明るさや色がほとんど変わらない。色再現性にもすぐれており、動画や写真の鑑賞にも適している

レノボ「Ideapad C340」

「Ideapad C340」の液晶ディスプレイは、10点マルチタッチに対応。タッチ感度がよく、ピンチによる拡大・縮小などの素早い操作にもしっかりと追従してくれた

また、6万円台という価格でありながら、ペン入力用のアクティブペンを付属しているのも大きなトピックだろう。Webページを閲覧しながら、また文書ファイルに目を通しながら、気になったところに手書きメモを残せるのが便利だ。15.6型の大画面なのでキャンバスが広く、イラストやスケッチ、図なども描きやすい。

付属のアクティブペンも使いやすい。ディスプレイの表面には光沢のグレア加工が施されているため、紙に書き込む場合に比べるとペン先がやや滑りやすいが、追従性がよいため、書きやすい印象だった。ペンを使わないときは、USBポートを利用したホルダーで本体に留めておける

キーボードには、JIS配列84キーのアイソレーションキーボードを採用。テンキーは備えていないが、ホームポジションを本体中央に取れるため、自然なポジションでタイピングできる。キーピッチは実測約19mm、キーストロークは実測約1.2mmとなっており、確かな手応えを感じながら軽快なタイピングができた。しっかりと作り込まれたキーボードだと言えるだろう。

キーボードは、LEDバックライトを搭載するため、暗い部屋でもタイピングしやすい。15.6型ノートPCながらテンキーレスなのは珍しいが、ホームポジションをキーボード中心に取れるため、タイピングがしやすい

外部インターフェイスは、左側面にHDMIポート×1、USB3.0 Type-Cポート×1、マイク/ヘッドホン・コンボ・ジャック×1を、右側面に4 in1メディアカードリーダー×1、USB3.0ポート×2を備えている。ホームユーズには十分な装備だろう

レノボ「Ideapad C340」

「Ideapad C340」は、カタログスペックで約14時間のバッテリー駆動が可能(JEITA2.0)。さらに、1時間で約80%充電できる急速充電にも対応しているので、バッテリーが切れそうになっても素早く回復させることができる

「Ideapad C340」はセキュリティ機能もバッチリ。パームレスト右側に指紋センサーが搭載されており、ワンタッチでサインインが可能。また、ディスプレイ上部のWebカメラには物理的にカメラを閉じることができる「プライバシーシャッター」が搭載されているので、Webカメラを使わないときの安心感が高い

処理性能6万円台でもメインマシンとして使えるハイスペック構成

最後に、「Ideapad C340」の処理性能をチェックしていこう。CPUには、4コア/8スレッドで動作する「インテルCore i5-8265U プロセッサー」(1.6GHz-最大3.9GHz)を、メモリーには8GBを搭載。ストレージは、高速なNVMe対応の256GB SSDとなっており、OSやアプリの起動が速く使いやすい。このようなハイスペックが6万円台※で手に入るというのは素直にうれしい。以下に、定番ベンチマークテストの結果を示したが、どれもメインマシンとして十分に使えるスコアをマークしている。

レノボ「Ideapad C340」

パソコンの総合的な性能を測るベンチマークプログラム「PCMark 10」のスコアをチェック。トータルスコアは「3955」、パソコンの基本性能を示す「Essentials」のスコアは「8654」となっており、快適さの目安である「5000」を大きく上回った

写真の編集を行なってみたが、高性能CPU「インテルCore i5-8265Uプロセッサー」搭載のおかげか、レタッチ作業もいたってスムーズ。また、メモリーは一般的レベルの8GBとなるが、動画を視聴しながら複数のWebサイトなどを表示して使い分けるマルチタスク作業も問題なし。日常的な用途で困ることのない処理性能を発揮してくれることが確かめられた

レノボ「Ideapad C340」

ベンチマークプログラム「CrystalDiskMark」で、NVMe対応SSDのデータ転送速度をチェック。その結果はシーケンシャルリードが約3512MB/s、シーケンシャルライトは約1516MB/sと爆速だ

レノボ「Ideapad C340」

NVMe対応SSDの恩恵を感じやすいOSの起動時間を計測してみたところ、電源オフの状態からデスクトップ画面が表示されるまでの時間は約10秒53だった。パソコンの起動時に、待たされる感覚がないのがうれしい

最後にオンラインRPG「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」を実施したところ、フルHD(1920×1080)「最高品質」でのスコアは「4488」で「普通」、「標準品質」でのスコアは「6190」で「快適」という評価だった。カジュアルなPCゲームなら十分にプレイできることが確かめられた

まとめ15.6型ノートPCの新しいスタンダードになり得る1台

デスクトップPCに変わって、家庭のメインマシンの座を占めている15.6型ノートPC。その使いやすさは多くの人が認めるところだが、最新のトレンドに柔軟に対応できる、より使いやすいモデルを求めるなら、このクラスでもコンバーチブルノートが便利だ。本記事で取り上げたレノボの「Ideapad C340」は、まさしくそのことを感じさせてくれるモデルだった。

一般的なノートPCと同様にキーボードを使った作業がしやすいだけでなく、「スタンドモード」や「タブレットモード」「テントモード」などにスタイルを変えることで、ネット動画の視聴やアクティブペンでの手書き入力などもしやすい。パソコンの使い方の幅がグンと広がるのだ。しかも、本機は高性能なCPU「インテルCore i5-8265U プロセッサー」や、高速なNVMe対応256GB SSDを搭載し、サクサク、キビキビと動作してくれた。「Idaepad C340」は、これからの15.6型ノートPCの新しいスタンダードになり得る1台と言えそうだ。
価格も6万円台という手ごろさに加え、レノボ・ショッピングでは分割払い48回払いまで手数料無料のキャンペーンも実施中であることも魅力だ。(2019年10月10日17時まで)

レノボ「Ideapad C340」

※2019年10月10日17時まで

レノボ「Ideapad C340」
Core i5/8GBメモリー/256GB SSD搭載
Ideapad C340
価格.comで最新価格をチェック

主なスペック

カラー
プラチナ
CPU
インテル Core i5-8265U プロセッサー(1.6GHz-最大3.9GHz)
OS
Windows 10 Home 64ビット
メモリー
8GB
ストレージ
256GB SSD (PCIe NVMe/M.2)
グラフィック
インテルUHD グラフィックス 620
ディスプレイ
15.6型 フルHD (1920×1080) IPSタッチパネル
外部インターフェイス
左側:HDMIポート×1、USB3.0 Type-Cポート×1、マイク/ヘッドホン・コンボ・ジャック×1
右側:USB3.0ポート×2、4 in1メディアカードリーダー×1
ネットワーク
IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth v4.2
本体サイズ
約364(幅)×250(奥行)×20.5(厚さ)mm
重量
約2.0kg
バッテリー駆動時間(JEITA2.0)
約14時間
レノボ「Ideapad C340」
14型モデルも
Ideapad C340(14)
価格.comで最新価格をチェック

主なスペック

カラー
プラチナ
CPU
インテル Core i5-8265U プロセッサー(1.6GHz-最大3.9GHz)
OS
Windows 10 Home 64ビット
メモリー
8GB
ストレージ
256GB SSD (PCIe NVMe/M.2)
グラフィック
インテルUHD グラフィックス 620
ディスプレイ
14.0型 フルHD (1920×1080) IPSタッチパネル
外部インターフェイス
左側:HDMIポート×1、USB3.0 Type-Cポート×1、マイク/ヘッドホン・コンボ・ジャック×1
右側:USB3.0ポート×2、4 in1メディアカードリーダー×1
ネットワーク
IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth v4.2
本体サイズ
約328(幅)×229(奥行)×17.9(厚さ)mm
重量
約1.65kg
バッテリー駆動時間(JEITA2.0)
約14時間