フォトログにも便利なインスタントカメラプリンター

撮って、印刷して、貼って楽しい! キヤノン「iNSPiC ZV-123」

手帳愛好家のツイートがきっかけで人気に火が付き、毎日のフォトログを手帳やノートに記録したり、それらをデコレーションしたりするためのツールとして、幅広い層から支持を集めているキヤノンのミニフォトプリンター「iNSPiC」。今回注目するのは「iNSPiC」シリーズの最新モデル、インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」だ。スマートフォンで撮った写真を転送して印刷するだけでなく、スマートフォンがなくても本体のカメラで撮った写真をその場でシール印刷できる点が最大の魅力。その活用法や楽しさをレポートしていこう。

ブランニューミニフォトプリンターiNSPiCの最新モデルはカメラ付き!

インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

キヤノンのミニフォトプリンター「iNSPiC」の最新モデルとなる、インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」のトピックはズバリ、本体にカメラを搭載していること。スマートフォンで撮った写真をBluetoothで転送して印刷できる利便性はそのままに、本体だけでも撮影から印刷まで完結できる即時性が最大の魅力だ。

新たにカメラを搭載しながらも、ボディは121(縦)×80(横)×22(高さ)mmという手のひらサイズで、重量は約200gと軽い。スマートフォン感覚で気軽に携帯できるので、パーティーやイベントはもちろん、何げない日常の1コマも逃さずに撮影・印刷できるだろう。

インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

手のひらサイズの軽量・コンパクトボディはスマートフォン感覚で携帯できる。いつでも使えるよう、毎日カバンに忍ばせておいても負担にならない

インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」 インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

本体正面に搭載されているのが、「iNSPiC ZV-123」最大の特徴となる800万画素カメラ。このカメラを搭載したことで、本体だけで撮影・印刷が可能になった。カメラレンズの周りには「自撮り用ミラー」を備えるので、セルフィー(自撮り)の際に自分の姿が確認できて便利だ

インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」 インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

暗所撮影に便利なストロボに加え、「自撮り用ミラー」の周囲にやさしい光で顔を照らす8個の「補助光ライト」(LEDライト)を搭載。このライトを活用することで、簡単にキレイなセルフィーが撮れる

インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」 インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

本機に対応するプリント用紙は、専用の光沢シール紙「キヤノン用ZINK™フォトペーパー」。シアン/マゼンタ/イエローのインクが配合された感熱紙に熱を加えてプリントする仕組みで、インクを必要としない。用紙サイズは50(縦)×76(横)mm

インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」 インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

本体のカメラで写真を撮影すると、ジーッという小さな印刷音が聞こえ、約50秒で印刷が行えた。最後に撮った写真は内部メモリーに保存され、電源を切ったり、リセットしたりしないかぎり再プリントできる点が一般的なインスタントカメラとの大きな違い

インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」 インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

背面の「再プリントボタン」を押すと、撮った写真を再プリントできる。そのため、旅行先やパーティーなどで撮ったスナップ写真を、その場で印刷してみんなに配るといった使い方も可能だ。また、撮影時の画像アスペクト(縦横)比はボタン操作ひとつで「2×2」「2×3」の2パターンから選択できる

インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

内蔵バッテリーの充電は、本体底部のmicroUSBポートから行う。フル充電にかかる時間は約120分。フル充電からなら約25枚の撮影・印刷が可能だ

インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」 インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

スマートフォンに保存した写真に加え、SNSやストレージサービス上の写真を「iNSPiC ZV-123」で印刷できる専用のスマートフォンアプリ「Canon Mini Print」も用意。明るさやコントラスト、カラーバランスを調整したり、メッセージやスタンプを入れたり、写真をコラージュしたり、フィルターやフレームを合成したりなど、楽しく写真を加工できる

本体カメラで何げない瞬間もパシャリ!iNSPiC ZV-1231台でフォトログが楽しく、華やかに

インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

撮影した写真をその場で印刷できるだけでなく、好きなように切って貼って楽しめるのも、「iNSPiC ZV-123」ならでは。その活用法として真っ先に試してみたのが、フォトログだ。フォトログは写真を使って日々を記録していくものだが、「iNSPiC」人気の火付け役となった手帳愛好家のツイートのとおり、実際に試してみるとなかなかおもしろい。

「日々を記録する」からといって身構えたり、特別な出来事を探し回ったりする必要はない。その日の天気や、通勤時間に読んだ本、食べたランチ、移動中に出会ったキレイな景色、その日の洋服のコーディネート。そうした日常を写真に収めて手帳やノートに貼れば、文字だけの記録に比べてページが格段に華やかになり、後から見返す際にも、その日の情景や感情をよりありありと思い出せるようになる。

1日1ページの手帳に、「iNSPiC ZV-123」で撮影・印刷した写真を貼ってフォトログを作成。写真を切ってサイズを変えたり、マスキングテープでカラフルに装飾したりと、単調にならないよう、あれこれアレンジするとより楽しい。ものの5分ほどで見応えのあるページに仕上がった

子どもの成長日記インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

子どもの成長日記「iNSPiC ZV-123」を活用して子どもの成長日記をつけるのもよさそう。1週間の様子を見開きにまとめてみたが、我が子と過ごした時間を写真と文字でこと細かに記録しておけば、数年後、数十年後に見返したときの感動がより一層大きくなるに違いない

トラベルノートインスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

トラベルノート日帰りのショートトリップに出かけ、立ち寄ったスポットやお店、食べたランチや購入したお土産などを撮影・印刷してトラベルノートを作成。印刷した写真をそのまま貼れるというのはやはり手軽で、自分だけの旅行のガイドブックのように旅の思い出を記録できた

スマホと組み合わせて広がる!iNSPiC ZV-123の使い方

インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

「iNSPiC ZV-123」が活躍するのは、フォトログだけではない。ホームパーティーなどで配るプレゼントを写真でデコレーションしたり、鑑賞した映画のパンフレットを撮影し、半券と合わせてスクラップ帳にまとめたり、さらにはアプリの「タイルプリント」機能で写真を最大9分割にしてインテリアとして飾ったりなど、アイデア次第で活用の幅はどんどん広がっていく。

印象的だったのは、身の回りにある小物にペタッと写真を貼ることで世界にひとつだけのオリジナルアイテムが作れること。どこにでもありそうな、何のへんてつもないモノがオリジナルなアイテムに変わり、それによって愛着がわく。愛着のあるモノの中で過ごせば、日々の生活も充実するだろう。「iNSPiC ZV-123」によって、生活に彩りを与えることができるのは大きな発見だった。

パソコンで作成したイラストを「iNSPiC ZV-123」で印刷し、オリジナルのステッカーに。そのまま貼ってもよかったが、鳥の形に切り抜いて、ノートPCに貼ってみた。こうしたひと手間を加えてデコレーションすると、普段何げなく使用しているノートPCに、愛着が感じられるから不思議だ。また、友人と撮影したセルフィーを飲み物のボトルに貼れば、感謝の思いが込められたオリジナルの記念品になりそうだ

愛犬を写真で残しておこうと、作成したのがこちらのコラージュ。愛くるしい表情をとらえたお気に入りの写真を貼り、マスキングテープで遊び心を加えれば完成だ。また、クローゼットの中にあるシャツやネクタイなど、ワードローブの管理に役立てるのも楽しい

タイルプリント
インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」 インスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123」

50×76mmのシール紙は、手帳やノートに貼ったり、小物をデコレーションしたりするにはちょうどいいサイズだが、写真として飾るには少し小さい。そんなときに活用したいのが、アプリの「タイルプリント」機能。1枚の画像を最大9枚の写真に分割して印刷できるので、額に入れてインテリアとして飾れるサイズまで拡大できる

まとめアナログとデジタルの融合が楽しい

デジタル写真全盛の昨今。毎日、手軽にスマートフォンで写真を撮るようになったものの、その写真を見返すのはスマートフォンやパソコンの画面上だけという人がほとんどだろう。そんな時代だからこそ、紙に印刷して貼って楽しむという「iNSPiC ZV-123」のアナログ的な使い勝手にむしろ新鮮さを感じた。

出力される50×76mmの小さなシール写真にはどこか温かみがあり、「もっと撮りたい」「もっと貼って楽しみたい」といった創作意欲がわいてくる。もちろん、そんなアナログな記録を無理なく楽しめるのは、どこへでも持ち運べる軽量・コンパクトなボディをはじめ、電源の確保やインクの補充を必要としないシンプルな使い勝手が実現されているからこそだろう。

撮って、印刷して、貼って楽しい、ユニークかつ実用的なアイテムとして、また、日々の生活を“デコレーション”するひとつのきっかけとして、ぜひ「iNSPiC ZV-123」を手に取ってみてほしい。

「iNSPiC」のシールサイズにピッタリ合ったシステム手帳専用リフィルが、デザインステーショナリー・雑貨メーカーのマークスから発売。「キヤノンオンラインショップ」では特別限定セットが購入可能!

  • トラベル

    リフィル(トラベル)
  • カフェ

    リフィル(カフェ)
  • 育児

    リフィル(育児)