ファームウェアVer.2.0で待望の「瞳AF」に対応。暗所AF性能や高速連写の使い勝手も向上 今が買い時! 進化し続けるフルサイズミラーレス ニコン「Z 7」「Z 6」

ニコンは2019年5月16日、フルサイズミラーレス「Z 7」「Z 6」の新しいファームウェア Ver.2.0をリリースした。この新ファームウェアでは、ユーザー待望の「瞳AF」の搭載をはじめ、低輝度下でのAF性能の向上や、高速連写時のAE追従対応、AF安定性の向上などを実現しており、カメラとしての使い勝手が大幅に進化している。本特集では「瞳AF」を中心にファームウェアVer.2.0の進化点を徹底レビュー! “進化し続ける”フルサイズミラーレス「Z 7」「Z 6」の最新情報をお伝えしよう。

「Z 7」「Z 6」に大幅な機能強化をもたらす、ファームウェアVer.2.0がリリース!

以前より予告されていた、「Z 7」「Z 6」のファームウェアVer2.0が2019年5月16日、ついにリリースされた。ニコンはファームウェアのアップデートによってカメラの機能強化を実現する、ユーザーフレンドリーなメーカーとして評価されているが、今回は“ニコン史上最大級”と言っても大げさではないほどの充実したアップデートになっている。主な機能強化は以下の3点だ。

ニコン「Z」
ニコン「Z」 ニコン「Z」

左が有効2450万画素センサーを搭載したオールラウンドモデル「Z 6」、右が有効4575万画素センサーを搭載した高画素モデル「Z 7」。両モデルともファームウェア Ver.2.0によって大幅な進化を遂げた

価格.comスタッフが「瞳AF」の実力を徹底レビュー!

「Z 7」「Z 6」のファームウェアVer.2.0で実現された3つの新機能の中で目玉となるのは「瞳AF」だ。かねてより機能追加が予告されており、「Zシリーズ」のユーザーが待ち望んでいた機能と言っていいだろう。ここでは、価格.comスタッフが「Z 7」「Z 6」の「瞳AF」を徹底的に使い倒してみてわかった4つの特徴を紹介しよう。

ニコン「Z」

「Z 7」「Z 6」の「瞳AF」を使用している画面。画面の周辺に瞳が位置していても自動で認識する

特徴1瞳の追従性能が非常に高い

一般的に「瞳AF」は、カメラが自動的に人物の瞳を認識してピントを合わせてくれる、ポートレート撮影に便利な機能だ。「Z 7」「Z 6」に搭載された「瞳AF」は、単に瞳に対してAFを動作させるというわけではなく、ニコンのカメラらしく使いやすさが徹底追求された機能となっている。

使ってみて特に印象に残ったのは、瞳の追従性能にすぐれていることだ。「Z 7」「Z 6」の「瞳AF」は、静止画撮影時にAFエリア全域でピントを合わせる「オートエリアAF」で利用できる。シャッターボタンを半押ししたときに1度ピントを合わせるAF-Sだけでなく、半押し中はピントを合わせ続けるAF-Cでも動作する。動く人物の瞳であっても追従して撮ることが可能なわけだが、その性能が非常に高い。

以下の動画をご覧いただきたいが、素早く動く人物で試してみても瞳の認識率が高く、一度とらえた瞳をなかなか外さないことがわかる。これほどの性能であれば、動く人物であっても、より正確に瞳にピントの合ったポートレート写真を撮ることができるはずだ。

「瞳AF」の追従性を動画でチェック!

「Z 6」を使用して、動く人物に対し「瞳AF」を動作させてみた。この動画から、左右に素早く動く場合でも瞳にしっかりとピントが合い続けていることがわかるだろう。さらに、くるっと人物が1回転した際には、一瞬顔認識に切り替わった後、すぐに瞳認識に復帰している。瞳に対する反応が速く、画面からいなくなった人物が再び戻ってくるようなシーンでも、瞬時に瞳をとらえてくれる

特徴2EVFを覗きながら、ピントを合わせたい瞳を簡単に選択できる

「Z 7」「Z 6」の「瞳AF」は、操作性の点でも見逃せない特徴がある。それは、複数の瞳を検出している状況であれば、背面のマルチセレクターもしくはサブセレクターを使って、ピントを合わせたい瞳を自由に選択できること。1人の人物の左右の瞳を切り替えられるのはもちろん、画面に複数人がいる場合ではほかの人物の瞳にAF枠を移動することも可能だ。

さらに、EVFを覗きながら直感的に瞳を選べるのも便利だ。もちろんモニター画面を見ながらの操作も可能だが、EVFを使って周辺の構図にこだわってフレーミングしている場合に、右手親指のマルチセレクター/サブセレクターの操作で素早く瞳の位置を切り替えられるのがいい。ファインダーから目を離さず、フレーミングに集中しながら、ポートレート撮影が行えるように工夫されているのだ。

複数人がいる場合の瞳選択を動画でチェック!

画面内に2人の人物がいる状況で、マルチセレクター/サブセレクターを使って「瞳AF」の枠を移動している様子を撮影してみた。「瞳AF」の枠には左右どちらか、もしくは両方に矢印が表示されており、検出している瞳をセレクターで順番に選択することができる。また、この動画では、人物が斜めを向いた状況でも瞳を認識していることもわかる。斜めや横を向いた瞳も認識するので、より自由なポージングで撮影することが可能だ

ニコン「Z」

縦位置でも横位置と同じように「瞳AF」の枠に対して左右に矢印が表示される。横位置と縦位置を切り替えながら撮る場合でも同じ操作で瞳を選択できる

特徴3顔認識と瞳認識が連動し、状況に合わせて素早く切り替わる

人物の大きさに合わせて顔認識と瞳認識が連動するのも、「Z 7」「Z 6」の「瞳AF」の使いやすい点だ。人物が少し離れたところにいる全身撮影時は「顔認識AF」、人物が近くにいるバストアップからクローズアップ撮影時は「瞳AF」といったように、状況に応じて人物に最適なAF方式が自動的に選択されるようになっている。しかも、先に掲載した動画からもわかるように、その切り替えが非常に速く、撮影していてストレスをまったく感じない。「瞳AF」の追加によって、「Z 7」「Z 6」は、従来以上に迅速かつ柔軟なポートレート撮影が可能となったのだ。

ニコン「Z」

カスタムメニュー内にある「オートエリアAFの顔と瞳認識」の設定画面。「顔認識と瞳認識する」を選択すると、顔認識と瞳認識が連動し、状況に応じてAF方式が自動的に切り替わる

特徴4安定したAEを実現。「NIKKOR F」レンズでも使用可能

「Z 7」「Z 6」の「瞳AF」は、全体的にAE(自動露出)が安定していたのも印象に残った。先に掲載した動画でも確認できるが、動く人物を追従する場合や、複数人の瞳を切り替える場合において、瞳の認識の有無による露出のばらつきがなく、あらゆる状況でより適切な露出が得られる。これは、「瞳AF」が働いている場合でも人物の顔に対してAEを制御するように設計されているため。細かいところまで使い勝手を追求した機能に仕上がっているのだ。

さらに、マウントアダプター「FTZ」を利用して、一眼レフ用の「NIKKOR F」レンズを装着して「瞳AF」を試してみたが、問題なく動作した。AF-Cでの追従や、複数人での瞳の選択など、フルサイズミラーレス用の「NIKKOR Z」レンズを使用した場合との機能差がなく、同じように使うことができる。

マウントアダプターを介して一眼レフ用レンズをミラーレスカメラで使用する場合、一眼レフ使用時と比べてAFの速度が遅くなったり、画質が劣化するという印象を持っている方もいるかもしれないが「Zシリーズ」は違う。「Zシリーズ」で「NIKKOR F」レンズを使う場合でもAFはスピーディーで、一眼レフと変わらずにストレスのないAF撮影ができる。画質についても一眼レフ使用時と同様、ピント位置はシャープで、周辺部まで高画質が得られる。このあたりの精度の高さはニコンのカメラであることを強く感じさせるところ。「Zシリーズ」であれば「NIKKOR F」レンズの性能をフルに生かして撮影することが可能だ。

ニコン「Z」

「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」「AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED」「AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II」の3本で試してみたが、「NIKKOR F」レンズを装着しても「瞳AF」は問題なく使用できる(画像は、「Z 6」に装着した「AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II」)

ニコン「Z」

再生画面設定でフォーカスポイントの表示をオンにすると、画像再生時に「瞳AF」の位置が表示される。さらに、撮影後のピントチェックを素早く行えるように、OKボタンを押すとピントを合わせた瞳部分を拡大表示してくれるのも便利なところ

価格.comスタッフが撮影した「瞳AF」作例をチェック!

ニコン「Z」

撮影写真(5504x8256) Z 7、NIKKOR Z 50mm f/1.8 S、F1.8、1/800秒、ISO100、WB:自然光オート、ピクチャーコントロール:ポートレート

「Z 7」に、絞り開放F1.8の標準レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」を組み合わせて撮影した作例。自由にポージングをする人物を「瞳AF」を使って追従撮影している。開放F1.8に設定したため被写界深度は非常に浅いが、狙った左の瞳に正確にピントが合った。これ以外にも同じ状況で100枚ほど撮影したが、精度は非常に高く、ピントが瞳から大きく外れるミスショットはほとんどなかった。

ニコン「Z」

撮影写真(8256×5504)Z 7、NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S、70mm、F2.8、1/320秒、ISO200、WB:オート1、ピクチャーコントロール:ポートレート

ニコン「Z」

撮影写真(8256×5504)Z 7、NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S、70mm、F2.8、1/200秒、ISO200、WB:オート1、ピクチャーコントロール:ポートレート

こちらの作例は、「Z 7」に標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」を組み合わせて撮ったもの。「瞳AF」は画面内の4つの瞳を検出したので、ピントを合わせる瞳を変えながら撮影してみた。左の作例は手前の人物の右の瞳、右の作例は奥の人物の左の瞳を選択している。「Z 7」「Z 6」の「瞳AF」は、この作例のように人物が顔の前にピースサインを出している場合にも狙った瞳を選択して撮ることが可能。手前に何か障害物がある状況でも、瞳に確実にピントを合わせてくれる。

ニコン「Z」

撮影写真(8256×5504)Z 6、AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II(マウントアダプター「FTZ」使用)、F2.8、1/250秒、ISO400、WB:晴天、ピクチャーコントロール:ポートレート

マウントアダプター「FTZ」を使用して、「NIKKOR F」レンズの大口径・望遠レンズ「AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II」で「瞳AF」を試してみた。ボディは「Z 6」を使っている。焦点距離300mm/開放F2.8に設定したためピント面は非常に薄く、通常のAFでは瞳にピントを合わせるのは至難の業だ。しかも、被写体である女性にはある程度自由にポージングしてもらったが、「Z 6」の「瞳AF」はしっかりと瞳を認識し、追従してくれた。

低輝度時のAF性能がさらに向上! 高速連写時のAE追従も可能に

「Z 7」「Z 6」のファームウェアVer.2.0では、低輝度撮影時のAF性能も大きく向上している。ファームウェアVer.2.0によって、静止画撮影・動画撮影ともにAFの低輝度側の検出限界値(※1)が「Z 7」は-1EVから-2EVに、「Z 6」は-2EVから-3.5EVに拡張。「Z 7」は1段分暗い状況、「Z 6」は従来よりも1.5段分暗い状況の低輝度下でもAFでピントを合わせられるようになった。従来より暗いところでのAF速度・精度の高さで評価を得ている「Z 7」「Z 6」だが、それにさらに磨きがかかった形だ。

さらに「Z 6」については、「ローライトAF」使用時の低輝度限界値も-4EVから-6EVに向上(※2)。-6EVという明るさは、肉眼では被写体を確認できないくらいの暗闇を意味する。そんな暗い状況でもAFでピント合わせが行えるのは驚異的だ。

  • ※1:ISO 100、f/2.0レンズ使用時、常温20℃、静止画AF-S時。
  • ※2:「Z 7」は-4EVのままとなります。
ニコン「Z」 ニコン「Z」

「Z 6」に開放F1.8の大口径・広角レンズ「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」を組み合わせて、月明かりがあって肉眼では1等星〜2等星くらいまでしか確認できない星空の撮影においてAFをテストしてみた。結果は、ご覧の通り、ふたご座のカストル(2等星)にピントを合わせることができた

さらに、ファームウェアVer.2.0では、従来はAF追従/AE1コマ目固定だった高速連続撮影(拡張)が、AF/AEともに追従するようになったのも見逃せない。「Z 7」は最大約9コマ/秒、「Z 6」は最大約12コマ/秒でAF/AE追従。これにより「Z 6」は2019年5月時点において、フルサイズミラーレスカメラのメカシャッターでは最も高速な連写が行えるモデルになった。

ニコン「Z」 ニコン「Z」 ニコン「Z」
ニコン「Z」 ニコン「Z」 ニコン「Z」

「Z 6」に標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」を組み合わせて、着陸する飛行機にカメラを向けながら最大約12コマ/秒の高速連続撮影(拡張)で追従撮影したもの。上記の写真は、40コマ程度連写した中から6コマを抜き出したものだ。後半にかけて徐々に逆光になる状況で、焦点距離70mm、絞り値F5.6、シャッタースピード1/2500秒に固定してオート感度で撮ってみたところ、感度は左上の画像がISO280、中央上がISO220、右上がISO180、左下がISO140、中央下がISO125、右下がISO100と段階的に正確に露出が変わった。ピントも飛行機にしっかりと合い続けており、非常に高精度なAF/AE追従であることがわかる

次世代の高速メモリーカード「CFexpress」とRAW動画出力にも対応予定

「Z 7」「Z 6」は、今後のファームウェアアップデートによって、次世代のメモリーカード規格である「CFexpress」(※3)に対応することも発表されている。

「CFexpress」は「XQD」と物理的に互換性があり、「XQD」よりもさらに高速なデータ転送が可能になる規格。「CFexpress 2.0」準拠の場合、最大2,000MB/sの高速データ転送が可能で、今後、ハイエンドユーザー向けのデジタルカメラ・ビデオカメラのメモリーカードはこの規格がスタンダードになると考えられている。「Z 7」「Z 6」はいち早くこの規格に対応するミラーレスカメラとなる予定だ。

  • ※3:CFexpressはCFA(CompactFlash Association)の商標です。
ニコン「Z」

「XQD」カードは通信速度と堅牢性の両方にすぐれている。カードの抜き差しに対する安心感が高く、物理的な破損の心配が少ない。「Z 6」「Z 7」は将来的に、「XQD」と互換性があり、より高速な「CFexpress」に対応する

加えて、「Z 7」「Z 6」は、4K UHD/フルHDのRAW動画の出力に対応することもすでに予告されている。これまでプロ向けのカメラには搭載されていた機能だが、一般ユーザー向けのカメラとしては初のRAW動画対応モデルになる予定だ。

機能強化でさらに使いやすくなった! 今ならお買い得に手に入れるチャンス

「Z 7」「Z 6」は、クリアで自然な見えの高品位なEVFや、しっかりとした形状でホールドしやすいグリップに代表される操作性のよさ、「NIKKOR Z」レンズによる次世代の高画質などが高く評価されているフルサイズミラーレスカメラだ。今回紹介したファームウェアVer.2.0によって、待望の新機能「瞳AF」が加わったうえ、暗所AF性能も向上。高速連写もAFだけでなくAEにも追従するようになり、さらに使いやすくなった。特に「瞳AF」の搭載はうれしいアップデートだろう。全身からクローズアップまであらゆるポートレート撮影で、柔軟かつ迅速なAF撮影が行えるカメラに進化を遂げている。

加えて、今後のファームウェアアップデートで機能がさらに強化されていくのも見逃せない。大きなところでは新たなメモリーカード規格「CFexpress」に対応する。動画作品を制作している方にとっては、RAW動画出力の対応も見逃せないポイントになるだろう。時代の先を行く機能をいち早く取り入れていく「Z 7」「Z 6」は、まさに“進化し続ける”フルサイズミラーレスカメラなのだ。安心して長く使えるカメラとも言えるだろう。

また、「NIKKOR Z」レンズのラインアップも着実に拡充されており、2019年2月には、開放F2.8通しの標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」と、小型軽量で光学性能に優れた、フィルター装着が可能な超広角ズームレンズ「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」が追加。さらに、開放F0.95の明るさを実現した大口径レンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」や、14-24mm f/2.8、20mm f/1.8、24mm f/1.8、50mm f/1.2、70-200mm f/2.8、85mm f/1.8といった広角から中望遠、望遠ズームまで幅広いタイプのレンズの登場が予定されている。今後どういったレンズが登場するのか今から楽しみだ。

「NIKKOR Zレンズ」の開発ロードマップ
ニコン「Z」

そして、今なら「Z 7」「Z 6」ともにお得なキャッシュバックキャンペーンが実施されている。この機会に「Z 7」「Z 6」ぜひ手に入れて、ハイクオリティな作品作りに生かしてほしい。

Campaign information最大40,000円キャッシュバック!「Z 7」「Z 6」キャッシュバックキャンペーン実施中

ニコン「Z」
ニコン「Z」

ニコンは現在、「Z 7」「Z 6」のボディやレンズキット、マウントアダプターキット、「NIKKOR」レンズや「NIKKOR Z」レンズの一部商品を購入した方を対象にした、「BEST SELECTION キャッシュバックキャンペーン」を実施している。このキャンペーンは、期間中に対象商品を購入した方に最大40,000円をキャッシュバックするという太っ腹なもの。「Z 7」「Z 6」を非常にお買い得に手に入れられるチャンスだ。購入対象期間は2019年8月8日(金)〜2019年10月7日(日)で、応募締め切りは2019年10月31日(金)(※当日消印有効)。詳細は、ニコンのキャンペーンの公式ページをご覧いただきたい。

有効画素数2450万画素。高感度性能にもすぐれたオールラウンドモデル ニコンのフルサイズミラーレス「Z 6」使い倒しレビュー
ニコンクオリティ”を継承したフルサイズミラーレス「Z 7」徹底解剖

ニコンのフルサイズミラーレス「Zシリーズ」の公式ページをチェック!