富士通ゼネラル「nocria(ノクリア)」Xシリーズが暮らしを変える

「aircon」のスペルを逆から並べたというネーミングの由来に準じ、独自の発想でエアコンの“常識”に挑み続ける富士通ゼネラルのルームエアコン「nocria(ノクリア)」。そのフラッグシップモデルとなる「ノクリア」Xシリーズの2019年モデルは、リモコンの操作履歴などに基づいて、使う人の好みの温度などをAI(人工知能)で学習。さらに、外気温や室温、湿度はもちろん、天気予報データなどの情報も加味して、それぞれのお部屋や人に合わせて先回りして快適な運転をする“オーダーメイドの快適さ”を実現してくれるという。今回は、そんな「ノクリア」Xシリーズがもたらす次世代の快適さを検証した。

エッジ&クラウドAI操作履歴などを学習し
“オーダーメイドの快適さ”を提供

「フィルター自動おそうじ」機能やデュアルブラスターによる「ハイブリッド気流」を業界に先駆けて搭載するなど、独自の発想でエアコンの“常識”に挑み続けてきた、富士通ゼネラルのルームエアコン「nocria(ノクリア)」。その「ノクリア」の最新のフラッグシップモデル「ノクリア」Xシリーズが発売された。最新の2019年モデルでは、AI機能とさらにそれをクラウド連携するというテーマに挑んだのが革新的。「エアコンにAI機能」と聞いてもすぐにピンとこない人も多いかもしれないが、端的に言えば、AI機能を利用してエアコンが使用する人の好みを学習し、これに基づいて最適な運転制御を先回りして行ってくれるというもの。AIの搭載はエアコンの進化におけるひとつのトレンドとなりつつあるが、そこにエッジ(本体)とクラウド上のAIとの連携まで持ち込んだ「ノクリア」Xシリーズは、AI活用においても業界をリードしたと言える。

AS-X40J2

Xシリーズの2019年モデルの製品コンセプトは、「AIROUND(エアラウンド)」。これは、「AI(人工知能)」「AIR(空気)」「ROUND(丸み)」を組み合わせた造語で、使う人に寄り添い、好みにあった快適な環境を提供したいとの思いから生まれたもの。機能面では、エッジ(本体)とクラウドの連携がトピックだが、デザイン面でも、確かに親しみのある丸みを帯びたフォルムが目を引く

AS-X40J2

付属のBluetoothリモコンも、卵の断面のような丸みを帯びた斬新なデザイン。設定温度や動作状況などを表示してくれる天面の有機ELディスプレイに手のひらをかざして、左右に手を振ることでリモコンに触らなくてもエアコン運転のオン/オフができる。各種操作は、画面の周囲に表示されるボタンをタッチ操作して行う

XシリーズのAI機能には、独自技術の「エッジ&クラウドAI」が用いられている。これは、エアコン本体に搭載されたAI(エッジ)と、富士通グループのAI技術「Zinrai(ジンライ)」を連携させて、外気温や室温、湿度、日時、過去の運転データから鉄筋・木造などの構造や間取り、日射などによる冷えやすさ、暖まりやすさといった建物負荷の学習、リモコンの操作履歴といったエアコン本体の情報と、気象情報などインターネット上のデータを活用し、エアコンの使用環境や使う人の好みに合った運転制御を行ってくれるというもの。この技術が実現できた背景には、富士通ゼネラルが蓄積してきた豊富なエアコンの制御ノウハウと、富士通グループのクラウドサービスにおけるAI活用の高度な実績があればこそだ。まさに、富士通グループの技術を結集して生まれた次世代のエアコンなのだ。

「エッジ&クラウドAI」の仕組み

AS-X40J2

「ノクリア」Xシリーズの本体に搭載されている「エッジAI」が、設定温度の変更履歴や室温、湿度、外気温などのデータを収集。富士通のAI技術「Zinrai」が、このデータを基にして、使用環境や使う人の好みに応じた学習モデルを作る。この学習モデルを「エッジAI」にフィードバックし、エアコンの運転制御に活用するというのが、「エッジ&クラウドAI」の基本的な仕組みだ

さまざまな生活のシーンで活躍する「エッジ&クラウドAI」

では、「エッジ&クラウドAI」は、日常生活のどんなシーンで活躍するのだろうか? まずは、エアコンを使用する人の好みの温度をAIが予測して、自動で調節してくれる「体感温度予測」機能が生きるシーンから見ていこう。

たとえば、調理やエクササイズをすると、室温や人の体温が上昇する。このとき、こうした変化をエアコンがあらかじめ予測し、適切な室温にすることができれば、生活がより快適になることだろう。「エッジ&クラウドAI」を搭載した「ノクリア」Xシリーズなら、こうした運転制御が可能になるのだ。

体感温度予測

調理中に自動で設定温度を下げて、快適な室内空間をキープ

家事の合間にリモコンで設定温度を細かく調節するのは面倒なもの。しかし、「ノクリア」Xシリーズなら、こうした操作が不要になるのだ。毎日の調理時間の外気温、室内温度、湿度を学習し、それに合わせてエアコンを使う人が、どれだけ設定温度を下げたかなどの履歴をAIが学習(この時の状況を判断)。以降は、AIがリモコンの操作を予測して自動的に設定温度を下げ、快適な室内環境を維持してくれる

インターネット上の情報をエアコンの運転制御に活用するというのも、「エッジ&クラウドAI」ならではの強み。最新の気象データ※2から、外気温の急な上昇や下降が予測されると、専用アプリ「どこでもエアコン」をインストールしたスマートフォンに、入タイマーの予約設定をリコメンド(提案通知)※3してくれる「立ち上げ予測」機能が作動する。このリコメンドに沿って外出先からタイマー設定をすれば、帰宅時の室内は快適な温度になっているのだ。 *リコメンドは11〜12時、18〜19時ごろに通知されます。
*リコメンドに沿ってタイマー予約をした場合。
*Android™スマートフォン、iPhoneに対応。一部使用できない機種があります。機種により使用できる機能は異なります。

立ち上げ予測

気象データなどから運転時間を判断し、帰宅時には快適な温度に

夏場の暑い時期、帰宅後にエアコンをオンにし、室温が下がるのを待つのは不快なもの。しかし、Xシリーズなら、専用アプリ「どこでもエアコン」のリコメンドに従ってスマートフォンからエアコンの入タイマーの予約設定が可能。しかも、AIが学習した部屋(建物)の住宅性能を基に最適な運転時間を判断して、無駄なく効率的な冷房を行ってくれる

AS-X40J2翌朝の気温上昇予測に応じてタイマー予約をし、快適な温度で起床「エッジ&クラウドAI」なら、週間天気予報では確認できなかった急な温度上昇の予測も可能。「どこでもエアコン」アプリで通知してくれるため、リコメンドに従ってタイマーの予約設定を行なえば、起床する時刻に合わせて快適な温度に調節してくれる。これなら、1日の始まりを毎日気持ちよくスタートできるAS-X40J2

このほか、インターネットに接続するIoT家電でもある「ノクリア」Xシリーズは、遠くに住んでいる祖父母や、猛暑の日に留守番をしている子どもが冷房を使用しているかを登録したスマートフォンで確認できるので、家族の生活状況が確認できる。まさに「人に寄り添うエアコン」なのだ。 *通知はオン/オフのみ。運転状況はアプリ上で確認できます。

IoTでつながる

留守番中の子どもや離れて暮らす祖父母のエアコン操作を遠隔で確認可能

インターネット経由でエアコンの運転状況を確認することが可能。遠くに住んでいる祖父母や子どもの留守番中の運転状況を手元のスマートフォンで確認するといった使い方もできる  

ハイブリッド気流サイドファン「デュアルブラスター」が
部屋全体に心地よい涼しさを届ける

AIの学習結果に基づいた賢い運転制御だけでなく、部屋中を快適な温度環境にできるのも、「ノクリア」Xシリーズの魅力だ。これを可能にするのが、室内機の両サイドに搭載されたサイドファン機構「デュアルブラスター」である。夏場の冷房運転時、エアコンの近くは温度が下がっているのに、離れた場所では蒸し暑いと感じたことはないだろうか? これは、設定温度に近づくとエアコンの風が弱まり、吹き出す冷気がすぐに下降してしまうためだ。この問題を解消してくれるのがサイドファンである「デュアルブラスター」だ。

「デュアルブラスター」は、左右のボディ側面から室内の空気を取り込み、センターファンからの冷風とは異なる温度と速さで風を吹き出す。これにより、冷気がすぐに下降してしまうことを防ぎ、部屋全体に行きわたらせてくれる。そのため、部屋のどこにいても快適と感じられる温度環境が実現されるのだ。

Xシリーズの「デュアルブラスター」は、センターファンと連動することなく、独立して上下に動く。冷房運転時は、冷気を下降させないように働き、部屋の隅々まで冷気を運んでくれる。これにより、控えめな温度設定でも部屋中で心地よい涼しさが得られるのだ

「デュアルブラスター」OFF時

AS-X40J2

「デュアルブラスター」ON時

AS-X40J2

「デュアルブラスター」OFF時と「デュアルブラスター」ON時で冷気の状態を比較した。一般的なエアコンでは冷気が部屋の奥まで届かず、途中で下降してしまったのに対し、「デュアルブラスター」を搭載したXシリーズでは、部屋の奥までしっかりと冷気が届いた。これが、「デュアルブラスター」の効果だ *AS-X22Jにおいて。室温安定時、風量弱風。センター気流可視化のため煙とレーザーを使用。 

AS-X40J2

「デュアルブラスター」が、センターファンからの冷気を部屋全体に届けるため、L字型のリビングルームやカウンター型のキッチンを採用したリビングダイニングルームなどでも、心地よい涼しさが得られる * AS-X40J2において。富士通ゼネラル環境試験室15.5畳、外気温35℃、設定温度27℃、風量自動、上下風向冷房標準、左右風向やや左、冷房運転安定時、床上60cmの温度分布。

標準モード

AS-X40J2

涼感プラスモード

AS-X40J2

「デュアルブラスター」は、「標準モード」と「涼感プラスモード」の2つのモードで気流をコントロールする。「標準モード」では、設定温度に達して冷気が弱まった後も、「デュアルブラスター」が冷気を遠くまで届けるため、エアコンから離れたところにいる人もやさしい涼感が得られる。いっぽう「涼感プラスモード」では、「デュアルブラスター」が冷気とともに室温と同じ風を送ってくれるので、控えめな設定温度でも涼しく感じることができる *購入時は「標準モード」に設定されています。
*冷房運転時は設定にかかわらず設定温度になるまでは「涼感プラス」モードの風向で運転します。

AS-X40J2

広いリビングルームにいる家族みんなが快適と感じられる温度環境を、1台のエアコンで作り出すことは難しいが、「ノクリア」Xシリーズならこれが可能。部屋のどこにいる人も、同じような快適さを得ることができるのだ

熱交換器加熱除菌エアコン内部の熱交換器を洗浄・加熱するから
清潔性が向上

ところで、冷房が必要な季節になってエアコンを久しぶりにつけると、室内機からカビくさい空気が出てきたという経験がある人は多いはず。これは、冷房や除湿運転を行った際に残った水滴が原因で、熱交換器に繁殖したカビや細菌によるものだ。とはいえ、一般家庭で室内機の内部にある熱交換器の手入れや掃除をするのは容易ではなく、カビや細菌の繁殖を防ぐことは難しい。しかしそれでは、せっかく新しいエアコンを買っても、安心して長く使うことができないだろう。

これを解決するべく、「ノクリア」Xシリーズは業界初※4の「熱交換器加熱除菌※1」機能を搭載。その仕組みは、冷房や除湿の運転時に室内機内に発生した水滴を利用して、抗菌・防カビコーティングを施した「ハイドロフィリック熱交換器※5」の表面の汚れを浮かせて洗い流し、そのうえで約10分間、熱交換器を55℃以上に加熱して、残った水分をお湯の状態にし、落としきれなかったカビ菌や細菌を除去するというもの。この洗浄と加熱の相乗効果により、室内機の内部を清潔に保つのだ。

「熱交換器加熱除菌※3」機能の仕組みと効果

AS-X40J2

冷房・除湿運転時に発生した水滴を利用して室内機の熱交換器の表面に付着した汚れを洗浄。運転を停止後、リモコンで「加熱除菌」を選ぶと、熱交換器を加熱して、残った水分をお湯の状態にする「湿熱(しつねつ)効果」により、残ったカビ菌などが除去される

AS-X40J2
AS-X40J2

(一財)北里環境科学センターの試験結果によれば、「加熱除菌運転後」の状態は、「加熱除菌運転前」の状態と比べて、カビ菌、細菌ともに大幅に減少している

プラズマ空清(電気集じん方式)の仕組み

AS-X40J2

室内機の内部だけでなく部屋の空気もキレイにしてくれる電気集じん方式の空気清浄機能「プラズマ空清」も搭載。室内機内部の「プラズマ空清ユニット」で微粒子をプラズマイオンでプラスに帯電させ、網目の細かなフィルターを用いることなく、花粉やPM2.5などをしっかりとキャッチしてくれる

AS-X40J2

エアコン内部は「熱交換器加熱除菌※3」機能で、部屋の空気は「プラズマ空清」でというように、エアコン内外の清潔性を維持してくれる「ノクリア」Xシリーズなら、小さな子どもがいる家庭でも長く清潔に使うことができる

まとめ「エッジ(本体)&クラウドAI」で、
“より賢く、より快適に”進化した次世代エアコン

エアコン本体に搭載された「エッジAI」と、富士通のAI技術「Zinrai」を連携させることで、より賢く、快適な室内環境を実現してくれる「ノクリア」Xシリーズ。AIが外気温、室温や湿度に加え、リモコン操作を学習・分析し、“オーダーメイドの快適さ”を提供するというのは、極めて人にやさしい実用的な発想であることが、おわかりいただけただろう。もちろん、独自のサイドファン機構「デュアルブラスター」や「熱交換器加熱除菌※1」といった機能も、エアコンを家族みんなで長く使っていくうえで、欠かせないものであることが確認できた。まさに、AIやIoTをはじめとする先進の機能が人の暮らしをより便利で快適に変えていく、新しい時代の到来を予感させる製品だ。「ノクリア」Xシリーズで、ぜひひと足先に次世代の快適さを体感していただきたい。