設置性・機能性・使い勝手の三拍子が揃った! エプソン「カラリオ EP-882A」を選ぶべき理由

おしゃれでコンパクトなたたずまいに、確かなプリント品質とすぐれた使い勝手を兼ね備えた、エプソンの家庭用インクジェットプリンター「カラリオ EP-881A」。この人気モデルに、注目の後継機「EP-882A」が登場した。そこで、本記事では価格.comに寄せられた「EP-881A」のユーザーレビューから、前モデルが好評を博した理由を探ったうえで、その機能性や使い勝手をさらに磨き上げた最新モデル「EP-882A」の魅力を検証した。

選ぶべき理由1まるでデザイン家電のようなおしゃれなたたずまいと、
狭いスペースにも置けるコンパクトボディ

今回注目した「カラリオ EP-882A」の前モデルである「EP-881A」は、価格.comの「プリンタ」カテゴリーでも人気売れ筋ランキングで首位を競い、常に注目の的となっている製品だ。ユーザーレビューの評価も、満足度はカテゴリー平均の3.82を上回る4.14ポイントと高く、「デザイン」と「サイズ」の評価項目はそれぞれ4.70、4.75ポイント(いずれも2019年7月5日時点)を獲得している。まずは、「EP-881A」の製品ページに寄せられたユーザーレビューから、その人気の理由を探っていこう。

「カラリオ EP-881A」
ユーザーレビュー抜粋
  • コンパクトなのが1番うれしいです。デザインもシンプルなためよい意味で目立たず、リビングルームに置いてもしっかりとインテリアに溶け込んでくれます。プリント品質もキレイで見やすく、大満足です。
  • ボディカラーはレッドを選びましたが落ち着いた色で部屋のインテリアにもマッチします。コンパクトなので置き場所にも困りませんし、写真をプリントした時の解像感が高く、お気に入りの1台です。
  • サイズがコンパクトで設置場所を選ばず、すごく気に入っています。本体の色も主張しすぎないので、違和感なく空間に溶け込みます。タッチパネルも大きく使い勝手抜群で、総合的に満足しています。
  • 編み物の編み図をA4サイズでプリントしていますが、クッキリ印刷されるため重宝しています。また本体のコンパクトさに1番の魅力を感じていましたが、実際に購入して設置してみても、期待通りでした。
  • 排紙トレイの自動オープン機能や、タッチパネル液晶による使い勝手のよさ、交換式のメンテナンスボックスによる手入れのしやすさなど、ユーザーの声を生かした機能が多く備わっている点は特筆モノです。
  • ※2019年7月5日時点、価格.comの「カラリオ EP-881A」製品ページに寄せられたユーザーレビューを抜粋・編集しています。

価格.comユーザーのレビューをチェックしてみると、やはり、「デザイン」や「サイズ」を高く評価する声が多い。そんな「EP-881A」のデザインコンセプトは、「360°デザイン」。どこから見てもスタイリッシュに見えるよう、リビングルームの目立つ場所に設置しても溶け込むことを目指したという。これにより、従来のプリンターにありがちだった事務的なイメージから、インテリアにも映えるおしゃれなプリンターへと方向転換をし、いまや家庭用インクジェットプリンターのデザインにおけるひとつの定番となっている。そしてこの魅力は、2019年の最新モデル「カラリオ EP-882A」(以下、EP-882A)にもしっかりと継承されているのだ。

エプソン「カラリオ EP-882A」

エプソン「カラリオ」の最新モデルとなる「EP-882A」は、「360°デザイン」をコンセプトとする、スタイリッシュなデザインや設置性を前モデルから継承。普通紙の印刷品質に「色あざやかモード」を新たに搭載するなど、機能面が進化し、ますます魅力がアップしている

そこでまず、「EP-882A」のボディデザインをチェックしてみると、凹凸が少なく、360°どこから見ても美しい。その洗練されたデザインは、何気なく置いておくだけで部屋をおしゃれに飾ってくれる。

凹凸が少なくスッキリと見える「360°デザイン」を採用した「EP-882A」を、リビングルームと書斎に設置してみた。シンプルで洗練されたデザインがインテリアとよくマッチし、空間をおしゃれに彩ってくれる

エプソン「カラリオ EP-882A」

カラーバリエーションには、シックな雰囲気の「ブラック」と、ナチュラルな印象の「ホワイト」、インテリアのアクセントにもなる「レッド」の3種類を用意。部屋のインテリアや好みに合わせて選べるのがうれしい

「EP-882A」は本体サイズ約349(幅)×340(奥行)×142(高さ)mmとコンパクトで、設置性にすぐれているのも魅力。2種類の用紙をセットできる2段給紙トレイや排紙トレイは、前面からアクセス可能。さらに、天面後ろ側に搭載した手差しトレイは、用紙サポートを立てた状態でも後方に出っ張らないように作られている。

エプソン「カラリオ EP-882A」 エプソン「カラリオ EP-882A」

A4用紙に加え、L判やはがきなどにも対応した2段トレイを前面に搭載した。サイズの違う2種類の用紙をセットしておけば、用紙を入れ替える手間が省ける。また、最大0.6mmまでの厚紙に対応した背面の手差しトレイは、用紙サポートを立てても後方に出っ張らないのがありがたい

「EP-882A」なら、狭いスペースへの設置もなんのその。背面給紙モデルの「カラリオ PX-049A」が設置できなかった棚に、「EP-882A」はスッキリと収まった。しかも、給紙や操作が前面で行えるため、ラックなどの高い場所に設置しても十分に使いやすい

選ぶべき理由2スマホとあっという間につながる!
L判印刷約13秒/枚の高速プリントが快適!

スマートフォンの大画面化により、モバイル端末でも手軽に写真やWebページのチェックができるようになった。こうしたトレンドに合わせ、プリンターにおいても、いまやモバイル端末との連携は欠かせないものになっている。その点でも、「EP-882A」は使い勝手がいい。iPhoneやiPadといったiOS搭載端末なら、端末のカメラでQRコードを読み取るだけで、あっという間にプリンターとつながる。素早く接続できて、手際よくプリントができるのだ。

エプソン「カラリオ EP-882A」

「EP-882A」をモバイル端末と直接接続するのは簡単。iOS端末なら、メニュー画面の「スマホと接続」から「iOSデバイスとつなぐ」を選択し、液晶モニターに表示されたQRコードをカメラアプリで読み込むだけ。Android端末でも、「Androidデバイスとつなぐ」を選択し、スマートフォン用アプリ「Epson iPrint」に表示されたプリンター名をタップするだけと、簡単そのものだ*iOS11以降の標準カメラアプリを使用してください。

エプソン「カラリオ EP-882A」

2019年10月には新アプリ「Epson Smart Panel」がリリースされる予定だ。このアプリを使用すると、スマートフォン側からプリンターのインク残量を確認できたり、リモコンのように直感的にコントロールできるという。1日も早い公開が待たれる

モバイル接続とWi-Fi接続が完了したら、スマートフォン用アプリ「Epson iPrint」(iOS/Android対応)を使用して、すぐにプリントが開始できる。ワイヤレス接続の場合、プリント開始まで待たされるプリンターもあるが、「EP-882A」ではこうしたストレスが感じられなかった。また、「LINE」のトーク画面上の写真なども「LINE」アプリ上からサッとプリンターに送信できるので便利だ。

エプソン「カラリオ EP-882A」

スマートフォン用アプリ「Epson iPrint」(iOS/Android対応)を利用すれば、スマートフォンやタブレット端末内の写真やテキストデータなどを簡単にワイヤレスで印刷できる。また、「LINE」アプリで「Epson Printer」を友達追加し、「カラリオ」ユーザーにエプソンから提供される「Epson Connect」のプリンターメールアドレスを登録すれば、トーク画面上の写真や文書の印刷も可能だ

エプソン「カラリオ EP-882A」

「Amazon Alexa」や「Google アシスタント」などの音声アシスタント機能に対応したAIスピーカーとも連携が可能。AIスピーカー「Google Home」の場合、「OK Google、エプソンプリンターでデザインペーパーを印刷して」のように話しかけるとプリントが開始されるので、家事や育児などで手がふさがっているときなどに重宝する

では、肝心のプリント性能はどうだろうか。まず、印刷スピードは、カタログスペックで写真L判1枚あたり約13秒/枚。同価格帯の製品は約20秒/枚のものが多いことを考えると、その速さは際立っている。プリント品質も高く、独自のマイクロピエゾ方式によって6色染料インクを正確に吐出することで、解像感が高く鮮やかな写真をプリントすることが可能だ。

エプソン「カラリオ EP-882A」

「EP-882A」は、プリントが速いのも強み。試しに編集部スタッフがL判のプリント速度を計測したところ、13.65秒/枚とほぼカタログスペック通りであることが確認できた

エプソン「カラリオ EP-882A」

「EP-882A」は、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの基本4色に、ライトシアン・ライトマゼンタの2色の中間色を加えた6色染料インクカートリッジを採用。正確なインク吐出を可能にするマイクロピエゾ方式との組み合わせにより、「カラリオ」ならではの高品位な写真プリントを可能にしている

また、「EP-882A」では、普通紙の印刷品質に、「標準」「キレイ」に加えて「色あざやかモード」が追加されたのも見逃せない。通常は、吐出するインク滴の大きさを5段階でコントロールして印刷しているが、「色あざやかモード」では一番小さな吐出サイズのみ印刷。よりクッキリと、より色鮮やかな印刷に仕上がるのだ。さらに、逆光で黒つぶれしてしまった部分を自動で判別し、自然な色合いに補正する「オートフォトファイン!EX 逆光モード」の補正効果も高まっており、“失敗したかな”と思っていた写真も、より美しく印刷できる。

オートフォトファイン!EX 逆光モード
エプソン「カラリオ EP-882A」 エプソン「カラリオ EP-882A」

逆光で黒つぶれしてしまった部分を自動で判別し、自然な色合いに補正する「オートフォトファイン!EX 逆光モード」の効果を試してみた。オフの状態だと手前の女の子が逆光で陰になり、暗くなっているのに対して、オンの状態だと女の子が明るく補正されている

エプソン「カラリオ EP-882A」

プリント品質を確かめるため、動物や花などさまざまな写真を印刷してみた。オウムの細かな毛並みや花びらの繊細な質感、夜空に輝く花火の鮮やかさなどが見事に再現されており、さすがは写真印刷に強い「カラリオ」と言ったところ。これなら、思い出深い風景写真も、大切な家族写真も、納得のいく仕上がりで残せるだろう

「標準」と「色あざやかモード」の比較 エプソン「カラリオ EP-882A」 エプソン「カラリオ EP-882A」

新たに追加された「色あざやかモード」の効果を試してみた。印刷品質「標準」と「色あざやかモード」でA4普通紙に風景を印刷してみたが、「標準」ではかすんで見えた芝桜が、「色あざやかモード」では、鮮やかなコントラストを見せた

選ぶべき理由3ユーザー目線に立った使い勝手のよさや
メンテナンス性の高さも魅力

前モデル「EP-881A」は、タッチパネル液晶の使い勝手や、メンテナンス性の高さも評価されていた。もちろん、最新モデル「EP-882A」にも、こうした点がしっかりと受け継がれている。操作性の面で特徴的なのが、本体前面に搭載された4.3型ワイドタッチパネルだ。プリンターの液晶モニターとは思えない特大サイズで、視認性にすぐれ、タッチ操作もしやすい。

エプソン「カラリオ EP-882A」 エプソン「カラリオ EP-882A」

「EP-882A」は、本体前面に4.3型ワイドタッチパネルを搭載。メニュー画面には各機能が文字とアイコンで表現され、わかりやすい。また、印刷時にはフロントパネルが自動で開き、排紙トレイが出てくるので、わざわざ自分でフロントパネルを開けたり、排紙トレイを引き出したりする手間もない

また、廃インクを溜めるメンテナンスボックスを自分で交換できるのもメリット。修理費用4,000円(税別)+送料(2019年7月25日時点)がかかるところ、「EP-882A」なら980円(税別、エプソンダイレクトショップ価格)のメンテナンスボックスを購入して交換するだけで済む。こうしたメンテナンス性の高さも「カラリオ」が選ばれる理由のひとつなのだろう。

エプソン「カラリオ EP-882A」

本体前面にはSDメモリーカードスロットとUSBポートを装備。写真入りのSDメモリーカードやUSBメモリーを挿入すると、内蔵された写真が液晶モニターに表示され、必要なものだけを印刷することができる。なお、レーベルプリントにも対応している

エプソン「カラリオ EP-882A」

不快な周波数の高い音をカットし、稼働音を静音化した「ソフトノイズ設計」を採用したのも「EP-882A」の特徴。その音量はヘッドクリーニング時で約37〜45db、印刷時でも約40〜45db程度に抑えられている。参考までに45db程度とは図書館内と同等の静けさだ

エプソン「カラリオ EP-882A」

廃インクを溜めるメンテナンスボックスは、いっぱいになった時点でメーカーに送って交換してもらうのが一般的だが、「EP-882A」ではユーザー自身で交換できる。交換作業も簡単で、マイナスドライバー1本で取り外すことができる

エプソン「カラリオ EP-882A」

メンテナンスの点では、通常の「クリーニング」に加えて、ノズルをよりパワフルに洗浄する「強力クリーニング」も新搭載。ノズルチェック時に色抜けが多いときや、なかなか色が出てこないときに頼りになる

まとめ価格.comユーザーから高評価を受けた
プリンターがさらに進化!

今回検証した最新モデル「EP-882A」は、デザインや設置性、機能性、使い勝手など、プリンターに求められるさまざまな要件を満たすことで、多くの人に選ばれ、高い評価を獲得した「EP-881A」の後継モデルにあたる。今回検証した最新モデル「EP-882A」は、そんな前モデルのよさを受け継ぎながら、「色あざやかモード」や「強力クリーニング」を追加し、着実に完成度が高められていた。トータルバランスにすぐれた製品なので、プリンターの購入・買い替えを検討している人は、必ず候補に入れておきたい。

エプソン「カラリオ EP-882A」
カラリオ EP-882A
価格.comで最安価格をチェック
最高解像度 5760×1440dpi
給紙容量 前面トレイ
A4:最大100枚(75g/m2)、ハガキ:最大60枚(上トレイ 最大20枚、下トレイ 最大40枚)
背面トレイ
手差し1枚(最大サイズ A4、リーガル、最大紙厚 0.6mm)
インターフェイス Hi-Speed USBポート×2(PC接続用×1<背面>、外部記憶機器接続およびPictBridge用×1<前面>)、SDメモリーカードスロット、有線LANポート、IEEE802.11b/g/n、IrDA(Ver.1.2準拠)
両面自動印刷 対応
スキャナー走査方式/センサー 読み取りヘッド移動による原稿固定読み取り/CIS
スキャン解像度 解像度
主走査1200dpi/副走査4800dpi
消費電力 約20W(スタンドアローンコピー時)
サイズ(収納時) 約349(幅)×340(奥行)×142(高さ)mm
重量 約6.8kg(インクカートリッジ、電源ケーブル含まず)
※ディスクトレイを収納しない場合