インテル製CPU搭載の“失敗しない”パソコンはこれだ!

2020年1月14日の「Windows 7」サポート終了に向けて、いよいよカウントダウンが始まった。多くの企業では、その対応を着々と進めていることと思うが、そのいっぽうで、IT関連部署や専門のスタッフを持たない100名以下の小規模企業やSOHOでは、「今、使っているパソコンは使えなくなってしまうの?」「新調するならどんなパソコンを選べばいい?」といったことに頭を悩ませているケースも少なくないはずだ。そこで本特集では、そんな疑問や不安にお答えするとともに、仕事の効率をグンとアップしてくれる、注目のパソコンを一挙紹介。小規模企業の経営者や、IT担当を任されているスタッフを全面的にバックアップしていく。

事前の知識2020年1月に「Windows 7」のサポートが終了するって、
知ってましたか?

2020年1月14日、「Windows 7」のサポートが終了することをご存じだろうか? このサポート終了により、マイクロソフトから提供されていたセキュリティ更新プログラムや有償サポートを含むすべてのサポートが受けられなくなる。もちろん、これまで使っていた「Windows 7」搭載パソコンが使用できなくなってしまうわけではないが、企業としては、セキュリティが担保されていないパソコンを使い続けるわけにはいかないので、実質的に業務で使用することができなくなってしまう、というわけだ。

これに対して企業はどう対応すべきか。そのひとつの方法が、今使っているパソコンのOSを「Windows 7」から「Windows 10」に有料でアップデートすること。ただしこの方法は、今使っているパソコンが「Windows 10」の動作要件を満たす場合のみに限られる。「Windows 7」は今から約10年前の2009年にリリースされたOSなので、その当時に購入した「Windows 7」搭載パソコンでは、「Windows 10」をスムーズに動作させられないケースも多い。

もうひとつの対応方法は、「Windows 10」搭載の新しいパソコンを購入すること。「Windows 7」から「Windows 10」へOSをアップデートする場合に比べ、新しいパソコンを購入したほうが最新技術の恩恵を受けやすく、生産性もグンとアップするはずだ。購入のための一時的な費用はかかるが、長い目で見ればこちらのほうが企業にとってよい選択となる可能性が高いと言える。

会社で導入すべきインテル製CPU搭載の
“失敗しない”パソコンはこれだ!

「Windows 7」サポート終了を前に、企業は、今使っているパソコンから、「Windows 10」搭載パソコンへの買い替えを検討してみてほしい

では、「Windows 10」搭載パソコンを新たに購入するとして、実際にどんなパソコンを選べばよいのか? 最近のオフィスで比較的主流となっているのは、社員それぞれに15型クラスのノートパソコンを支給するスタイル。ただし、外出先での業務が多い場合は、オフィスの机の上にディスプレイだけを設置し、社内で業務を行う場合はそのディスプレイに13型クラスのモバイルノートを接続。外出する場合はモバイルノートを取り外して持ち出す、という合理的なスタイルを取り入れている企業も少なくない。なお、扱うデータが多かったり、クリエイティブな作業が多かったりする業種では大型のディスプレイ+デスクトップパソコンという組み合わせも人気がある。いずれにしても、その企業の業務内容に応じて、柔軟なスタイルを取り入れるのが昨今のパソコン選びのトレンドとなっている。

買い替えるなら会社で導入すべきパソコンのスペックは
ここをポイントに選びたい

続いて、「Windows 10」搭載パソコンを新調する場合のスペックについて考えていこう。まずはパソコンの頭脳ともいうべきCPUだが、その第1選択肢となりえるのが「インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー」だ。同CPUの第1世代が発売されたのは2008年のこと。以後、毎年のように改良が加えられ、世代を経るごとに処理性能の向上や、消費電力の低減などが図られてきた、抜群の安定感を誇るCPUシリーズだ。

そんな「インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー」の最新モデルは、2019年4月に発売されたばかりの「第9世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー」だが、現在の市場の中心を担っているのは「第8世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー」となる。なお、ラインアップは性能上位から順に「インテル® Core™ i7 プロセッサー」「インテル® Core™ i5 プロセッサー」「インテル® Core™ i3 プロセッサー」となる。

Webサイトの閲覧や、SNSのチェック、メールの送受信など、比較的単純な作業に限定するのであれば、コスト面でも有利な、下位の「インテル® Core™ i3 プロセッサー」でも困ることはないが、さまざまなアプリや大きなデータを扱う場合や、資料作成などで高い生産性を求める場合は、ビジネスシーンでスタンダードなCPUとなる「インテル® Core™ i5 プロセッサー」や、さらに上位の「インテル® Core™ i7 プロセッサー」を搭載したパソコンを選んでおいたほうが、より快適な作業が行えるのは間違いない。もちろん、「Windows 10」に搭載された多彩な機能を有効活用するためにも、同OSと親和性の高い「インテル® Core™ i5 プロセッサー」をはじめとするインテル製CPUを選ぶメリットは大きいと言える。

会社で導入すべきインテル製CPU搭載の
“失敗しない”パソコンはこれだ!

パソコンの頭脳とも言うべきCPUだが、生産性や将来性を考えるのであれば、「インテル® Core™ i7 プロセッサー」や「インテル® Core™ i5 プロセッサー」を搭載したパソコンを選びたい

また、作業の快適性に直結するメモリーやストレージは、より大きな容量のものを選んでおくのが基本。ノートパソコンでもデスクトップパソコンでも、メモリーは8GBを基本として、最低でも4GBは確保したい。ストレージについては、最近流行のSSDであれば256〜512GB、HDDなら最低でも500GB、大きなデータを扱う職種なら1TB以上をひとつの目安にするといいだろう。

このほか、クリエイティブ系の職種ではレスポンスのスピードを高速化するインテル® Optane™ メモリー搭載PCもチェックしてみてほしい。また、光学ドライブは、昨今のノートパソコンでは省略されるケースが多いので、業務上、必要な場合は、その装備もしっかと確認すべきだ。

目安にしたい基本スペック
会社で導入すべきインテル製CPU搭載の
“失敗しない”パソコンはこれだ!

一挙紹介会社で導入すべき注目のパソコン

以上の考察を踏まえ、会社で導入すべき注目のパソコンを一挙紹介したい。生産性を向上し、業績アップも期待できる“失敗しない”パソコンを、ぜひ選んでいただきたいものだ。

ノートパソコン

デスクトップパソコン