“プロスペック”の映像をリビングルームで!画質で選ぶならやっぱり“レグザ”4K有機ELレグザPro「X930/X830シリーズ」徹底チェック

テレビの本質である画質にこだわり続け、長年にわたって薄型テレビ市場をリードしてきた東芝の「レグザ」から、有機ELテレビの新しいフラッグシップモデル、“4K有機ELレグザPro”「X930/X830シリーズ」が登場した。新しい“4K有機ELレグザPro”の魅力は、家庭のリビングルームでも、映像制作会社がマスターモニターとして活用する“プロスペック”の高画質を満喫できること。本企画では、そんな「X930/X830シリーズ」の画質を徹底チェックした。

4K有機ELレグザProの魅力映像制作のプロが認める“プロスペック”の高画質を実現

X930/X830シリーズ

“プロスペック”の高画質をテーマに開発された、“4K有機ELレグザPro”「X930/X830シリーズ」。両シリーズともに、4Kダブルチューナー搭載となっており、画質のスペックは共通だ。「X930シリーズ」は、別売りの外付けHDDを使用して地上デジタル放送6チャンネルをまるごと録画・一時保管が可能な「タイムシフトマシン」を搭載したフラッグシップモデルで、「X830シリーズ」は非搭載の高コストパフォーマンスモデルとなる

4K HDRコンテンツの増加や新4K衛星放送のスタートを背景に、4Kテレビがいよいよ身近になってきた。これにともない、映像本来のコントラストをより忠実に再現し、4Kコンテンツのクオリティも最大限に引き出せる4K有機ELテレビへの注目度が高まっている。価格.comの「薄型テレビ」カテゴリーにおいても、売れ筋ランキングの10位以内に4K有機ELテレビがひんぱんにランクインするようになった。値ごろ感も強まってきたことで、4K有機ELテレビはもはや高嶺の花ではなく、多くの人の手に届く存在となっている。

そんな中、4K有機ELレグザの新しいフラッグシップモデルとして、“4K有機ELレグザPro”「X930/X830シリーズ」が発売された。「X930/X830シリーズ」が目指したのは、リビングルームで“プロスペック”の高画質を楽しめるようにすること。「レグザ」はもともと、テレビ番組をよりキレイに映すという、いわばテレビの本質と真摯に向き合ってきた薄型テレビのリーディングブランドであり、価格.comのクチコミ掲示板やユーザーレビューには、「印象的で深い色再現」や「暗部から明部まで破綻することなく描き切るすぐれた階調性」などと、画質を評価するコメントが多く見られる。

「X930/X830シリーズ」では、そんな「レグザ」ならではの高画質をさらに進化させている。“有機ELレグザPro”専用にガンマ特性と輝度特性をチューニングし、コントラスト性能と階調性を大きく向上させた新世代の有機ELパネルを採用したことに加えて、視聴環境の照度・照明色などに合わせて画質を調整する新技術「リビングAIピクチャー」といった独自の高画質技術を搭載することで、映像制作のプロが求める高い基準をクリア。実際にいくつかの映像制作会社がマスターモニターとして「X930/X830シリーズ」の導入を決定したというから、その画質には期待がかかる。

X930/X830シリーズ X930/X830シリーズ
X930/X830シリーズ

「X930/X830シリーズ」には、映像制作のプロが利用する画質調整機能が搭載されている。映像の輝度分布や周波数ヒストグラムなどの映像分析情報を画面上に表示することも可能だ。一般のユーザーは基本的に利用しないかもしれないが、いかにも「レグザ」らしい画質へのこだわりが感じられる

プロによる視聴レポート4Kも地デジも感動の高画質!
プロの製品レビュワーが視聴レポート

X930/X830シリーズ

「価格.comマガジン」でも、カメラやAV家電のレビューを数多く行っている、プロレビュワーの真柄利行氏が「X930/X830シリーズ」の画質をチェック。「価格.comくらしラボ」のリビングルームに「X930シリーズ」の55V型モデル「55X930」を設置し、4K HDRコンテンツや地上デジタル放送の番組などを視聴してみた

“プロスペック”の高画質を実現したという「X930/X830シリーズ」。では、映像制作のプロが画作りで使用しているマスターモニターのクオリティの映像を、家庭のリビングルームで視聴するとどのような体験が得られるだろうか? オーディオ・ビジュアル製品に精通したプロレビュワーの真柄利行氏に検証を依頼した。

4K視聴レポート編明るいリビングルームでも4K HDRコンテンツを高画質に楽しめる

「X930シリーズ」の画質をチェックするにあたり、今回は日当たりがよい自宅のリビングルームを検証環境とした。その理由は、自発光方式でコントラストが高い4K有機ELテレビなら、照明を消した暗い環境で美しい映像を表示できるのは当然だが、パネルの輝度そのものが低いため、外光が入る明るい環境には向いていないところがあるためだ。「明るいリビングルームでどこまで実力を発揮できるか」というのは、有機ELテレビの大きなチェックポイントとなる。

まずは、輝度情報が多くて高品位な4K HDRコンテンツで、その実力をチェックしていこう。Ultra HD Blu-rayが本格的に普及してきたことや、主要な映像配信サービスが4KコンテンツのHDR化を進めていることもあって、映画やドラマに関しては、4K HDRで視聴できる機会が増えてきた。これから4Kテレビを購入するのなら、4K HDRコンテンツがどう映るのかを、しっかりと押さえておきたい。

X930/X830シリーズ

「X930/X830シリーズ」は、画像処理エンジンに、深層学習などのAI技術を活用した独自の「レグザエンジン Professional」を採用。数々の高画質技術によって、4Kコンテンツだけでなく、地上デジタル放送などの2Kコンテンツも美しく表示される

「X930シリーズ」は、Ultra HD Blu-rayなどで採用されている「HDR10」や4K放送などで採用されている「HLG HDR」に加えて、シーンごとに輝度情報のダイナミックメタデータが付加される「HDR10+」と「Dolby Vision」の4つのHDR規格に対応している。ここでは、新対応の「HDR10+」と「Dolby Vision」を中心に4K HDRコンテンツの映画やドラマを再生してみた。

X930/X830シリーズ X930/X830シリーズ

「X930シリーズ」は、「HDR10+」と「Dolby Vision」のHDR規格にも対応。信号情報をもとに、「HDR10+」コンテンツ再生時のダイナミックメタデータを表示してみた。また、映像メニューは「Dolby Vision」コンテンツ再生時に選択することができ、「あざやか」「Dolby Vision Bright」「Dolby Vison Dark」の3種類が用意される

映像を一見して、率直に“プロスペック”らしさが感じられたのが、自然でリアルな描写であった。過度に補正している感じがなく、明るいシーンは明るく、暗いシーンは暗く表示され、それでいてツヤのある印象的な映像に仕上がっていた。特に、暗いシーンが多いサスペンス映画では、暗闇の中にいる人物の肌の滑らかな質感がリアルに伝わってきて、思わず“ゾクッ”とするようだった。暗めの映像だとどうしても全体的にトーンが沈みがちで、肌色も暗くてくすんだ感じになりやすいのだが、「X930シリーズ」ならそういったこともない。明暗をきっちりと再現しつつ、肌色も描き分けてくれた。HDRが持つ輝度情報を生かし切っている証拠だ。

X930/X830シリーズ

最新のアルゴリズムを採用することで、質感描写がさらに向上した「美肌リアライザーHDR」を搭載。くすみがちな陰影部分の肌もツヤやかに再現できるようになった

X930/X830シリーズ X930/X830シリーズ

※4Kコンテンツを実写
モデル:ろえみ
暗いレストランで食事をするシーンを撮影した4K映像を再生してみたところ、人肌がリアルに再現された。あえて高感度ノイズが乗った映像で試したが、肌の部分は色かぶりがなく、滑らかでツヤのある質感が再現されていた

有機ELテレビは視聴環境を暗くすることで没入感のある高コントラストな映像を再現できるいっぽうで、4K HDRコンテンツを明るい環境で視聴すると、ハイライトの抜けが悪く、「パネルの輝度が足りない」と感じられることもある。「X930シリーズ」の映像を見るまでは、「明るい環境なら液晶テレビで十分」という印象を抱いていたのも正直なところ。しかし、本機ではパネルの輝度が十分に確保されており、明るいリビングルームでも4K HDRコンテンツの高品位映像を存分に楽しめた。

地デジ視聴レポート編地デジ放送やBS放送などもノイズが少なく高精細

最新の4Kテレビがそのポテンシャルをフルに発揮するのは、ネイティブ解像度が3840×2160の4K HDRコンテンツの場合である。とはいえ、一般の家庭では解像度が1440×1080の地上デジタル放送などのコンテンツを視聴する機会が多く、4Kに満たない解像度の映像がどう表示されるのかは気になるところだ。

4Kテレビで4Kに満たない解像度のコンテンツを表示するには、元の映像を4Kにアップコンバートする必要がある。この場合に大きな課題となるのが、不足している画素を補間する超解像処理とノイズリダクションのバランスだ。超解像によるシャープネス処理が強すぎると輪郭にジャギーのある不自然な映像になるうえ、全体的にノイズも増える。いっぽう、超解像処理によって発生したノイズを抑えようとしてノイズリダクションを強めると、全体的にフォーカスの甘い、ぼやけた印象の映像になってしまう。4Kへ高精度にアップコンバートするには、高度で複雑な映像処理技術が必要になるわけだが、ここに「レグザ」の真骨頂を見ることができた。「レグザ」の4Kテレビは、独自の高画質技術によって地上デジタル放送などの2Kコンテンツを高品位に4Kアップコンバートできることで知られるが、4K有機ELテレビの「X930シリーズ」にも、そのノウハウがしっかりと生かされていたのだ。

X930/X830シリーズ

「X930シリーズ」は、「深層学習超解像」と「バリアブルフレーム超解像」という2つの技術で構成される独自の「AI超解像技術」を採用。「深層学習超解像」は、深層学習した5層の「ニューラルネットワーク」が、通常の映像と、ギラつきが目立つ映像を自動判別し、それぞれの映像に合わせた超解像処理を実施することで、ノイズの少ないきめ細かな画質を再現する

X930/X830シリーズ

「バリアブルフレーム超解像」は、映像の種類と動きの量に応じて、参照するフレームの数と位置を決定して超解像処理を行う技術。参照するフレームの位置や数を固定する場合に比べて、ダイナミックに参照フレームを変えられるので、動きの少ないシーンでも激しいシーンでも、ノイズやチラつきを抑えたクリアな画質を実現できる

「X930シリーズ」で地デジ放送やBS放送を表示してみたが、アップコンバートして表示した場合の、過剰な画像処理による作り込まれた感じはまったくなかった。動きのある映像でも輪郭部は自然な感じで再現され、ディテールやテクスチャーの部分の精細感も非常に高い。高コントラストでノイズが少ないことも特筆すべき点で、映像に立体感や奥行き感が感じられた。

X930/X830シリーズ

フルHD(1920×1080)で記録した風景の映像を表示してみたが、山並みなどの細かい個所の精細感がとても高いのが印象的だった。青空の部分もノイズが少なく、グラデーションが美しく再現されていた ※フルHD(1920×1080)コンテンツを実写

さらに、4Kに満たない解像度のコンテンツを表示しても、高い色再現性を発揮するのは見逃せない。鮮やかな被写体に対しては飽和しないギリギリの色を用いることでリアリティを高めている印象。グルメ番組を再生では、色飽和しやすい肉料理の鮮やかな赤色を生き生きと表示。ゴルフのスポーツ中継では緑色の芝生がリアルで、まるでそこで観戦しているかのような印象さえ受けたし、雄大な風景を記録したドキュメンタリー番組では、青空のグラデーションがとても美しく再現されていて息をのんだ。また、番組のジャンルによらず肌色の再現性が高く、バラエティ番組やニュース番組などそれほど映像のクオリティが高くないコンテンツでも、人物の肌がキレイに表示されたことも報告しておこう。

X930/X830シリーズ

質感描写にすぐれるのも「X930シリーズ」の特徴。グルメ番組などでよく見かける料理をアップで撮影した映像も、思わず食べたくなるような“シズル感” を再現していた※4Kコンテンツを実写

このように「X930シリーズ」は、アップコンバートの精度と色再現性のレベルが非常に高く、2Kコンテンツであってもジャンルを選ばずに安定した高画質が得られるテレビと言える。「ネイティブの4K映像と勘違いするくらい」と言うと大げさかもしれないが、地上デジタル放送など4Kに満たない解像度の映像も、“感動”レベルの高画質で楽しむことが可能だ。

X930/X830シリーズ

これまでの「レグザ」は、輝度センサーを使って周囲の明るさを認識し、画質を自動で調整する「おまかせオートピクチャー」を搭載していたが、「X930シリーズ」では、それが「リビングAIピクチャー」に進化。新たに色温度センサーを追加することで、明るさに加えて照明の色の違いも検出する。映画やドラマ、スポーツといったコンテンツの種類も加味しながら、輝度やホワイトバランスを適切に自動調整するようになった

「リビングAIピクチャー」を選択にした状態で、窓から外光が入る状況と、LED照明下・白色、LED照明下・電球色の3パターンで同じ映像を表示してみた。「リビングAIピクチャー」を使えば、視聴環境の照明が変わっても、極端な色かぶりをすることなく、白い被写体がクリアに描写されていた

また、薄型テレビの弱点になりやすい音質面にも手抜かりはない。「X930シリーズ」は、新開発となる対向型パッシブラジエーター方式の2ウェイスピーカーと、総合出力50Wのマルチアンプを組み合わせた「有機ELレグザオーディオシステムPRO」を採用し、豊かな低音を実現。なお、画質のスペックは同じだが、搭載するスピーカーについては「X930シリーズ」と「X830シリーズ」で異なり、「有機レグザオーディオシステム」を採用した「X830シリーズ」は、65V型が新開発のダブルウーハー+シルクドームツイーター+バスレフ型BOX、55V型が新開発ウーハー+シルクドームツイーター+バスレフ型BOXという構成。画面サイズに合わせて異なるスピーカーシステムを大型バスレフスピーカーボックスに配置することで、それぞれに最適化した高音質を実現している。

X930/X830シリーズ

「X930シリーズ」は、新開発となる対向型パッシブラジエーター方式の2ウェイスピーカーと、総合出力50Wのマルチアンプを組み合わせた「有機ELレグザオーディオシステムPRO」を採用している

X930/X830シリーズ X930/X830シリーズ

「X830シリーズ」は「有機レグザオーディオシステム」を採用。65V型の「65X830」と55V型の「55X830」でスピーカー構成が異なり、65V型は新開発ダブルウーハー+シルクドームツイーター+バスレフ型BOX(左写真)、55V型は新開発ウーハー+シルクドームツイーター+バスレフ型BOXの構成となっている

X930/X830シリーズ X930/X830シリーズ

背面の外部インターフェイスには、HDMI端子を7系統搭載。すべてのHDMI端子が18Gbpsのデータ転送帯域幅を持っており、4K 60p 4:2:2 12bit入力、ならびに4K 60p 4:4:4 8bit入力が可能。HDCP2.2で著作権保護されたコンテンツの再生にも対応している

理想の壁かけスタイルテレビライフをより自由に!
“壁かけスタイル”の純正ローボードが登場

X930/X830シリーズ

壁かけスタイルが味わえる壁寄せテレビローボード「RWB-S150A」に、「X930シリーズ」の55V型モデル「55X930」を実際に取り付けたところ。穴あけや設置工事をしなくても、壁かけのような状態で大画面テレビを設置することができる

壁に一体化するようにすっきりと配置できる「壁かけテレビ」は、大画面テレビのユーザーにとって憧れの設置スタイルだろう。価格.comのクチコミ掲示板を見ても、壁かけテレビに関する議論は盛んで、潜在的なニーズは高い様子。ただし、テレビを壁かけするには、壁の穴あけや補強などの工事が必要となるため、「憧れはあるけれどもハードルが高い」と考える人が多いようだ。

そこで、4K有機ELレグザPro「X930/X830シリーズ」の発売に合わせ、「レグザ」純正の別売オプションとして、壁かけスタイルが味わえる壁寄せテレビローボード「RWB-S150A」が用意された。大画面テレビをリビングルームに省スペースかつスタイリッシュに設置できるのは魅力的であり、注目の製品と言える。「RWB-S150A」の仕組みは、バックパネル部分にスタンドを外したテレビ本体を引っかけ、ネジで固定するというシンプルなもの。実際にテレビ本体を固定したうえで、ローボードを壁にピタッと設置すると、あたかもテレビを壁にかけているような雰囲気になった。しかも、バックパネルの裏側にケーブル類をすっきりと配線でき、固定したテレビ本体は、左右それぞれ約8°まで向きを調整できるなど、機能性にもすぐれている。

X930/X830シリーズ

テレビ本体を「RWB-S150A」に取り付けて、真横から見たところ。ケーブル類はバックパネルの裏側に隠せるので、配線がスッキリする。なお、「RWB-S150A」の耐荷重は30kgで、「X930/X830シリーズ」のほかにも、4K有機ELレグザの「X920シリーズ」や、4K液晶レグザの「Z730X/Z630X/M530Xシリーズ」などの設置にも対応する

X930/X830シリーズ X930/X830シリーズ

「RWB-S150A」のカラーバリエーションは、重厚な褐色系の色味のウォールナットと、ナチュラルで明るい色味のオークの2色を用意。リビングルームのインテリアに合わせて、好みのカラーを選ぶことができる

まとめリビングルームで“プロスペック”の
高画質を満喫できる“王道”の4K有機ELテレビ

有機ELレグザの新しいフラッグシップモデル、“4K有機ELレグザPro”「X930シリーズ」は、高画質な映像を家庭で楽しむことにこだわってきた東芝「レグザ」だからこそ開発できた、リビングルームで高画質を満喫できる有機ELテレビだ。最大の魅力は何と言っても、“プロスペック”の高画質を実現したこと。色再現性や階調性にすぐれた映像は、独自の高画質技術を培ってきた「レグザ」ならでは。また、専用チューニングを施した新世代の有機ELパネルの採用などによって、ある程度明るい視聴環境でも明るく美しい映像を楽しめるようになったのも大きな進化点だ。今後ますます増えてくるであろう4K HDRコンテンツを、制作者の意図通りに美しく表現してくれるのはもちろん、地上デジタル放送などの2Kコンテンツも高精細に表示できる。また、新技術「リビングAIピクチャー」により、照明の明るさや色に合わせて常に最適な画質に調整されるのも、リビングルーム用のテレビとしてはポイントが高い。画質重視でテレビを選ぶなら“王道”的な製品と言っていいだろう。リビングルーム用のテレビの買い替えを検討しているなら、ぜひ選択肢に入れておきたい。

「タイムシフトマシン」搭載のフラッグシップモデル 4K有機ELレグザPro
「X930シリーズ」

「タイムシフトマシン」非搭載で
同等画質の高コストパフォーマンスモデル
4K有機ELレグザPro
「X830シリーズ」