“あれっ、映像が記録されていない”じゃ困る ドライブレコーダー向け高耐久microSDメモリーカード 東芝メモリ「EXCERIA EMU-Aシリーズ」徹底解説

近年、急速に需要が高まっているドライブレコーダー。運転中、常時、映像を記録し続けるため、データを保存するSDメモリーカードにかかる負荷は、デジタルカメラやスマートフォンなどとは比べ物にならないほどに大きい。しっかりとしたSDメモリーカード選びを行わないと、いざという時に壊れていて「映像が記録されていなかった」ということにもなりかねないのだ。そこで注目したいのが、ドライブレコーダー向けに開発された、東芝メモリの高耐久microSDメモリーカード「EXCERIA EMU-Aシリーズ」である。

よくあるトラブルドライブレコーダーで使用するとSDメモリーカードは早く劣化する

EXCERIA EMU-A032G

走行中のクルマの前方や後方の様子を動画で記録してくれるドライブレコーダー。万一の事故時の証拠記録や危険なあおり運転などのトラブル対策として、近年、導入する人が急増している。そんな、いざという時の頼みの綱となるツールだが、録画トラブルがそれなりにあることはあまり知られていない。国民生活の安定や向上のため、さまざまな情報提供や調査研究を行っている独立行政法人国民生活センターが2018年8月に公表した資料によると、ドライブレコーダーの映像記録を確認したことがある人の約7%が、録画したはずの映像が「正常に記録されていなかったことがある」と回答※1しているのだ。

ドライブレコーダーの映像について、
正常に記録されていたか
正常に記録されていなかったことがある
正常に記録されていた
EXCERIA EMU-A032G

※1 独立行政法人国民生活センター 平成30年8月2日付け報道発表資料「ドライブレコーダーの映像を定期的に確認しましょう―SD カードの異常により映像が記録されていないことも―」より。

映像が正常に記録されない原因のひとつとして指摘されているのが、記録媒体となるSDメモリーカードである。価格.com「ドライブレコーダー」カテゴリーに寄せられたユーザーのクチコミにも、以下のように、ドライブレコーダーで使用しているSDメモリーカードの不調を訴えるものが散見されている。

価格.comユーザーの声

  • ドライブレコーダーの不調はSDメモリーカードが原因のことが多く、エラーを起こしたらフォーマットをしています。それでも、使用していたSDメモリーカードは、最終的に外さないとドライブレコーダーが起動できなくなり、1枚目は1年半でダメになりました。
  • いざ記録映像を確認しようとしたら「映像が真っ暗で保存されていなかった」という経験があります。以来、ドライブレコーダー用にSDメモリーカードを数枚用意して、2〜3か月に1回、入れ替えてパソコンでチェックしています。「ドライブレコーダーを付けているから大丈夫」と思うかもしれませんが、「いざという時に役に立たない」ということがありますので、定期的なチェックは欠かせません。
  • 定期的なフォーマットをせずに使用していたら、8か月でフォーマットや書き込み、読み込みが不可になり、壊れました。
*2019年6月20日時点、価格.comの「ドライブレコーダー」カテゴリーに寄せられたユーザークチコミの中からお困りの声を抜粋・編集しています。

では、なぜSDメモリーカードで異常が発生するのだろうか? ご存じの人もいるかもしれないが、そもそもSDメモリーカードには寿命がある。書き込み回数の上限を超えると記憶素子が消耗し品質が低下する、いわば“消耗品”なのである。デジタルカメラやスマートフォンなどと違って、運転中、絶えず映像データを書き込んでいるドライブレコーダーで使用すると、この消耗が早く、寿命が短くなりやすいのだ。実際、ドライブレコーダーをはじめとした常時録画機器での使用は、保証対象外とされているSDメモリーカードもあるので注意しよう。

ドライブレコーダー用microSDメモリーカードフルHD録画で累積3,000時間想定された「EXCERIA EMU-Aシリーズ」

EXCERIA EMU-A032G

では、ドライブレコーダーで使用するSDメモリーカードにはどのような製品を選べばよいのか? 選び方はそれほど難しくない。ドライブレコーダーでの使用が想定された、高耐久なmicroSDメモリーカードが発売されているのだ。

そのひとつが、東芝メモリの「EXCERIA EMU-Aシリーズ」だ。本メモリーカードは、データを記録するメモリーに、東芝メモリが自社開発・生産している3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH™」を採用。その中でも選別された高品質なものを用いることで、フルHD録画における書き換え耐久時間、累積3,000時間(128GBモデルは累積6,000時間)が想定※2されている。3,000時間とは、1日約4時間、毎日クルマを運転したとしても2年間以上をカバーできるほどの長時間。しかも、正常な使用状態のもとでの故障であれば、カード本体を無料交換してくれる「2年間保証」も付属する。ドライブレコーダーで使用するにはぴったりのmicroSDメモリーカードとなっているのだ。

※2 フルHD(1920x1080画素、ビットレート21Mbps)相当の画質で録画した場合の目安。監視カメラ向けには、1日24時間365日のフルHD録画(1920x1080画素、ビットレート3Mbps)で、2年間の使用を想定して設計されている。
EXCERIA EMU-A032G
EXCERIA EMU-A032G

「EXCERIA EMU-Aシリーズ」には、microSDHCメモリーカードの32GB、microSDXCメモリーカードの64GB/128GBの3種類がラインアップ。付属の変換アダプターを使用すれば、フルサイズのSDメモリーカードとしても使用できる

記録時間の目安

EXCERIA EMU-A032G
EXCERIA EMU-A032G
* フルHD画質は21Mbps、HD画質は17Mbpsで計算しています。お使いの機器、撮影条件および設定によって記録されるデータ量が異なる為、撮影可能時間は変化します。 * 各製品に表示のメモリー容量は搭載されているフラッシュメモリーに基づいており、実際にご使用いただけるメモリ容量ではありません。メモリー容量の一部を管理領域等として使用しているため、ご使用いただけるメモリー容量(ユーザー領域)はそれぞれの製品をご確認ください(1GBを1,073,741,824バイトとして計算しています)。

ドライブレコーダーでの使用においては、記録容量を時間としてとらえることが大切。たとえば、片道1時間半程度のドライブがほとんどの人なら、フルHD動画を約3時間記録できる32GB、長距離ドライブが好きな人やできるだけ長時間の映像を保存しておきたい人は約12時間20分記録できる128GBなど、運転スタイルに合わせて容量を選ぼう

さまざまな使用環境に対応する耐久性も兼備

「EXCERIA EMU-Aシリーズ」は、暑い夏でも寒い冬でも動作してくれる-25〜85℃(結露しないこと)までの温度耐性や、最大5mの高さからの落下に耐えられる耐衝撃性、水の中に30分間沈めても動作するIPX7準拠の防水性も兼備。このほか、過電流が発生した場合にカード本体の発熱や発火を防ぐヒューズを搭載するなど、いざという時の安心感も高い。

EXCERIA EMU-A032G
EXCERIA EMU-A032G

「EXCERIA EMU-Aシリーズ」は、ドライブレコーダーから取り出して車内に置き忘れたり、ポロッと落としたりしてもそう簡単には故障しない耐久性があるのもありがたい

最新ドライブレコーダーに対応高速な書き込み速度を実現! フロントとリアの同時録画や4K録画も可能

EXCERIA EMU-A032G

近ごろのドライブレコーダーは、クルマの前方を録画するフロントカメラに加え、あおり運転対策にもなるリアカメラも搭載したデュアルカメラモデルが注目を集めている。さらに、逆光による白飛びや黒つぶれを抑えて録画できるHDR(High Dynamic Range)/WDR(Wide Dynamic Range)対応モデルや、フルHDよりも4倍高精細な記録が行える4K(3840×2160)対応モデルも登場するなど、性能面での進化は著しい。

こうしたモデルでは、大量のデータをより高速に書き込む必要があるため、microSDメモリーカードにも高い性能が求められることになる。その点でも「EXCERIA EMU-Aシリーズ」なら大丈夫。最大書き込み速度は65MB/秒と高速なうえ、最低書き込み速度は30MB/秒が保証された「ビデオスピードクラスV30」「UHSスピードクラス3」に対応。フロントとリアのフルHD同時録画や高精細な4K録画であっても、安定した映像を記録することができる。

EXCERIA EMU-A032G
EXCERIA EMU-A032G

フロントカメラに加え、リアカメラを搭載したデュアルカメラモデルの人気が上昇中。価格.com「ドライブレコーダー」カテゴリーの売れ筋ランキングを見ても、上位20モデル中10モデルがデュアルカメラモデル(2019年7月2日時点)だ。こうした製品で使用するmicroSDメモリーカードについては、耐久性だけでなく、データ転送速度についても気にするようにしたい

まとめドライブレコーダーで使用するmicroSDメモリーカードはしっかりと検討しよう

万一の交通事故時の証拠として使われる可能性がある映像を記録するドライブレコーダーにおいて、「映像が記録されていなかった」という事態は避けたいもの。肝心の映像が記録されていなければ、実際に起こったことを証明することがとても大変になる。ドライブレコーダーで使用するmicroSDメモリーカードは、安ければ安いほどいいというものではなく、真剣に性能を検討して選ぶべきものだ。

その点で、「EXCERIA EMU-Aシリーズ」はよい選択と言える。フルHD録画で書き換え耐久時間、累積3,000時間(128GBモデルは累積6,000時間)が想定されており、ドライブレコーダーでの使用も対象になる「2年間保証」が付くのだから心強い。常時録画用途での使用が想定されていない一般的なmicroSDメモリーカードと比べると価格は高めだが、ドライブ中の安心を買うと考えれば、「EXCERIA EMU-Aシリーズ」を選ばない手はないだろう。

「EXCERIA EMU-Aシリーズ」ラインアップ

記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。