超優秀な高倍率ズームレンズ広角から望遠までこれ1本でOK!キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」の実力に迫る

キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

キヤノンの小型・軽量なフルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」で使用するのに最適な高倍率ズームレンズが新登場! 「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」は、新時代のカメラシステム「EOS Rシステム」の交換レンズ「RFレンズ」では初の高倍率ズームレンズで、広角24mmから望遠240mmの幅広い焦点距離をカバーしながらも、小型・軽量と高画質を両立したのが特徴。このレンズが1本あれば広角から望遠まで「EOS Rシステム」の高画質を存分に楽しむことができる。本特集では、描写性能や手ブレ補正機能など「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」の実力を徹底的に検証した。

基本情報広角24mm〜望遠240mmをカバーする
小型・軽量・高性能な高倍率ズームレンズ

キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

小型・軽量なフルサイズミラーレス「EOS RP」に「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を装着したイメージ

まずは、「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」の基本的な特徴を見ていこう。

「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」の最大の特徴は、広角24mmから望遠240mmまでの焦点距離をカバーする、光学10倍という高いズーム倍率を実現していること。いわゆる高倍率ズームレンズと呼ばれる製品だ。一般的な標準ズームレンズは光学3〜4倍ズーム程度(広角は24〜28mm、望遠は70〜100mm前後)のズーム倍率となっており、それと比べると「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」のほうが幅広い焦点距離をカバーしている。

「撮れないシーンや被写体はない」というと大げさかもしれないが、このレンズが1本あれば、雄大な風景を広角でワイドに切り撮ったり、見た目に近い画角で気軽なスナップ写真を楽しんだり、大きな背景ボケのあるポートレートを撮ったり、動物や飛行機など遠くにいる動く被写体を大きくズームしたりと、幅広い焦点距離を生かして多彩な撮影を楽しめる。

加えて、「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」で見逃せないのは、小型・軽量と高画質を両立していること。これまでの高倍率ズームレンズは一般的に、ズーム倍率が高いものの「大きくて重い」「描写力がもうひとつ」といったところがあったが、「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」は違う。全長122.5mm/重量約750gの小型・軽量化を達成したうえ、UDレンズと非球面レンズを含む15群21枚のレンズ構成によって、ズーム全域で画面の中心部から周辺部まですぐれた描写性能を実現しているのだ。さらに、望遠240mm時に、最短で0.78m(撮影倍率0.26倍)まで被写体に近づいて撮れるのもうれしい。

「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」でこうしたすぐれた性能を実現できたのは、キヤノンがフルサイズミラーレス用に設計した新しいカメラシステム「EOS Rシステム」の「RFマウント」によるところが大きい。「RFマウント」はマウント径が54mmと大きく、かつショートバックフォーカス設計になっており、レンズ設計の自由度が飛躍的に向上している。レンズ群の後端(カメラ側)に大きなレンズを配置できるようになり、これまでの常識では考えられなかったような高性能なレンズを開発できるようになったのだ。

キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

小型・軽量なフルサイズミラーレス「EOS RP」と「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を組み合わせると、フルサイズの高倍率ズームとしてはコンパクトなシステムとなる

使い勝手を大きく左右するオートフォーカス(AF)の性能も高く、キヤノン独自開発の超音波モーター「ナノUSM」を採用することで高速かつ滑らかなAFを実現。静止画と動画の両方で快適な撮影が可能だ。

さらに、強力な手ブレ補正機能も見逃せない。手ブレ補正のアルゴリズムを見直したうえ、レンズのジャイロセンサーに加えてCMOSセンサーの画像情報も使ってブレ量を検出する「デュアルセンシングIS」にも対応しており、静止画撮影時で最大5段分(焦点距離240mm、EOS R使用時)の手ブレ補正効果を実現している。動画撮影時には、歩きながらの撮影などに高い補正効果を発揮する「ダイナミックIS」にも対応しており、強力に手ブレを抑えることが可能だ。

キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」では、コントロールリングとフォーカスリングの機能をひとつに集約し、それぞれをスイッチで切り替えることが可能に。状況に適した快適な操作性を実現している

実力徹底検証周辺部でも解像力に
すぐれる&手ブレ補正効果も高い!

次に、「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」の描写性能と手ブレ補正機能について詳しく検証していきたい。いずれの検証も、カメラボディには「EOS RP」を使用している。

絞り開放から驚きの高画質

レンズの描写性能をチェックするには、絞り開放で撮った写真が一番わかりやすい。絞り開放はレンズにとって最も厳しい条件で、色収差(輪郭などで色のにじみが出る現象)や周辺光落ち(周辺部が中央部よりも暗くなる現象)など収差による画質の劣化が顕著に表われるからだ。高倍率ズームレンズにとっては厳しい検証だが、今回は、あえて「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」の絞り開放で撮って、中央部だけでなく周辺部も撮影データを切り出して画質をチェックしてみた。

広角24mm(絞り開放F4)

キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」
中央
キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」
周辺
キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

望遠240mm(絞り開放F6.3)

キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」
中央
キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」
周辺
キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

検証前は「さすがに絞り開放なので周辺部の画質は中央部と比べて大きく落ちるだろう」と予想していたが、「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」はその予想をいい意味で裏切ってくれた。広角24mmでも望遠240mmでも、絞り開放から周辺部の画質の劣化がほとんどなく、画面全体で高い解像感が得られたのだ。しかも、周辺部の光量落ちがほとんど見られず、全体で明るくクリアな写真に仕上がっている。撮影時におけるレンズ光学補正の高さもあるが、光学10倍という高倍率ズームレンズとしては驚くような結果だ。高倍率ズームレンズは「ズーム倍率を優先するため、画質はそれほど高くない」というのがこれまでの一般的な評価だったが、「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」はその評価を覆すような、高い描写性能を持っていると言っていいだろう。

広角でも望遠でも手ブレを抑えて撮れる

続いて、「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」の手ブレ補正機能が実際にどのくらいの効果を発揮するのかをチェックしていきたい。広角24mmと望遠240mmで、シャッタースピード別に計30枚を手持ちで撮影し、それぞれのシャッタースピードで手ブレのない成功写真を撮影できた割合(※小数第2位を四捨五入した百分率)を計算してみた。なお、ピントを合わせた被写体までの距離は広角24mm時が5m程度、望遠240mm時が8m程度とした。

広角端24mm

シャッタースピード 1/25秒 1/13秒 1/6秒 0.3秒 0.6秒 1.3秒
成功写真の確率 100% 87% 80% 60% 27% 7%

望遠端240mm

シャッタースピード 1/250秒 1/125秒 1/60秒 1/30秒 1/15秒 1/8秒
成功写真の確率 100% 90% 80% 63% 53% 30%

※価格.com調べ。シーン・被写体や撮影者によって結果は異なる場合があります。

レンズの焦点距離によって手ブレが発生しないシャッタースピードは違ってくるが、フルサイズ機の場合は一般的に、「1/焦点距離 秒」のシャッタースピードが手ブレしない目安のシャッタースピードとなる。今回の検証でもこの「1/焦点距離 秒」近くのシャッタースピードを基準にして段階的にシャッタースピードを遅くしていったが、広角24mmでは0.3秒という遅いシャッタースピードでも60%の割合で成功写真が撮れた。0.6秒でも30%近い成功率になったのはすごい。望遠240mmではシャッタースピード1/30秒で63%の成功率となり、1/15秒でも2枚に1枚は手ブレを抑えることができた。レンズから被写体までの距離によって手ブレの目立ち方が変わってくるので(※被写体に近ければ近いほど手ブレが目立つ)、あらゆるシーン・被写体で必ずしもこの検証結果が得られるわけではないが、「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」の手ブレ補正機能は非常に高い性能を持っていることがわかった。

キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

EOS RP、RF24-240mm F4-6.3 IS USM、24mm、F11、0.3秒、ISO200、ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)、ピクチャースタイル:オート、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、デジタルレンズオプティマイザ:する

焦点距離を広角24mmにしてシャッタースピード0.3秒で撮影した1枚。ピントを合わせたところまでの距離は2m程度で、上に掲載した検証よりも短い被写体距離で撮影しているが、それでも0.3秒という遅いシャッタースピードで手ブレを抑えることができた

キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

EOS RP、RF24-240mm F4-6.3 IS USM、240mm、F8、1/13秒、ISO100、ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)、ピクチャースタイル:オート、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、デジタルレンズオプティマイザ:する

こちらは焦点距離240mm、シャッタースピード1/13秒で撮影。被写体までの距離は1m程度でかなり近づいて撮っているが、1/13秒という低速シャッタースピードであっても手ブレのない成功写真となった

実写レビュー広角から望遠まで幅広いシーン・被写体で
高画質に撮影できる

最後に、「EOS RP」と「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」の組み合わせで撮影した作例をいくつか紹介しよう。風景やスナップ、ポートレート、飛行機、昆虫といったさまざまなシーン・被写体を撮影してみた。これらの作例からは、「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」であれば、光学10倍という高いズーム倍率を生かして、多彩な写真を高画質に撮影できることが伝わるはずだ。

広角で遠近感を強調して風景を撮る

キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

EOS RP、RF24-240mm F4-6.3 IS USM、24mm、F8、1/400秒、ISO200、ホワイトバランス:太陽光、ピクチャースタイル:風景、オートライティングオプティマイザ:強め、周辺光量補正:する、デジタルレンズオプティマイザ:する

夕暮れ時の海岸を広角24mmで撮影した1枚。広角は周囲を広く切り取れるというだけでなく、被写体に近づくことで遠近感を強調した写真に仕上がるのが面白い。この作例では波打ち際までレンズを近づけ、波が岩に当たった瞬間を狙って撮ってみた。また、カメラを水面ギリギリにまで近づけているが、「EOS RP」は横開きのバリアングル液晶モニターを採用しているので、モニターの角度を見やすい角度に調整して、無理のない体勢で楽に撮ることができた。

見た目に近い画角で撮る気軽なスナップ撮影

キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

EOS RP、RF24-240mm F4-6.3 IS USM、35mm、F4.5、1/6秒、ISO100、ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)、ピクチャースタイル:オート、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、デジタルレンズオプティマイザ:する

レンズの焦点距離を35mmにして少し被写体に近づいて撮影したスナップ作例。キヤノンのデジタル一眼カメラは肌色を含めて赤色の再現性が高いことで定評があるが、この作例は花の赤色がとても印象的な色合いで、全体的に抜けのよいクリアな画質に仕上がった。背景ボケも自然で滑らか。フルサイズだからこそのボケ味が得られた。やや暗い屋内で撮っているため、シャッタースピードも1/6秒と遅くなったが、手ブレも発生していない。

フルサイズだからこその大きなボケを生かしたポートレート

キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」
キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

EOS RP、RF24-240mm F4-6.3 IS USM、188mm、F6.3、1/100秒、ISO400、ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)、ピクチャースタイル:ポートレート、オートライティングオプティマイザ:強め、周辺光量補正:する、デジタルレンズオプティマイザ:する

背景の玉ボケ(丸い形のボケ)を狙って撮影したポートレート作例。高倍率ズームレンズは一般的に、ボケのクオリティはもうひとつというものが少なくないが、「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」はボケの輪郭に気になるような色付きが出ず、滑らかな感じのボケに仕上がるのがいい。また、この作例では、「EOS RP」が搭載する、人物の瞳を検出して自動で追尾し続けるサーボAF対応の「瞳AF」を利用したが、人物の左目にしっかりとAFが動作した。「EOS RP」の「瞳AF」はシャッターボタンを半押しするだけで自動的に瞳にピントを合わせ続けてくれるので、より自由なポージングで人物を撮ることが可能だ。この作例のように人物が斜めを向いていても、瞳を認識できる状況であれば「瞳AF」で確実に瞳にピントを合わせることができる。右の画像は、ピントを合わせた左の目の部分を拡大したもの。細いまつげ、瞳の中の青い空まで、しっかりととらえられている。

飛行機が離陸する瞬間を望遠240mmで切り取る

キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

EOS RP、RF24-240mm F4-6.3 IS USM、240mm、F8、1/1000秒、ISO160、ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)、ピクチャースタイル:オート、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、デジタルレンズオプティマイザ:する、Digital Photo Professionalで周辺光量を調整

離陸する飛行機を望遠240mmで追従撮影した1枚。「EOS RP」と「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」の組み合わせではAFが速く、望遠撮影でも動く被写体にも十分に対応できる。この作例では離陸した瞬間をうまく切り取ることができた。

小さな昆虫も接写して大きく撮れる

キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

EOS RP、RF24-240mm F4-6.3 IS USM、240mm、F6.3、1/800秒、ISO800、ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)、ピクチャースタイル:風景、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、デジタルレンズオプティマイザ:する

「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」は小さな被写体を大きく写せるのも魅力だ。望遠240mm時の最短撮影距離は0.78m(撮影倍率0.26倍)となっており、この作例のように蝶など昆虫も撮影できる。この作例では最短撮影距離付近にてAFでピントを合わせたが瞬時に狙った位置に合焦してくれた。

まとめ「EOS RP」と組み合わせて使いたい超優秀な高倍率ズームレンズ

高倍率ズームレンズに対して、「ズーム倍率が高い分、どうしても描写性能は落ちる」という印象を持っている方もいるかもしれないが、今回紹介した「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」は、そうした高倍率ズームレンズのネガティブな印象を覆す高性能なレンズだ。本特集の検証や実写作例でも紹介したように、風景、スナップ、ポートレート、動体など、シーンや被写体を選ばずに周辺部まで高画質な撮影ができる。さらに、手ブレ補正の性能も非常に高く、シャッタースピードが落ちてしまう屋内など、暗いところでも手ブレを抑えて撮れるのも大きな魅力。あらゆるシーン・被写体に対応できる超優秀かつ万能なレンズと言えるだろう。

小型・軽量なうえ1本で何でも撮れる「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」は、特に旅行での使用に最適。加えて、周辺まで高画質でクリアな描写を実現しているので、作品作りなどで画質にこだわった撮影にも使える。今回使用した限りでは、小型・軽量なフルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」との組み合わせが好印象だった。「EOS RP」には「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」が付属するレンズキットが用意されているので、「はじめてのフルサイズ」としても選びやすいい。迷ったらこのレンズキットを選ぶのが、間違いのないベターな選択だ。