ノイキャン性能や音質など、体験会で価格.comユーザーはどう感じた? ソニー最新完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」の進化点を徹底レポート

価格.com「イヤホン・ヘッドホン」カテゴリーの「オーバーヘッド」部門と「ノイズキャンセリング」部門の2部門で人気売れ筋ランキング1位(2019年7月1日時点)に支持されているソニーのオーバーヘッド型ワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」。そんな大人気モデルの技術を受け継ぎ、業界最高クラス※1のノイズキャンセリングとハイレゾ級※2の高音質をあわせ持った完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」が、2019年7月13日に発売された。本特集では、「WF-1000XM3」の発売後、間もなく開催された体験イベントの様子をレポートするとともに、価格.comスタッフによる詳細レビューも合わせてお届けしていきたい。

体験会レポート製品評価にシビアな価格.comユーザーは「WF-1000XM3」を
どう評価した?

ソニー「WF-1000XM3」

ソニーの最新完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」の体験イベントに参加してくれたのは、オーディオ機器に対する知識が豊富で、製品評価にシビアな価格.comユーザー17名。彼らは「WF-1000XM3」のノイズキャンセリング性能や音質、ユーザビリティーをどう評価したのだろうか?

都内にある価格.comオフィスの多目的スペースに、価格.comユーザー17名を集め、ソニーの最新完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」の実力を試せる体験会が開催された。

イヤホン市場において、今最もホットなジャンルのひとつである完全ワイヤレスイヤホン。しかも、ソニーの大人気ワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」と共通の技術を用いた意欲作「WF-1000XM3」の実機に触れられることもあり、数多くの参加希望が寄せられた。今回参加してくれた価格.comユーザーも「WF-1000XM3」には高い関心を寄せており、とりわけ、新開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」によって進化を遂げたノイズキャンセリング性能や、完全ワイヤレスイヤホンに初搭載された、圧縮音源をハイレゾ相当※2にアップスケーリングする独自技術「DSEE HX」が実現する高音質について、「やっぱり、自分の耳で確かめてみたかったです」と口を揃える。

そんな、オーディオ機器に一家言ある価格.comユーザーたちは、「WF-1000XM3」のノイズキャンセリング性能や音質、ユーザビリティーをどう評価したのか? まずは彼らのリアルな感想を紹介していこう。

ソニー「WF-1000XM3」

通勤時にはラジオを、昼休みには音楽を静かに聴きたいので、ノイズキャンセリング性能にも音質にも妥協はしたくないです。「WF-1000XM3」は特に音の仕上がりがよく、クラシックの弦楽四重奏をキレイに聴かせてくれました。

 
ソニー「WF-1000XM3」

デフォルトの設定でサウンドをチェックしてみましたが、全音域が比較的しっかり出ている印象を持ちました。ノイズキャンセリング性能も◎。クイックアテンション機能を使えば、話し声などの外音が聴き取りやすいところもいいですね。

ソニー「WF-1000XM3」

普段はソニーのワイヤードヘッドホンを使っているのですが、完全ワイヤレスイヤホンでこのノイズキャンセリング性能、この音質。本当に驚きました。装着性にも満足ですし、今すぐ欲しいです。

 
ソニー「WF-1000XM3」

ノイズキャンセリング性能が素晴らしいですね! 今は在宅勤務ですが、生活音を遮断すれば仕事に集中できそうです。もし今後、勤務形態が変わって電車通勤になったら、活用の場がさらに増えると思います。

「WF-1000XM3」の開発にあたり、ソニーが目指したゴールは「すべてのお客様にストレスフリーな音楽体験をお届けする」ことだという。結果は、体験会に参加してくれた価格.comユーザーのコメントを見れば明らかで、多くのユーザーが、ノイズキャンセリング性能、音質、ユーザビリティーに「満足」の声を上げている。

製品説明を行ったソニーの山田氏によると、「新開発のプロセッサーはもちろんですが、ヘッドホンの外側にフィードフォワードマイクを、内側にフィードバックマイクを配置した『デュアルノイズセンサーテクノロジー』もノイズキャンセル性能の進化に貢献しています。2つのマイクを装備し、外音だけでなく、ハウジング内に残ったノイズまで集音し、それぞれに逆位相の音を当てて打ち消しているんです。フィードバックマイクはドライバーユニットのすぐ近くに配置しますから、音質が損なわれないよう、位置関係をミリ単位以下で調節する作業には本当に苦労しました」とのこと。ソニーならではのこだわりがあるからこそ、多くのユーザーを納得させられるのだろう。

ソニー「WF-1000XM3」

Webサイトやカタログでしかお目にかかれない、ハウジングの分解サンプル。実物を見られるのは体験会参加者だけの特権とあって、価格.comユーザーたちは目を皿のようにしてチェックしていた

「ほかにも、音楽プレーヤーからL側/R側に同時伝送する新開発のBluetoothチップを採用することで接続安定性を高め、イヤーフィンを使わずに3点で支持する『エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー』によって装着性を向上させました」と山田氏は続ける。さまざまな音源、環境、プレーヤーでも快適に音楽が楽しめるよう、わずか数cmの筐体に数々の先進技術が惜しみなく搭載されているのだ。

製品の開発秘話や技術解説、そして、山田氏が時折はさむ「ここだけの話」に価格.comユーザーたちもご満悦の様子で、「ひと言も聞き漏らすまい」と熱心に耳を傾ける姿が印象的だった。

ソニー「WF-1000XM3」

「ソニー社内では、飛行機の機内のノイズを擬似的に作り出す装置を使ってノイズキャンセリング性能を検証し、最終的には、実際に開発スタッフが飛行機に乗り込んでテストしています」という山田氏の説明に、「そこまでやるのか」と感心する価格.comユーザーたち

ソニー「WF-1000XM3」

ノイズキャンセリング性能の高さに驚かされました。ここまでノイズをカットできるのは率直にスゴイ。サウンドは高音域がさらに抜けてくれたほうが好みではありますが、ファーストインプレッションとしては満足です。

 
ソニー「WF-1000XM3」

デザインがオシャレで、サイズもコンパクト。とっても気に入りました。動画を視聴してみましたが、映像と音がきっちり合っていて、心配していた音の遅延はまったくありませんでした。接続時は少し迷う場面がありましたが、これは使っていくうちに慣れると思います。

ソニー「WF-1000XM3」

普段使っている「WH-1000XM3」と同様、「WF-1000XM3」はノイズキャンセリング性能も音質もいいですね。3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」の効果でしょうか、イヤーピースのフィット感も申し分なかったです。

 
ソニー「WF-1000XM3」

ノイズキャンセリング機能特有の違和感はなく、クラシックを高音質で楽しめました。それと、音の遅延がまったくない。野球の動画を再生してみましたが、映像と打球音がピタリと合っていました。

機能と音質さらに進化したノイズキャンセリング性能&ハイレゾ相当※2
高音質サウンド

製品評価にシビアな価格.comユーザーをうならせた「WF-1000XM3」。ここからは、そんな「WF-1000XM3」の魅力をより詳細にチェックしていくことにしよう。

まずは「WF-1000XM3」の最大の特徴とも言える、ノイズキャンセリング性能の高さについて。価格.com「イヤホン・ヘッドホン」カテゴリーの「オーバーヘッド」部門と、「ノイズキャンセリング」部門の2部門で人気売れ筋ランキングの1位(2019年7月1日時点)に輝く大人気モデル「WH-1000XM3」と共通のノイズキャンセリング技術を用いた「WF-1000XM3」は、同ヘッドホンで高い評価を得てきた「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を、カナル型用に最適化した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」を搭載したことにより、業界トップレベル※1のノイズキャンセリング性能を実現している。

混雑する駅構内で実際にノイズキャンセリング機能を試してみたが、耳に装着した瞬間、周囲の喧噪がほとんど聞こえなくなった。もちろん、音楽を再生していない状態ではまったくの「無音」というわけではないが、人の話し声や日常生活で雑音ととらえられる音が、遠くで小さく鳴っているかのように感じられるのは確かで、ノイズキャンセリング機能使用時に発生しやすいホワイトノイズも気にならない。そして音楽を再生してみると、周囲の喧噪がスッと消えて、静寂の中で音楽が鳴り響いているような感覚に陥った。体験イベントでも「音楽に没頭できる」という感想が目立っていたが、なるほど確かに、完全ワイヤレスイヤホンでは経験したことがないほどの没入感であった。

ソニー「WF-1000XM3」

業界トップレベル※1のノイズキャンセリング性能を実現するとともに、MP3などの圧縮音源をハイレゾ相当(最大96kHz/24bit)にアップスケーリングしてくれる独自技術「DSEE HX」を搭載した「WF-1000XM3」。ノイズキャンセリング性能と音質がさらに上のレベルへと引き上げられた完全ワイヤレスイヤホンだ

ソニー「WF-1000XM3」

カラーバリエーションは、「ブラック」と「プラチナシルバー」の2色。どちらも上質で落ち着きのある色味で、さまざまなファッションに違和感なくなじんでくれそうだ

ソニー「WF-1000XM3」

ソニーロゴの右隣にある小さな穴が集音マイク。イヤホンの表と裏に搭載された2つのマイクで精密に周囲のノイズを拾う「デュアルノイズセンサーテクノロジー」によって、そのノイズと逆位相の音を発生させることでノイズを打ち消すのが、本機のノイズキャンセリング機能の仕組みだ

ソニー「WF-1000XM3」

オーバーヘッド型の大人気モデル「WH-1000XM3」が搭載するプロセッサーを、完全ワイヤレス用に最適化した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」。業界トップレベル※1のノイズキャンセリング性能を実現するべく新開発された、ソニーの技術の結晶だ

混雑に揉まれる通勤・通学の時間は、誰にとっても苦痛なものだが、高性能なノイズキャンセリング機能で周囲のざわめきや環境音をシャットアウトすることにより、通勤・通学時間の不快感が低減した、という調査結果※3も出ている。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」の効果か、従来モデル「WF-1000X」と比べてホワイトノイズが大幅に軽減されたこともポイントだ

ソニー「WF-1000XM3」

耳の3点で支える構造で、耳からイヤホンがこぼれ落ちにくく、密閉度が高いためノイズキャンセリング性能が大幅向上。また、耳に接する部分には、高摩擦のラバーを採用しているため、さらに外れにくい

ソニーならではの音質のよさも大きな魅力

さらに、「WF-1000XM3」はノイズキャンセリング機能だけでなく、音質面でも、従来モデル「WF-1000X」から進化を遂げており、圧縮音源をハイレゾ相当(最大96kHz/24bit)にアップスケーリングしてくれる独自技術「DSEE HX」を搭載。音楽圧縮時やマスタリング時に欠損した高域を補間しつつ、サンプリング周波数とビット数をハイレゾ相当までアップスケーリングしてくれるので、CD音源やMP3などの音源を、より質感の高い、緻密なサウンドで楽しむことができる。また、低歪かつS/N比にすぐれたDACとアンプを採用することで、原音により忠実なサウンドを奏でてくれるのも見逃せないポイント。雑踏の中でも、通勤・通学の電車内でも、ノイズキャンセリングがもたらす静寂の中で、高音質なサウンドを心ゆくまで堪能できるのがうれしい。

ソニー「WF-1000XM3」

独自のシミュレーション技術による振動板形状の最適化と、高い駆動力をもつ外磁型磁気回路が採用された6mm口径のダイナミックドライバーユニットに加え、「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQNe」の中にS/N比にすぐれたDACとアンプを搭載。パワフルかつ原音に忠実な音作りを実現している

では、ノイズキャンセリング機能をオンにして、「WF-1000XM3」のサウンドを試聴してみよう。まずは男性ボーカルのハードロックを聴いてみたが、一聴して感じたのは、ソニーならではの音作りのうまさだ。パンチのある低域がしっかりと表現され、それでいてエレキギターの倍音やボーカルの力強い歌声も伸びやかで、耳疲れしない。特定の帯域をいたずらに強調するのではなく、全体域を心地よく聴けるよう、うまくまとめ上げているあたりはさすがソニーである。

続いて試聴した女性ボーカルのポップスでは、ノイズキャンセリング性能とS/N比の高さ、そして圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングしてくれる「DSEE HX」の相乗効果により、声のツヤや、ビブラートの繊細なニュアンス、息づかいが忠実に再現されているのが印象的だった。音の分離感は高いものの、輪郭が鋭敏すぎるこれ見よがしなサウンドではなく、音の階調はあくまでも繊細でまろやか。フルオーケストラが演奏するクラシックを聴いても、弦楽器と管楽器、そして打楽器の音がしっかり分離しているうえ、広大なスケール感を味わうことができた。

ソニー「WF-1000XM3」

ソニーサウンドとでも表現すべきか、低域から中域、そして高域までバランスよく聴かせてくれる音作りには脱帽だ。また、ボーカルのニュアンスや息づかいなどがダイレクトに感じられ、すぐれたS/N比や、「DSEE HX」の効果が体感できた

使い勝手音切れや遅延を大幅軽減。最長計24時間※4の長時間再生も魅力

「WF-1000XM3」の体験イベントでは、その接続安定性、つまり音切れの少なさにも注目が集まっていた。従来モデル「WF-1000X」では音楽プレーヤーとL側(左側)のイヤホンをBluetooth接続し、そのうえでL側からR側(右側)に信号を送っていたのに対して、「WF-1000XM3」では、音楽プレーヤーとL側/R側の同時接続を可能にする、新開発のBluetoothチップを採用。これによって接続安定性が向上し、完全ワイヤレスイヤホンの課題である音切れや遅延が大幅に軽減され、動画を視聴していても音ズレは気にならない。

また、フル充電からの連続再生時間が約6時間※4と長時間であることも、使い勝手の向上に大きく寄与している。さらに、専用ケースにはバッテリーが内蔵されており、イヤホンを収納すると3回分の充電が行えるので、本体とケースがフル充電の状態で持ち出せば、合計約24時間※4のバッテリー駆動が可能だ。

もちろん、装着性についても抜かりはない。「WF-1000XM3」は、安定感の高いロングタイプのイヤーピースを採用しているうえ、紡錘型の形状で耳へのフィット感を高めた「ハイブリッドイヤーピース」が4サイズ、2種類の硬度のシリコンゴムに独自開発のシリコンフォーム素材を組み合わせた「トリプルコンフォートイヤーピース」が3サイズ付属する。耳にジャストフィットするイヤーピースが選べるので、より快適な装着感や高い遮音性が得られるのはもちろん、音漏れが少なく、静かな場所でも安心して使えるのがありがたい。

「WF-1000XM3」はNFCに対応しており、専用ケースのNFCポートにNFC対応のスマートフォンや音楽プレーヤーを近付けるだけで、Bluetoothのペアリング設定が完了。また、専用ケースからイヤホンを取り出すと自動的に電源がオンになり、ペアリング済みの機器とのBluetooth接続も行われる。ケースからイヤホンを取り出し、装着するだけですぐに音楽が楽しめるというわけだ

新開発のBluetoothチップの採用により、プレーヤーとL側/R側の同時接続が可能になり、接続安定性が向上。これによって音切れが大幅に軽減されたのも「WF-1000XM3」の大きな進化点。多くの人が行き交う雑踏の中でも音切れがなく、ストレスを感じる場面はまったくと言っていいほどなかった

L側のハウジングのタッチセンサーをタップすると、音楽を再生しながら周囲の音を取り込む「アンビエントサウンドモード」が起動する。このモードにしたところ、イヤホンを着けたままでも人との会話がスムーズにできたし、電車のアナウンスを聞き逃してうっかり乗り過ごしてしまうこともなかった。なお、R側のタッチセンサーでは、曲の再生/一時停止や、曲送り/曲戻し、声でスマートフォンを操作できる音声アシスタント機能の呼び出しなどが行える。これらの機能のタッチセンサーへの割り当ては、スマートフォンアプリ「Headphones Connect」上でカスタマイズが可能だ

ソニー「WF-1000XM3」

イヤホン本体のバッテリーを3回分フル充電できる専用ケースを使用することで、最大約24時間※4(本体約6時間、専用ケース約18時間)の長時間再生が可能。サイズがコンパクトなうえ、イヤホン本体とカラーリングが統一されたデザインもスタイリッシュで、所有欲も満たしてくれそうだ

「トリプルコンフォートイヤーピース」がS/M/Lの3サイズ、「ハイブリッドイヤーピースロング」がSS/S/M/Lの4サイズ付属し、自分の耳に合ったイヤーピースが選べる。イヤホン本体も軽量で重量バランスがよいので、フィット感が高く、ズレたり落ちたりしにくい。完全ワイヤレスイヤホンの難点として落下や紛失を気にする人は多いが、「WF-1000XM3」なら安心して使えるはずだ

まとめ静寂の中で高音質サウンドを堪能するよろこび

体験イベントに参加した価格.comユーザーは、オーディオ機器のリテラシーが高く、製品の良し悪しをシビアにジャッジする方々ばかり。だからこそ、「ノイズキャンセリング性能が素晴らしい」「心配していた音の遅延がまったくない」「高音質で音楽をしっかり楽しめる」といったコメントには説得力があり、その後に実施した詳細レビューでも、彼らを納得させた「WF-1000XM3」の卓越したノイズキャンセリング性能や、高品位なサウンド、すぐれたユーザビリティーをしっかり確認することができた。業界トップレベル※1のノイズキャンセル性能と、ハイレゾ相当※2の高音質サウンドにより、電車に揺られる毎日の通勤・通学時間を「音楽を楽しむ時間」に変えてくれる、ソニー渾身の完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」。静寂の中で上質なサウンドを堪能するその楽しさや、よろこび、充足感をぜひ多くの人に体感してもらいたい。