手間いらず&コミコミ定額で新車に乗れる! 愛車サブスクリプションサービス 「KINTO」の魅力に迫る!

現代の消費動向を読み解くキーワードのひとつであり、さまざまな企業が導入し始めている新しいビジネスモデルのひとつ「サブスクリプション」。製品やサービスを購入して利用するのではなく、定額利用料で製品やサービスが提供される仕組みで、パソコンのソフトウェアや昨今人気の動画配信サービスをはじめ、家電やファッションなどの領域にも広がりを見せている。そんなサブスクリプションを自動車市場にも取り入れ大きな話題を集めているのが、トヨタ自動車系列の新会社「KINTO」が2019年3月にスタートさせた“愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」だ。本特集では、その仕組みやメリットを詳しくお伝えしていく。

KINTOって何だ?クルマ購入は手間いらず&定額制が新しい

初めてクルマを購入する人はもちろんだが、何度もクルマの購入や乗り換えを行ってきた人にとっても、「新しいクルマを購入する」ことはなかなか面倒なうえ、あれこれと費用がかさむので悩ましいもの。複数の販売店で見積もりを取って値引き交渉するのは手間がかかるし、乗り換えの場合は今乗っているクルマを販売店で下取りに出すか、クルマ買取専門店で査定してもらうかといったことも考えなければならない。クルマを購入するまでには越えなければならない、さまざまなハードルがあるのだ。

さらに、これらのハードルを越えて交渉がまとまり、いざ契約となっても、自動車取得税や自動車税などの税金をはじめ、登録費用、自賠責保険料、任意保険料など、クルマ本体とは別の費用も必要となる。こうしたわずらわしい手間をかけず、費用もわかりやすく、もっと簡単にクルマを手にする方法はないものだろうか?

“愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」

クルマ選びは楽しいが、購入の際の手間や費用を考えると、少々、気が重くなるという人も少なくないのでは?

そこで思い浮かぶのが、昨今話題のサブスクリプションである。“所有から利用へ”という現代の消費トレンドを象徴するビジネスモデルで、定額利用料で手軽に製品やサービスを利用できるため、パソコンで使うソフトウェアや、音楽・動画配信サービスをはじめ、家電やファッションの領域など、暮らしのあらゆる場面で浸透しつつある利用スタイルだ。クルマにおいても、これまでのように購入して所有するのではなく、定額制のサブスクリプションで利用できるようになれば、前述した手間やわかりにくい費用からも解放されるはず。そんな声をサービスとして体系化したのが、トヨタ自動車系列の新会社「KINTO」が展開する“愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」である。

“愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」

2019年3月にサービスをスタートさせた“愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」。サービス開始時は東京都内の販売店のみだったが、2019年7月1日より全国でサービスが開始された。なお、「KINTO」には、トヨタ車を対象とした「KINTO ONE」と、レクサス車を対象とした「KINTO SELECT」という2つのプランが用意されている。いずれのプランも、車種のボディカラーやグレードなど、選択の自由度が高く、多くの人が納得のいくチョイスができる

違いを検証「KINTO」と残価設定プランの違い

「KINTO」の利用方法やサービス内容などの詳細は後で詳しくお伝えするとして、まずは、「3年間乗って、その後はクルマを手放すか、乗り換える」という部分ではよく似ている、残価設定ローンとの手間の違いを見ていこう。

残価設定プランでは、車種の検討から納車までの間にいくつものステップがある。販売店を訪れて試乗、商談、見積もり、値引き交渉など、対面でのやりとりは複数回にわたるのが一般的だ。いっぽう「KINTO ONE」ならそのほとんどのプロセスがオンラインで行える。販売店でのやりとりを面倒に感じている人や、忙しくて販売店へ出向く時間がなかなか取れない人にとってはKINTOを活用した買い方が合いそうだ。

また、20〜30代のエントリー層は任意保険の等級が低いこともあり、40代以降の人たちに比べて保険料が高くなるケースが多い。「KINTO ONE」なら、こうした保険料も月額料金に含まれており、等級などによって月額利用料が変動することもないため、月々の負担はかなり低減できるはずだ。特約についても免許返納時や海外転勤時に解約金が発生しないため、シニア層や海外転勤族にもうれしい。

KINTOと残価設定型プランの違い
KINTO ONE 残価設定プラン
契約 Webで契約 店頭で契約
価格交渉 ワンプライスなので価格交渉不要 店頭で商談
自動車税の支払い 月額利用料にコミコミ 利用者自身で支払い
保険への加入 月額利用料にコミコミ 利用者自身で支払い
定期メンテナンス 月額利用料にコミコミ 販売店で契約
車検 不要 不要(3年後以降も乗り続ける場合は必要)
3年後の満了時※ 新車に乗り換えもしくは返却 返却・買取・乗り換えから選択
※残価設定プランの詳細については、販売店によって異なる場合がございます。

利用方法とサービス内容「KINTO ONE」利用方法とサービス内容をチェック

「KINTO」の手間におけるメリットを確認いただいたところで、改めて「KINTO ONE」の利用方法とサービス内容を整理しておこう。「KINTO ONE」を利用する場合、最終的な納車の際に販売店へ出向く必要があるものの、それ以前の車両選択、見積もりなどはすべて「KINTO」のWebサイトのみで済ませられる。定額制のため、クルマ購入時につきものの値引き交渉や、わかりにくい費用に頭を悩ませることもない。

また、申し込みの手軽さはもちろん、費用が実にシンプルで「明朗会計」となっているのも大きな特徴だ。月額料金には新車登録時の諸費用や税金だけでなく、メンテナンス費や任意保険料まで含まれている。契約期間は3年(36か月)となり、月額料金のほかにかかる費用と言えば、ガソリン代や洗車代、駐車場代くらいだ。

現在、「KINTO ONE」を利用して乗れるクルマは、2019年7月にラインアップに加わった「アクア」をはじめ、「プリウス」「クラウン」「ヴェルファイア」「アルファード」の5車種。コンパクトカーからセダン、ミニバンまで揃うため、幅広い層の需要に応えられそうだ。なお、今後もラインアップは拡大予定で、2020年中までにはほぼすべてのトヨタ車が対象になる予定だという。

グレードの選択幅は、たとえば「プリウス」の場合、「S(2WD)」「S ツーリングセレクション(2WD)」「A(2WD)」の3つのグレードから選択が可能。ボディカラーは「プリウス」に設定される全9種類が用意され、オプションはETC2.0ユニットやフロアマットが含まれた「スタンダード パッケージ」と、それにカーナビなどを加えた「プレミアム パッケージ」の2種類から選べる。なお、内装色は選択できず、ブラックのファブリックシートのみとなる。

サービス利用の流れ “愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」

サービスの利用は実に簡単で、「KINTO」のWebサイトか、「KINTO」と提携しているトヨタの販売店から申し込みをして、必要書類を提出。不備がなければ納車日を調整し、あとは販売店でクルマを受け取るだけだ

選べるラインアップは5車種 “愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」

「KINTO ONE」のラインアップは、「アクア」「プリウス」「クラウン」「ヴェルファイア」「アルファード」の5車種。選択できるラインアップは今後、順次拡大される予定だという

選択ページ “愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」

「KINTO」専用Webサイトで車種を選んだ後は、グレード、カラー、オプションパッケージ、寒冷地仕様、冬タイヤ、希望ナンバー、ボーナス月加算額の7つの項目の中から好きなものを選択。各項目は選択式のため、自分が求めるものにチェックをつけるだけでよい

続いて、月額料金について確認しておこう。一般的にクルマをローンで購入する場合や、残価設定プランを利用する場合は、月々の返済に加え、月によっては自動車税の納付や、任意保険の更新、定期点検の費用、車検の費用などが必要になるため、毎月の支払い額はバラバラになりがちだ。

その点「KINTO ONE」では、毎月固定の月額料金を支払うだけ。月額料金には、車両本体価格、所定のオプション代金、登録諸費用、自動車取得税、契約期間中の各種税金・保険(自動車税、重量税、自賠責保険料、任意保険料)、メンテナンス費用(点検、故障修理など)がすべて含まれている。このほかにかかる費用と言えば、ガソリン代や洗車代、駐車場代くらいだろう。「KINTO ONE」は月々の支払いプランが立てやすく、家計の見える化にもひと役買ってくれる。

月額料金 “愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」

月々の支払額に含まれるのは、車両代、登録諸費用、自動車取得税、契約期間中の各種税金・保険(自動車税、重量税、自賠責保険料、任意保険料)、メンテナンス費用(点検、故障修理など)。これらをすべて含めた定額制なので、シンプルでわかりやすく月々の支出が把握しやすい

支払い方法 “愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」

頭金は不要。支払い方法は月々の完全定額払いと、ボーナス払いありの2パターンから選ぶことができる

メンテナンス “愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」

メンテナンスは、トヨタの販売店で新車購入した場合と同じ高品質なサービスが受けられる。メンテナンス時期は公式サイトの「My KINTOページ」から確認可能で、販売店からも連絡が入る仕組み。日程が決まったら、クルマに乗って販売店へ行くだけだ

“愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」

手軽にクルマのある生活を手に入れられる「KINTO ONE」なら、ライフステージの変化などに合わせて、自分に最適なクルマを選ぶことができる。若年層からファミリー層、シニア層まで、幅広い層がメリットを享受できるサービスだ

まとめ人とクルマの付き合い方を変える、新しいサービス

人とクルマの関係に新しいスタイルを提案してくれる“愛車サブスクリプションサービス”「KINTO」。このネーミングは、中国の伝奇「西遊記」に登場する「筋斗雲(きんとうん)」から発想されたもので、必要な時にすぐ現れ、思いのままに移動できる便利さや、自由さから付けられたものだという。新車購入にまつわる手間を可能な限り低減し、費用はスッキリわかりやすく定額にまとめることで、今までより気軽に、手軽に、クルマのある生活を始められるのはとても魅力的だ。家計における出費をなるべく抑えたい若い世代やファミリー層をはじめ、一定周期で海外勤務のあるビジネスパーソンや、何年か後にはクルマを手放すことを視野に入れ始めたシニア層などにとって、クルマに乗るための“賢い選択肢”として、今後大いに注目されるサービスだと感じた。