今買い換えるならコレ!スタイリッシュな薄型ボディに長く使える工夫を満載 ワンランク上のスタンダードノート「HP Pavilion 15」

2020年1月のWindows 7サポート終了を目前に控え、パソコンの買い替えを検討している人は多いだろう。その際によく考えてほしいのは、処理性能やデザイン性、耐久性などがしっかりとしたモデルを選ぶこと。そのほうが満足度が高まり、愛着を持って長く使うことができるからだ。そこで有力な選択肢にあがってくるのが、日本HPの15.6型スタンダードノート「HP Pavilion 15-cs0000」だ。ここでは、お得な価格が実現された価格.com限定モデルを使って、その実力を検証していく。

処理性能高性能CPU&SSD+HDDのデュアルストレージでサクサク快適!

Windows 7のサポートが終了する2020年1月14日まで残り半年を切った。サポート終了後はセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなるため、Windows 7を利用し続けるのは避けたほうがいいだろう。Windows 7搭載パソコンをまだ利用している人は今が買い替え時と言えるが、どんなモデルに買い替えるかについては一考の余地がある。価格の安いモデルを選ぶというのもひとつの手だが、処理性能においてもデザイン性においてもワンランク上のモデルを選んだほうが結果として満足度が高まり、長く使い続けられることにつながるからだ。

こうした観点から注目してほしいのが、日本HPの人気15.6型スタンダードノート「HP Pavilion 15」のひとつ、「HP Pavilion 15-cs0000」だ。本機は、光学ドライブを搭載した従来型の「HP Pavilion 15-cu」に対し、光学ドライブを省略することで、故障のリスクを低減しながら薄型・軽量を実現したモデル。さらに、高性能CPUや、DDR4規格の高速メモリー、高速なSSDと大容量のHDDを組み合わせたデュアルストレージを搭載するなど、Windows 10時代にふさわしいスペックを備えているのも魅力である。

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

「HP Pavilion 15」シリーズは“ワンランク上のスタンダードノート”をコンセプトにしたモデル。Windows 7時代のノートPCを使用していた人は、「HP Pavilion 15-cs0000」の薄くスタイリッシュなボディに、ノートPCの大きな進化を感じるに違いない

「HP Pavilion 15-cs0000」には、処理性能の異なる「インテル® Core™ i3 プロセッサー」搭載モデル、「インテル® Core™ i5 プロセッサー」搭載モデル、「インテル® Core™ i7 プロセッサー」搭載モデルの3機種がラインアップされているが、今回注目するのは、価格と性能のバランスにすぐれた「インテル® Core™ i5 プロセッサー」搭載モデル。なかでも、72,500円(税別。価格.com掲載価格。2019年8月21日時点)というお得な価格が実現された価格.com限定モデルを利用して、その実力を検証していこう。

まずは、基本スペックから確認。パソコンの処理性能を大きく左右するCPUには「第8世代インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー」(1.60GHz-最大3.40GHz)を搭載している。このCPUは4コア/8スレッドで動作する高性能CPUで、今、多くのノートPCが採用しているものだ。また、メモリーにはDDR4規格の8GBを搭載するため、大きめのデータでも余裕を持って処理できる。

さらに、ストレージは、高速な256GB NVMe SSDと大容量の1TB HDDを組み合わせたデュアルストレージのため、OSやアプリの起動が速いうえ、動画や音楽、画像といった大容量データはHDD側にたっぷりと保存可能。ちなみに1TB という容量は、2400万画像の高解像度の写真(約10MB)を1か月に500枚撮影したとして約15年間分を保存できる大容量。長年使用しても容量不足に悩まされる心配はほとんどないだろう。

続いて、処理性能をチェックするため、「PCMark 10」や「CrystalDiskMark」といった定番ベンチマークテストを行ってみた。実施したいずれのテストにおいても日常使いで不足を感じないだろう高い性能が確認できたが、特筆したいのは、NVMe 接続のSSDによるレスポンスのよさ。Windows 7時代の主流だったHDDモデルに比べて圧倒的に快適なレスポンスが得られるのだ。

PCMark 10
日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

パソコンの総合的な性能を測るベンチマークプログラム「PCMark 10」のトータルスコアは、「3499」となかなか良好な数値。特に、普段使いを想定した「Essentials」のスコアが「7245」と極めて高い。ビジネスソフトの使用を想定した「Productivity」のスコアも「5776」と快適の目安である5000を上回った。これだけのスコアがあれば、家庭のメインマシンとしても不足を感じないだろう

CrystalDiskMark

SSD

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

HDD

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

キビキビとした動作には、ストレージの高速なデータ転送も欠かせない。最近のノートPCはHDDに比べて転送速度の速いSSDを採用したものが多いが、本機はその中でもより高速なNVMe接続のSSDをシステムドライブに採用。データドライブ用の1TB HDDとデータ転送速度と比べると、速さの違いは一目瞭然。シーケンシャルリードだけを見ても20倍近い差があった

OSの起動の速さに驚き!

高速なSSDの恩恵のひとつがOSの起動。Windows 7時代の主流だったHDDモデルのノートPC(HP 15)と、SSDを搭載した「HP Pavilion 15-cs0000」のOS起動時間を比較してみたが、15秒ほどの差があった。動画を見てもわかるとおり、体感的な差は思っている以上に大きい

ボディデザイン長く使える、飽きのこないデザイン性と高い堅牢性を兼備したボディ

「HP Pavilion 15-cs0000」は処理性能だけでなく、デザイン性にもすぐれている。だからこそ、「いつまでも使い続けたい」と愛着を持って使用できるノートPCとなっているのだ。天板のカラーには優雅な印象のある「セラミックホワイト」を、キーボード部にはやわらかな輝きを放つ「モダンゴールド」を採用しており、シンプルでモダンな、北欧のインテリアのような上質さが感じられる。

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」 日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

天板の「セラミックホワイト」は上品で家庭に取り入れやすいカラー。中央のロゴマークには鏡面仕上げが施されており、細部も凝っている。シンプルで上品な見た目のため、飽きにくく、愛着もわいてくる

アルミニウム天板

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

プラスチック天板

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

アルミニウムにAED(アニオン電着塗装)が施された天板の表面は、まさにセラミックのような、なめらかなテクスチャー。サラサラとした金属特有の手触りが心地よい。同じホワイト系のカラーでも素材がプラスチックではこのような質感を実現するのは難しく、プラスティックボディの天板と見比べるとその違いがよくわかる

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」 日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

天板の「セラミックホワイト」から一転、キーボード部は「モダンゴールド」という高級感のあるカラーリング。キーボード奥のスピーカーグリルにはジオメトリック(幾何学的)デザインが、タッチパッドの縁にはダイヤモンドカットが施され、スタイリッシュでモダンな印象をあわせ持っている

「HP Pavilion 15-cs0000」のボディは、堅牢性も高い。天板やキーボード部の外装には堅牢な素材であるアルミニウムが用いられており、日常的な衝撃程度ではびくともしない。また、天板表面塗装であるAEDは、クルマのボディにも採用されるほど表面硬度が高く、引っかきキズに強く、指紋が付きにくいというメリットがある。長く使い続けても美しさを保てるのだ。

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

天板にはキズに強いAEDが施されているというが、セラミックのようになめらかなで、どうしても弱く感じる。そこで意を決して鉛筆で天板をこすってみたが、鉛筆の芯が削れても天板の表面にはキズ付かなかった。付いた汚れは濡れたタオルでキレイに拭き取れた

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」 日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

外部インターフェイスは、左側面にHDMI出力ポート×1、有線LANポート×1、USB 3.1(Gen1) Type-Cポート×1、ヘッドホン/マイクコンボポート×1を、右側面にSDメモリーカードスロット×1、USB 3.1(Gen1)ポート×2を搭載。今まで使用してきた周辺機器を継続して使えるだけでなく、最新のインターフェイスもサポートしているので、安心感が高い

使い勝手コンパクトで機能性にもすぐれる。使いやすさにも大満足

最後に、「HP Pavilion 15-cs0000」の使い勝手についてもチェックしていこう。すでに触れたが、本機は15.6型スタンダードノートでありながら光学ドライブを搭載しない。この点は、Windows 7時代のスタンダードノートとは大きく違う点だ。しかしよく考えてみてほしい。今やアプリはインターネット経由で手に入れ、必要なときに必要なソフトを契約して使用するサブスクリプションが全盛。本当に光学ドライブが必要だろうか?

日本HPのユーザー調査によると、光学ドライブの使用頻度は「月1回以下」という人は約7割に及んでおり、多くの人が光学ドライブをほとんど活用していないことがわかっている。また、光学ドライブはディスクを高速に回転させるメカを必要とするため、故障も起こりやすい。省けるなら省いたほうが、ボディが薄く軽くなったり、故障が減ったりとメリットが大きいのだ。

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」 日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

光学ドライブを搭載しない「HP Pavilion 15-cs0000」は、本体サイズが361(幅)×246(奥行)×18.0(厚さ・最薄部)-20.0(厚さ・最厚部)mm、重量が約1.82kg。「HP Pavilion 15」シリーズ史上最薄・最軽量だという。15.6型の大型液晶を搭載しながら、持ち運びがしやすいボディは使い勝手がいい

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

使い始める際のストレスも少ない。手前側面が凹んだΣ型になっているので、ディスプレイを開く際に指がかけやすく、力を入れずに開ける。このちょっとした心遣いがうれしい

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

「Windows Hello」の顔認証に対応したWebカメラを搭載するため、事前に顔を登録しておけば、パスワードを入力することなくスムーズにOSへサインインできる。これはWindows 10搭載パソコンに買い替えてこそ得られるメリットのひとつだ

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」 日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

液晶ディスプレイには、広視野角のフルHD(1920×1080)IPSパネルを採用。コントラストが高く、色再現性の高い表示が可能だ。表面は光沢加工が施されたグレア仕様のため、写真や動画もより色鮮やか。また、左右のベゼルは実測約4mmと細く、「Windows」 7時代のノートPCと比べて映像への没入感も高い

パソコンを操作するキーボードは、約18.7mmのキーピッチと、約1.5mmのキーストロークが確保されたアイソレーション型。ディスプレイを開くとヒンジ部がスタンド代わりとなって奥側を持ち上げる「リフトアップヒンジ」が採用されているため、奥のキーまでタイプしやすい。また、キーボード部の外装は剛性の高いアルミニウム製で、強くタイプしてもキーボードがたわみにくく、安定感があった。

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」 日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

105キーの日本語アイソレーションキーボードはLEDバックライトを搭載。暗い部屋でもタイピングしやすい。また、キーボードの奥側を持ち上げる「リフトアップヒンジ」のおかげで、キーはまんべんなく打ちやすかった。このリフトアップヒンジ、本体底面と机との間にすき間を作ってくれるため、冷却効率のアップにもひと役買っている

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」 日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

キーボード奥のデュアルスピーカーは、世界的なオーディオメーカー「Bang & Olfsen」と共同開発したもの。音楽ライブ動画を視聴してみたが、ノートPCとは思えない、臨場感のある高音質が楽しめた

日本HP「HP Pavilion 15-cs0000」

「HP Pavilion 15-cs0000」はバッテリー駆動時間が約9時間と長い。45分で約50%充電できる急速充電機能「HPファストチャージ」に対応するので、バッテリーが切れそうになっても素早く回復させることができる。付属のACアダプターもコンパクトだ。Windows 7時代のノートPCから買い替えると、バッテリー持ちのよさにも驚くことだろう

まとめせっかく買い替えるなら、長く愛着を持って使用できるスタンダードノートを

以上、日本HPの15.6型スタンダードノート「HP Pavilion 15-cs0000」をレビューしてきたが、本機は、Windows 10時代のノートPCのメリットをしっかりと享受できるモデルに仕上がっていた。ストレスを感じることなく使える高い処理性能を備えるのはもちろんだが、愛着を持って長く使い続けられるシンプルで上品なデザインと、さまざまな操作がストレスなく行える使いやすさを実現。しかも、あえて光学ドライブを非搭載としたことで、ボディが薄く軽く、故障もしにくいというメリットも手に入れているのだ。キズが付きにくい堅牢なボディと合わせ、長く愛用していくことができるだろう。

Windows 7のサポート終了目前。どのパソコンに買い替えるか迷っている人は、ぜひ本機を選択肢のひとつに入れてほしい。きっと満足できる買い物となるはずだ。

HP Pavilion 15-cs0000
インテル® Core™ i5/メモリー8GB/256GB SSD+1TB HDD搭載
HP Pavilion 15-cs0000価格.com限定モデル
価格.comで最新価格をチェック
主なスペック
主なスペック主なスペックを閉じる
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU 第8世代インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー(1.60GHz-最大3.40GHz)
メモリー 8GB (DDR4)
ストレージ 256GB SSD+1TB HDD
グラフィック インテル® UHD グラフィックス 620(CPUに内蔵)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6型フルHD(1920×1080)IPS液晶
ネットワーク 有線LAN;1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
無線LAN;IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
外部インターフェイス 左側:HDMI出力ポート×1、有線LANポート×1、USB 3.1(Gen1) Type-Cポート×1、ヘッドホン/マイクコンボポート×1
右側:SDメモリーカードスロット×1、USB 3.1(Gen1)ポート×2
バッテリー駆動時間 約9時間(MobileMark® 2014)
本体サイズ(幅×奥行×厚さ) 361×246×18.0(最薄部)-20.0(最厚部)mm
重量 約1.82kg