歯周病の原因菌をかき出す!パナソニック音波振動歯ブラシ「ドルツ EW-DP53」で歯科医師推奨※1のヨコ磨きを実現!

※1 バス法、スクラビング法。歯科医師431名の87%が推奨。2018年度3月調査実施(パナソニック調べ)

歳を重ねるごとに増えていき、成人の約半数以上が罹患※2していると言われる「歯周病」。さまざまな病気との関連性も指摘されており、オーラルケアがますます重要視されるようになってきた。そのためにも、しっかりとしたオーラルケアツールを求める人に注目してほしいのが、パナソニックの音波振動歯ブラシ「ドルツ」の最新フラッグシップモデル「ドルツ EW-DP53」だ。本企画では、「ドルツ EW-DP53」がオーラルケアに対してどのように効果的なのか、詳しく見ていこう。

››極細毛替えブラシを1年分プレゼント。キャンペーン実施中!

※1 バス法、スクラビング法。歯科医師431名の87%が推奨。2018年度3月調査実施(パナソニック調べ)
※2 厚生労働省 平成28年歯科疾患実態調査より

ブラッシングテクノロジー
微細なリニア振動で実現する歯科医師推奨※1のヨコ磨き

口内を清潔に保つため、毎日行う「オーラルケア」。かつてはむし歯の予防に重きが置かれていたが、今ではひとりひとりの口内の状態に合ったケアが重要になってきている。そんなオーラルケアの目的のひとつとして考えられることの多い歯周病は、年齢とともにその患者数が増えていき、成人の半数以上が罹患※2していると言われている、「全世界で最も蔓延している病気」(2001年ギネスブックに掲載)であるうえ、さまざまな病気と関係があるとの報告もなされているのだ。

そんな歯周病が気になる人に意識してほしいのが、歯と歯ぐきの隙間にある歯周ポケット。毎日のオーラルケアでは、この歯周ポケットにたまった汚れをしっかりと掻き出すことが重要となってくる。その歯周ポケットのケアに最も効果的な磨き方が、歯科医師の87%が推奨※1している「ヨコ磨き」なのである。

歯周病についてもっと詳しく知りたい人はこちら
歯科医師推奨※1の磨き方

歯科医師の87%が推奨※1する磨き方は、「タテ」でもなく「回転」でもなく、「ヨコ」磨き。歯周ポケットや歯間などの細かな隙間に歯ブラシの毛先を届けるためには、「ヨコに細かく動かす」ことが重要なのだ

そんなヨコ磨きを、歯に軽く当てるだけで実現してくれる電動歯ブラシが、パナソニックの音波振動歯ブラシ「ドルツ」の最新モデル「ドルツ EW-DP53」(以下、EW-DP53)だ。元々ヨコ磨きには、歯周ポケットに向けて45°の角度で毛先を当て、細かくヨコに動かすことで歯周ポケットケアができる「バス法」と、歯に垂直に毛先を当て、細かくヨコに動かすことで歯垢除去を行う「スクラビング法」の2つがあるが、手磨きで細かいヨコ動きを再現し、この2つの方法を実践するのは難しい。しかし本機は、搭載されるリニアモーターによって、手磨きでは実現できない毎分約31,000回、幅約1mmの微細なヨコ方向のリニア音波振動※4を実現。これにより、歯科医師が推奨※1するヨコ磨きを、簡単かつより緻密に再現できるのである。

また、「EW-DP53」は「W音波振動」※5を採用しているのも大きなポイント。「W音波振動」※5とは、リニアモーターと振動モーターという2つのモーターで、ヨコ振動とタタキ振動を同時に行うパナソニック独自の技術で、歯周ポケットに届くヨコ磨きと、歯間の汚れに立体的にアプローチするタタキ磨きの相乗効果により、磨きにくい細かな部分の歯垢までパワフルに除去してくれるのだ。

※4 音波領域内での振動
※5 音波領域内での、ヨコ31,000、タタキ12,000ブラシストローク/分の振動

「W音波振動」※3

ドルツ EW-DP53

2つのモーターを搭載し、毎分約31,000回のヨコ振動に、毎分約12,000回のタタキ振動をプラスしたパナソニック独自の「W音波振動」※5。手磨きの歯ブラシでは届きにくい歯周ポケットや歯間の汚れまでしっかりと落としてくれる

実際、「ドルツ」を購入した価格.comユーザーから、製品ページに数々の賞賛の声が寄せられている。ここでは、「EW-DP53」の前モデルにあたる「ドルツ EW-DP52」「ドルツ EW-CDP52」に寄せられたユーザーレビューを紹介しよう。

価格.comのユーザーレビュー(抜粋)

歯磨き効果は「カンペキ」のひと言に尽きます。寝る前に本製品と手磨きを交互に使ってみたのですが、違いは雲泥の差!朝の口のネバネバ感もありません。 歯の間まで毛先がキレイに入っていく感覚もあり、非常に磨きやすいのもGOOD!

使用する前の口内評価は歯科衛生士から赤点と言われるほどだったのですが、使い始めてからは“100点満点”の評価を受けるまでに。導入後の効果は抜群です。

今まで廉価モデルを使用していたのですが、全然違います! 数年でここまで進化するのかと驚くほどで、歯の表面がキュッというほどツルツルに。大満足です。

従来モデルからの買い替えですが、想像以上にキレイに磨くことができるようになった印象です。歯のツルツル具合が明らかに上がり驚きました。よい買い物だったと思います。

タバコも吸い、お茶もよく飲むため歯の着色汚れが気になっていたのですが、2分間のブラッシングでツルツルになり驚きました。デザインは高級感があって気に入っています。さすがパナソニックの「ドルツ」最上位機種、性能もデザインも一級品です。

※2019年9月9日時点、価格.comのパナソニック「ドルツ EW-DP52」「ドルツ EW-CDP52」製品ページに寄せられたユーザーレビューを抜粋・編集しています。

価格.comスタッフが「EW-DP53」を体験

続いて、「EW-DP53」の使用感をチェックするため、普段は手磨きでブラッシングを行っているという30代の価格.comスタッフが体験してみた。替えブラシを「極細毛ブラシ」に、動作モードを「Wクリーンモード」にしてブラッシングしてみたが、手磨きのようにゴシゴシと大きく動かす必要もなく、歯に軽く当てるだけで、「W音波振動」※5が歯周ポケットや歯間の汚れをパワフルに取り除いてくれ、歯が1本1本くまなく磨きあげられていくようだ。また、歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットにブラシをあててみると、「極細毛ブラシ」の細い毛先がしっかりと入り込んでくる、手磨きでは体感したことのない感覚があった。ブラッシング後の口内は、今まで感じたことがないほどの爽快感があり、歯の表面もツルツルに。確かにキレイになったという満足感も得ることができた。

ドルツ EW-DP53
ドルツ EW-DP53

今回、「EW-DP53」を1週間使用したが、手磨きとは次元の違うツルツル感や爽快感を味わえた。また、歯周ポケットの汚れを取り除くことができたおかげか、使って数日で歯ぐきが引き締まり、血色もよくなったように感じられた

付属ブラシ
歯周ポケットに入り込む、コスパもうれしい「極細毛ブラシ」

歯科医師推奨※1のヨコ磨きと並んで大きな役割りを果たしてくれるのが、「EW-DP53」に付属している替えブラシ「極細毛ブラシ」だ。従来の「コンパクト」サイズに加え、好みによって使い分けられる「ラージ」サイズが追加された「極細毛ブラシ」は、毛先が約0.02mmと細いため、歯周ポケットにもスルリと入り込んで、歯周病の原因菌や歯垢をしっかりとかき出すことができ、約3日間で歯ぐきの健康を推進※6できるという。

※6 Wクリーンまたはノーマルモードにて、極細毛ブラシ(コンパクト・ラージ)を使用した場合(パナソニック調べ)。使用効果は条件により異なります

極細毛ブラシ

ドルツ EW-DP53
ドルツ EW-DP53

歯周ポケットのケアに効果的な「極細毛ブラシ」。髪の毛よりも細い、約0.02mmの「極細毛」が植毛されており、歯周ポケットの中まで入り込んで、歯周病の原因菌や歯垢をしっかりとかき出せるようになっている。ちなみに、1本あたり(コンパクトサイズ)の価格は450円※7(税別、メーカー希望小売価格)と経済的。電動歯ブラシユーザーの中には、古くなったブラシを長らく使い続けている人も少なくないが、「EW-DP53」の効果を最大限引き出すためにも、約3か月での交換を心がけたい

※7 2本入り/900円(税別、メーカー希望小売価格)に基づき、推奨期間の3か月間使用した場合の価格です

ドルツ EW-DP53
ドルツ EW-DP53

「EW-DP53」には、従来から付属していた「コンパクト」サイズに加えて、「ラージ」サイズの「極細毛ブラシ」がプラスされた。歯並びが悪い人や狭い奥歯を細かくケアしたい時には「コンパクト」を、口や歯が大きな人は「ラージ」をといったように、好みに合わせて選べるようになったのだ。また、毛先に3mmの段差を付けることでデリケートな歯周ポケットに必要以上に入り込まないようになっており、歯ぐきを傷つけてしまう心配も少ない

「極細毛替ブラシ」1年間分
プレゼントキャンペーン実施中

「極細毛替ブラシ」1年間分プレゼントキャンペーン

2020年1月5日(日)までに「EW-DP53」を購入し、2020年1月31日(金)までに応募した人全員にもれなく「極細毛ブラシ」の替えブラシを1年分(コンパクト:4本、ラージ2本)プレゼントするキャンペーンを実施中。購入を考えているのであれば、このチャンスを逃す手はないだろう

さらに、歯周ポケットのケアや歯垢除去だけでなく、付属する7種類の替えブラシと5つの動作モードを組み合わせることで、着色汚れのケアから、歯ぐきのマッサージまで、さまざまな口内の悩みを解決できるのも、「EW-DP53」の魅力だ。たとえば、「ステインオフブラシ」と「Wクリーンモード」を組み合わせることで、こびりついた着色汚れを取り除き、1週間ほどで自然な白い歯にしてくれるという※8。もちろん、これらの替えブラシも別途、追加購入が可能で価格も手ごろ。ランニングコストを大きく抑えられることも、本機の特徴と言えるだろう。

※8 全てのステインを取りきれるわけではありません。また、生まれながらの歯の色を白くしたり、加齢による歯の黄ばみ、変色した歯の色を白くすることはできません。使用効果は個人により異なります

多彩な替ブラシ

ドルツ EW-DP53

「EW-DP53」には、写真左から、「極細毛ブラシ(コンパクト)」「極細毛ブラシ(ラージ)」「マルチフィットブラシ」「ポイント磨きブラシ」「ステインオフブラシ」「ステインオフアタッチメント」「シリコンブラシ」という7種類の替ブラシと、ステインオフ用の「ステインクリーンペースト」が付属している

多彩な動作モード

ドルツ EW-DP53

動作モードは、「Wクリーンモード」「ノーマルモード」「ソフトモード」「Wガムケアモード」「ステインオフモード」の5モードを搭載。替えブラシとこれらの動作モードを組み合わせることで、さまざまな口内の悩みをケアできるのだ

使い勝手
1時間の充電で約22日間※3も使用でき、急速充電にも対応

最後に、「EW-DP53」の使い勝手やデザインを確認していこう。毎日欠かさず使用し、旅行や出張に携帯することも多い電動歯ブラシにとって、バッテリー性能は特に留意したいポイントのはず。長時間の充電が必要となると、洗面台のコンセント争奪戦に巻き込まれることもあるだろう。その点、「EW-DP53」は、たった1時間の充電でなんと約22日(約90分)※3も使用できるロングライフバッテリーを採用。さらに、約2分間の充電で1回分のブラッシングが行える急速充電機能「2分間クイックチャージ」※9も搭載しているので、まさかの充電切れの際にもあわてる必要はない。

※3 フル充電時。日数は1日2回、各2分間使用した場合。WクリーンモードおよびWガムケアモードでは約11日間(約45分)、それ以外のモードでは約22日間(約90分)使用できます。使用条件により、使用時間は異なります
※9 2分間の充電で1回(約2分間)磨けます。使用条件により、使用時間が異なります

ドルツ EW-DP53
ドルツ EW-DP53

2分間の充電で1回分(約2分間)磨ける、「2分間クイックチャージ」※9に対応した充電スタンドが付属。本体を宙に浮かせたような「フロートチャージスタイル」を採用しているため、汚れやすい本体底面やスタンドに付いた水滴も拭き取りやすく、衛生的だ

ドルツ EW-DP53

光沢感ある仕上がりの「EW-DP53」は、スタイリッシュな印象で高級感が漂う。カラーバリエーションは、「シルバー」「青」「ピンク」の3色が用意されており、好みやサニタリールームの雰囲気に合わせて選べるのもいい。新色の「青」はシックで、大人の男性から支持されそうだ

ドルツ EW-DP53

軽くて細身なボディは、手のひらにしっくりとくる丸みを帯びた形状となっており、女性でも持ちやすい。自然とモード切り替えボタンに親指がかかるようになっているのも使いやすさのポイントだ

「W音波振動」※5搭載のシンプルなモデル「ドルツ EW-DP33」

フラッグシップモデル以外で初めて「W音波振動」※5が搭載された「ドルツ EW-DP33」にも注目したい。本機は、「EW-DP53」と同等の基本性能を採用しながら、付属ブラシや搭載モードを絞ることで、よりシンプルに扱えるモデル。替えブラシは、コンパクトサイズとラージサイズの「極細毛ブラシ」と「マルチフィットブラシ」の3本で、搭載する動作モードは、「Wクリーンモード」「ノーマルモード」「ソフトモード」の3つとなっている。基本的なオーラルケアや歯周ポケットケアのみを求めるのであれば、シンプルに扱えるこちらを選択する手も大いにアリだろう。

まとめ
待ったなしの歯周ポケットケア、その切り札になる電動歯ブラシ

手磨きで毎日キレイに歯を磨いていると思っていても、歯周ポケットまでしっかりと磨きあげるのは、思っているより難しい。さらに力一杯ブラッシングをして歯ぐきを傷つけてしまったり、ていねいに磨こうと思うあまり、時間がかかってしまうようでは、毎日の継続も大変だろう。

そんな歯周ポケットケアの切り札になってくれそうな電動歯ブラシが、パナソニックの音波振動歯ブラシ「ドルツ EW-DP53」である。歯科医師も推奨※1する「ヨコ磨き」を、歯に当てるだけで実現しているほか、好みのサイズが選べるようになった毛先約0.02mmの「極細毛ブラシ」が歯周ポケットに入り込み、歯周病の原因菌をしっかりかき出せる。しかも、多彩な替えブラシと動作モードにより、口内のトータルケアが行えるのもポイントが高い。オーラルケアを真面目に考えている人にとって、「ドルツ EW-DP53」は魅力的な選択肢に映るのではないだろうか。