アンテナ不要で新4K8K衛星放送を簡単に見る方法

光回線(フレッツ光・コラボ光)を使ったテレビサービス特集

2018年12月から「新4K8K衛星放送」が開始されたのを機に、4Kチューナーを搭載した4Kテレビを購入する人が増加している。すでにご家庭で、高精細な4Kのコンテンツを楽しんでいるという方もいるかと思われるが、せっかくの4Kテレビをフル活用するためにも、ぜひ「新4K8K衛星放送」をご覧いただきたい。ただ、「新4K8K衛星放送」の全てのチャンネルを受信するには、専用の受信設備や機器が必要となる。ところが、光回線を使ったテレビサービス「フレッツ・テレビ」なら、気軽に「新4K8K衛星放送」の全てのチャンネルを受信できるようになる。ここでは、そんな「フレッツ・テレビ」のメリットと具体的な導入方法などを詳細に解説する。

「フレッツ・テレビ」とは?

フレッツ網を使ったテレビ伝送サービス

フレッツ網を使ったテレビ伝送サービス

「フレッツ・テレビ」とは、NTT東西が提供している、光回線(フレッツ網)を使ったテレビサービスである。簡単に言えば、地上デジタル放送やBS・CSデジタル放送等の放送サービスを、フレッツ光の回線を通じて送り届けるもの。いわゆるVOD(ビデオオンデマンド)方式のインターネット動画配信サービスとは異なり、ご自宅のテレビで地上デジタル放送やBS・CSデジタル放送等をリアルタイムで受信できる。

アンテナ不要。
BS/110度CS左旋4K・8K放送にも対応

「フレッツ・テレビ」等で視聴する場合(例)

アンテナ不要

アダプターをテレビ手前に設置するだけで屋内設備を大幅に変える必要なし

「フレッツ・テレビ」等で視聴する場合(例)

※お客さま宅内の状況によっては、受信設備等の交換が必要な場合があります。

アンテナで視聴する場合(例)

アンテナおよび屋内設備を左旋放送の周波数帯域(〜3.2GHz)に対応した製品に交換

アンテナで視聴する場合(例)

※お客さま宅内の状況によっては、受信設備等の交換が必要な場合があります。

「新4K8K衛星放送」には「右旋(右旋円偏波)」、「左旋(左旋円偏波)」と呼ばれる2つの電波帯域があり、さまざまな事業者がチャンネルを提供している。このうち「右旋」では、NHKと民放キー局が提供する4K放送を無料※1で視聴することができる。すでにBSアンテナを設置しているご家庭で「BS右旋4K放送」を見る場合、新4K8K衛星放送の対応機器(テレビ・チューナーなど)を用意すれば、ほとんどの家庭で大幅な設備改修は不要である。

これに対し「左旋」では、映画やスポーツなどのいわゆる「専門チャンネル」を展開している。有料チャンネルが多いが、臨場感を生かした多彩なコンテンツを視聴することができる。ただ、「BS/110度CS左旋4K・8K放送」を視聴する場合、受信設備の準備におけるハードルは、とても高い。

ここで、「BS/110度CS左旋4K・8K放送」を視聴する方法を比較してみよう。

アンテナで「BS/110度CS左旋4K・8K放送」を視聴する場合、新4K8K衛星放送の高い周波数帯に対応した設備(アンテナ・ケーブルなど)が必要なため、新たに設置工事が必要になる。これに対して、光回線を使ったテレビサービス「フレッツ・テレビ」であれば、ご自宅の設備はほとんど変える必要がない。4Kテレビ・8Kテレビをお持ちの方なら、「BS/110度CS左旋4K・8K放送」を視聴する場合、テレビの前に「光対応新4K8K衛星放送アダプター(有料)」を設置すればOK※2。フレッツ・テレビなら気軽に新4K8K衛星放送が楽しめるのだ。

※1 NHKの受信料(衛星契約)が別途必要
※2「NHK BS8K」の視聴には8K放送対応機器が必要

クリアな映像でテレビ放送を楽しめる

クリアな映像でテレビ放送を楽しめる

もうひとつ、「フレッツ・テレビ」では災害や周囲の建物などの影響を受けづらく、クリアな映像が楽しめるということが大きなメリットだ。アンテナを設置してテレビの電波を受信する場合、台風による暴風などによってアンテナが折れてしまったり向きが変わったりして、テレビが受信できなくなることがある。これに対して、「フレッツ・テレビ」ならアンテナが不要なのでアンテナ故障の心配がない。さらに、アンテナの場合はメンテナンスや交換が必要になるが、「フレッツ・テレビ」ならその都度アンテナ購入にかかる費用や工事などの費用や手間がいらないのも魅力的だ。

また、インターネット回線を使って映像配信をするとなると、動画配信サービスなどで起こりがちな、動画の遅延等が起こりそうな気もするが、実は、「フレッツ・テレビ」は一般的なインターネット通信とは別の周波数帯域を使っているので、こうした回線混雑による影響を受けない。地上デジタル放送などの2K映像はもちろんのこと、高精細な4K映像でも、クリアで美しい状態の映像を堪能できるのは、大きなメリットであろう※3

※3 天災による設備への影響等が発生した場合は映像受信ができない場合もある

インターネットの動画配信サービスとの違い

VOD型動画配信サービス フレッツ・テレビ
使用回線 一般インターネットコンテンツで使う周波数帯を使用 特別に割り当てられた周波数帯を使用
最終的な入力インターフェイス LAN/Wi-Fi(デジタルデータ) 同軸ケーブル(アナログデータ)
受信方式 オンデマンド型 リアルタイム伝送
主な使用デバイス パソコン・スマートフォン(録画不可) テレビ・HDDレコーダー(録画可能)

インターネット経由で動画を見られるサービスといえば、「YouTube」や「Netflix」などに代表される動画配信サービスを思い浮かべる人は多いだろう。一見すると、これらの動画配信サービスと「フレッツ・テレビ」は似たようなサービスに思えるかもしれないが、実はその内容は全く異なる。一般的な動画配信サービスは、基本的にVOD(ビデオオンデマンド)方式で、配信されている動画コンテンツをユーザーが選んで見る。これに対して、「フレッツ・テレビ」は、地上デジタル放送やBS・CSデジタル放送などの放送サービスを光回線を通じてリアルタイムに番組を伝送している。先述したように、回線混雑による影響を受けないのも「フレッツ・テレビ」の特徴だ。

さらに、テレビ番組を単に見るだけでなく、ブルーレイレコーダーなどを使って録画をすることも可能だ。ストリーミングを基本とする動画配信サービスではこのようなことはできない。また、家庭内に複数のテレビがある場合も、「フレッツ・テレビ」なら分配器などを介して電波を分配することで、比較的容易にどの部屋でもテレビの受信が可能になる。要するに、インターネットを意識することなく、ご自宅のテレビをフル活用できるのだ。

提供エリアは? 料金は? 申し込み方法は?

サービスを利用できるユーザー

「フレッツ・テレビ」を利用できるのは、NTT東西が提供する光回線「フレッツ光」あるいは光コラボレーション事業者が提供する「光コラボ」のインターネット回線を使っているユーザーとなる。「光コラボ」プランを利用している場合、加入している光コラボレーション事業者によってサービス名称はまちまちだが、オプションとして扱われていることが多い。サービスの申し込みは、加入している光コラボレーション事業者から行う形となるので、詳細はご利用の光コラボレーション事業者のWebサイトなどでご確認いただきたい。なお、もしご利用の「光コラボ」プランでテレビサービスを提供していない場合も、NTT東西と直接「フレッツ・テレビ」を契約できるので、ご安心いただきたい。

提供エリア

「フレッツ・テレビ」の提供エリアは、2019年10月現在では、下記の通りとなる。なお提供エリアは今後拡大予定だ。

NTT東日本
東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、新潟、福島、北海道の各一部地域
NTT西日本
大阪、和歌山、京都、奈良、滋賀、兵庫、愛知、静岡、岐阜、三重、広島、岡山、香川、徳島、福岡、佐賀の各一部地域

利用料金

「フレッツ・テレビ」の利用料金は、サービスを提供している光コラボレーション事業者によって若干異なっているので、詳細は各光コラボレーション事業者にご確認いただきたい。なお、NTT東西の「フレッツ・テレビ」を例に取ると、基本料金は825円/月(税込)。なお、別途NHKの受信料や、有料オプションの「スカパー!」や「スカパー!プレミアムサービス光」を利用する場合は、利用料が必要となる。

その他、サービス開始時には、初期費用がかかる。自分でテレビの配線などを行える人なら、基本工事費+登録料の1万円程度で済むが、屋内配線工事などが必要な場合、別途、数千〜数万円の工事費用がかかることもあるので、個別に確認していただきたい。

月額利用料(例)

NTT東西の「フレッツ・テレビ」を契約する場合
月額利用料(例):NTT東西の「フレッツ・テレビ」を契約する場合

初期費用(例)

NTT東西の「フレッツ・テレビ」のみを契約する場合
初期費用(例):NTT東西の「フレッツ・テレビ」のみを契約する場合
光回線とセットで新規申し込みを行う場合
初期費用(例):光回線とセットで新規申し込みを行う場合

※料金はあくまでも目安です。プロバイダーによって異なります。