AV評論家 折原一也氏と探る 画質、ユーザービリティ、デザイン性にすぐれた 有機ELテレビが“今買い”の理由

画素を構成する素子を必要な個所だけ発光させて映像を表示させる有機ELテレビ。光源にバックライトを利用した液晶テレビよりも原理上、画質性能にすぐれているとされ、世界の主要なテレビメーカーが高画質な最上位モデルと位置付け、販売に力を入れている。ここでは、この冬、大画面テレビの購入を検討している人に向け、有機ELテレビの魅力を徹底解説する。

ポイント1 画質「完全な黒」で映像の美しさが段違い。
動きの速い映像にも強い

有機ELテレビ

世界の主要テレビメーカーが製品ラインアップの最上位に位置付け、高画質モデルとして販売している「有機ELテレビ」。現在主流の液晶テレビとは映像の表示方法が大きく異なり、この違いが「画質」「ユーザービリティ」「デザイン性」を大きく引き上げ、有機ELテレビを液晶テレビのワンランク上の存在たらしめている。まずは、有機ELテレビの「画質」における特徴について解説していこう。

有機ELテレビ 折原氏「画質にはいろいろな要素がありますが、有機ELテレビは、明暗の差をダイナミックに表現するコントラスト性能が高いのが大きな特徴です。よく“有機ELテレビは黒の締まりがいい”と言われますが、すぐれているのは暗部の表現だけではありません。明部の表現力が高いことも声を大にしてお伝えしたいですね。 これまで有機ELテレビは、暗部の表現が得意な半面、液晶テレビに比べて画面が暗いと言われてきました。しかし最近では、どの有機ELテレビも一様に明るさを両立し始めました。暗部と明部が広がったうえ、細かな色の違いも再現できるわけですから、あらゆる映像に立体感や奥行感をもたらしてくれます。 明るいワイドショー番組やスポーツ番組もより鮮明でリアルに楽しむことが可能です。有機ELテレビは、映画をこだわりの画質で見たいというAVファンのためだけの特別なテレビではないんですよ」。
有機ELテレビ

液晶テレビに比べて黒の再現力にすぐれた有機ELテレビ。バックライトの光の透過を液晶のシャッターでコントロールして映像を作り出す液晶テレビではどうしても光が漏れる「黒浮き」が発生しがちだが、画素を構成する素子を必要な個所だけ発光させて映像を映し出す有機ELテレビではそれが起こらず、黒がグッと締まるのだ

有機ELテレビ

都会の夜景のような明暗差の大きな映像を有機ELテレビに映し出すと、その奥行感や立体感の高さに驚く。これは、暗部に加え、まぶしいほどの明部においてもしっかりと階調を描けるコントラスト性能を持つためだ。「コントラスト性能が高いと、どのような映像も高画質に見せてくれます」との折原氏の言葉にも納得

動きの速い映像にも強い有機ELテレビ

折原氏「自発光パネルを用いた有機ELテレビには、液晶テレビよりも動きの速い映像に強いというメリットもあります。液晶テレビの液晶とはいわば窓のブラインドのようなもので、これを開閉させてバックライトの光を通したり、さえぎったりして映像を作り出しています。開けたり閉めたりするのに時間がかかるため、これによって生じた映像ズレが残像感になるのです。 対して、自発光素子である有機ELを用いた有機ELテレビは、映像の変化に合わせて素早く光量をコントロールします。動きの速い映像を表示しても液晶テレビのような残像感がありません。 液晶テレビというのはもともと不完全なものをひとつひとつ解決することで高画質化させてきたのですが、有機ELテレビは最初から画質ポテンシャルが高い。メーカーによって画質の味付けに異なるところはあるものの、液晶テレビのように価格差が画質差に直接つながるようなことはほとんどなく、どのモデルを買っても高画質が楽しめます」。

どう違う? 有機ELパネルと液晶パネル

有機ELテレビと液晶テレビは、映像を映し出すパネルの構造に大きな違いがある。以下のようにパネル構造を比べてみると、有機ELパネルのほうがシンプルであることがわかる。このシンプルさが画質やデザイン性などにおいて多くのメリットを生み、有機ELテレビを液晶テレビより優位なものにしているのだ。なお、55型以上の大型有機ELパネルの量産に成功しているのは、全世界でLGディスプレイの1社のみ。どのメーカーの有機ELテレビにもLGディスプレイ製のパネルが採用されていることは知っておくと よいだろう。

有機ELテレビ
有機ELテレビ

2019年時点では世界で唯一8K放送を行っているNHK(日本放送協会)も、LGディスプレイ製の有機ELパネルを利用してその研究開発を行っているという。最先端の映像現場のディスプレイとして同社の有機ELパネルが選ばれたのは、その画質の高さゆえ。なお、2019年9月、世界初の88型8K (7680×4320)対応有機ELテレビがLGエレクトロニクス から登場している

ポイント2 ユーザービリティ家族みんなでキレイな映像を楽しめる広視野角。
目にもやさしい

有機ELテレビ 有機ELテレビ

有機ELテレビには、液晶テレビに比べて視野角が広く、目にやさしいというユーザービリティ上の利点もある。テレビの解像度がフルHD(1920×1080)から4K(3840×2160)へとより高精細になるにつれ、大画面化も進んでおり、液晶テレビの視野角の狭さが気になる人が増えている。自発光パネルを用いた有機ELテレビなら、こうした問題も起こりにくい。

折原氏「液晶テレビの大画面化にともなって問題になり始めたのが “視野角”。液晶テレビの液晶というのは窓のブラインドみたいなものとお話ししましたが、この仕組みが視野角にも影響します。光をしっかりと正面に通しても、斜めから見るとさえぎられているということが起こるのです。ソファに座って正面からジッと画面を見ていれば問題ないかもしれませんが、ソファの上で姿勢を変えたり、トイレに立ったりしたときに、テレビの画面を見て色が変わって見えた経験のある人は多いのではないでしょうか。 そんなときも、画素を構成する素子が自発光して映像を作り出す有機ELテレビは有利となります。液晶テレビのように光をさえぎる仕組みがないため、視野角に制限がないのです。最近はリビングルームとキッチンがひと続きになったオープンキッチン型の住宅が増えていますから、キッチンからテレビを見ることも一般的になってきています。こうしたケースでも有機ELテレビならキレイな映像が楽しめます。視野角は、有機ELテレビのよさを誰もが実感しやすいポイントのひとつです」。
有機ELテレビ

有機ELテレビは真横から見てもコントラストが低下したり、色彩が変化したりすることがない。「視野角の広さは、どのようなシチュエーションにおいてもメリットとして感じられますよ」と折原氏

発するブルーライトが少なく、目にやさしい

有機ELテレビ

有機ELテレビが搭載する有機ELパネルは、眼精疲労の原因のひとつとされるブルーライトの発生量が少ないことも覚えておこう。実際、ドイツの第三者認証機関「TUV Rheinland」において、ブルーライトの発生量が液晶ディスプレイに比べ88%少ないことが確認されており、低ブルーライトディスプレイの認証を取得している。

ポイント3 デザイン性薄くスタイリッシュ。
想像を超えた革新的デザインのモデルも

有機ELテレビ

薄くシンプルな構造の有機ELパネルは、画質やユーザービリティにすぐれているだけでなく、テレビのデザインにも革新をもたらそうとしている。有機ELテレビは現在でも液晶テレビに比べてスリムなものが多いが、これはまだ進化の入り口に立ったにすぎないようだ。最後は、有機ELパネルが実現する、ワクワクするような未来のデザインについて語っていこう。

折原氏 「テレビのデザインにおいては、やはり薄型化が大きなトレンド。液晶テレビでも薄型化が進んでいますが、有機ELテレビにおいてはディスプレイ部の厚さがわずか約3.9mmという極薄モデルも出てきているほどです。ディスプレイ部を薄くできると見た目がスッキリするので、部屋やインテリアに調和しやすいというメリットがあります。世界的に見て日本人はテレビの薄型化にあまり興味を持っていないのですが、それでも有機ELテレビの薄さを見ると感激するはずです。 また、有機ELパネルはシートみたいなもので、薄く柔軟性があるため、液晶テレビでは実現が難しいデザインも可能になります。たとえば、画面全体をアクチュエーターで振動させてテレビの音を出すモデルが日本でも発売されていますが、こうしたことが実現できるのも有機ELパネルだからこそと言っていいでしょう。 なかでも私が注目しているのは、世界最大級のコンシューマー向けテクノロジー展示会『CES 2019』でお披露目されていた“ローラブルモデル”。画面を巻き取るタイプのテレビがようやく製品として形になってきました。画面をテレビラックに巻き取って収納することもできます。 薄くて軽いことを応用すれば、家じゅう持ち運んで、ポスターのように壁にペタッと貼ったり、はがしたりできるモデルが登場することも考えられますよね。現在のテレビは有機ELテレビであっても壁かけスタイルにするには設置業者による工事が推奨されますが、これなら誰でも簡単に実践できます。近い将来に確実に訪れる、超大画面の時代の大本命スタイルではないでしょうか」。
有機ELテレビ

有機ELパネルは厚さ1mm以下と薄く、柔軟性がある。この特徴がプロダクトデザイナーの発想を刺激し、新しいデザインや視聴スタイルを生み出そうとしている

もうすぐそこまで来ている、有機ELテレビの未来

有機ELテレビ
有機ELテレビ
有機ELテレビ

クルクルッと巻き取れるモデルや、ポスターのように簡単に壁に貼り付けられるモデル、さらにはユーザーが画面を透けるように設定できるモデルなども登場しそう。テレビと言えば、現在は黒い画面の平らなボックス型を思い浮かべる人が多いと思うが、そんな既成概念に収まらない製品が作れるのも有機ELだからこそだ

まとめ大画面テレビを買うなら、これからは有機ELテレビで決まり!

大画面テレビを購入する際、どんなポイントをチェックするだろう? 今ならおそらく4Kテレビであることを基準に製品を選ぶのではないだろうか。もちろんそれは間違いではないが、そこにもうひとつ、搭載パネルが有機ELであるかどうかという基準も加えてほしい。すると、画質にもユーザービリティにもデザイン性にもより高い満足度が得られるテレビが購入できるようになるからだ。

本特集では、AV評論家 折原一也氏とともに有機ELテレビの特徴を探ってきたが、深く感じたのは、有機ELテレビが大本命になりそうだということ。「今ほとんどのテレビメーカーが有機ELテレビをラインアップの最上位に位置付けていますが、それは、有機ELテレビは液晶テレビよりも画質が圧倒的にキレイで、デザイン的にもスッキリと見せられるからです」(折原氏)。つまり、テレビメーカー各社が有機ELパネルの利点を大きく評価しているのだ。この冬、高画質な大画面テレビを求めるなら、有機ELテレビに注目してほしい。

LGの有機ELテレビラインアップ

  • BS・CS 4Kチューナー内蔵
  • 世界初! 8K対応有機ELテレビ※LG調べ
  • OLED Z9P
  • 有機ELテレビ
価格.comで最安価格をチェック!
OLED 88Z9PJA [88インチ]
  • BS・CS 4Kチューナー内蔵
  • 4K有機ELテレビ
    ハイエンドモデル
  • OLED W9P
  • 有機ELテレビ
価格.comで最安価格をチェック!
OLED 65W9PJA[65インチ] OLED 77W9PJA[77インチ]
  • BS・CS 4Kチューナー内蔵
  • 4K有機ELテレビ
    透明スタンドのプレミアムモデル
  • OLED E9P
  • 有機ELテレビ
価格.comで最安価格をチェック!
OLED 55E9PJA[55インチ] OLED 65E9PJA[65インチ]
  • BS・CS 4Kチューナー内蔵
  • 4K有機ELテレビ
    豊富な画面サイズのプレミアムモデル
  • OLED C9P
  • 有機ELテレビ
価格.comで最安価格をチェック!
OLED 55C9PJA[55インチ] OLED 65C9PJA[65インチ] OLED 77C9PJA[77インチ]
  • BS・CS 4Kチューナー内蔵
  • 4K有機ELテレビ
    スタンダードモデル
  • OLED B9P
  • 有機ELテレビ
価格.comで最安価格をチェック!
OLED 55B9PJA[55インチ] OLED 65B9PJA[65インチ]