新しい「Dyson Supersonic Ionic」は速乾だけじゃない! 細い髪やカラーリングした髪をやさしく守り、忙しい毎日を美しく

卓越したモーター技術と“羽根のない扇風機”で培った「Air Multiplier™(エアマルチプライアー)テクノロジー」をヘアドライヤーに応用し、過度な熱に頼らず髪を素早く乾かせる、最大2.4m³/分の大風量を実現した「Dyson Supersonic Ionic」。本機は、忙しくて時間はないものの、しっかりヘアケアはしたいという大人の女性を中心に支持を集めている。そんな「Dyson Supersonic Ionic」から2019年9月、最新モデルとなる「HD03 ULF」が発売された。本特集では細い髪やカラーリングした髪をやさしくブローできる新アタッチメント、「ジェントルエアーリング」にフォーカスしながら、「Dyson Supersonic Ionic」の魅力をひも解いていこう。

高速・高圧の気流
過度な熱に頼らず素早く乾かす「Dyson Supersonic Ionic」に
最新モデル登場

仕事や家事に忙しい女性が、ヘアドライヤー選びにおいて注目する点はやはり、速乾性だと思うが、過度な熱による髪へのダメージはできるだけ避けたいもの。髪を素早く乾かし、貴重なプライベートタイムを確保したいのと同時に、ツヤのある美しい髪で毎日を生き生きと過ごしたい……。二律背反のようにも思える願望だが、これが多くの女性の本音であり、ヘアドライヤーが乗り越えるべき積年の課題でもあったのだ。

そんな女性たちの思いに応えるべく、ダイソンが初代「Dyson Supersonic」を発売したのは今から約3年前、2016年4月のことだ。「過度な熱に頼らず、高圧・高速の気流で素早く乾かす」という新発想で速乾性と髪・頭皮へのやさしさを両立させ、最新モデル「HD03 ULF」でもそのコンセプトや本体設計は変わらない。パワフルかつ小型の「ダイソン デジタルモーター V9」と、モーターから吸い込む空気を約3倍に増幅して吹き出す「Air Multiplier™(エアマルチプライアー)テクノロジー」を搭載することで、地肌まで風が届き、髪の根元から乾かせる最大2.4m³/分の大風量を実現しているのは、これまで通り。

もちろん、「Dyson Supersonic Ionic」のアイデンティティーとも言える「インテリジェント・ヒートコントロール」も先代から受け継がれている。これは、送風中に風温を毎秒20回測定し、過度な熱によるダメージを防ぐというもの。このほか、高速の風で髪の根元までマイナスイオンを届ける「イオン・ペネトレーション・テクノロジー」を採用している点や、操作ボタンの配置なども従来モデルから変更はない。従来モデルですでに完成の域に達していたからこそ、本体設計にはあえて手を加えなかったのだろう。

Dyson Supersonic Ionic

2019年9月に発売された、「Dyson Supersonic Ionic」の最新モデル「HD03 ULF」。カラーバリエーションは、写真の「アイアン/フューシャ」と、シンプルでシックな印象が漂う「ブラック/ニッケル」、直販限定の「ブラック/パープル」の3色展開となっている

ダイソン デジタルモーター V9・エアマルチプライアーテクノロジー

Dyson Supersonic Ionic

毎分最大110,000回転を誇る「ダイソン デジタルモーター V9」で吸い込んだ空気を、「エアマルチプライアーテクノロジー」で約3倍に増幅して吹き出すというのが基本的な仕組み。その結果、「HD03 ULF」は最大2.4m³/分の大風量を実現している

インテリジェント・ヒートコントロール

Dyson Supersonic Ionic

吹き出す風の温度を毎秒20回測定する温度センサー「ガラス球サーミスター」と、その情報をもとに風の温度を制御するマイクロプロセッサーで構成される「インテリジェント・ヒートコントロール」。髪のツヤやなめらかさを保護するキューティクルへの過度な熱によるダメージを軽減してくれる、ダイソンが誇る先進技術の結晶だ

Dyson Supersonic Ionic

早速「HD03 ULF」でブローしてみたが、普段使っている一般的なヘアドライヤーと比べて明らかにパワフル。大風量で髪を素早く乾かせるのはもちろん、風が髪の根元まで届くので、毛先や髪全体がまとまりやすいのもメリットだと感じた。そしてなにより、緻密な風温コントロールで過度の熱ダメージから髪を守ってくれるのがうれしいポイント。手ぐしでブローをしてみたが、髪が熱くなりすぎないことを実感できた

Dyson Supersonic Ionic

操作ボタンは本体正面に集約され、ヘッド部左が風量調整機能ボタンで、右が風速調節機能ボタン、ハンドル部上段が電源ボタン、下段がボタンを押した時だけ冷風を送る「コールドショット」ボタンとなる。なお、風速は「強風」「中風」「弱風」の3段階で調節可能だ

新アタッチメント
細い髪や頭皮、高温によるカラーリングの色落ちが気になる人、必見。
「ジェントルエアーリング」

「HD03 ULF」の最大のトピックとして注目したいのが、付属するアタッチメントがさらに充実したことだ。従来モデルでは、「ディフューザー」「スタイリングコンセントレーター」「スムージングノズル」の3種類が付属していたが、「HD03 ULF」では、これに新アタッチメント「ジェントルエアーリング」を追加。スタイリングや髪質などに合わせて全4種類のアタッチメントを使い分けられるようになった。

新アタッチメント「ジェントルエアーリング」は低温風でも素早く乾かせるのが特徴。一般に、ヘアドライヤーの風温を下げると速乾性は低下してしまうものだが、「ジェントルエアーリング」を装着すると、未装着時と比べて、温度が下がりながら風量が上がるため、やさしく、なおかつ素早く髪を乾かせるのだ。

試しに吹き出し口付近に手のひらをかざし、本体のみで使用したときの風と、「ジェントルエアーリング」装着時の風を比較してみたところ、なるほど確かに、風温はぐっと下がり、風の“やわらかさ”が大きく変化した。「局所的に届く風圧の高い風」が、「より広範囲に届くふんわりと丸みを帯びた風」に変化する、そんな印象である。髪や頭皮が過度に熱くなる心配がないので、エイジングによる髪やせを含む細い髪や、高温によるカラーリングの色落ちを気にする女性も毎日安心して使用できるはずだ。

付属アタッチメント

Dyson Supersonic Ionic

付属するアタッチメントは、左から「ジェントルエアーリング」「ディフューザー」「スタイリングコンセントレーター」「スムージングノズル」の4種類。いずれもマグネット式で簡単に着脱できる

ジェントルエアーリング

Dyson Supersonic Ionic
Dyson Supersonic Ionic

内周の波形が印象的な新アタッチメント「ジェントルエアーリング」。周囲の空気をより多く取り込み送風することで、アタッチメント非装着時(最高風温・最大風量設定)と比べて風温が約20℃下がるいっぽう、「エアマルチプライアーテクノロジー」による空気の増幅率は3倍から4倍にアップするため、より低温の風でやさしく髪をブローでき、なおかつ速乾性にも妥協しなくて済む

「ジェントルエアーリング」装着時の、吹き出し温度の違いをチェックしたのがこちらの動画だ。左が「インテリジェント・ヒートコントロール」非搭載/本体のみで使用、中央が「インテリジェント・ヒートコントロール」搭載/本体のみで使用、右が「インテリジェント・ヒートコントロール」搭載/「ジェントルエアーリング」装着時。吹き出し口の中心の温度を見比べると、確かに「ジェントルエアーリング」装着時が最も低くなっている。もちろん、「インテリジェント・ヒートコントロール」を備えるので、長時間使用しても風温が高くなりすぎる心配はない
※実験用本体

続いて、「ジェントルエアーリング」の装着の有無で吹き出される風がどのように変化するのかを可視化実験で見てみよう。非装着時(左)では風が1点に集中するように当たっているのに対し、装着時(右)は、幅広い範囲にほぼ同じ強さの風圧がかかっているのがわかる

実際に濡れた髪を乾かして、速乾性の違いを確かめてみることに。結果は、「ジェントルエアーリング」非装着時が4分15秒で、装着時が4分53秒。「十分に乾いた」という価格.comスタッフの主観に基づく検証ではあるが、「ジェントルエアーリング」を装着しても速乾性が高いことを確認できた

Dyson Supersonic Ionic

エアリーヘアのスタイリングにも便利に使える「ジェントルエアーリング」。髪が細い人はトップがつぶれやすく、ボリュームを出すのが難しいものだが、ブラシを使ってトップの根元を立ち上げ、そこに低温かつ大風量のやさしい風を当てるだけで、自然な動きのあるスタイルが作れる

その他のアタッチメント
多彩なアタッチメントが用意された、「家族みんなで使えるドライヤー」

「ジェントルエアーリング」の利便性が確認できたところで、ここからは、そのほかのアタッチメントをチェックしていこう。「ジェントルエアーリング」以外のアタッチメントも、細かな点ではあるが従来モデルからマイナーチェンジが施されている。

従来よりも突起部分が長くなった「ディフューザー」は、カール部分やパーマヘアをしっかりととらえ、分散した風で均一にブローできるのが特徴。カーラーを使わず、指で巻いてゆるめのふんわりウェーブに仕上げる際にも重宝するだろう。エッジ部分を従来よりも広く、薄く設計したことで、周りの髪を乱すことなくスタイリングできる「スタイリングコンセントレーター」は、ブラシを使ったブローや、ワンカールヘアのスタイリングにぴったり。「スムージングノズル」は手ぐしで髪を乾かす際に便利で、髪のパサつきやごわつきをケアしながら、毛先までなめらかにスタイリングできる。

また、豊富なアタッチメントが揃っているため、家族みんなのニーズに応えられるのも本機の魅力。仕事用に髪をしっかりセットしたい父親は「スタイリングコンセントレーター」を、さまざまなヘアアレンジを楽しみたい娘は「ディフューザー」を使用するなど、家族みんなでアタッチメントを使い分けて「HD03 ULF」を共用できるというわけだ。「HD03 ULF」は髪や頭皮にやさしく設計されたドライヤーであると同時に、「家族みんなで使えるドライヤー」でもあるのだ。

ディフューザー

Dyson Supersonic Ionic
Dyson Supersonic Ionic

より長くなった突起部分でカールやパーマへアの髪をしっかりととらえ、分散した風でふんわりとブローできる。パーマをかけている人、ボリュームを出したい人にはもってこいのアタッチメントだ

スタイリングコンセントレーター

Dyson Supersonic Ionic
Dyson Supersonic Ionic

しっかりとしたスタイリングをしたい人は「スタイリングコンセントレーター」がうってつけ。従来よりもエッジ部分が広く、薄く設計され、周りの髪を乱すことなく、ブローしたいポイントに的確に風圧の高い風を届けられる。しっかりとくせづけができるので、ワンカールアレンジなどに適しているだろう

スムージングノズル

Dyson Supersonic Ionic
Dyson Supersonic Ionic

髪のパサつきやごわつきをケアできる「スムージングノズル」は、手ぐしで髪を乾かす際に便利。特別な技術やコツを習得する必要はなく、手ぐしのブローで毛先までなめらかに仕上がる

キャンペーン
収納スタンドをプレゼント!

ダイソンが実施している期間限定キャンペーンも忘れずにチェックしておきたい。ダイソン公式ストアで「Dyson Supersonic Ionic」を購入すると、専用スタンドがプレゼントされる。年末の買い物やプレゼントの候補に「Dyson Supersonic Ionic」考えているのなら、ぜひ一緒に収納スタンドも手に入れたいところだ。
※家電量販店・百貨店では数量限定の収納スタンド付きモデル「アイアン/フューシャ」を発売中。その他の製品に収納スタンドは付属しません。

まとめ
健康的でツヤのある髪を守る、忙しい女性の味方になるドライヤー

「HD03 ULF」を購入したら、付属のアタッチメントをぜひ積極的に活用してみてほしい。スタイリングや髪質に合わせてアタッチメントを付け替えることで、「HD03 ULF」の使い方の幅がグンと広がるからだ。とりわけ、新アタッチメント「ジェントルエアーリング」が追加されたインパクトは大きく、エイジングによる髪やせを含む細い髪や、高温によるカラーリングの色落ちを気にする人、頭皮がデリケートな人でもより安心して使える製品となっていた。うるおいのある美しい髪を保つヘアケアの第1歩として、家族みんなが気持ちよく使えるオールラウンダーな1台として、そして、忙しい毎日を軽やかに過ごすためのとっておきのアイテムとして、1人でも多くの人に「HD03 ULF」を手に取ってもらいたいと思う。

商品に関するお問い合わせ先

ダイソンお客様相談室 TEL 0120-295-731 ( 9:00AM〜5:30PM 年末年始等の特別休暇を除く )

新規常設オープン店舗

2019年9月25日 Dyson Hair 伊勢丹新宿店
2019年12月4日 Dyson Hair ジェイアール伊勢丹京都店
2020年1月10日 @cosme TOKYO

詳細はこちら