「Zシリーズ」の最先端機能を搭載した魅力的な一眼レフが誕生! 高性能フルサイズ一眼レフカメラ ニコン「D780」の進化に迫る

これまで多くのフルサイズ一眼レフカメラを開発してきたニコンから、飛躍的な進化を遂げたニューモデル「D780」が登場した。 高性能なAFシステムや、ポートレート撮影で絶大な威力を発揮する「瞳AF」、最新の画像処理エンジン「EXPEED 6」など、最新のミラーレスカメラ「Zシリーズ」で採用された最先端機能を数多く搭載するのが特徴。本特集では、「AF」「操作性・信頼性」「画質」「動画」の4項目から「D780」の進化点を詳しくレビューしていきたい。

※記事内の作例はすべて試作機を使って撮影したものです。

光学ファインダーでもライブビューでも
高速・高精度なAFを実現!「瞳AF」にも対応※ライブビュー撮影時のみ有効

ニコン「D780」 ニコン「D780」

標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」を装着した「D780」。従来モデル「D750」と比べるとファインダー部などのデザインがより凛々しくなった

「D780」は、多数の最新機能と充実したスペックを搭載したフルサイズ一眼レフカメラだ。その見どころは多岐にわたるが、特に注目したいのはAF(オートフォーカス)の進化。光学ファインダーでの撮影はもちろんのこと、背面モニターを使ったライブビュー撮影でも高速かつ高精度なAFを実現しているのだ。

まずは、光学ファインダー撮影時のAFシステムから見ていこう。中央部15点に水平・垂直の両方向の位相差を検出するクロスセンサーを配置する、高密度な51点の位相差AFシステムは従来モデルと同等だが、最新の画像処理エンジン「EXPEED 6」の採用に合わせて、ニコンのフラッグシップモデル「D5」のAFアルゴリズムを「D780」に最適化して搭載したのが主な進化点。これにより、51点すべてのフォーカスポイントを使ってピントを合わせる「オートエリアAF」時の被写体検出性能と、被写体の動きにあわせてピントを合わせ続ける「3D-トラッキング」の動体追尾性能の向上を実現している。

実際に従来モデル「D750」と光学ファインダー撮影時のAF性能を比較してみたが、「D780」の確実な進歩を感じることができた。「オートエリアAF」は人物などの被写体に対する迷いが少なくなった印象で、カメラ任せでも狙った被写体に、より確実かつスムーズにピントを合わせてくれるようになった。「3D-トラッキング」は従来よりも粘ってくれるようになり、動く被写体に対する安定感がさらに増した印象を受けた。

光学ファインダーで飛行機を追従撮影した作例をチェック!
ニコン「D780」

撮影写真(6048×4024)AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR、270mm、1/1000秒、F5.6、ISO1000、ホワイトバランス:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:弱め、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:しない

望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」を使って離陸する飛行機を撮影した作例。「3D-トラッキング」を使用して飛行機にピントを合わせ、カメラを横に動かして追尾しながらシャッターを切ったが、連写中、被写体からピントが外れることはなかった。

続いて、ライブビュー撮影時のAFシステムをチェックしていこう。像面位相差AFとコントラストAFを組み合わせた、高性能なハイブリッドAFシステムを搭載したことで、AF性能は飛躍的な進化を遂げている。

端的に言えばフルサイズミラーレスカメラ「Z 6」と同等のAFシステムなのだが、従来モデル「D750」と使い比べてみるとその進歩がよくわかる。「D780」ではニコンの一眼レフカメラとして初めて像面位相差AFに対応したため、ライブビュー撮影時のAFの合焦速度が劇的に速くなった。加えて、273点のフォーカスポイントが撮像範囲の縦横約90%をカバーしているので使いやすい。また、ライブビュー撮影時は-5EV(ISO100、f/1.6レンズ使用時、ローライトAF時は-7EV)という、フルサイズ一眼レフカメラとして最高レベルとなるAF検出の低輝度限界値を達成しており、暗所でのAFに強いのも魅力。星空など極端に暗いシーンの撮影でも確実なピント合わせが行えるようになっているのだ。

ニコン「D780」

ライブビュー撮影時は273点のフォーカスポイントが撮像範囲の縦横約90%をカバー。ほぼ画面の全域で像面位相差AFを使った高速なピント合わせが可能だ

さらに、「D780」のライブビュー撮影では、オートエリアAF時に人物の瞳を検出してピントを合わせ続ける「瞳AF」が利用できるのも見逃せない。「瞳AF」については、以下に掲載した動画をご覧いただきたいが、画面内で大きくすばやく動く人物の瞳も高精度に検出し、追従してくれることがわかるはずだ。また、マルチセレクターで、ピントを合わせたい瞳を瞬時に切り替えられるのも特徴で、使い勝手にもすぐれている。特に、動いている人物を撮る場合や、大口径レンズの開放付近(被写界深度が浅い状況)で人物を撮る場合に威力を発揮する機能となっている。

「D780」の「瞳AF」の実力を動画でチェック!

ダンスをする人物に対して「瞳AF」を利用した場合の動画。最後に、マルチセレクターでフォーカスする左右の瞳を切り替えている。レンズには単焦点・広角レンズ「AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED」を使用した。人物が斜めを向いた状態でもしっかりと瞳を検出しているうえ、左右の動きだけでなく、前後の動きに対しても瞳をとらえ続けているのがすごい。腕が顔を隠してしまったときや、くるっと回転したとき、AFエリアを完全に外れてからエリア内に戻ってきたときなど、瞳がいったん見えなくなったり、エリア外になったりしてからの復帰が非常に速いのも見逃せない。ここまで高性能であれば、被写体に自由にポージングをしてもらいながらの撮影も容易に行える。

「瞳AF」を使えば、大口径レンズの
開放でも正確なピント合わせが可能!
ニコン「D780」

撮影写真(6048×4024)AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G、1/250秒、F1.4、ISO100、ホワイトバランス:オート1、ピクチャーコントロール:ポートレート、アクティブD-ライティング:標準、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:しない

被写体に、ある程度自由にポージングをしてもらいながら、「瞳AF」を使用して撮影したポートレート作例。大口径の中望遠レンズ「AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G」の開放F1.4に設定して撮影している。通常のAFやMF(マニュアルフォーカス)ではピント合わせが難しい、非常に浅い被写界深度だが、「瞳AF」によって一瞬のいい表情をとらえることができた。体感的には通常のAFやMFよりも「瞳AF」のほうがピントの歩留まりが格段によい印象。大口径レンズのピント合わせの難しさから解放され、構図や被写体の表情を重視してシャッターを切ることに集中できるのが「瞳AF」のいいところだと感じた。

このように、「D780」のAFは、光学ファインダー撮影とライブビュー撮影の両方で非常にハイレベルな内容になっている。動体の追従撮影は光学ファインダーで行い、風景やスナップ、人物などの撮影はライブビューで行う、といったように、シーンや被写体に合わせて光学ファインダー撮影とライブビュー撮影を切り替えながら、最適なAFシステムを選択できるのがとても便利だ。

このほか、「D780」は、新開発のシャッター機構を採用するなどの工夫によって、メカシャッター時にAF/AE追従で最高約7コマ/秒、サイレント撮影時ではAF/AE追従で最高約12コマ/秒の高速連写を実現している。最速1/8000秒の高速シャッタースピードに対応するようになったのも大きなポイントで、従来以上に、動く被写体の一瞬の動きを確実にとらえられる一眼レフカメラに進化を遂げている。

ニコンの一眼レフカメラだからこその、
すぐれた操作性と信頼性

ニコンはカメラの使い勝手を徹底的に追求するメーカーだ。堅牢性や耐久性の高さに加えて、ボタンやダイヤルのレイアウトや、シャッターを切った際のフィーリングなど、細かな操作感にもこだわってカメラを開発し続けている。

もちろん「D780」もそうしたニコンの伝統が詰まったカメラに仕上がっている。一眼レフカメラで最も重要な操作部となる光学ファインダーには、視野率約100%のペンタプリズムファインダー(倍率約0.7倍)を採用。ニコンの中上級モデルでは視野率約100%はもはや当たり前のスペックだが、「D780」ではファインダーの光学系がブラッシュアップされ、隅々までよりクリアな見え方を実現している。

光学ファインダーでの撮影では、新開発のミラーバランサーを搭載したことで、連写時のファインダー像が従来以上に安定するようになったことも報告しておきたい。従来モデル「D750」と比べると像が揺れるような感じがかなり抑えられており、動く被写体を追いかけながらの連写がさらにやりやすくなっている。

ニコン「D780」

視野率約100%の光学ファインダーを採用。光学系を改善することで、従来よりも隅々までクリアな見え方を実現している

ニコンの一眼レフカメラは安定したホールド感が得られるグリップにも定評がある。「D780」では深くて握りやすいという特徴を「D750」から継承しつつ、細かい形状を見直すことでフィット感がさらによくなっており、「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」などの望遠ズームレンズを装着しても、吸い付くような感覚でしっかりとホールドすることが可能。レンズ装着時の重量バランスもさらによくなっているようで、大きなレンズを付けた場合でも、より軽快に撮影できる印象を受けた。

ニコン「D780」

深くて握りやすい形状のグリップ。従来モデルよりもフィット感がよくなっている

ボディは上面カバーと背面カバーにマグネシウム合金を採用し、堅牢性を確保。モノコック構造によって軽量化を実現しているほか、効果的にシーリングを施すことで高い防塵・防滴性も確保している。さらに、低消費電力設計の追求によって、光学ファインダー撮影時の撮影可能コマ数は約2260コマ(CIPA規格準拠)を達成。長時間の撮影でも安心して使用できるスペックとなっている。USB充電にも対応するようになり、モバイルバッテリーなどを用いて本体内でバッテリーを充電することも可能だ。

ニコン「D780」

ボディの各所にシーリングを施し、防塵・防滴構造を実現

ニコン「D780」

上位モデル「D850」と同等となる、タッチパネル対応の3.2型チルト液晶モニター(約236万ドット)を搭載。タッチ操作でフォーカス位置を自由に変更できるほか、メニュー系の操作もタッチパネル上で行える

ニコン「D780」

ダブルスロット仕様のSDメモリーカードスロットを採用(UHS-II対応)。順次記録やバックアップ記録、RAW+JPEG分割記録が可能だ

豊富な「NIKKOR Fレンズ」を生かせる、
進化した高画質

ニコン「D780」

これまで約60年の間に約360種類もの多彩なレンズをラインアップしてきた「NIKKOR Fレンズ」

ニコンはフィルムカメラ時代から数えて約60年間にわたり、一眼レフカメラとその交換レンズ「NIKKOR Fレンズ」を提供してきた。これまでに発売された「NIKKOR Fレンズ」はなんと約360種類で、あらゆるジャンルの撮影に対応できる、圧倒的なラインアップを誇っている。ほかでは得らないような描写特性を持つ歴史的な銘玉も数多くあり、「このレンズの描写に惚れ込んでいるのでずっと使い続けたい」という愛用者も多いことだろう。

「D780」は、そんな「NIKKOR Fレンズ」の描写を余すことなく引き出せる高画質を実現している。有効画素数2450万画素のフルサイズCMOSセンサーにあわせて、最新の画像処理エンジン「EXPEED 6」を採用したのが大きな進化点で、常用の最高感度はISO51200にまで向上した。従来以上に高感度撮影に強くなり、ISO3200を超える高感度でも解像感をキープしながらノイズを抑えた画質を実現している。さらに、「EXPEED 6」によってホワイトバランスがさらに安定するようになったうえ、解像感や有彩色の再現性も向上。あらゆるシーンで、従来モデル以上にバランスのよい高画質が得られるように進化を遂げているのだ。

夜景作例で高感度画質をチェック!
ニコン「D780」

撮影写真(6048×4024)AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR、50mm、1/13秒、F8、ISO3200、ホワイトバランス:晴天、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:オート、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する

日没後のマジックアワーに手持ちで撮影した夜景作例。絞りをF8まで絞って画面全域でピントが来るようにした。シャッタースピードを確保するため感度はISO3200まで上げているが、ディテールを見るとノイズを抑えたうえで高い解像感を保っていることがわかる。線が細く、建物の窓など細かいところまでしっかりと写せているのがすばらしい。加えて、空のグラデーションにも注目してほしい。ISO3200の高感度ながらノイズが少ないのに加え、夕景の空の微妙な色合いが見事に再現されている。高感度になると階調性が失われ、それにともなって色の再現性も落ちてしまいがちだが、ISO3200の高感度でここまで色再現性にすぐれた描画が行えるあたり、さすがニコンの最新モデルだ。

さらに「D780」は、「Zシリーズ」に搭載された「クリエイティブピクチャーコントロール」にも対応するようになったのもトピックだ。色合いや階調、彩度などが細かく作り込まれた、独創的な表現が得られる計20種類のモードが用意されているうえ、効果の適用度(0〜100の10ステップ刻み)の調整も行える。これまでにはなかったような深くて印象的な色やトーンのモードが多数あり、自分好みの表現を追求できるのが面白いところ。静止画だけでなく動画でも活用できる機能となっており、使い方次第で作品作りの幅が広がりそうだ。

ニコン「D780」 ニコン「D780」

ドリームやソンバー、メランコニックといった計20種類のユニークな表現を選択できる「クリエイティブピクチャーコントロール」を搭載。適用度を設定して仕上がりを細かく調整できるほか、モードによってはフィルター効果や色の濃淡の調整も可能だ

「クリエイティブピクチャーコントロール」を
活用した作例をチェック!
ニコン「D780」

撮影写真(6048×4024)AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G、1/125秒、F1.4、ISO400、ホワイトバランス:オート1、ピクチャーコントロール:サイレンス、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:しない

「クリエイティブピクチャーコントロール」から「サイレンス」を選択して、古いレコードジャケットが飾られている棚を撮影した1枚。サイレンスは軟調で彩度がかなり抑えられており、どこか寂し気な雰囲気が得られるモードだ。この作例では適用度を70に設定して効果を少し弱めることで、静かでレトロな雰囲気を強調しつつ、レコードジャケットの色が少し残るように工夫してみた。「クリエイティブピクチャーコントロール」は同じモードでも適用度を調整するだけで雰囲気が変わるので、使い込むほどにより広い表現を楽しめるようになるのが面白い。

ニコン「D780」 ニコン「D780」

「D780」は、天体撮影専用の一眼レフカメラ「D810A」と同じように、星景撮影で便利な最長900秒のシャッタースピードにも対応するようになった。カスタム設定の「d6:Mモード時のシャッタースピード延長」をONにすることで30秒を超える60秒、90秒、120秒、180秒、240秒、300秒、480秒、600秒、720秒、900秒といったシャッタースピードを選択できるようになる(※右画像のライブビュー画面はHDMI出力の映像をキャプチャーしたものです。カメラ本体のモニターに表示される映像とは異なります)

動画撮影性能も飛躍的に向上!
本格的な4K動画撮影に対応

ニコン「D780」 ニコン「D780」

ニコン純正の「ステレオマイクロホン ME-1」を装着したイメージ。「D780」は静止画撮影だけでなく動画撮影にも強いフルサイズ一眼レフカメラだ

「D780」は動画撮影機能も非常に充実した内容になっている。FXフォーマットベースのフルフレームで4K UHD/30p記録に対応したうえ、HDMI 10bitで外部レコーダー機器に接続した場合は、階調性にすぐれたHDR(HLG)動画や、12段の広いダイナミックレンジが得られる10bit N-Logの出力にも対応するなど、本格的な映像制作をサポートする機能を搭載している。カメラ内でのスローモーション動画生成機能や、音声付きでのフルHD/120p記録にも対応しており、多彩な映像制作が可能だ。

さらに、「D780」では、動画撮影時のAFが大幅に改善されている。フルサイズミラーレスカメラ「Z 6」ゆずりの高性能なAFシステムの搭載によって、動画撮影でも像面位相差AFでの高速・高精度なピント合わせが可能になったのだ。動画撮影時のAFを試している様子は以下の動画をチェックしていただきたいが、タッチ操作でピントを合わせたい位置を変えるだけでスムーズにピントが合ってくれるので、非常に扱いやすくなった。

動画撮影中でもタッチ操作でスムーズなピント合わせが可能!

動画撮影中にタッチ操作でピント位置を変えている様子を記録した動画。レンズには「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR」を使用している。焦点距離200mmの望遠端に設定しているが、画面上の任意の位置をタッチすることで、その位置で滑らかにピントが合っていくことがわかるだろう。「D780」であれば、動画撮影時にもピント合わせのストレスがなく、快適に操作することが可能だ。

ニコン「D780」 ニコン「D780」

動画撮影でもAF速度とAF追従感度の調整が可能。撮影の意図に合わせてピントの移り変わる速度を細かく調整できる

ニコンの最先端技術を搭載した、
「D750」ユーザー大注目の高性能一眼レフ!

「D780」は、ロングセラーとなった従来モデル「D750」から大幅な進化を遂げている。特に魅力を感じるのはAFで、光学ファインダーでの撮影だけでなく、フルサイズミラーレスカメラ「Z 6」のAFシステムを継承することで、ライブビュー撮影でも高速・高精度なAFを利用できるようになった。ポートレート撮影で便利な「瞳AF」も搭載したうえ、高速性にも磨きがかかっており、あらゆるシーン・被写体に対応できる高性能なフルサイズ一眼レフカメラに仕上がっている。

そうした進化点を踏まえると、「D780」は、操作性や信頼性にすぐれた一眼レフカメラ「Dシリーズ」にミラーレス一眼カメラ「Zシリーズ」の最先端機能を融合した、“一眼レフとミラーレスのよいところ”を組み合わせたハイブリッドなカメラと言える。特に、従来モデル「D750」のユーザーがその進化を強く感じられるだろう。「D780」を手に入れれば、「NIKKOR Fレンズ」の資産を生かしつつ、光学ファインダーとライブビューの両方でさらなる高画質な撮影を存分に楽しめるに違いない。

なお、ニコンは「D780」とあわせて、「NIKKOR Fレンズ」の新モデルとして、プロフェッショナル向けの大口径・望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」も発表している。ユーザーが好みにあわせて最適な一眼カメラを選べるように、ミラーレス一眼だけでなく一眼レフについても積極的に新レンズをリリースしているのだ。ミラーレス一眼と一眼レフのどちらを購入するか悩んでいる方も少なくないと思うが、ニコンであればこのどちらを選んでも安心して使い続けることができるだろう。