お手ごろ価格でもすべてが高次元ダイハツのコンパクトSUV「ロッキー」を価格.comが実走&実使用チェック

コンパクトボディに躍動感あるデザイン、広々とした室内空間、さらに充実の安全装備を備えた5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして2019年11月にデビューしたダイハツ「ロッキー」。車両本体価格170万5000円(税込)からという手ごろな価格設定もあり、販売は絶好調だという。価格.comでは、そんな「ロッキー」の魅力を2回にわたって詳細レポート。第2弾となる今回は、実走行&実使用インプレッションをお届けしよう。

走行性能「ロッキー」の走りと取り回しを確認するために向かったのは箱根

「ロッキー」の走行性能をチェック

箱根のワインディングをパワフルに走り抜ける「ロッキー」

SUVがアウトドア派の人からだけでなく、一般ドライバーからも支持されるようになった昨今、その「走り」を評価するステージは未舗装路や悪路から、舗装された道路へと変化しつつある。日常の足として、そして、アウトドアやレジャーへの移動手段として、いかに快適に走れるか、操る楽しさ感じられるかが、より重要な指標になってきているのだ。まずは、そういった視点で「ロッキー」の走りをチェックしていこう。

今回、試乗車として用意したのは最上位グレードとなる「Premium」グレードの4WD。ボディサイズは3,995(全長)×1,695(全幅)×1,620(全高)mmで、車両重量は1,050kgとなる。エンジンは全グレード共通の1.0L直列3気筒ターボ。最高出力は72kW(98PS)/6,000rpm、最大トルクは140N・m(14.3kgf・m)/2,400〜4,000rpmだ。

そして、都内からの目的地に設定したのは、一般道、高速道路、そしてワインディングなど、さまざまなシチュエーションでの実走チェックが可能な箱根。はたして、「ロッキー」はどんなパフォーマンスを見せてくれるのか? 期待を込めて、アクセルペダルを踏み込んだ。

運転席に座って最初に感じるのは、視界のよさ。SUVらしいやや高めのヒップポジションのため、ボンネットの前方端まで見わたせ、車幅感覚がつかみやすい。また、側方から後方にかけてガラスエリアが広く確保されているので、側方・後方の死角も少なく、目視でのクルマ周囲の確認もしやすかった

走り始めてすぐに実感できるのはアクセルレスポンスのよさだ。市街地では、信号や一時停止表示などによりストップ&ゴーをひんぱんに行う必要があるが、「ロッキー」はそんなときでも実にキビキビ。1.0Lの小排気量ながら非力な印象はなく、アクセルペダルの踏み込みに応じて即座に加速していく感覚が心地よい。ステアリングの操舵感も良好で、低速域では軽快だが、スピードを上げると一転してどっしりとした感覚になり、運転のしやすさと安心感をうまく両立しているイメージだ。

高速道路に入ると、ターボ車ならではのパワフルな走りに思わず頬がゆるんでしまう。本線への合流や追い越しなどの際もレスポンスがよく、とてもスムーズだ。このあたりの出来のよさは、ダイハツが掲げる次世代のクルマ作り「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」に基づいて新開発されたプラットフォームや、エンジン、CVTなどによるものだろう。エンジン音やロードノイズもよく抑えられており、コンパクトSUVながら上質な走りが味わえた。

ダイハツ「ロッキー」

まずは、ストップ&ゴーの多い都心の市街地を走行してみたが、その挙動は軽快そのもの。アクセルペダルを軽く踏み込むだけでスムーズに加速し、余裕を持って流れをリードすることができる

ダイハツ「ロッキー」

市街地での軽快なイメージから一転して、高速道路に入ると安定感がグンと増す印象。本線への合流や追い越しの際はターボ車ならではのパワフルさも感じられるなど、爽快な気分でドライブできた

「ロッキー」の走りを確認しながら快適なドライブを楽しんでいると、あっという間に箱根に到着。ここでは取り回しのよさを確認するため、幹線道路から離れ、狭い道の続く箱根湯本周辺を走行してみた。そこで力を発揮するのが、「ロッキー」のコンパクトボディが実現した5.0mという最小回転半径。これに運転席からの視界のよさも相まって、温泉街の小路をスイスイと走り抜けていく。

最上位「Premium」グレードには標準で17インチタイヤが装着されるが、最小回転半径は軽自動車並みの5.0m。下写真の小路の入り口では、切り返しを行うクルマが多数見られたが、「ロッキー」は一発で進入を決めることができた

最上位「Premium」グレードには標準で17インチタイヤが装着されるが、最小回転半径は軽自動車並みの5.0m。右写真の小路の入り口では、切り返しを行うクルマが多数見られたが、「ロッキー」は一発で進入を決めることができた

急こう配やワインディングでもそのパワフルさを実感

続いて、箱根湯本の温泉街から、さらに上方の強羅(ごうら)方面に向かう。強羅に向かう道のりは、随所に急な上り坂があり、低速域でのトルクが求められる場面だが、アクセルに少し力を加えるだけでスイスイと登坂していく。ここでもパワー不足はまったく感じられなかった。

さらに、強羅から芦ノ湖畔をかすめ、連続したカーブが約10km続く「芦ノ湖スカイライン」に突入。ここでは低中速域でのトルクとともに、「ロッキー」の基本設計の高さも実感できた。車高の高いSUVの場合、タイトなコーナーでは車体が左右にフラれ、同乗者が「クルマ酔い」してしまうこともあるが、「ロッキー」は、SUVとしては全高が抑えられていることに加え、高いボディ剛性や、しっかりとした足回りが備わっており、ロールを最小限に抑えてくれていた。それなりにスピードを出してコーナーに進入しても、旋回性がよく、軽快にコーナーを駆け抜けていく。

また、「ロッキー」の4WD車には「ダイナミックトルクコントロール4WD」と呼ばれるシステムが標準装備されているのも見逃せないポイント。これは、路面の状況に応じて前後輪の駆動力を制御し、安定した走行を可能にするもの。「芦ノ湖スカイライン」のようなワインディング走行時はもちろん、未舗装路やウェット路面でタイヤのグリップ力が低下してしまうような場面でも安心して走行できるのはありがたい。

ダイハツ「ロッキー」

強羅付近は急こう配の上り坂が多い。小排気量のエンジンだとアクセルをベタ踏みしなくてはならない場面だが、「ロッキー」は低速域のトルクが太く、余裕で駆け上がっていく。このパワフルさには正直驚いた

ダイハツ「ロッキー」

「芦ノ湖スカイライン」は、アップダウンとコーナーが連続するワインディングロードだ。こんなステージでも「ロッキー」は力強く、安定した走りを披露。多少“攻め”の走りをしても、気持ちよくコーナーを駆け抜けることができる

使い勝手ゆったり室内に、大きな荷物も身の回りの小物もしっかり収納

「ロッキー」のインテリアをチェック

シンプルだが、細部の意匠にまでこだわりが注ぎ込まれた「ロッキー」のインテリア

取り回しのよいコンパクトボディが魅力の「ロッキー」ではあるが、そのいっぽうで「室内の広さはどうなのだろう?」と気になっている人も多いのではないだろうか。ボディがコンパクトだから室内もコンパクトでは意味がなく、SUVである以上、居住性や積載性にも期待したいところ。その点は「大きく使える小さなクルマ」を作り続けてきたダイハツの真価が問われる部分でもある。

「ロッキー」の室内サイズは、1,955(室内長)×1,420(室内幅)×1,250(室内高)mmとなるが、乗車してみると想像以上に広々とした印象を受ける。前席でも、後席でも、頭上はもちろん足元にも十分なゆとりがあり、窮屈さを感じることはなかった。

ダイハツ「ロッキー」

居住性を確認するため、まずは運転席と助手席にスタッフが座ってみたが、頭上には十分なゆとりがあり、それぞれの肩が触れることもない。シートのホールド感もほどよく、長時間のドライブでも疲れにくいと感じた

ダイハツ「ロッキー」

続いて後席に3名で乗車してみたが、肩をすぼめたりしなくても問題なく座れた。ポイントはガラスエリアが広くとってあること。開放感があるため、数字以上に広く感じられるのだ

ダイハツ「ロッキー」

試乗を行ったのは12月下旬で、箱根の峠はなかなかの寒さだった。そこで大活躍したのがシートヒーター※1。スイッチを入れるとすぐに座面と背面を暖めてくれるため、冬場にはとても重宝するだろう ※1 「Premium(4WD/2WD)」「G(4WD/2WD)」「X(4WD)」「L(4WD)」グレードに標準装備、「X(2WD)」「L(2WD)」グレードはメーカーオプション。

コンパクトボディでも荷室容量は必要十分

続いて、ラゲッジスペースの使い勝手をチェックしていこう。ラゲッジスペースは後席を起こした状態で755(荷室長)×1,000(荷室幅)mm、容量は369Lと、コンパクトSUVとしては十分なもの。荷室の高さはラゲッジスペース底面に装備されたデッキボードによって2段階の切り替えが可能だ。さらに、6:4分割可倒式の後席を倒せば長尺物の積載にも対応できる。スキーやスノーボード、サーフィン、ゴルフなどを趣味にする人でも問題なく使用できるはずだ。

6:4分割可倒式の後席片側を倒すと9.5インチのゴルフバッグ2つと、60Lのボストンバック2つをあっさり積み込めた

安全性「次世代スマートアシスト」でドライブから“ヒヤリ”が減った

ダイハツ「ロッキー」

安全運転をサポートしてくれる「次世代スマートアシスト」を装備

最後に、「ロッキー」の安全性能をチェックしていこう。注目すべきは、予防安全機能「次世代スマートアシスト」の搭載だ。この「次世代スマートアシスト」は、フロントウインドウ上部のステレオカメラと、車体後部のソナーセンサーにより、車両や歩行者、自転車、障害物などを検知し、ドライバーに注意を喚起したり、緊急ブレーキを作動させたりするもので、合計17※2もの安全機能が用意されている。

東京−箱根間の往復で特に効果を実感したのは「次世代スマートアシスト」の機能のひとつ、「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)※3」。これは前車との距離を検知しながら、自動でアクセルとブレーキを制御してくれるもので、運転の負担を大きく軽減してくれる機能だ。高速道路の長距離移動では、気づかないうちに疲れが蓄積し、注意力が散漫になってしまうこともあるが、今回の箱根までのドライブのほうが、普段のドライブよりも疲労が少なく感じた。

そしてもうひとつ、その便利さが感じられたのが「BSM(ブラインドスポットモニター)※4」。こちらは車両後方の死角に接近するクルマを検知し、ドアミラーインジケーターの点灯と警告音で知らせてくれる機能だ。「ロッキー」は、そもそも後側方の視界がいい部類ではあるが、ルームミラーやドアミラーだけではどうしてもカバーしきれない死角が出てきてしまうもの。高速道路で車線変更しようとした際、斜め後ろのクルマに気づかずヒヤリとした経験は、ドライバーなら誰にでもあることと思うが、本機能は、その存在をドアミラー内の表示で知らせてくれるのだ。表示はごく小さなものだが、鮮明でとても視認しやすく、実用性の高さが実感できた。

※2 「次世代スマートアシスト」の機能の一部はメーカーオプションです。また、グレードによっては設定がない機能があります。
※3 「Premium」「G」グレードに標準装備。
※4 「Premium」グレードに標準装備、「G」「X」グレードはメーカーオプション。

次世代スマートアシスト

ダイハツ「ロッキー」 ダイハツ「ロッキー」

ドライブ中の“ヒヤリ”とするシーンで事故回避の支援や、被害の低減を図り、安全運転をサポートしてくれる17※2の機能を装備する ※2 「次世代スマートアシスト」の機能の一部はメーカーオプションです。また、グレードによっては設定がない機能があります。

ダイハツ「ロッキー」

高速道路で「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)※3」を試してみた。車速と前車との距離を設定すれば、あとは自動でアクセルとブレーキを制御して加減速してくれるため、ドライバーはステアリング操作に専念できる。運転がラクになるので、高速道路を走る機会が多いならぜひ活用したい※3 「Premium」「G」グレードに標準装備。

ダイハツ「ロッキー」

ルームミラーとドアミラーでしっかり確認したつもりでも、車両の斜め後ろはどうしても死角になりやすい。そこで注目したいのが、車体後部に備えられたセンサーで斜め後ろから接近するクルマを検知し、ドアミラーのインジケーター表示と警告音で教えてくれる「BSM(ブラインドスポットモニター)※4」。インジケーターは走行中でも認識しやすく、車線変更の際のヒヤリを解消してくれるだろう※4 「Premium」グレードに標準装備、「G」「X」グレードはメーカーオプション。

ダイハツ「ロッキー」

後方を横切る車両を検知し、ドアミラーのインジケーター表示と警告音で注意喚起してくれる「RCTA(リヤクロストラフィックアラート)※5」も実用度が高い。駐車場からバックでクルマを動かすとき、後方を横切るクルマにヒヤリ、そんな状況での接触防止をサポートしてくれるのだ※5 「Premium」グレードに標準装備、「G」「X」グレードはメーカーオプション。

まとめ走りも、使い勝手も、安全性も申し分ない、貴重なリアル・コンパクトSUV

今回は、東京−箱根間を実走し、「ロッキー」の走行性能をチェックするとともに、その居住性や積載性、さらに安全性についても実使用を通して確認してみたが、そのいずれでも高い実力を実感することができた。また、この実力の高さを備えながら、車両本体価格170万5000円(税込)からという手ごろな価格を実現しているのも「ロッキー」の大きな魅力だと言えるだろう。

昨今は「コンパクトSUV」をうたいながら、多くのモデルが大型化されつつある中で、「ロッキー」はしっかりと5ナンバーサイズの規格に収まった、貴重なリアル・コンパクトSUVである。日常使いやレジャーで扱いやすく、クルマで出かけることが楽しくなる「ロッキー」は、これからますます人気を博すモデルとなるはずだ。

第1弾へのリンクバナー