2019年ミニバン販売台数No.1 ファミリー層から選ばれ続ける日産「セレナ」人気の理由に迫る!

ユーザー1
ユーザー2
ユーザー3
日産「セレナ」

国内の自動車市場で、し烈な競争が繰り広げられているカテゴリーのひとつ、ミニバン。そのミニバン市場で、2018年、2019年と2年連続で販売台数No.1※1の座を獲得したのが、日産「セレナ」である。強力なライバルたちを抑え、「セレナ」がNo.1に輝いた理由とは何だろうか? 連載第4弾となる今回は、価格.com「セレナ」詳細ページに寄せられたユーザーレビューをヒントに、「セレナ」がファミリー層から評価され続ける理由を考察してみたい。 ※1 ミニバンとは定員6名以上の国産車を指します。ミニバン順位は2018年・2019年自動車登録情報(新車新規登録情報)に基づく日産調べ。

人気の理由1 使い勝手
乗る人数、載せる荷物に合わせて
自在にアレンジできる広々室内空間

2019年8月、マイナーチェンジを遂げた日産「セレナ」。フロントグリルを中心にエクステリアデザインが変更されたほか、全方位の安全を支援する「360°セーフティアシスト」が全車標準設定となるなど、変更点は多い。また、モーターのみで走行する「e-POWER」がもたらすスムーズかつパワフルな走行フィーリングはどんなものか、気になっている人も多いはず。ミニバンユーザーのみならず、最新の「セレナ」には高い関心が寄せられているのだ。

また、「セレナ」は2018年、2019年と2年連続で販売台数No.1※1の座をキープし続けたミニバンであり、それはすなわち、今回のマイナーチェンジが市場から引き続き高く支持されたことを意味する。そんな高評価の理由を探るべく、まずは価格.comの「セレナ」製品ページに寄せられたユーザーレビューをチェックしてみよう。 ※1 ミニバンとは定員6名以上の国産車を指します。ミニバン順位は2018年・2019年自動車登録情報(新車新規登録情報)に基づく日産調べ。

価格.comユーザーレビュー抜粋
ユーザー

いかついオラオラ系デザインのミニバンが多い中、「セレナ」はファミリーカーとして主張しすぎず、それでいてスタイリッシュなデザインで大満足です!

ユーザー

使い勝手は合格ラインを大幅に超えています。「シートスライド」「シートバックテーブル」「USB電源ソケット」など、かゆいところに手が届く気の利いた装備は本当に助かります。

ユーザー

2列目と3列目のシートバックテーブルは子育て世代に重宝します。車内でミルクを作って飲ませたり、離乳食を食べさせたりと、さまざまなシーンで活用しています。

ユーザー

ハンズフリーのスライドドアは、買い物で両手がふさがっているときや傘をさして荷物を持っているときに便利です。

ユーザー

リヤゲートの上半分だけが開く「デュアルバックドア」が本当に便利で、背後を気にせず荷物を取り出せるなど、日常的にはこれがいちばん満足できるところかも。キャンプ道具も収納しやすいです。

※2020年2月6日時点、価格.com「セレナ」「セレナ e-POWER」製品ページに投稿されたユーザーレビューの一部を抜粋・編集しています。

ユーザーレビューにもあるように、最近のミニバンには、いわゆる「オラオラ系のデザイン」が増えている。グリルの大型化やメッキ加飾がトレンドで、「セレナ」のフロントデザインも基本はそのトレンドに沿ったものと言える。しかし、今回の試乗に用意した「セレナ e-POWER ハイウェイスター V」のデザインを見てもわかるように、決してやり過ぎていない。要所にメッキパーツを取り入れたフロントグリルとなっているが、これみよがしな加飾ではなく、迫力の中にも「品」があるのだ。

さらに、「もう少しデザインはおとなしいほうがいい」という人には、落ち着いた雰囲気の基準車も用意されており、好みに合わせて選ぶことができる。こうした選択肢の幅広さも「セレナ」の魅力のひとつと言えるだろう。

日産「セレナ」 日産「セレナ」

「セレナ e-POWER ハイウェイスター V」は、最近のミニバンデザインのトレンドを取り入れた大型グリルが印象的だが、迫力の中にも「品」があるのが特徴。ボディサイズはマイナーチェンジ前と変わらず、4,770(全長)×1,740(全幅)×1,865(全高)mmとなる

日産「セレナ」

落ち着いた雰囲気の基準車(左)と、迫力と品を兼ね備えた「ハイウェイスター」(右)が用意される「セレナ」。家族の意見も取り入れて、好みのデザインを選ぶことができるのはうれしい

また、ユーザーレビューで評価する人が多かったのは「使い勝手」について。「セレナ」の室内幅は1,545mm、室内長は3,240mmで、これはミニバンクラスNo.1※2の数字となっている。この広々とした空間をベースに、さまざまな装備を備えることですぐれた使い勝手を実現しているのだ。

そのポイントのひとつがシート。7人乗りの「e-POWER」車は2列目が左右独立のキャプテンシートで、それぞれ前後に最大690mmのロングスライドが可能だ。後席を後方にスライドさせて足を伸ばし、アームレストに両腕を置けば、まさに「リムジン感覚」でくつろぐことができる。

8人乗りの「スマートシンプルハイブリッド(S-Hybrid)」車には、スライド機構を備え、1列目、2列目のどちらにもセットできる「スマートマルチセンターシート」が標準装備されているのがポイント。1列目にセットすれば2列目は左右独立シートとなって、2列目/3列目間のウォークスルーが可能になるし、2列目にセットすれば2列目の3名乗車に対応してくれるのでとても便利だ。

このように、乗る人数や、載せる荷物に合わせて、2列目と3列目のシートをスライドさせたり、3列目シートを跳ね上げたりと、多彩なシートアレンジが可能なのも「セレナ」の大きな魅力となっている。このほか、シートバックテーブルは「車内でミルクを作って飲ませたり、離乳食を食べさせたりと、さまざまなシーンで活用しています」など、ママからの支持を集めている模様。かゆいところに手が届く小物収納も豊富に備え、これなら確かに、「使い勝手は合格ラインを大幅に超えています」と評価されるわけだ。※2 全高1.8m以上の1.2〜2.0Lクラス 7/8人乗りミニバンにおいて。2018年2月時点、日産調べ。

日産「セレナ」

「セレナ e-POWER ハイウェイスターV」の2列目には、両側にアームレストを備えた左右独立のキャプテンシートを採用。シート横のレバー操作で、最大690mmもの前後ロングスライドが可能となっている。また、横にスライドさせて、左右のシートをつなげれば、ベンチシートのように使うこともできる

日産「セレナ」

5ナンバーサイズのミニバンの場合、どうしても3列目シートは「非常用」となってしまうことが多いが、「セレナ」はどうだろう。3列目シートに身長183cmの男性スタッフが座ってみたが、足元にも頭上にも十分なゆとりがあることがわかった。これなら長距離の移動でもゆったりとした時間を過ごすことができる

日産「セレナ」

3列目シートは、肩口のレバーを操作するだけの簡単操作で前後にスライド可能。荷物に合わせて左右どちらかをスライドさせることもできるし、両方のシートを左右に跳ね上げれば、27インチの自転車も余裕で積み込むことができる

日産「セレナ」 日産「セレナ」

家族で出かけると、子どものおやつやオモチャ、パパとママのバッグやスマートフォンなど、細かな荷物が多くなるもの。しかし、「セレナ」なら心配はいらない。子どもが車内でご飯を食べるときにありがたい「パーソナルテーブル」や、運転席アッパーボックス/USB電源ソケットなど、小物収納が随所に用意されているのだ

使い勝手の面で見逃せないのが、「ハンズフリーオートスライドドア」だ。これは、キーをバッグやポケットに入れておけば、両手がふさがった状態でも、サイドバンパー下のセンサー部分に足先を入れるだけで、自動でロックを解除してスライドドアを開閉してくれるというもの。「ハンズフリーのスライドドアは、買い物で両手がふさがっているときや傘をさして荷物を持っているときに便利です」というユーザーレビューからもわかる通り、子どもを抱っこしているときや、買い物袋で両手がふさがっているときなど、日常の何気ないシーンで重宝する便利機能だ。

同様に、リヤゲートの上半分だけを開閉できる「デュアルバックドア」もさまざまなシーンで活躍してくれる。車体後方に余裕があればリヤゲート全体を開閉できるが、ショッピングセンターやスーパーマーケットの駐車場で、すぐ後ろにクルマが停まっている、または、すぐ近くまで壁が迫っているといった状況になることは珍しくない。そんなときでも、「デュアルバックドア」なら、リヤゲートの上半分だけを開けて荷物を出し入れできるのでとても便利。「日常的にはこれがいちばん満足できるところかも」と、ユーザーも太鼓判を押している。

日産「セレナ」

子どもを連れてショッピングなどに出かけると、用事を済ませてクルマに戻ったとき、「両手がふさがっている」という状況は多いもの。そんなときに重宝するのが「ハンズフリーオートスライドドア」だ。ドア下のセンサー部分に足先をサッと入れるだけで、自動でドアを開閉してくれる

日産「セレナ」

リヤゲートには「デュアルバックドア」が採用されており、リヤウインドウを含むゲートの上半分だけを開閉できる。すぐ後ろにクルマが停まっていたり、壁があったりした場合でも、クルマを前に移動せずに荷物の出し入れができる

人気の理由2 安全性
「セレナ」だから実現できた
全方位の安全性と先進装備

近年、クルマの購入動機の上位にあげられるようになった「安全性」。もちろん、常に安全運転を心がけるのが基本だが、長時間のドライブとなると、知らないうちに疲れがたまり、注意力が散漫になってしまうこともある。そんな、いざというときのためにも、すぐれた安全機能の装備は欠かせないポイントとなる。「セレナ」の場合はどうだろうか。

価格.comユーザーレビュー抜粋
ユーザー

「インテリジェントBSI/BSW」は、高速走行時の必需品です。無理に車線変更しようとするとハンドルに負荷がかかって危険を知らせてくれるので、事故に遭遇する可能性が大幅に減ると思います。

ユーザー

ミニバンはボディサイズが大きいので、後方と後側方を検知するセンサーが搭載された最新モデルはとてもよいと思います。

ユーザー

「RCTA」の搭載により、前向き駐車時でも安心して後退出庫できます。

ユーザー

「プロパイロット」は素晴らしいのひと言。運転の疲れを想像以上に軽減してくれて、長距離の運転も苦になりません。車線認識については、かなりかすれた白線も認識してくれるので安心感があります。

※2020年2月6日時点、価格.com「セレナ」「セレナ e-POWER」製品ページに投稿されたユーザーレビューの一部を抜粋・編集しています。

「ミニバンはボディサイズが大きいので、後方と後側方を検知するセンサーが搭載された最新モデルはとてもよいと思います」というユーザーコメントがあるように、ミニバンは、乗る人数や積み込む荷物によって、後方や後側方が確認しづらい状況になりやすい。確認したつもりで車線変更をしようとして、後側方のクルマからクラクションを鳴らされた経験がある人も多いのではないだろうか。

「セレナ」はもともと、先進安全装備の積極採用が目立つモデルだったが、今回のマイナーチェンジによって、全方位の安全を支援する「360°セーフティアシスト」が全車標準で設定されるようになった。前方、側方、後側方、後方をカバーする特徴的な機能をチェックしてみよう。

前方 インテリジェント エマージェンシーブレーキ
日産「セレナ」

前方の安全を支援する「インテリジェント エマージェンシー ブレーキ」は3段階で作動する。まず、前方の車両や歩行者との衝突の可能性を検知すると、ディスプレイ表示や警告音で注意を喚起。危険が高まると自動ブレーキが作動し、それでも安全に減速できないと判断すると、緊急ブレーキで衝突回避をサポートする

前方 踏み間違い衝突防止アシスト
日産「セレナ」

進行方向の壁や車両などの障害物(前進時・後退時)や、歩行者(前進時のみ)を検知。ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制しブレーキを制御してくれる「踏み間違い衝突防止アシスト」も、いざというとき頼りになる装備のひとつ

側方 インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)
日産「セレナ」

走行中の車線の白線をフロントカメラで認識し、車線を逸脱しそうになるとディスプレイ表示と警告音で注意喚起する「LDW(車線逸脱警報)」や、車線内に戻る方向へステアリング操作をアシストする「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」を備える。特に、高速道路の長距離移動で頼りになるシステムだ

後側方 インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)
日産「セレナ」

後側方はどうしてもドライバーの死角になりやすいが、「セレナ」には、後側方の車両との距離が近い状況で車線変更しようとすると、元の車線に戻す方向にステアリングをアシストする「インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)」や、車線変更の際、ドアミラー内のインジケーターや警告音で注意を喚起する「BSW(後側方車両検知警報)」が標準装備される。「高速走行時の必需品」「事故に遭遇する可能性が大幅に減ると思います」というコメントもあるように、ユーザーの評価は高い

後方 RCTA(後退時車両検知警報)
日産「セレナ」

車庫入れや駐車時に後退する際、後方を横切るクルマにヒヤリとすることもある。そんなシーンで効果的なのが、車両後部の左右に設置したレーダーで車両を検知し、接近を検知したらインジケーターと警告音で知らせる「RCTA(後退時車両検知警報)」。「前向き駐車時でも、安心して後退出庫できます」と、ユーザーもその有用性を実感しているようだ

また、安全性だけでなく、快適なドライブをサポートするメーカーオプションの「プロパイロット」に関しても、「素晴らしいのひと言」というコメントが象徴するように、ある種の驚きを持って迎えられているようだ。「プロパイロット」は、フロントウインドウ上部のカメラで先行車や車線を認識しながら、アクセルやブレーキ、ステアリングを自動制御して運転を支援する先進装備である。

高速道路でのドライブにおいて負担を軽減してくれるシステムとして、1度使うと手放せなくなる人が多いという「プロパイロット」だが、この先進装備がすぐれているのは、先行車や車線の認識精度の高さにある。先行車や車線を高精度に認識していなければ、当然ながら自動制御の質も下がってしまうからだ。「プロパイロット」に関して、「車線認識については、かなりかすれた白線も認識してくれるので安心感があります」という声が寄せられているが、実体験に基づくリアルなコメントであり、システムの完成度の高さを証明するものと言えるのではないだろうか。

日産「セレナ」

ユーザーから高い評価を受けている先進装備「プロパイロット」。使い方は簡単で、ステアリングに配置された青色の「プロパイロット」スイッチを押し、「セット」を押すだけで、一定速度での先行車の追従走行を開始。速度や車間距離は任意に調節できる。そこから先はアクセル、ブレーキ、ステアリング操作をアシストしてくれるため、疲れがたまりやすい長距離移動の際には、積極的に使いたい

人気の理由3 走行性能
スムーズで力強い、「e-POWER」の高い満足度

最後に、セレナの走行性能に関するコメントをチェックしてみよう。ミニバン選びで最も重視されるのは「使い勝手」だが、ボディが大きく重いため、「走りに大きな期待はしていない」という人もいる。実際、高速道路ではパワー不足を感じたり、ちょっとした坂道を走るときにトルクの細さに不満を感じたりする人は多いようだが、「セレナ」の走りはどうだろうか。

価格.comユーザーレビュー抜粋
ユーザー

「e-POWER」は加速性能が高いため、ミニバン特有のモッサリ感がなくキビキビと加速します。また、走行時の静粛性も高く、エアコンのオフ時はエンジンがかかっていることに気づかないレベルです。

ユーザー

「e-POWER」の走りはかなり気持ちいいです。スーッと進む感じは未来感があってたまりません。

ユーザー

「e-POWER Drive」が非常に便利です。アクセルペダルひとつで速度をコントロールできるドライブフィールがたまりません。

ユーザー

ほとんどブレーキを使わなくていい「Sモード」はとてもラク。特にくねくね曲がった山道では最高です。

※2020年2月6日時点、価格.com「セレナ」「セレナ e-POWER」製品ページに投稿されたユーザーレビューの一部を抜粋・編集しています。

「セレナ」のパワートレインには「e-POWER」と「スマートシンプルハイブリッド(S-Hybrid)」の2種類が用意されているが、ユーザーレビューを見ると、「e-POWER」の評価が非常に高いことがわかる。「e-POWER」とは、エンジンで発電し、モーターで走行する日産独自のパワートレインで、100%モータードライブのため、アクセルの踏み込みに対してトルクがリニアに立ち上がり、スムーズかつパワフルな加速感が得られるシステムだ。

日産「セレナ」

「e-POWER」のシステムを構成するのは、発電用エンジンと、駆動用リチウムイオンバッテリー、駆動用モーター。バッテリーの残量が十分な場合はエンジンを停止させ、バッテリーからモーターへ電力を供給して車輪を駆動する。バッテリーの残量が少なくなるとエンジンが自動的に始動。発電を行い、バッテリーに電力を供給する。つまり、エンジンはあくまでも発電用で、100%モーター駆動で走行するEV的な力強い走りを楽しめるのだ

また、通常走行の「ノーマルモード」に加え、「e-POWER Drive」の「Sモード」「ECOモード」も用意。ユーザーは、このモードを切り替えながら走りを楽しんでいるようだ。「アクセルペダルひとつで速度をコントロールできるドライブフィールがたまらない」というコメントは、「Sモード」走行時のものだろう。「Sモード」を選択すると、アクセルペダルを踏んだ際の加速力も、ペダルを離した際の減速力も強くなる。

減速時には回生ブレーキが働き、発電を行う。特徴的なのはこの回生ブレーキの強さで、下り坂でシフトダウンしたときのエンジンブレーキに近い感覚で減速していく。つまり、アクセルペダルの操作だけで加減速をコントロールしながら走行できるのだ。「特にくねくね曲がった山道では最高です」というコメントがあるように、この新しい走行感覚を楽しむ人も多いようである。

日産「セレナ」

モーターによる駆動のため、アクセルの踏み込みに対する反応がリニア。信号待ちから発進する際も、軽く踏み込むだけでスーッと加速していく。車体が重いミニバンの場合、エンジン駆動だと流れに乗る際に焦ることもあるが、そんな心配はない

日産「セレナ」

高速道路でも、モーター駆動でスムーズかつパワフルに加速するため、運転がラク。ミニバンはファミリー層にとって移動やレジャーの道具だが、「e-POWER」が搭載された「セレナ」なら、走る楽しさも存分に味わえる。ドライビングフィールの部分で、男性ユーザーから高く評価されるのも納得だ

まとめ
使いやすくて、安全で、走りもいい。
完成度の高さこそが選ばれ続ける理由

5ナンバーサイズのミニバンに求められるのは「実用性」であり、自動車メーカーは定められたボディサイズの中で、どれだけの広さと使いやすさを実現できるかに策をこらしてきた。それは今も変わらないが、ライフスタイルが多様化するにつれ、そのクルマを使うことでどんな満足感が得られるかが求められるようになってきている。

必要とされるのは、実用性と感情に訴える要素を兼ね備えた総合力であり、力強くて品のあるデザインや、広々とした居住性、多彩なシートアレンジ、全方位の安全装備や先進装備、ワクワクするような走りなど、ファミリー層から求められる要素を高い次元で実現しているからこそ、「セレナ」は絶大な人気をキープし続けているのではないだろうか。

「セレナ」が家族に選ばれ続ける理由を公式サイトチェック! 「セレナ」が家族に選ばれ続ける理由を公式サイトチェック!