シンプルな料金プランや「永久不滅ギガ」でむだがない 格安SIMの注目株 「y.u mobile」がサービス開始!

スマートフォンの月額利用料をグンとお得にしてくれることから、大きな注目を集めている「格安SIM」。しかし、大手キャリアからの乗り換えに不安を感じていたり、多くのMVNO(仮想移動体通信事業者)の中から、どの会社のどのプランを選べばよいのかわからなかったりと、格安SIMの“はじめの一歩”をなかなか踏み出せないでいる人も少なくないのではないだろうか。そんな人に注目してほしいのが、ヤマダ電機とU-NEXTが設立した合弁会社、Y.U-mobileが2020年3月にスタートさせた格安SIMの新サービス「y.u mobile」(ワイユーモバイル)だ。本特集では、「y.u mobile」のシンプルで理にかなった料金プランや、独自のサービスなどを紹介するとともに、お得な「価格.com限定キャッシュバックキャンペーン」についてもお伝えしていく。

※本記事内で紹介している利用料、手数料等はすべて税別です。

01.y.u mobile新サービス登場
シンプルで理にかなった格安SIM「y.u mobile」新登場

y.u mobile

月額利用料の安さが魅力の格安SIM。その利用者数は年々増加傾向にあるが、大手キャリアのサービスを利用している人の中には、格安SIMに興味を持ちつつも、「手続きが面倒なのでは?」「通信速度が遅いのでは?」「端末の補償はどうなるの?」など、さまざまな不安があり、乗り換えをためらっているケースも少なくないはず。また、格安SIMを取り扱うMVNO(仮想移動体通信事業者)の数は、今や1,000社を超えており、料金プランも複雑多岐にわたるため、じっくりと検討する前に白旗を上げてしまっている人もいるのではないだろうか。

そんな、「格安SIMに興味はあるけど……」という人に注目してほしいのが、家電量販店最大手のヤマダ電機と、映像配信サービスやモバイル通信サービスなどで知られるU-NEXTが設立した合弁会社、Y.U-mobileが2020年3月にスタートさせた格安SIMの新サービス「y.u mobile」(ワイユーモバイル)だ。

本サービスの最大の特徴はシンプルな料金プランにある。ひとりで使うなら「シングルプラン」(3GB)を、家族で使うなら「シェアプラン」(20GB)を選択し、それぞれのプランで音声通話SIMかデータSIMかを選ぶだけ。データ量が足りなければ、1GB=300円という業界最安価格※1で、使いたい分だけデータをチャージしていくシステムが採用されており、月額利用料を抑えつつ、データの使い残しも最小限に抑えられる、理にかなったプランとなっているのだ。

なお、「シェアプラン」を選択した場合は、契約者のSIMのほかに、追加で3枚までSIMカードの追加が可能。それぞれのSIMカードは、音声通話SIMでも、データSIMでも自由に組み合わせることができる。

※1 2020年2月時点。Y.U-mobile調べ。

「y.u mobile」のシンプルな料金プラン

シングルプラン シェアプラン
月額基本料 音声通話SIM
1,690円
データSIM
900円
音声通話SIM
5,990円
データSIM
5,500円
追加SIM 音声通話SIM
790円/枚
データSIM
300円/枚
データ容量 3GB 20GB
データチャージ 300円/1GB

※料金はすべて税別。

また、音声通話SIMを選択した場合の通話料は30秒ごとに20円となるが、「y.u mobile」専用の無料アプリ「y.uでんわ」(Android/iOS対応)を利用すれば、30秒ごとに10円と通話料が半額になるのも魅力のひとつ。さらにオプションの「10分かけ放題」(月額850円)に加入すれば、10分以内の国内通話が何度でも無料に、「無制限かけ放題」(月額2,700円)に加入すれば、すべての国内通話が完全無料となる。これらの音声通話オプションは、日ごろの電話利用頻度を考慮のうえ、加入を検討するといいだろう。

「y.uでんわ」の料金プラン

ベーシック 10分かけ放題 無制限かけ放題
対象SIMタイプ 音声通話SIM
月額基本料 無料 850円 2,700円
概要 国内通話の
通話料が半額
10分以内の国内通話が
何度でも無料
すべての国内通話が
完全無料
超過時 10分超過後は
30秒/10円での課金
総通話時間/上限なし
1通話あたり/2時間
2時間超過時は切断

※料金はすべて税別。

02.y.u mobile利用料を試算
月額利用料はいくら? 価格.comが料金シミュレーション

y.u mobile

「y.u mobile」のシンプルな料金プランについてはご理解いただけたかと思うが、実際の月額利用料はいくらになるのか? ここでは、「シングルプラン」と「シェアプラン」それぞれで、一般的なデータ使用量や通話料を想定し、月額利用料をシミュレーション。どちらも、登録事務手数料(3,000円)やSIM発行手数料(1枚につき400円)などの初期費用は含まず、純粋に1か月の利用料を試算してみた。

まずは「シングルプラン」だが、音声通話SIMを選択し、1か月のデータ使用量は8GB、電話は5分の通話を3回、3分の通話を5回かけたと想定して試算したところ、月額利用料は3,790円に。大手キャリアのSIMを利用している人の場合、月額7,000〜8,000円程度支払っているケースが多いことを考えると、これはかなりお得だと言える。

シングルプラン

契約者
月額基本料 音声通話SIM 1,690円
通話 「y.uでんわ」利用
5分の通話を3回
3分の通話を5回

10円/30秒×5分×3回=300円
10円/30秒×3分×5回=300円
データチャージ データ利用量合計8GB 5GB分チャージ
300円/1GB×5=1,500円
合計 3,790円

※料金はすべて税別。

続いては「シェアプラン」。こちらは、夫、妻、大学生の息子、高校生の娘の4人家族での利用を想定してみた。全員が音声通話SIMを選択し、1か月のデータ使用量は夫が5GB、妻が3GB、息子と娘はそれぞれ10GBで合計28GB。電話は夫が5分の通話を3回、3分の通話を5回、妻が「y.uでんわ 10分かけ放題」に加入、息子と娘はIP電話の利用が多いため、3分の通話を5回、さらに18歳未満の娘には加入が必須となるフィルタリングサービスを加えて試算したところ、4人合計での月額利用料は13,310円。ひとりあたりに換算すると約3,276円という結果になった。現在、大手キャリアのSIMを利用し、家族割サービスなどに加入していたとしても、この金額はなかなか実現できないはず。「y.u mobile」のリーズナブルさがおわかりいただけるのではないだろうか。

シェアプラン

契約者/夫
月額基本料 音声通話SIM 5,990円
通話 「y.uでんわ」利用
5分の通話を3回
3分の通話を5回

10円/30秒×5分×3回=300円
10円/30秒×3分×5回=300円
追加SIM 音声通話SIM 790円
通話 「y.uでんわ 10分かけ放題」利用 850円
子ども(大学生)
追加SIM 音声通話SIM 790円
通話 「y.uでんわ」利用
3分の通話を5回

10円/30秒×3分×5回=300円
子ども(高校生)
追加SIM 音声通話SIM 790円
通話 「y.uでんわ」利用
3分の通話を5回

10円/30秒×3分×5回=300円
追加オプション フィルタリングサービス 300円
データチャージ 家族4人のデータ利用量合計28GB
夫/5GB
妻/3GB
子ども(大学生)/10GB
子ども(高校生)/10GB
8GB分チャージ
300円/1GB×8=2,400円
合計 13,310円
ひとりあたり 約3,276円

※料金はすべて税別。

03.y.u mobile独自サービス
「永久不滅ギガ」やスマホの修理費用保険など独自のサービスも魅力

y.u mobile

「y.u mobile」はシンプルな料金プランに加え、さまざまな独自サービスを採用しているのも魅力のひとつ。なかでも注目したいのが業界唯一※1の「永久不滅ギガ」だ。これは、当月に使い切れなかったデータを、なんと有効期限なしで最大100GBまでストックしておけるサービスで、「チャージしても当月中に使い切れないかも」といった不安や、「チャージしたくないので、今月あと数日は動画などを観るのを我慢しよう」といった制約をなくしてくれる、ありがたいサービスだ。

また、通信速度においても、携帯電話キャリアとのレイヤー2接続によって高速な通信を実現しているという。本稿執筆時点では、まだサービスが開始されていないため、スピードテストなどを行うことはできなかったが、Y.U-mobileによれば「昼間のピーク時でも下り1Mbpsを下回ることはないはず」とのことで、必要十分な速度は確保されていると考えてよさそうだ。

さらに、格安SIMの選択において大きな決め手となりそうなのが、スマホ修理費用の保険だ。大手キャリアのスマートフォンとは違い、格安SIMを利用している場合は端末の保険が付随しないケースが多いが、「y.u mobile」の音声SIM契約者なら年間最大30,000円まで端末の修理費用保険が付いてくる。もちろん、そのためのオプション費用などは一切かからない。ユーザー負担額0円の修理費用保険は業界唯一※1だ。なお、対象機器の条件や、対象となる損害などの概要を以下にまとめたので参考にしてほしい。

※1 2020年2月時点。Y.U-mobile調べ。

スマホ修理費用保険の概要

対象者 音声SIM契約者
毎月の保険料 ユーザー負担額0円
年間の支払い上限額 30,000円
年間の支払い上限回数 2回
対象となる損害 破損/水没/故障/全損/
*紛失/盗難/バッテリー劣化/そのほかの経年劣化による故障は対象外となります。
対象機器 スマートフォン/タブレット端末/フィーチャーフォン(ガラホ)/モバイルルーター
対象条件 発売から5年以内または購入から1年以内
対象期間 音声通話SIMの契約期間
*SIMの利用開始から30日間の故障は対象外となります。
保険金の支払日 費用の申請から30日以内
*指定口座への振り込み。
*申請書類に不備があった場合は支払いが遅れることがあります。

このほか、申し込むプランに応じてU-NEXTの各種サービスが利用できるのも、加入者にとっては大きなメリットとなる。U-NEXTといえば、映画や海外ドラマなど、見放題作品No.1※2の動画配信サービスで知られるが、「シェアプラン」に申し込めば見放題作品が楽しめるだけでなく、U-NEXTで利用できるポイントが、毎月1日に1,200ポイント付与されるのだ。このポイントは公開から間もない最新映画や放送中のドラマのレンタルや、書籍・コミックの購入に利用できる。レンタル料はタイトルにもよるが、最新作の映画でも1作品につき550ポイントほど。つまり、「シェアプラン」に加入しているだけで、毎月2本以上の最新映画が楽しめてしまうというわけだ。書籍・コミックは約52万冊以上配信されているうえ、雑誌は70誌以上がなんと無料で読み放題。さらに、U-NEXTで利用するポイントを購入した場合、支払金額の最大40%が還元されるポイントバックプログラムも用意されており、こちらは「シェアプラン」だけでなく「シングルプラン」の加入者にも適用される。

このように数多くの独自サービスを用意している「y.u mobile」だが、最低利用期間や違約金などの、いわゆる“縛り”を設定していないのも見逃せないポイント。そんなに魅力的だと言うのなら、1度利用してみようかなと考えている人にとって、縛りがないのは実にありがたいはずだ。なお、「y.u mobile」と契約した後で、ナンバーポータビリティ(MNP)転出する場合は、MNP予約番号発行手数料3,000円(利用開始後30日以内の場合は9,500円)が必要となる。

※2 2019年11月時点。GEM Partners株式会社調べ。

04.y.u mobile注目2020年6月30日まで!価格.com限定!
キャッシュバックキャンペーン実施中

現在、価格.comでは当サイトを経由して「y.u mobile」の申し込みを行った人を対象に「価格.com限定 23,500円キャッシュバックキャンペーン」を実施している。たとえば、「シングルプラン」の音声通話SIMを1年間利用した場合、月額基本料1,690円×12か月=20,280円となるが、この利用料が実質無料になるばかりか、お釣りが出てしまうほどのお得なキャンペーンだ。対象は、2020年6月30日までに申し込み手続きを完了した人で、キャッシュバックは利用開始から起算して13か月後。この機会に、ぜひ「y.u mobile」の利用を検討してみてはいかがだろうか。

価格.com限定
キャッシュバックキャンペーンの詳細はこちら

まとめ
納得して使い始められる、注目の格安SIM

以上、2020年3月にサービスをスタートさせたばかりの格安SIM、「y.u mobile」の特徴をチェックしてきたが、いかがだっただろうか? 数多ある格安SIMの中にあって断然にシンプルな料金プランに加え、「永久不滅ギガ」やスマホの修理費用保険、U-NEXTポイントの付与など、さまざまな独自サービスが用意されており、安心して“はじめの一歩”を踏み出せそうだと感じてもらえたのではないだろうか?

ちなみに、「y.u mobile」は乗り換え手続きも非常にシンプルで簡単。Web上のみで最短15分で手続きが完了してしまうというから、まずは下記詳細ページを確認のうえ、お得でむだのない格安SIMライフを味わってみてほしい。