プレミアム14型コンバーチブルノート「Lenovo Yoga C740」の真価

レノボのプレミアムノート「Yoga」シリーズに、液晶を360°回転させてスタイルを変更できる最新の14型コンバーチブルモデル「Lenovo Yoga C740」が登場した。一般的な13.3型モバイルノートよりもひと回り大きい14型ディスプレイを搭載しながら、13.3型モバイルノート並みの小型・軽量ボディを実現。また、プレミアムノートらしく、最新の「第10世代インテル Core プロセッサー」や高速なNVMe接続のSSDを搭載するなど、基本スペックも充実している。さらに、アクティブペンが付属しながら8万円台から買えるという手ごろな価格も魅力だ。今回は、そんな「Lenovo Yoga C740」を徹底検証する。

プレミアムなボディ
プレミアムモデルらしい、
上質なアルミボディのコンバーチブルノート

所有欲を満たす上質なボディと、時代の先端を行くハイスペックを備えたレノボのプレミアムノート「Yoga」シリーズ。このシリーズに新たにラインアップされた14型コンバーチブルノート「Lenovo Yoga C740」は、アルミ素材による上質なボディをまとうとともに、液晶が360°回転するコンバート機能を搭載することで、シーンに応じてさまざまなスタイルで使える柔軟性の高さが魅力だ。

Lenovo Yoga C740
Lenovo Yoga C740

大人の上質さを感じさせる「アイアングレー」のアルミボディに身を包んだ「Lenovo Yoga C740」。サンドブラスト加工で表面の手触りをよくするなど、道具としての実用性の高さも感じられる。さすがはレノボのコンシューマー向けノートPCの頂点となるプレミアムシリーズに位置付けられたモデルだ

まず注目したいのは、モバイルノートとしては比較的大きい14型ディスプレイ搭載モデルでありながら、一般的な13.3型モバイルノートとほぼ同等となる約321.8(幅)×214.6(奥行)×14.9(最薄部高さ)mmの小型ボディを実現した点だ。液晶が360°回転するコンバーチブルタイプとなると、コンバート機構を搭載しないモデルに比べてボディが大きく、重くなりやすいが、本機は「4辺ナローベゼル」を採用することで、そんな常識を一蹴。重量においても、金属のアルミボディを採用した14型ノートPCでありながら、持ち運びが苦にならない約1.4kgを実現している。

Lenovo Yoga C740

コンパクトボディの秘密は、ディスプレイのベゼル。ベゼル幅は左右辺が実測約6mm、上辺が約9mmと非常に狭い。下辺についても約24mmにとどまっており、一般的な14型ノートPCよりもひと回りコンパクトなボディを実現している

Lenovo Yoga C740

重量は片手で軽く抱えられる約1.4kgなので、室内での移動はもちろん、外出先への持ち運びも苦になりにくい。しかも、この軽量ボディに51Whの大容量バッテリーを内蔵し、最大18.6時間(JEITA2.0)のバッテリー駆動時間を実現しているのだから驚く

シーンに応じて最適なスタイルで使える「Lenovo Yoga C740」

ラップトップモード

Lenovo Yoga C740

テントモード

Lenovo Yoga C740

スタンドモード

Lenovo Yoga C740

タブレットモード

Lenovo Yoga C740

通常のノートPCのようにして使う「ラップトップモード」に加え、狭いスペースにも設置できる「テントモード」、片手でのタッチ操作に適した「スタンドモード」、さらにはタブレット端末のように使える「タブレットモード」という4つのスタイルで使えるのが特徴。シーンに合わせて最適なスタイルが選べる

多目的な用途に対応
エンタメ視聴のホームユースはもちろん、
テレワークにも強い!

「Lenovo Yoga C740」は、機能面における見どころも多い。使用していて特に感心したのは、画面のキレイさ。搭載される14型ディスプレイは光沢加工が施されたIPSパネル採用のフルHD(1920×1080)液晶となっており、発色がよく、視野角が広い。画面に映し出した動画や写真などを、細部まで鮮明に楽しむことが可能だ。

また、ディスプレイは10点マルチタッチに対応。画面に表示させた画像をピンチ操作で拡大・縮小したり、スワイプで表示を次に切り替えたりなど、画面にタッチすることで直感的な操作が行える。

Lenovo Yoga C740
Lenovo Yoga C740

ディスプレイの発色を確かめるため、カラフルな花の写真を映し出してみたが、花弁の微妙な濃淡まで細かに表現された。コンバーチブルノートとなるとさまざまな角度から画面を見るケースが多くなるが、広視野角のIPSパネルを採用するため、斜めから見ても明るさや色がほとんど変らず、見やすい

Lenovo Yoga C740

本機のディスプレイは10点マルチタッチ対応。「タブレットモード」などで利用する際には、タッチ操作が基本となるが、その場合でもしっかりと操作できるのだ

Lenovo Yoga C740
Lenovo Yoga C740

キーボードの両脇には、大型の対面スピーカーが備わる。立体音響技術「Dolby Atmos」に対応しており、映画コンテンツなども迫力のサラウンドサウンドで楽しむことが可能だ

ビジネス用途にも強い「Lenovo Yoga C740」

「Lenovo Yoga C740」は、ホーム用途だけでなく、テレワークなどのビジネス用途でも使いやすい。上述のように、対面スピーカーがキーボード面に備わるため、ヘッドセットを装着しなくてもWeb会議の音声などがダイレクトに耳に届き、聴き取りやすいのだ。

また、ビデオ通話やビデオ会議に必須のWebカメラは720pのHD仕様で、カメラのレンズを物理的に覆えるプライバシーシャッター付き。普段からシャッターを閉じておけば、突然ビデオ会議に呼ばれて急にカメラがオンになっても、あわてる必要がない。

Web会議を行うシーンは、今後ますます一般化していくはず。それにともなってスピーカーやマイク、Webカメラなどの機能の重要性が高まっていくだろうが、「Lenovo Yoga C740」ならその点でも十分に満足できるだろう。

Lenovo Yoga C740
Lenovo Yoga C740

今、活用シーンが急激に増えているWeb会議。「Lenovo Yoga C740」ならヘッドセットなしでも相手の声をしっかりと聞き取れた。また、カメラ上部のツマミでプライバシーシャッターを閉じておけば、ビデオ通話に呼ばれても不用意に映像を送ってしまうことがなく、安心だ

また、企画書や提案書など、さまざまな文書を作成することの多いビジネス用途においては、キーボードの使い勝手も重要。その点、本機はコンパクトな14型コンバーチブルノートでありながら、キーピッチ約19mmのフルサイズキーボードを搭載しており、ゆとりのある入力作業が行える。しかもうれしいのは、本機にはペン入力用のアクティブペンが付属すること。キーボードでは行うのが難しい、文書にメモを添えたり、図を加えたりする作業も非常にはかどる。

Lenovo Yoga C740
Lenovo Yoga C740

キーボードは、バックライト搭載のJIS配列84キー。上下矢印キーなど、いくつか小さなキーが見られるものの、キーピッチは約19mmのフルサイズなので、窮屈感はない。また、剛性の高いアルミボディに支えられ、強めに打鍵してもキーボードがたわまず、安定感もバッチリだった

Lenovo Yoga C740
Lenovo Yoga C740

画面に直接書き込めるアクティブペンが付属するのもメリット。「タブレットモード」や「スタンドモード」時に特に便利で、紙とペンを使用したときと同じ感覚でメモを取ったり、絵を描き込んだりできるのだ。使用しないときは、USBポートを活用したホルダーに留めておける

Lenovo Yoga C740

外部インターフェイスは、左側面にUSB Power Delivery(USB PD)と映像出力に対応したUSB 3.0 Type-Cポート×2、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャックを搭載。右側面にUSB 3.0 Type-Aポートを装備する。必要最小限だが、USB 3.0 Type-Cポートが2基備わるので、映像出力しながらの充電も可能だ

Lenovo Yoga C740

キーボード右手前には指紋センサーを搭載。Windows 10の生体認証機能「Windows Hello」に対応しているので、素早く安全にOSへサインインすることもできる

上級の処理性能
「第10世代インテル Core プロセッサー」&
NVMe接続SSD搭載で快適に動作

最後に、「Lenovo Yoga C740」の処理性能をチェックしていこう。本機には「インテル Core i5搭載モデル」(81TC00ANJP)と「インテル Core i7搭載モデル」(81TC00ALJP)の主に2種類がラインアップされているが、ここでは8万円台という手ごろな価格の「インテル Core i5搭載モデル」を使用して、パフォーマンスを検証してみた。

本モデルが搭載するCPUは「第10世代インテル Core i5-10210U プロセッサー」(1.6GHz-最大4.2GHz)となる。開発コード名「Comet Lake」で知られるインテルの最新CPUで、とりわけオフィスソフトとの相性のよさやマルチタスク処理に強いことで知られている。メモリー容量は標準的な8GBだが、ストレージには高速なNVMe接続の256GB SSDを搭載しているので、OSやアプリケーションの起動が速く、レスポンスも快適だった。

実際に、パソコンの総合性能を計測するベンチマークプログラム「PCMark 10」や、ストレージのデータ転送速度を計測するベンチマークプログラム「CristalDiskMark」を使ってパフォーマンスを確かめてみたが、「さすがはプレミアムシリーズ」と言いたくなるような、良好なスコアを記録した。

PCMark 10

Lenovo Yoga C740

「PCMark 10」のスコアは、このクラスのモバイルノートとしては高めの「4000」を大きく上回る「4319」をマーク。ビジネス用途はもちろん、負荷の高い高解像度の画像編集なども十分にこなせる高い処理性能を持っていることが確かめられた

CristalDiskMark

Lenovo Yoga C740

ストレージの転送速度も特筆すべきレベル。リード/ライト速度などを計測する「CristalDiskMark」を実行したところ、シーケンシャルリード(Q8T1)で3565MB/s、シーケンシャルライト(Q8T1)で2343MB/sを記録。一般的なNVMe接続SSDを超える高速な転送速度が確認できた

ベンチマークテストにおいて良好なスコアを記録した「Lenovo Yoga C740」だが、実際の作業におけるパフォーマンスはどうだろう。そこで、画像編集ソフト「Luminar 4」(別売)を用いて、高解像度画像(6016×4000、約10MB)の編集を行ってみた。

実はこの画像編集ソフト、AI技術を搭載した高機能がウリなのだが、そのいっぽうでパソコンにかかる負荷が高いことでも知られる。そのため、一般的なモバイルノートで使用すると、処理がもたつくことが多い。しかし「Lenovo Yoga C740」ではそのようなもたつきはそれほど見られず、フィルター処理なら1秒程度で適用できた。「Lenovo Yoga C740」には、上位モデルとなる「インテル Core i7搭載モデル」も用意されているので、さらなる快適性を求める場合は、こちらを選択するのがよいだろう。

Lenovo Yoga C740

意地悪にもあえてパソコンに高い負荷がかかる画像編集ソフトを選んで、高解像度画像の編集を行ってみた。しかし、何のその。フィルター処理は1秒程度で終了するので、ストレスを感じない。さすがはプレミアムシリーズのノートPCだ

続いて、ストレージの転送速度の恩恵を受けやすいOSの起動時間をチェックしてみた。電源ボタンを押してからデスクトップ画面が表示されるまでの時間を計測してみたところ、その時間は9秒38。10秒を切る素早い起動に、高速なNVMe接続SSDのメリットが感じられた。実使用においてこれだけのパフォーマンスが得られるのなら、ホーム用途でもビジネス用途でも「Lenovo Yoga C740」の性能に不満を感じる場面はほぼないだろう。

Lenovo Yoga C740

OSの起動に要した時間は9秒38。これなら、普段電源をオフにしていても使いたいときにすぐに使える。このレスポンスのよさも「Lenovo Yoga C740」の大きな魅力だ

まとめ
所有欲を満たすプレミアム感と実用性の高さに大満足

「Lenovo Yoga C740」をレビューして感じたのは、その満足度の高さだ。プレミアム感のある上質なボディはもちろん、14型という比較的大きなディスプレイを搭載したコンバーチブルノートでありながら小型・軽量であるため、持ち運びがラク。しかも、必要に応じて4つのスタイルに切り替えられるので、さまざまなシーンで柔軟に対応できる。ディスプレイ表示はキレイなうえ、テレワークでも使いやすかった。

そして忘れてはならないのが、処理性能の高さ。最新の「第10世代インテル Core プロセッサー」やNVMe接続SSDを搭載し、8万円台の「インテル Core i5搭載モデル」であっても、日常使いで不満のない高い処理性能を発揮してくれた。

プレミアム感においても、実用性の高さにおいても高い満足度を実現してくれる「Lenovo Yoga C740」。ワンランク上のノートPCを求めている人は、この機会にぜひ本機を手にしてほしい。

今、分割払いがお得!

レノボ・ショッピングでは現在、ジャックスカードによる支払いの分割手数料が48回まで無料になるキャンペーンを実施中。今なら、月々の支払い額を安く抑えながら、製品を購入することができる。(2020年5月29日〜2020年7月30日17時)

Lenovo Yoga C740

価格.com限定クーポン配布中!

家電量販店内に設けられたレノボカスタムショップ(一部店舗を除く)において、レノボのノートPCまたはデスクトップPCが通常よりも安く購入できる価格.com限定クーポンを配布中! 店頭におもむけば、実機に触ったり、不明な点を専任のスタッフに相談したりできるので、オンラインショッピングよりも納得感のある買い物ができるだろう。(2020年5月末まで)

▼詳細は以下クーポンページをクリック▼

Lenovo Yoga C740
Lenovo Yoga C740
製品名 インテルCore i5搭載モデル81TC00ANJP Lenovo Yoga C740 価格.comで詳細をチェック インテルCore i7搭載モデル81TC00ALJP Lenovo Yoga C740 価格.comで詳細をチェック
CPU 第10世代インテル Core i5-10210U プロセッサー(1.6GHz-最大4.2GHz) 第10世代インテル Core i7-10510U プロセッサー(1.8GHz-最大4.9GHz)
グラフィック インテル UHD グラフィックス
OS Windows 10 Home 64bit
メモリー 8GB DDR4 16GB DDR4
ストレージ 256GB SSD(NVMe接続) 512GB SSD(NVMe接続)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14型フルHD(1920×1080)液晶、10点マルチタッチ対応
無線通信 無線LAN(IEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth v5
外部インターフェイス USB 3.0 Type-Cポート×2、USB 3.0 Type-Aポート、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック
本体サイズ 約321.8(幅)×214.6(奥行)×14.9(最薄部高さ)mm
重量 約1.4kg
Microsoft Office なし