パワフルなテクノロジーを凝縮して25%軽量化※1 ダイソン史上最も軽いコードレススティッククリーナー「Dyson Digital Slim」レビュー

ダイソンのコードレススティッククリーナー史上、初めて質量2kgを切って、25%も軽量化※1した「Dyson Digital Slim」が、2020年6月に発売された。最大の注目ポイントは、ハイエンドモデル「Dyson V11」をベースに、モーターやサイクロンといったパーツを新設計することで、ダイソンの掃除機ならではのパワフルな吸引力や主要なテクノロジーはそのままに、軽量化を実現した点だ。そんな最新コードレススティッククリーナー「Dyson Digital Slim」をレビューしていこう。

軽量ボディダイソンの最新コードレススティッククリーナーは、
ハイエンドモデルと比べて25%軽量化※1

バッテリー駆動のため、吸引力が心配になりがちなコードレススティッククリーナー市場において、「変わらないパワフルな吸引力」を武器に、市場をリードしてきたダイソン。その半面、ダイソンの製品に“重い”という印象を持っている人も少なくないだろう。

そんなイメージを払拭すべく、ダイソンは2019年8月、パワフルな吸引力を維持しながら、軽量・コンパクトを実現した「Dyson V8 Slim」を発売。軽くて取り回しのよい「Dyson V8 Slim」はユーザーから大きく評価され、価格.com「掃除機」カテゴリーにおける売れ筋/注目ランキングでともに1位(2020年3月20日時点)を獲得するほど、高い人気を集めている。

軽さと吸引力との両立――。多くの消費者がコードレススティッククリーナーに求める理想はまさしくここにあると言えるが、この理想を追求すべくさらに軽さに磨きをかけたモデルが、2020年6月に発売された「Dyson Digital Slim」だ。

Dyson Digital Slim

ダイソンの最新コードレススティッククリーナー「Dyson Digital Slim」は、ダイソン製掃除機ならではのパワフルな吸引力やすぐれた使い勝手はそのままに、質量2kgを切る1.9kgを実現した意欲作だ

「Dyson Digital Slim」の最大の注目ポイントは、吸引力にすぐれたハイエンドモデル「Dyson V11」をベースに、モーターやサイクロンなどのパーツを新設計することで、ダイソン製掃除機ならではのパワフルな吸引力や主要なテクノロジーはそのままに、軽量・コンパクト化を図った点だ。「Dyson V11」と比べて質量は25%軽く、全長は15%短くなった。欧米の人に比べて小柄な日本人でも扱いやすくなっている。

Dyson Digital Slim Dyson Digital Slim

「Dyson Digital Slim」(写真左)は質量1.9kg、全長110cmであるのに対し、「Dyson V11」(2019年モデル・写真右)は質量2.72kg、全長125.7cm。身長約162cmの女性スタッフに持ってもらったが、こうして比べてみると「Dyson Digital Slim」のほうが日本人にとって扱いやすいサイズであることがよくわかる。「ちょうど持ちやすい長さなので、肩肘が張らず、無理なく使えます」(女性スタッフ)とのこと

「Dyson Digital Slim」を女性が持ち上げてみた

重さが2kgを切った「Dyson Digital Slim」は、このように女性でも軽々と持ち上げられる。持ち上げた女性スタッフは、「見た目よりずっと軽いから、片手でもスッと持ち上げることができました。『ダイソンの掃除機は重くて扱いづらい』と思っていましたが、そのイメージが覆されました」と高く評価していた

Dyson Digital Slim

本体のグリップは女性も握りやすい細さだ。また、トリガーは三日月状に凹んでおり、指にかかりやすい。女性スタッフの小さな手でも「今までのダイソン製コードレススティッククリーナーと比較しても、断然持ちやすい」とのこと

「Dyson V8 Slim」よりもさらに軽量で掃除が楽々

冒頭で紹介した人気の軽量モデル「Dyson V8 Slim」とも比較してみよう。「Dyson Digital Slim」と「Dyson V8 Slim」は、パイプとクリーナーヘッドは共通のものを採用しているので、違いは掃除機の本体となる。新設計された「Dyson Digital Slim」の本体は、「Dyson V8 Slim」と比べて質量が約250g軽い。「わずか約250g?」と思った人もいるかもしれないが、本体質量の負荷を軽減するように手に接するトリガーなどの細かい部分まで再設計されているため、持ち比べたときの軽さの差は約250gよりも大きく感じる。また、人間工学に基づき質量バランスが絶妙に計算されているため、フローリングを掃除していても手首への負担が少なく、快適だった。

Dyson Digital Slim

写真左が「Dyson Digital Slim」で、写真右が「Dyson V8 Slim」の本体となる。見ての通り、最新のハイエンドモデル「Dyson V11」をベースにした「Dyson Digital Slim」は、「Dyson V8」ベースの「Dyson V8 Slim」から本体構造が大きく進化しており、モーター、クリアビン、サイクロンが直線的に配置されているのが特徴だ

1台3役付属の「ミニ モーターヘッド」に付け替えれば、
パワフルな布団クリーナー・ハンディクリーナーに変身

「Dyson Digital Slim」はパイプを取り外し、付属ツールを装着すれば布団クリーナーやハンディクリーナーに早変わり。一般的なコードレススティッククリーナーにも付属ツールはあるが、ダイソンならではと言ってよいのは、付属ツールを装着するだけで布団クリーナーやハンディクリーナー単体として販売しても成立する、高機能とパワフルさを持ち合わせていることである。また、軽量化された本体は、片手で簡単に扱えるため、布団の掃除はもちろん、サイドボードの上や窓のサッシなど、本体を持ち上げて掃除するのにも便利だ。

Dyson Digital Slim

本記事のレビューで使用しているモデル「Dyson Digital Slim Fluffy」には、「コンビネーションノズル」と「隙間ノズル」「ミニ モーターヘッド」が付属する

ミニ モーターヘッド

Dyson Digital Slim

「ミニ モーターヘッド」を装着すると、布団クリーナーとしてパワフルな吸引力を発揮してくれる。「ミニ モーターヘッド」は、内蔵されたモーターによってヘッドの先端で高速回転するナイロンブラシが繊維の奥に潜むゴミやホコリを叩き出す構造となっており、マットレスやソファの掃除にぴったりだ

「Dyson Digital Slim」と「ミニ モーターヘッド」の組み合わせは非常にパワフルで、専用の布団クリーナーよりも頼もしく感じるほど。その実力を検証するため、一見するときれいな布団の上を掃除してみたが、みるみるうちにクリアビンの中が白くなり、ホコリはもちろん、ダニの死がいや人の皮膚などの微細なハウスダストをごっそりと取り除くことができた。

「Dyson Digital Slim」が1台あれば、別途布団クリーナーなどを購入する必要もなくなるので、トータルでのコストパフォーマンスも高いと言えそうだ。

布団クリーナーとしての吸引力テスト

布団クリーナーとしての実力を確かめるため、スタッフが普段から寝ている布団を掃除してみた。きれいにしているつもりだったが、布団を掃除していくと、みるみるうちにクリアビンが吸い込んだ粉で白くなっていった。この粉の正体は、ダニの死がいや人の皮膚といったハウスダストであり、このような布団の上で寝ていたと考えると正直ゾッとする。快適な睡眠環境を作るためにも、「Dyson Digital Slim」のような吸引力にすぐれた布団クリーナーを使って布団は常に清潔にしておきたいところだ

コンビネーションノズル

Dyson Digital Slim

隙間ノズル

Dyson Digital Slim

ブラシが付いた「コンビネーションノズル」を使えば棚の上をサッと掃除でき、先端の細い「隙間ノズル」を使えば、窓のサッシなどの狭い隙間のホコリもしっかりと取り除ける。このように付属ツールに付け替え、ハンディクリーナーとして活用すれば、家中のさまざまな場所をきれいにできる

すぐれた吸引力“変わらない吸引力”はそのまま、
最もパワフルな軽量コードレススティッククリーナー※2

ダイソンのコードレススティッククリーナー史上最軽量を実現した「Dyson Digital Slim」だが、当然ダイソン製掃除機らしい吸引力の高さは健在。実際、2kg未満のコードレススティッククリーナーとして最もパワフルな吸引力※2を誇っているという。

そのパワフルな“吸引力”を支えるのが、ダイソン独自のテクノロジーである、毎分最大120,000回転を誇る「Dyson Hyperdymium™(ダイソン ハイパーディミアム) モーター」と、11個のサイクロンを同時に機能させてゴミと空気を分離する「高効率スクロールサイクロン」だ。さらに、モーターから、サイクロン、クリアビンまでを一直線に配置した「Dyson V11」ベースの本体設計により、空気の流れを最適化し、吸引力を高めている。

Dyson Hyperdymium™ モーター

Dyson Digital Slim

高効率スクロールサイクロン

Dyson Digital Slim

吸引力を生み出すモーターには、毎分最大120,000回という高速回転を実現した軽量モーター「Dyson Hyperdymium™ モーター」を採用。さらに、100,000Gの遠心力を生み出す「高効率スクロールサイクロン」を搭載しており、吸い込んだ空気から微細なゴミを遠心分離し、クリアビンに閉じ込める。これらの組み合わせにより、フィルターの目詰まりがほとんどなく、パワフルな吸引力を長時間持続できる。ダイソンの代名詞でもある、「変わらない吸引力」をこの軽量ボディの新製品でもなお実現しているのだ

Dyson Digital Slim

このグラフは、新品から1回目のゴミ満量まで使用した時点での吸引力の変化を表したもの(ダイソン自社試験)。日本における売上上位3社の最上位コードレススティッククリーナーとの比較で、他社のモデルはゴミを吸い取り満量になるにつれて吸引力が落ちる傾向にあるが、「Dyson Digital Slim」はゴミ満量になっても吸引力が変わらないことがわかる

サイクロンに加え、微細なハウスダストを内部にしっかりと閉じ込める密閉性の高いボディも特徴。また、本体後部にフィルターも搭載されており、捕集力の高い製品設計により、0.3μmの微細な粒子を99.97%捕らえてくれる。これにより、部屋の空気よりも排気がきれいなのもメリットだ

「スリムフラフィクリーナーヘッド」なら壁際のゴミも大小のゴミも余裕で取り除く

変わらない吸引力だけでなく、クリーナーヘッドも独自のテクノロジーを搭載しているのが、ダイソンのコードレススティッククリーナーの魅力のひとつ。

コンパクトながらすぐれた集じん力を備えた「スリムフラフィクリーナーヘッド」は、ヘッドの前面が開いており、ナイロン製のやわらかいローラーが床に密着しながら大きなゴミをヘッドの真下に送り込むと同時に、静電気を抑えるカーボンファイバーブラシが微細なホコリを逃さずキャッチするというもの。一般的な掃除機のヘッドでは同時に取り除くことが難しい、大小のゴミを1度に取り除けるのが特徴だ。

また、「スリムフラフィクリーナーヘッド」は、従来のダイソン製掃除機が採用してきた「フラフィクリーナーヘッド」に比べて40%小型・軽量なため、小回りがきく。ソファや棚の下といった狭い場所にもするりと入り込むうえ、ヘッドの向きは軽く手首を返すだけで変えることができ、家具が多い部屋もラクに掃除できた。

奥行き約3cm、高さ約1.5cm(価格.com調べ)とコンパクトな「スリムフラフィクリーナーヘッド」。壁際にヘッドを添わせるだけで簡単にゴミを取り除けるよう、ヘッドの両端とブラシバーの間に隙間が空けられているのも、従来の「フラフィクリーナーヘッド」からの進化点だ

Dyson Digital Slim

「スリムフラフィクリーナーヘッド」は高さが抑えられているので、「これは無理でしょ」と思うような棚の下の狭い隙間にも潜り込ませて掃除できる

ヘッドの小回り確認

コンパクトな「スリムフラフィクリーナーヘッド」は小回りがきき、手首を左右に返すだけでヘッドが面白いようにクイクイと曲がる。軽やかに動かせるため、掃除しにくいダイニングテーブルの足回りなどもスムーズに掃除することができた

壁際のゴミ吸引テスト

壁際にある小さなゴミを吸引する場合、ヘッドの先端を壁に何度も当てて掃除するのが普通だが、ヘッドの端からでもゴミが吸い取れる「スリムフラフィクリーナーヘッド」なら、壁に沿ってストロークするだけで取り除ける。今回、わかりやすいように透明なアクリル板を壁に見立て、それに沿ってヘッドを走らせてみたが、ご覧の通り、ゴミをワンストロークで吸引できた

大小2種類のゴミ同時吸引テスト

フローリングに、大きなゴミに見立てたフェルト玉と小さなゴミに見立てた重曹をまき、同時に吸引できるか検証した。「スリムフラフィクリーナーヘッド」は、ヘッドの前面が開いているので、軽く前進させると、フェルト玉を先端で弾くことなくヘッドの下に巻き込んでいき、重曹もグングン吸い取っていく。フローリングの溝に入り込んだ重曹までしっかりと取り除かれており、その集じん性能の高さに驚かされる結果となった

使い勝手残りの運転時間を表示。
フィルターやクリアビンは水洗い可能で、メンテナンス性も抜群

バッテリーで駆動するコードレススティッククリーナーは運転時間の短さが弱点となりがちだが、大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載した「Dyson Digital Slim」は、最長約40分の運転時間を実現している。さらに、装着したヘッドや吸引モードに合わせて運転可能な時間を秒単位でリアルタイム表示してくれる液晶ディスプレイを、本体背面に装備。掃除中に残りの運転時間がきちんと把握できるため、急にバッテリーがきれてしまうという心配もなく、効率的な掃除が行える。

Dyson Digital Slim

本体背面には液晶ディスプレイが搭載されており、運転可能な時間を秒単位でリアルタイム表示してくれる。また、液晶ディスプレイ下部の操作ボタンを押すと吸引モードの変更が可能

「エコ」モード

Dyson Digital Slim

「中」モード

Dyson Digital Slim

「強」モード

Dyson Digital Slim

吸引モードは、「エコ」「中」「強」の3つのモードがあり、各モードの残りの運転時間が表示される。サイドボードの上は「エコ」モード、汚れているフローリングは「中」モード、カーペットや布団は「強」モードといったように、シチュエーションに合わせて切り替えられるので、効率的に掃除できる

エラー通知

Dyson Digital Slim
Dyson Digital Slim

液晶ディスプレイはエラー通知も表示してくれる。どこが詰まっているのか、どのように製品を分解すればいいのかなどをアニメーションでわかりやすく表示してくれるため、メンテナンスもしやすい

Dyson Digital Slim

「Dyson Digital Slim」はボタンひとつでバッテリーの取り外しが可能。バッテリー単体で充電もできるため、予備バッテリー(別売)と交互に使用すれば、運転時間を気にせず掃除できる

Dyson Digital Slim Dyson Digital Slim

パイプに付属ツールを取り付けたまま掃除ができる「ツールクリップ」も便利だ。掃除場所を変えるたびにわざわざ付属ツールを取りに行く必要がなく、手際よく掃除できる。また、レビュー機の「Dyson Digital Slim Fluffy」には専用充電ドックが付属しており、壁に穴を開けることなく立てて保管できるのもうれしい

Dyson Digital Slim Dyson Digital Slim

毎日使う掃除機はメンテナンス性も気になるところだが、「Dyson Digital Slim」はこの点でもすぐれている。汚れやすい「スリムフラフィクリーナーヘッド」のローラー部はワンタッチで簡単に取り出せ、水洗いが可能。また、フィルターや隙間ノズルに加え、「Dyson V8」までは水洗いが不可だったクリアビンまで、水のつけ置き洗いもできるので、清潔な状態を保てるのがありがたい

Dyson Digital Slim

クリアビン横の赤いレバーを引くだけで簡単にゴミ捨てが行える。ゴミに触れることがないので手が汚れず、衛生的だ

まとめ製品として“極まった”ダイソンのコードレススティッククリーナー

ここまで、ダイソン史上初めて質量2kgを切ったコードレススティッククリーナー「Dyson Digital Slim」をレビューしてきたが、一緒に検証した女性スタッフが最後にポツリと語った、「ダイソンの掃除機がここまで軽くなったら、ライバルは見当たらないんじゃないでしょうか。極まっていますよね」という言葉が強く印象に残った。

確かに「Dyson Digital Slim」は、ダイソンのコードレススティッククリーナー史上最軽量のボディとともに、2kg未満のコードレススティッククリーナーとして最もパワフルな吸引力※2を実現。さらに、小回りのきく「スリムフラフィクリーナーヘッド」や、運転時間を“見える化”した液晶ディスプレイなどの最新テクノロジーを採用したうえ、付属のツールに付け替えれば、布団クリーナーやハンディクリーナーとして1台3役で使うこともでき、コストパフォーマンスも高い。

これまで以上に掃除を楽にしてくれるまさに“極まった”掃除機であると言えるだろう。そんな大幅な進化をとげた「Dyson Digital Slim」は、多くの人にとってコードレススティッククリーナーのファーストチョイスになるのではないだろうか。

商品に関するお問い合わせ先
ダイソンお客様相談室 https://www.dyson.co.jp/contact.aspx