価格.com

パソコン

Windows 7 サポート終了間近

Windows7 サポート終了間近

2020年1月14日 に終了します
888
88
時間
88
2014年にWindows XPがサポートを終了したときの大きな混乱を覚えている方も多いのではないでしょうか。実は、Windows 7のサポート終了も2020年1月と目前に迫っています。まだWindows 7を使っている方は、直前になって焦らぬよう対策を検討しましょう!

OSサポート終了後も使い続けるのはキケン!

2020年1月14日に「延長サポート」も完全終了

サポートにはメインストリームサポートと延長サポートの2種類がある

サポートにはメインストリームサポートと延長サポートの2種類がある

そもそも、Windowsの各バージョンには、サポートの「ライフサイクル」というものが存在します。まず、製品発売後最低5年間はメインストリームサポート期間として、あらゆるサポートが提供されます。これが終わると、一部のサポートのみが継続される最低5年間の延長サポート期間に入ります。今回、Windows 7で終了となるのは、後者の延長サポート期間です。

延長サポート終了でセキュリティ面の不安が高まる

セキュリティ更新プログラムが提供されなくなる!

メインストリームサポート期間 延長サポート期間
仕様変更、新機能のリクエスト X
無償サポート ライセンス、ライセンスプログラムおよび、その他の無償サポートを含む X
セキュリティ関連以外の修正プログラム作成の新規リクエスト
セキュリティ更新プログラムサポート
X

重要事項

有償サポート インシデント サポート時間制サポート
サポート対象の製品カテゴリ 全製品 ビジネス開発製品のみ
  • =対象
  • =企業向けの一部製品のみ対象
  • X=対象外

では「サポートが終わる」と、どうなるのでしょうか。メインストリームサポート期間中は、セキュリティ更新プログラムの提供はもちろん、仕様変更や新機能が追加されたり、セキュリティ関連以外の修正プログラム作成のリクエストなども受け付けてくれたりします。

これが、延長サポート期間になると、有償サポートや法人向けのサポート(インシデント、時間制)以外はセキュリティ更新プログラムサポートが中心になり、仕様変更や新機能の追加などは行われなくなります。

そして、延長サポート期間終了後は、セキュリティ更新プログラムも提供されなくなり、すべてのサポートが終了。その後出てくるセキュリティ面での新たな脅威に対しては、無防備な状態になってしまいます。

セキュリティ更新プログラムサポートの終了後は、こんなキケンが!

延長サポート終了後も、そのままWindows 7を使い続けることは可能です。しかし、インターネットに接続しているパソコンでは、セキュリティ面での危険が、自分だけでなく他人にも及ぶことがあります。では、どんな危険があるのかを見てみましょう。

マルウェアへの感染

マルウェアへの感染
悪意のあるソフトウェア、ウイルスなどへの感染リスクが、月日を追うごとに高まります。別途セキュリティソフトを入れていたとしても、そのソフト自体が古いOSをサポートしなくなる可能性もあるため、安心できません。

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺
通販サイトや金融機関を装ったメールで偽のウェブサイトに誘導し、重要な個人情報を抜き取るフィッシング詐欺。サポート更新後に登場した高度な詐欺に対しては、対応できない可能性が高くなります。

個人情報の漏えい

個人情報の漏えい
パソコン内には、写真、動画、メールのデータ、アドレス帳など、多くの個人情報が詰まっています。セキュリティが甘くなり、ウイルスに感染するリスクが高まると、これらの情報が漏えいする危険も高くなります。

サポート終了前に対策が必要です!

どんな方法がある? 対策は3種類

セキュリティを万全に保つためにも、Windows 7を使っている人は、早めにOSをバージョンアップするべきです。今、切り替えるならば、すでに延長サポート期間に入ってしまっているWindows 8.1よりも、最新のWindows 10を選ぶほうがよいでしょう。なお、Windows 10のパソコンを使うには、以下の3つの方法があります。

OSをWindows 10にアップグレードする

OSをWindows 10にアップグレードする

メリットとデメリット

  • 手間がかからない
  • インストール済みソフトや保存データが引き継がれる
  • 最新OS非対応のソフトが動かなくなる可能性あり
1つめの方法は、現在使っているパソコンのOSを、Windows 7からWindows 10にアップグレードする方法です。現在の使用環境をそのまま引き継げるため、手間がかからないのが最大の利点ですが、一方でWindows 10に非対応だったソフトが起動できなくなったり、OS自体の動作が不安定になったりすることがあります。

新規にWindows 10をインストールする

新規にWindows 10をインストールする

メリットとデメリット

  • Windows 10をクリーンインストールできる
  • 動作が安定し、不安定になった場合も原因の特定が容易
  • 保存データの復元などの手間がかかる
パソコンのストレージを一度初期化してから、Windows 10をインストールする方法もあります。保存していたデータの移動や復元などの手間はかかりますが、最新バージョンのWindows 10をクリーンにインストールするため、より安定した動作が期待できます。

Windows 10搭載パソコンに買い替える

Windows 10搭載パソコンに買い替える

メリットとデメリット

  • 最新のパソコンでWindows 10を快適に使える
  • データの移行が手間
Windows 10が、最初からインストールされたパソコンを購入するのもひとつの手です。上記のクリーンインストールと同様のメリット、デメリットがあるだけでなく、ハードの性能がアップすれば、Windows 10をより快適に使えるようになります。

Windows 10はサポート以外のメリットも多く、買い替えは有力な選択肢

使いやすさやセキュリティが大幅に進化!

Windows 10には、従来のWindowsにはなかった、さまざまな新機能が搭載されています。サポート面の不安解消と同時にさまざまなメリットを得られるので、予算が許せばぜひ買い替えを検討しましょう。

スムーズなタッチ操作

スムーズなタッチ操作
新機能の「タブレットモード」では、画面がタッチ操作に最適化された形に変化。タッチパネル搭載の2 in 1パソコンなどで、キーボードを外すと自動的にタブレットモードに切り替わるような設定も可能です。

手書き入力をサポート

手書き入力をサポート
Windows 10の大型アップデートで実装された「Windows Ink」によって、パソコンで表示中の画面を取り込んで手書き入力ができたり、スケッチパッドにお絵描きができたりするようになりました。

音声アシスタント搭載

音声アシスタント搭載
Windows Phoneに先行搭載されていたマイクロソフトのAIアシスタント「Cortana」がWindows 10にも搭載されています。天気や予定の確認、計算、翻訳、音楽の再生などを、日本語の音声で行えます。

ブラウザーが高速化

ブラウザーが高速化
ウェブブラウザーを、これまで標準搭載されていたInternet Explorerから「Microsoft Edge」に刷新。パフォーマンスが向上したほか、オフラインでも記事を読める「リーディングリスト」やウェブページを読みやすく表示する「読み取りビュー」などの機能も備えています。

生体認証をサポート

生体認証をサポート
指紋認証や顔認証といった生体認証が使える「Windows Hello」を新搭載。パソコン側が対応していればパスワードが不要になり、素早く安全にログインやサインインができます。

セキュリティがより強固に

セキュリティがより強固に
ウイルス対策ツール「Windows Defender」が標準搭載されており、Windowsを常時保護。ウイルスやランサムウェアから守ってくれるほか、悪意のあるウェブサイトやダウンロードもブロックしてくれます。

スペックも大幅にアップ!

同等グレードのパソコン同士なら、当然発売時期が新しいWindows 10搭載モデルの方がスペックが高くなっています。メモリやストレージはもちろんのこと、解像度や通信機能も向上しており、より快適な動作や使い勝手の改善が期待できます。

Windows 7とWindows 10時代の一般的なパソコン比較例

Windows 7   Windows 10
Windows7 比較 Windows10
Dell メーカー Dell
XPS 13 モデル名 XPS 13
Windows 7 Home Premium 64bit OS Windows 10 Home 64bit
インテル Core i7-2637Mプロセッサー(1.703GHz/最大2.8GHz/4MB/L3キャッシュ) CPU Core i7 8550U(Kaby Lake Refresh) 1.8GHz/4コア
4GB メモリ 16GB
256GBSSD ストレージ 512GBSSD
無線LAN(802.11 a/g/n)Bluetooth 3.0+HS 通信機能 無線LAN(802.11 ac/a/b/g/n)Bluetooth 4.2
USB 3.0x1、USB 2.0x1、ミニディスプレイポート インターフェイス / ポート USB3.1 Type-Cx1、USB3.1 Gen2 Type-C、Thunderbolt3兼用x2、microSDスロット
13.3インチワイド 光沢液晶 ディスプレイ 13.3インチワイド 光沢タッチ液晶
1366x768(WXGA) 画面解像度 3840x2160(4K)
約8.18時間 バッテリー 約11時間
316x205x18mm サイズ 302x199x7.8〜11.6
約1.36kg(電源ケーブル含まず) 重量 1.23kg〜

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止