今買うなら、4Kレコーダーしかない! 4Kチューナー内蔵“ソニーのブルーレイ”なら、4K放送でも“簡単”録画&“快適”操作!

4Kテレビが普及し、新4K衛星放送もスタートした今、これから数年は使うであろうブルーレイディスクレコーダーを購入するなら、4K放送に対応したモデルを選ばない手はない! ところが、4K放送がスタートしたのは2018年12月からとまだ最近。4K放送に対応したブルーレイディスクレコーダーの中には、操作に不便を感じるモデルもある。せっかく購入するなら、失敗のない製品選びを行いたいところだ。そこで本特集では、4K放送に詳しくない人でも“簡単”に録画、“快適”に操作ができる買って後悔しないモデルとしてソニーの4K対応ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-FBW1000」に注目する。

4K録画性能最大11倍に対応する
4K放送長時間録画モードを搭載

市場に並ぶ大画面テレビの大半が4Kモデルになり、2018年12月からは新4K衛星放送がスタートするなど、テレビの主流は今、フルHDから4Kへと大きくシフトしつつある。テレビ番組を録画するブルーレイディスクレコーダーにおいても4K対応が進んでおり、2019年秋には主要レコーダーメーカーから4K対応モデルがひと通り出揃った。

これからレコーダーを購入するなら4K対応モデルを選ぶべきなのは間違いないが、すぐに買い替える物ではないので、製品選びはあせることなく吟味して行ったほうがいい。

そこで注目してほしいのが、“ソニーのブルーレイ”だ。主要レコーダーメーカーの中では後発での4K対応モデルの登場となったが、それだけに市場の声によく耳を傾け、ユーザーの期待にしっかりと応えられるモデルに仕上げられている。ここでは、そんな“ソニーのブルーレイ”の中から、4K放送2番組同時録画に対応した「BDZ-FBW1000」を使用して、本機を買うべき理由に迫っていく。

ソニー「BDZ-FBW1000」

今回注目する「BDZ-FBW1000」はソニーの4K対応ブルーレイディスクレコーダーで、4K放送2番組同時録画、地デジなどのハイビジョン放送を含む2番組同時録画に対応している。内蔵HDD容量は1TBだ

「BDZ-FBW1000」は、無圧縮の「DRモード」から11倍の「EERモード」までさまざまな録画モードに対応し、4K放送の長時間録画も行える。高精細でキレイな4K放送の番組を録画する場合、通常は画質を落とさない「DRモード」を活用することになると思うが、必要に応じて長時間録画モードでよりたっぷり番組を残しておけるのはありがたい。一般的に、4K放送の録画にはハイビジョン放送の約2倍のHDD容量が消費されるので、キレイな画質で残したい気持ちはあるいっぽう、容量が気になる人にうれしい機能だろう。

「BDZ-FBW1000」における4K放送録画時間の目安
録画モード ビットレート 録画可能時間 容量
(1時間番組)
DR
(無圧縮)
33Mbps 約65時間 14.9GB
XR
(約1.5倍)
22Mbps 約95時間 9.9GB
XSR
(約2倍)
16Mbps 約130時間 7.2GB
SR
(約3倍)
11Mbps 約180時間 4.9GB
LSR
(約4倍)
8Mbps 約260時間 3.6GB
LR
(約5倍)
6Mbps 約360時間 2.7GB
ER
(約8倍)
4Mbps 約510時間 1.8GB
EER
(約11倍)
3Mbps 約710時間 1.3GB
ソニー「BDZ-FBW1000」

「BDZ-FBW1000」は、外付けHDD増設用のUSB3.0ポートを背面に搭載。最大6TBまでの外付けHDDの増設が可能だ(登録は10台まで)。無線LANや有線LANにも対応しているので、「ソニールームリンク」を活用して、録画した4K放送の番組を別の部屋のテレビで視聴(画質はハイビジョンにダウンコンバート)することもできる

ソニー「BDZ-FBW1000」

ブルーレイディスクドライブは、4K HDR対応の新世代ブルーレイディスク「Ultra HD Blu-ray」の再生に対応。録画した4K放送の番組を4K画質(DRモード)のままブルーレイディスクに書き込むことも可能で、4層ディスクを使用した場合の記録時間は最大約8時間5分となる

豊富な録画便利機能「新作ドラマ・アニメガイド」「番組名予約」など、
4K放送でも使える“簡単”録画予約機能

ソニー「BDZ-FBW1000」

4K対応ブルーレイディスクレコーダーを選ぶにあたってもうひとつ、しっかりとチェックしておきたいのが、当然のようだが、録画予約機能の使いやすさだ。地デジなどのハイビジョン放送の番組録画には、見たい番組を録り逃さないためにキーワード録画などのさまざまな賢い予約機能が用意されているが、4K放送の録画予約となると、こうした機能が利用できないモデルもある。せっかく4K放送が録画できるようになったものの、レコーダーとして一番大切な録画予約機能が充実しておらず、録りたい番組が思うように録画できなくてはやはり悲しい。

その点、市場の声に耳を傾け開発された「BDZ-FBW1000」なら大丈夫。ハイビジョン放送と4K放送の違いを意識することなく、同じ機能を使って録画予約が行える。

レコーダーユーザー7割がドラマ録画!
4K放送の録画でも使える「新作ドラマ・アニメガイド」

ソニー「BDZ-FBW1000」 ソニー「BDZ-FBW1000」

2018年モデルから搭載され、ユーザーから評価が高いソニー独自の「新作ドラマ・アニメガイド」が4K放送でも利用可能。これは、テレビ情報誌「ザテレビジョン」の情報を活用することで、EPG(電子番組表)が対応していない約1か月先のドラマやアニメを先取り予約できるというもの。新ドラマの第1話はついつい録り逃しがちだが、これなら安心。4K放送と同じ番組が地デジなどで放送される場合は、高画質な4K放送を優先録画する設定も可能だ。

ソニー「BDZ-FBW1000」 ソニー「BDZ-FBW1000」

「新作ドラマ・アニメガイド」では、同じ出演者の番組や話題の番組なども表示してくれる。「Gガイド.テレビ王国」と連携して、クチコミ数が多い番組などをランキング形式で知ることもでき、人気番組もしっかりキャッチアップできる

放送日が変更になっても
番組を追跡して録り逃さない! 「番組名予約」

ソニー「BDZ-FBW1000」

指定した番組を最終回まで自動録画し続けてくれる「番組名予約」も、従来の“ソニーのブルーレイ”で大好評な機能。この機能も4K放送で変わらず使える。番組を予約する際に「同じ名前の番組を自動で毎回録画する」を選択すれば、初回や最終回が2時間スペシャルだったり、臨時ニュースで途中回の放送日が変更になったりしても、予約し直すことなく追跡録画。録り逃しを防いでくれる、非常に便利な機能だ。

お目当てのタレントが
出演している番組を録画!「おまかせ・まる録」

ソニー「BDZ-FBW1000」 ソニー「BDZ-FBW1000」

録りたい番組が明確になっていなくても大丈夫。お目当てのタレント名やキーワード、ジャンルなどから、関連番組を自動録画してくれる「おまかせ・まる録」が4K放送でも利用できる。4K放送においてはキーワード録画に対応していないレコーダーが多いなか、“ソニーのブルーレイ”は最初から「おまかせ・まる録」対応を実現しているのだ。

まだまだ盛りだくさん、
4K放送に対応した機能

ソニー「BDZ-FBW1000」 ソニー「BDZ-FBW1000」

メインメニュー画面上の「ランキングから予約」から入り、付属リモコンの「4K」ボタンを押すと、4K放送の「みんなの予約ランキング」が確認可能。このほか、スマートフォンアプリ「Video & TV SideView」(Android/iOS対応)も4K放送のリモート予約に対応するなど、従来と変わらない豊富な録画予約機能が活用できる。

操作性従来機比2倍以上のサクサク感!
録りたい番組がすぐに見つかる

ソニー「BDZ-FBW1000」

スマートフォンやパソコンなどの操作に慣れた人が多い今、レコーダーの操作レスポンスの遅さにイライラしたことがある人もいるだろう。4K対応ブルーレイディスクレコーダーでは、ハイビジョン放送と4K放送を切り替えながら、放送予定の番組を確認したり、録画した番組を管理したりすることになるので、操作レスポンスが使い勝手に与える影響は今まで以上に大きいと言える。

その点も「BDZ-FBW1000」なら安心。従来機(2018年モデル)比で2倍以上という高速な番組表スクロールができ、カーソルなどの操作もサクサクだ。その軽快さは以下の動画で確かめてほしいが、レコーダーの番組表とは思えないほどにスムーズ。これは4K放送録画用に高性能なCPUを搭載したことによる恩恵とのことだが、なんともありがたい。また、番組表の表示情報量が多く、カーソルを合わせなくても番組の詳細が確認できるのもいいところだ。

サクサク操作できる番組表を体験

※再現イメージです

サクサク動くだけでなく、コンテンツ管理の点でも「BDZ-FBW1000」は一歩先を行っている。

昨今のブルーレイディスクレコーダーは、単にテレビ番組を録画するだけではなく、ビデオカメラで撮った動画やデジタルカメラで撮った写真を取り込んで保存しておく、メディアストレージとしても活用される。となると、録画したテレビ番組だけでなく、HDDに取り込んだ各種メディアの管理のしやすさもしっかりと確認しておきたいもの。さすがは4Kハンディカムを有するソニーだけあって、「BDZ-FBW1000」はその点でも不足はない。

地デジや4K放送の区別なく、ジャンル別に録画番組にアクセスできるうえ、レコーダーに保存したプライベート動画へも同じ画面からアクセス可能。「どれも同じ動画なのだから、当たり前のことでは?」と思ったかもしれないが、そうはなっていない製品が大半なのが、今の4K対応ブルーレイディスクレコーダー市場の現状である。ユーザーのニーズをよく研究して生まれた「BDZ-FBW1000」だからこそできることだ。

「ジャンル別録画リスト」
ソニー「BDZ-FBW1000」

地デジや4K放送の録画番組、ビデオカメラなどで撮影した動画にアクセスするには「ジャンル別録画リスト」が便利。内蔵HDDと外付けHDD内のコンテンツを一元的に表示できる。録画番組は自動でジャンル別に振り分けてくれるので、見たい録画番組がすぐに見つけられる

ソニー「BDZ-FBW1000」 ソニー「BDZ-FBW1000」

また、「BDZ-FBW1000」を操作する付属リモコンは、背面にくぼみが設けてあり持ちやすい。レコーダーを4KブラビアとHDMI接続すれば、「ブラビアリンク」によってテレビのリモコンから「BDZ-FBW1000」の操作も可能だ。「Google アシスタント」ボタン搭載のテレビリモコンなら、レコーダー内の録画番組を音声検索することもできる

まとめ4Kチューナー内蔵“ソニーのブルーレイ”は
買って後悔しない4K対応レコーダー

4Kテレビが普及し、新4K衛星放送がスタートした今、レコーダーには4K対応モデルを購入しない手はない。まずはこのことを強く念頭に置いてほしいが、4K対応ブルーレイディスクレコーダーはまだまだ発展途上の感があるというのも事実。買ってから思っていたように使えず、不便に感じるのは避けたいものだ。

今回紹介した「BDZ-FBW1000」なら、そうした不便さを感じることはないだろう。4K放送の録画においてもハイビジョン録画モデルから高く評価されている便利な録画予約機能が使える。主要レコーダーメーカーの4K対応ブルーレイディスクレーダーの中では後発で登場したモデルだけあって、ユーザーの使い勝手をよく考え、練りに練られた出来のよい製品になっていた。4K放送に詳しくない人でも、録りたい番組を録り逃すことはないだろう。

自宅で過ごす時間が増えた今、レコーダーの買い替えを検討している人にとって、4K放送も簡単に安心して録画できる本機はファーストチョイスとなるに違いない。

製品アンケート

Q1.この記事を読む前からこの製品のことを知っていましたか?*

Q2.この記事を読んで、この製品の特長が理解できましたか?*

Q3.この記事を読んで、この製品を購入してみたいと思いましたか?*

Q4.Q3のようにお答えになった理由や、記事の感想など、自由にお書きください。

Q5.性別*

Q6.年齢*