最大1600mm相当※の超望遠撮影が気軽に楽しめる 小型軽量な超望遠ズームレンズ オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」徹底レビュー

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」は、200〜800mm相当(35mm判換算)の焦点距離に対応した、マイクロフォーサーズシステム用の新しい超望遠ズームレンズ。大幅な小型軽量化を実現したうえ、レンズ内手ぶれ補正を搭載しており、手持ちで気軽に超望遠撮影を楽しめるのが最大の特徴だ。さらに、すぐれたテレマクロ性能を備えるほか、別売のテレコンバーターレンズ「MC-20」を使えば、最大1600mm相当(35mm判換算)の超望遠撮影も可能。本特集では、見どころの多いこの注目レンズを徹底レビューしよう。

超望遠ズームレンズながら、持ち運びやすい小型軽量設計

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

200〜800mm相当(35mm判換算)の焦点距離をカバーする、マイクロフォーサーズシステム用の超望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」。取り外し可能な三脚座も付属している

400mm相当(35mm判換算)を超える焦点距離に対応した超望遠ズームレンズは、遠くの被写体を大きく写せるのが便利。特に、自然風景や野鳥、花、鉄道、飛行機などの撮影において、迫力のある写真を撮るのに活躍するレンズである。ただし、超望遠ズームレンズは、使用するレンズ枚数が多くなるため、どうしてもボディが大きく重くなりがちで、この点をネガティブにとらえる人も少なくない。

今回紹介するオリンパスの「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」は、そんな一般的な超望遠ズームレンズとは異なり、非常にコンパクトだ。望遠に強く、コンパクトなレンズ設計が可能なマイクロフォーサーズシステムのメリットを生かし、大きさφ86.4(最大径)×205.7(全長)mm、重量1120g(三脚座、レンズキャップ、レンズリアキャップ、レンズフードを除く)という小型軽量ボディを実現している。

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」 オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

プロフェッショナルモデルのミラーレスカメラ「OM-D E-M1シリーズ」に「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」を装着してみた。写真は縦位置グリップ一体型の「OM-D E-M1X」に、写真はよりコンパクトな「OM-D E-M1 Mark III」に装着したイメージだ

800mm(35mm判換算)に対応したフルサイズシステムの超望遠レンズは5kg近いものが多いことを考えると、「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」の1kg強という重量は非常に軽い。フルサイズシステムのレンズで言えば、最大200〜300mmの焦点距離に対応する望遠ズームレンズくらいのサイズ感。持ち運びやすいにもかかわらず、焦点距離200〜800mm相当(35mm判換算)の望遠域から超望遠域までを広くカバーした撮影が行えるのだ。

200mm相当

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

400mm相当

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

800mm相当

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

数メートル先にいるマガモを、200mm相当、400mm相当、800mm相当の焦点距離で段階的にズームアップしながら撮影してみた。最大800mm相当の焦点距離に対応していると、遠くの小さな被写体にここまで迫れる(※いずれも35mm判換算)

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

解像力の高さで人気の高倍率ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」(写真左)と、「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」(写真中央)を合わせれば、広角24mm相当から超望遠800mm相当(いずれも35mm判換算)までの幅広い焦点距離をカバー可能。この2本のレンズがあれば、さまざまなシーンや被写体に対応できる

高画質な撮影が手持ちで快適。テレマクロにも強い

「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」の大きな魅力は、手持ちで高画質な撮影ができること。超望遠域であっても、三脚を使わずに手持ちで快適な撮影が行えた。

実際に使用してみると、レンズが小型軽量のため、カメラホールド時の手や腕への負担が少ない。そのうえ、望遠側でも効果の高いレンズ内手ぶれ補正を搭載しているので、手持ち撮影でも手ぶれをしっかりと抑えられる。撮影時の被写体像が安定するため、ちょっとしたぶれで被写体像が大きく揺れてしまう超望遠域でもフレーミングが行いやすく、狙った構図で確実にシャッターが切れた。

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

小型軽量なので手持ちでの撮影も軽快。レンズに付属する三脚座を取り外し、別売オプションのデコレーションリング「DR-79」を装着すればさらに約180g軽くなる

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

信頼性にすぐれた高性能レンズ「M.ZUIKO PRO」シリーズと同等の、密閉シーリングによる防塵・防滴・耐低温性能を備えているのも特徴のひとつ。「OM-D E-M1X」などの防塵・防滴仕様のカメラと組み合わせれば、外装に水滴が付くような環境下でも安心して使用できる

「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」は、小型軽量ながら光学性能も高い。EDレンズ4枚、スーパーHRレンズ2枚、HRレンズ2枚と特殊レンズをふんだんに使用した15群21枚のレンズ構成で、ズーム全域で画面周辺まで明るくヌケのよい描写が行える。さらに、ゴースト・フレアの発生を低減する「ZEROコーティング」が施され、逆光耐性にもすぐれている。

また、多数のレンズで構成された超望遠ズームレンズは一般に、AF(オートフォーカス)のレスポンスが低下しやすいが、「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」ではこの弱点を克服する工夫も施されている。軽量なフォーカスレンズを後方に配置するリアフォーカス方式を採用することで、高速・高精度なAFを実現。そのうえ、被写体の距離に合わせてAF駆動範囲を3段階で切り替えられるフォーカスリミットスイッチを搭載しているので、超望遠域でも狙った被写体にスムーズにピントを合わせられる。

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

レンズ構成は15群21枚。各種収差を抑える特殊レンズを積極的に使用し、画像の中心部だけでなく周辺部でもシャープな画質を実現している。また、軽量なフォーカスレンズを後方に配置するリアフォーカス方式を採用し、超望遠域でも素早いAFが可能だ

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」 オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

レンズ側面の左手側に、近距離(1.3〜6m)、全域(1.3m〜無限遠)、遠距離(6m〜無限遠)の3段階でAF駆動範囲を切り替えられるフォーカスリミットスイッチを搭載。被写体との距離に合わせてAF駆動範囲を選ぶことで、より高速なAFが可能になる。側面右手側には、100mm側でズーム位置を固定するズームロックスイッチが備わる

作例をチェック

風景や動物を手持ちで高画質に撮れる

コントラストが高く、色鮮やかな夕景に仕上がった!

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

OM-D E-M1X、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、200mm相当(35mm判換算)、F8、1/30秒、ISO200、ホワイトバランス:晴天、ピクチャーモード:i-Finish

日没直後の西の空を200mm相当(35mm判換算)で手持ち撮影したもの。コントラストが高く、鮮やかで印象的な色に仕上がった。レンズ内手ぶれ補正の効果によって、1/30秒の遅いシャッタースピードでも手ぶれしていない点にも注目したい。

逆光の富士山を大迫力かつ高画質に撮れた!

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

OM-D E-M1X、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、800mm相当(35mm判換算)、F11、1/6400秒、ISO200、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:i-Finish

太陽が山頂付近に沈む瞬間の富士山を800mm相当(35mm判換算)で狙ってみた。直線距離でおよそ80km離れたところから手持ち撮影したが、800mm相当(35mm判換算)ならここまで大きく遠景をとらえられる。太陽を画面に入れた構図ながら、気になるようなゴースト・フレアが発生しておらず、逆光に強いレンズであることもわかる。

動物を大きく写して、瞳のディテールまで表現できた!

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

OM-D E-M1X、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、800mm相当(35mm判換算)、F6.3、1/80秒、ISO200、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural

数メートル離れた位置にいるフクロウを800mm(35mm判換算)で大きく切り取ってみた。絞り値は開放F6.3に設定しているが、ピントを合わせた瞳付近では高い解像感が得られている。レンズ内手ぶれ補正の性能も高く、800mm相当(35mm判換算)での近距離撮影でも、1/80秒のシャッタースピードで手ぶれせずに撮影できた。なお、この作例は、画像編集ソフト「Olympus Workspace」を使ってRAWデータからJPEGデータに出力したもの。明るさを少し調整した以外の編集は行わず、撮影時の設定のまま出力した。

「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」は、ズーム全域で最短撮影距離1.3m/最大撮影倍率0.57倍相当(35mm判換算)という、超望遠ズームレンズとして非常にすぐれたテレマクロ性能を持つ点も見逃せない。そばに近づけない昆虫や植物などの小さな被写体でも、画面いっぱいに大きくズームして撮れるのだ。また、ピント位置の異なる複数の写真を撮影して自動合成する「深度合成」機能にも対応。「深度合成」機能を搭載した「OM-D」シリーズのカメラと組み合わせれば、昆虫などを撮る際に、被写体の手前から奥までピントが合った標本のような写真に仕上げることもできる。

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

超望遠ズームレンズながら最短撮影距離が1.3mと短いため、足元付近の小さな被写体をテレマクロで撮影できる

作例をチェック

ズーム全域で最短撮影距離1.3mのすぐれたテレマクロ性能

テレマクロでもAFを使って快適に撮れた!

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

OM-D E-M1X、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、800mm相当(35mm判換算)、F6.3、1/125秒、ISO400、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:i-Finish

800mm相当(35mm判換算)、最短撮影距離1.3m付近で手持ち撮影したテレマクロ作例。ハイビスカスのめしべの先端に対してAFでピントを合わせたが、後ろにピントが抜けることなく、狙った位置にしっかりとフォーカスが合った。また、この作例でもレンズ内手ぶれ補正が効果を発揮。最短撮影距離付近での近接撮影ながら、1/125秒のシャッタースピードでも手ぶれせずに撮影できた。

テレコンバーターレンズを使えば、手持ちで超望遠1600mm撮影が可能

※35mm判換算 別売のテレコンバーターレンズ「MC-20」使用時

※35mm判換算 別売のテレコンバーターレンズ「MC-20」使用時

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

別売オプションとして用意されている、2種類のテレコンバーターレンズ。写真左が焦点距離を1.4倍に伸ばす「MC-14」で、右が2倍に伸ばす「MC-20」だ。いずれも防塵・防滴・耐低温性能を備えている

「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」は、別売オプションのテレコンバーターレンズに対応しているのも特徴だ。焦点距離を1.4倍に伸ばす「MC-14」と、2倍に伸ばす「MC-20」の2種類が用意されており、「MC-14」装着時は最大1120mm相当、「MC-20」装着時は最大1600mm相当(いずれも35mm判換算)という、驚異的な超望遠撮影が可能※1。しかも、テレコンバーターレンズを装着してもスムーズなAFが可能なほか、レンズ内手ぶれ補正もしっかりと働くようになっている。

※1 「MC-14」装着時は開放F値が1段、「MC-20」装着時は2段下がります。

800mm相当

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

1120mm相当(MC-14使用)

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

1600mm相当(MC-20使用)

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

レンズ単体の800mm相当、「MC-14」装着時の1120mm相当、「MC-20」装着時の1600mm相当で、数メートル先にいるマガモを撮影。レンズ単体の800mm相当でも被写体を画面いっぱいに写せているが、テレコンバーターレンズを使えば、鳥の表情が見て取れるほど大きく切り取れた(※いずれも35mm判換算)

テレコンバーターレンズの重量は「MC-14」が105g、「MC-20」が150gなので、「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」に装着しても総重量はさほど増えず、手持ちでも軽快に撮影できた。1000mm相当(35mm判換算)を超える超望遠域であっても、気軽に手持ち撮影できるのはありがたい。

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

「OM-D E-M1X」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」の組み合わせに「MC-20」を装着したイメージ。「MC-20」を装着してもシステム全体の総重量は150gしか増えないため、手持ちでも軽快に撮影できる

さらに、「MC-14」や「MC-20」を装着しても、最短撮影距離がズーム全域で1.3mのままほとんど変わらないのもポイント。最短撮影距離はそのままに焦点距離が伸びるため、テレマクロ性能がさらに向上し、最大撮影倍率は「MC-14」装着時で0.81倍相当、「MC-20」装着時で1.15倍相当(いずれも35mm判換算)になる。「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」と「MC-14」「MC-20」を組み合わせれば、本格的なマクロレンズと同等の撮影倍率で迫力のテレマクロ撮影を楽しめるのだ。

作例をチェック

野鳥や昆虫を1600mm 相当(35mm判換算)で大きく撮れる

遠くにいる小さな野鳥を鮮明に撮れた!

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

OM-D E-M1X、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、1600mm相当(35mm判換算、MC-20使用)、F13、1/25秒、ISO400、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural

2倍のテレコンバーターレンズ「MC-20」を装着して、1600mm相当(35mm判換算)で15mほど先にいるカワセミをとらえた。光量が少ないうえ、遠くにいる小さな被写体にピントを合わせているものの、十分な解像感が得られている。両肘をついた安定した状態で撮影しているが、レンズ内手ぶれ補正の効果によって1/25秒でも手ぶれのない写真に仕上がった。

昆虫もテレマクロでシャープに写せた!

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」

OM-D E-M1X、M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、1600mm相当(35mm判換算、MC-20使用)、F13、1/800秒、ISO1600、ホワイトバランス:オート、ピクチャーモード:Natural

こちらは1600mm相当(35mm判換算)で、動いているイシガケチョウを最短撮影距離付近で撮影したテレマクロ作例。等倍を超える撮影倍率なので、ここまで被写体にグンと肉薄できる。肉眼では確認できない細かい部分までシャープに写すことができた。

なお、プロフェッショナルモデルのミラーレスカメラ「OM-D E-M1X」では、今冬リリース予定の新しいファームウェアにおいて、特定の被写体を自動検出して追尾する「インテリジェント被写体認識AF」に「鳥認識」機能が追加される。小さくて動きが不規則な鳥は、一般的なAFでは撮影が難しいが、この機能の搭載によって、被写体を追尾しながらよりスムーズにピントを合わせて撮影できるようになるだろう。「鳥認識」が追加された「OM-D E-M1X」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」の組み合わせなら、これまで以上に野鳥撮影が行いやすくなるはずだ。

まとめ憧れの超望遠撮影を満喫できるレンズ

小型軽量な超望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」は、三脚を使わずに、手持ちで快適な超望遠撮影を楽しめるのが大きな魅力。レンズ単体で最大800mm相当、テレコンバーターレンズ「MC-20」装着時で最大1600mm相当(いずれも35mm判換算)という超望遠域の焦点距離に対応しており、本格的な超望遠撮影を手軽に楽しむことができる。

自然風景や野鳥などの撮影において写真の幅を広げる超望遠ズームレンズは、一眼カメラユーザーなら1本は持っておきたいところ。ただ、大きくて重いというイメージから購入をちゅうちょしてきたなら、この「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」はピッタリなソリューションになるだろう。ぜひこのレンズを手に入れて、超望遠の世界を満喫してほしい。

製品アンケート

Q1.この記事を読む前からこの製品のことを知っていましたか?*

Q2.この記事を読んで、この製品の特長が理解できましたか?*

Q3.この記事を読んで、この製品を購入してみたいと思いましたか?*

Q4.Q3のようにお答えになった理由や、記事の感想など、自由にお書きください。

Q5.性別*

Q6.年齢*