掃除機の常識を覆す、ダイソンの新しいコードレス掃除機 全方向自由自在に操作できる「Dyson Omni-glide」誕生!

軽量化がトレンドとなっているコードレス掃除機市場に、物理的な軽さだけではなく、“操作そのものの軽さ”を徹底追求したモデルが誕生した。それが、ダイソンの最新コードレス掃除機「Dyson Omni-glide(ダイソン オムニグライド)」だ。本機は、新設計された「Omnidirectional Fluffy™(オムニディレクショナル フラフィ) クリーナーヘッド」を採用することで、これまでの掃除機の常識を覆し、ヘッドを全方向自由自在に動かせるようになっているという。本特集では、そんなダイソンで最も操作性がよい※1という「Dyson Omni-glide」で実際に家中を掃除しながら、その魅力に迫ってみよう。

操作性まさに縦横無尽!
圧倒的な取り回しのよさが掃除の手間を減らしてくれる

Dyson Omni-Glide

2021年4月に登場した、ダイソンの最新モデル「Dyson Omni-glide」。新設計された「Omnidirectional Fluffy™(オムニディレクショナル フラフィ)クリーナーヘッド」を採用することで、ダイソンで最も操作性のよい※1コードレス掃除機になっているというが、はたしてその実力やいかに?

バッテリーを内蔵し、サッと取り出して掃除できることから、昨今の掃除機市場において主流となっているコードレス掃除機。各社から発売されるモデルは年々増え続けているが、なかでも近ごろ人気となっているのが「軽量モデル」である。実際、価格.com「掃除機」カテゴリーの「コードレス掃除機」人気売れ筋ランキングを見ても、上位20位以内に2kg以下の軽量モデルが16製品もランクインしているほどだ(2021年3月15日時点)。

まさしく軽量化がコードレス掃除機のトレンドになっていると言えるが、それだけに、「軽いモデルを選べば使いやすいのだろう」と考えている人も多いのではないだろうか? ところが、掃除機選びにおいては「本体の軽さ」だけでなく、軽い力で自由自在に動かせて、掃除の手間を減らしてくれる「操作そのものの軽さ」も、使いやすさの重要なポイントとなってくるのだ。

そんな「操作そのものの軽さ」を徹底的に追求し、これまでのコードレス掃除機とはひと味違う取り回しのよさを実現したのが、2021年4月に登場した、ダイソンの最新モデル「Dyson Omni-glide(ダイソン オムニグライド)」である。その最大の特徴はその名の通り、クリーナーヘッドを「あらゆる(Omni)方向に動かせる(glide)」ことにある。

「Dyson Omni-glide」で家中を掃除

電源をオンにしてから、家中を掃除。なめらかな動きが見てとれるだろう

百聞は一見にしかず、ということで実際に「Dyson Omni-glide」を使って家中を掃除した動画を確認してみてほしい。

クリーナーヘッドを動かしてみて最初に感じたことは、これまでの掃除機とは明らかに操作感が異なること。一般的な掃除機では、基本的に直線的な動きしかできないものだが、「Dyson Omni-glide」は手首を軽く返すだけでクリーナーヘッドが360°くるくると動き、あらゆる角度へ自在にスライドできる。あまりにも自由に動かせるので、掃除することが楽しくなってくるほど。実際、動画のような8の字の動きも、手首に負担がかかることなく軽い力で行えた。

クリーナーヘッドがフレキシブルに動かせる利点のひとつは、狭い場所も素早く掃除できることだろう。たとえば、動画のように入り組んだダイニングテーブルの足回りも、椅子を動かすことなくスイスイと掃除が行えるため、いつも以上に素早く掃除することができた。また、これまで何度も前後に動かして掃除をしていた棚の下や柱周りなどでは、クリーナーヘッドを横向きにスライドすることで隅のホコリが吸い取れるため、効率的な掃除が行える。さらに、曲面のあるトイレなどもなかなか掃除が行き届きにくいところだが、そんなところでも向きを変えず、思った通りにクリーナーヘッドが追従してくれるため、ホコリをラクに取り除くことができた。

ほかにも、ベッドの下など、家中を掃除してみたが、広い範囲を効率よくキレイにできるため、ストレスなく掃除できて、掃除の時間も圧倒的にスピーディー。軽い力でクリーナーヘッドを全方向に動かせるメリットは想像以上に大きく、これまで感じていた「掃除機かけなきゃ」という面倒臭さから解放されたような気分だった。

Dyson Omni-Glide Dyson Omni-Glide

クリーナーヘッドの向きを縦にすれば、ラックの裏や壁と鉢との間といった狭い隙間にもスルッと入り込み、スムーズに掃除できる。いちいち家具などを動かさずに済むのでストレスも減り、“面倒だからここは掃除しなくていいや”ということも少なくなるはずだ

Dyson Omni-Glide Dyson Omni-Glide

180°フラットに寝かせられる※2「Dyson Omni-glide」は、ベッドや棚下の狭いスペースもスムーズに掃除できる。一番厚みのある個所でも実寸9.5cmとスリムなため、12cmほどの隙間しかないベッド下にもすんなりと入り込み、溜まっていたホコリを取り除けた

ゴミ同時吸引テスト

どれだけ自由に動かせたとしても、ゴミをちゃんと吸引できないようでは掃除機としての意味がない。そこでフローリングに、大きなゴミに見立てたフェルト玉と小さなゴミに見立てた重曹を「ロの字」にまき、同時に吸引できるか実験してみたが、結果はご覧の通り。上下左右どの方向に動かしても、大小のゴミをとりこぼすことなくワンストロークでパワフルに吸引してくれた

テクノロジー全方向に動かせる
「Omnidirectional Fluffy™ クリーナーヘッド」を新搭載

これまでのコードレス掃除機とは桁違いの快適な操作感を持つ「Dyson Omni-glide」だが、それを実現できたのは、新設計された「Omnidirectional Fluffy™(オムニディレクショナル フラフィ)クリーナーヘッド」の採用が大きい。クリーナーヘッドの底面には360°稼働する4つのキャスターホイールが装備されており、これが全方向に動かせる原動力となっている。また、厳密に設計されたキャスターホイールによって、クリーナーヘッドが床から若干浮き上がるような構造になっており、軽い力でもスムーズに動かせるようになっているという。

さらに「Omnidirectional Fluffy™ クリーナーヘッド」には、中央の吸引口に向かって連動して回転する2つのローラーを搭載。これによって、前方向や後方向、斜め方向に動かす時も、同量のゴミを吸引できる※3ようになっている。一般的な掃除機のように前後に何度も折り返して動かす必要性がなくなり、一筆書きのように効率よく掃除が行えるため、素早く掃除を済ませられるのがメリットだ。パッと見ると単純な構造のように思える「Omnidirectional Fluffy™ クリーナーヘッド」だが、ダイソンらしい緻密な計算によってできた、まったく新しいクリーナーヘッドと言えるだろう。

Dyson Omni-Glide

「Omnidirectional Fluffy™ クリーナーヘッド」の底面には、360°くるくると動く4つのキャスターホイールを装備。これがクリーナーヘッドをフレキシブルに動かせる大きな要因となっている

Dyson Omni-Glide Dyson Omni-Glide

実寸で約208(幅)×約132(奥行)mmとコンパクトな「Omnidirectional Fluffy™ クリーナーヘッド」。ナイロン素材のブラシと静電気を抑えるカーボンファイバーブラシによって、大小のゴミを同時に吸い取れる「Fluffy™ クリーナーヘッド」のローラーを2つ搭載したうえ、それぞれのローラーが中央の吸引口に向かって回転することで、どの方向に動かしても同量のゴミを吸い取れる構造※3になっている

Dyson Omni-Glide Dyson Omni-Glide Dyson Omni-Glide

操作感のよさにおいては、ダイソンのコードレス掃除機として初めて、ストレートタイプのハンドルを採用していることも大きく影響している。自由に持ち方や持ち手を換えられるので、掃除場所に合わせて切り替えていけば、腕への負担も少なくなる。よりラクに動かしたいのであれば、ほうきのように両手で持つことも可能だ

Dyson Omni-Glide

「Dyson Omni-Glide」の全長は1077mmと、身長155cmのスタッフが「取り回しがしやすい」と太鼓判を押すサイズ感。重さも約1.9kgと、軽量モデルの目安となる2kgを切っており、部屋から部屋へ移動する際も負担は少ない

使い勝手に軸足を置いている「Dyson Omni-glide」だが、ダイソンのコードレス掃除機らしく、すぐれた吸引力も持ち合わせている。その中心となるのが、毎分最大105,000回転する「Dyson Hyperdymium™(ダイソン ハイパーディミアム)モーター」と、8個のサイクロンで98,000Gもの遠心力を生み出す「Radial Root Cyclone™(ラジアルルートサイクロン)テクノロジー」だ。さらに、モーターから、サイクロン、クリアビンまでを一直線に配置することで空気の流れを最適化。本体部はコンパクトながら、ダイソンならではのパワフルさと、変わらない吸引力を実現している。

Dyson Hyperdymium™ モーター Radial Root Cyclone™テクノロジー
Dyson Omni-Glide Dyson Omni-Glide

吸引力の源であるモーターには、毎分最大105,000回という高速回転を生み出す「Dyson Hyperdymium™ モーター」を装備。また、同心円状に緻密に配置された8個のサイクロンが98,000Gという遠心力を作り出す、独自の「Radial Root Cyclone™テクノロジー」を搭載するなど、ダイソンならではのテクノロジーがしっかりと採用されている

Dyson Omni-Glide

吸い込んだ空気から微細なゴミを分離するサイクロン技術と、高性能な排気フィルターを組み合わせたことで、0.3μmもの微細なホコリを99.99%本体内に閉じ込めることが可能※4に。出てくる排気は吸い込んだ空気よりもキレイなため、小さな子どもがいる部屋や窓を開けられない部屋でも問題なく使用できるのがうれしい

使い勝手ハンディクリーナーとしての実力も十分。
交換式バッテリーだから長時間掃除にも対応できる

続いては、「Dyson Omni-glide」の使い勝手を確認していこう。本機には、狭い隙間や高いサッシなどの掃除に便利な「コンビネーション隙間ノズル」をはじめ、テーブルや棚の上の掃除に使いやすい「卓上ツール」、ソファやふとん掃除に重宝する「ミニ モーターヘッド」の3つの付属ツールが同梱。これらを場所や対象に合わせて付け替えていくことで、効率的に家中を掃除できる。また、本体をスッキリと収納できるフロアドックには、使わない上記の付属ツールも保管できるので、「使いたい時に見当たらなくて困る」なんてことも減らせるだろう。

Dyson Omni-Glide

「Dyson Omni-glide」には、写真上から時計回りに「コンビネーション隙間ノズル」「卓上ツール」「ミニ モーターヘッド」の3つの付属ツールが同梱されている

Dyson Omni-Glide Dyson Omni-Glide

「Dyson Omni-glide」は本体が軽くて持ちやすいため、左写真のように持ち上げても腕が疲れにくいのがうれしい。「コンビネーション隙間ノズル」は先端がブラシになっているので、ブラインドやエアコンの掃除もお手の物だ。また、テーブルにこぼしたお菓子などをサッと掃除したい時は、「卓上ツール」が重宝する

Dyson Omni-Glide

パイプを外して「ミニ モーターヘッド」に交換すれば、パワフルな布団クリーナーとして活躍してくれる。「ミニ モーターヘッド」は、高速回転するナイロンブラシが繊維の奥に潜むゴミやホコリを叩き出す仕組みとなっており、ソファやクッションの掃除にも活用できる

Dyson Omni-Glide

壁に穴を開けることなく、スッキリと本体や付属ツールが保管できる「専用充電ドック」も同梱。スタイリッシュな見た目なのでリビングルームに設置しても違和感はなく、使いたい時に素早く取り出せる

ダイソンの掃除機と言えば、トリガーを握ることで電源のオン/オフを行う、というイメージを持っている人も多いと思うが、「Dyson Omni-glide」では、片手でも簡単に操作できるボタン式スイッチを採用。持ち手を切り替えながら掃除するケースの多い本機にとって、1度電源ボタンを押したら起動し続けるスイッチ方式は、本機の実力を最大限発揮できる最適な仕組みだと感じられた。

Dyson Omni-Glide

従来のトリガー式ではなく、片手でも簡単に操作が行えるボタン式スイッチを採用。清掃モードとして、通常の「エコモード」と「強モード」が用意されており、電源ボタン横の「MAXボタン」で切り替えられる。バッテリー満充電時の運転時間は「エコモード」で最長約18分(クリーナーヘッド装着時。非モーター駆動ツールで使用した場合の最長運転時間は約20分)、「強モード」で約5分だ

Dyson Omni-Glide

ハンドル上部にあるボタンを押すだけで取り外せる、交換式バッテリーを採用。オプションの予備バッテリーを用意しておけば、運転時間を気にする必要もなくなるだろう

Dyson Omni-Glide Dyson Omni-Glide

お手入れの手軽さも「Dyson Omni-glide」の特徴。クリアビン横のレバーをスライドさせるだけのワンアクションで、手を汚さずにゴミ捨てが行える。また、ローラー部やフィルターなどは取り外して水洗いが可能となっており、衛生的に使えるのも◎

まとめゲームチェンジャーとなりえる、新時代のコードレス掃除機

これまでも多くの傑作コードレス掃除機を登場させ、掃除機市場をリードし続けてきたダイソン。そんなダイソンが満を持して発売した「Dyson Omni-glide」もまた、これまでの掃除機の概念を大きく変えるほどの衝撃を与える製品となるだろう。

特に、底面に360°稼働する4つのキャスターホイールと、中央の吸引口に向かって逆回転する2つのローラーを搭載した「Omnidirectional Fluffy™ クリーナーヘッド」を新搭載することで、どの方向にも自由自在に動かせる操作性が秀逸。その圧倒的な取り回しのよさは、これまでストレスにしかならなかった掃除が楽しく思えたほどである。しかも、ダイソンならではのパワフルな吸引力に加え、一筆書きで効率よく掃除が行えることで掃除の時短にもつながるのだから、本機はコードレス掃除機の“ゲームチェンジャー”にもなりえるモデルと言って差し支えないだろう。ぜひ1度、新時代の幕開けを感じさせる「Dyson Omni-glide」を店頭で試してほしい。きっと、快適な操作感のトリコになってしまうはずだ。

Dyson Omni-Glide
ダイソンお客様相談室
https://www.dyson.co.jp/contact.aspx
  • ※1  Dyson V8シリーズとの比較。独立第三者機関での操作性の調査(2020年2月に実施)に基づく。
  • ※2 本体を後方に倒して寝かせることが可能。逆方向には倒れません。
  • ※3  IEC(国際電気標準会議)規格62885-2 5.1に準拠した、自社によるフローリングから取り除いたゴミの量の試験(2020年に実施)。
  • ※4  ASTM F1977-04に基づく自社(英国、マレーシア)による試験結果(2020年に実施)。試験は0.3μm以上の粒子を使用し、強モードで実施。
この記事は2021年04月08日の情報を基にしております。

製品アンケート

Q1.この記事を読む前からこの製品のことを知っていましたか?*

Q2.この記事を読んで、この製品の特長が理解できましたか?*

Q3.この記事を読んで、この製品を購入してみたいと思いましたか?*

Q4.Q3のようにお答えになった理由や、記事の感想など、自由にお書きください。

Q5.性別*

Q6.年齢*