これからは、テレビとのメーカー合わせではなく、録画・視聴機能の「賢さ」で選ぼう!ソニーの最新レコーダー「BDZ-FBW1100」徹底レビュー

ブルーレイディスクレコーダーの購入にあたって、みなさんは何を基準に製品を選んでいるだろうか? 「レコーダーはテレビと同じメーカーのもののほうがいいんじゃない?」そう考えている人は少なくないはずだ。しかし、本当にそれでいいのだろうか。せっかく新しいレコーダーを買うのなら、「テレビと同じメーカーだから」という理由だけで製品を選び、選択肢を狭めてしまうのではなく、レコーダーの本質である録画機能にすぐれたモデルを選ぶべきだろう。そこで本特集では、賢い録画機能を備えたソニーの最新ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-FBW1100」に注目。ドラマをはじめとする、見たい番組の録り逃しを防いでくれるという、本機の魅力をたっぷり紹介していこう。

テレビとレコーダーの相性他メーカーのテレビとも好相性。
「BDZ-FBW1100」のリモコンでテレビの操作や画質調整も行える

昨今、自宅で過ごす時間が長くなったことで、以前よりテレビを見る機会が増えたという人は多いのではないだろうか。そうなると、連続ドラマに単発ドラマ、バラエティ番組にドキュメンタリー番組と、おもしろそうな番組に出会う機会が増えてくるが、せっかく興味のある番組を見つけても、それらをすべてリアルタイムで視聴するには限界がある。賢くテレビ番組を見るには、番組を効率的かつ大量に録画できるブルーレイディスクレコーダーは必須と言えるだろう。

ところが、AV機器にあまり詳しくない人がブルーレイディスクレコーダーを選ぶ際、最初に突き当たるのが、「テレビとレコーダーって違うメーカーの製品でもいいの?」という疑問。それなりに詳しい人でも「テレビとレコーダーにはメーカー独自のリンク機能が用意されているから、同じメーカーのほうがいいのでは?」と考えている人が多いようだ。実際、価格.com「ブルーレイ・DVDレコーダー」カテゴリーのクチコミ掲示板を見ても、「テレビと違うメーカーでも特に問題ないでしょうか?」や「リモコンって共有できないよね?」など、同様の疑問を感じている人が、少なからずいるようなのだ。

価格.comのユーザーレビュー抜粋

レコーダーの調子が悪いので買い替えを検討しています。今はテレビとレコーダーが同じメーカーなのですが、別メーカーのレコーダーが気になっています。テレビと違うメーカーでも特に問題ないでしょうか?

10年以上使ったレコーダーが壊れたので買い替え予定です。これまでリモコンが2つ必要なことがわずらわしいと考えていましたが、同じメーカーならリモコンも共有できるし便利だと思っていますがどうでしょう?

ブルーレイディスクレコーダーですが、テレビとは別のメーカーの製品をつなげても問題ないのでしょうか? それとも、同じメーカーの製品のほうが相性はよいのでしょうか?

※2021年5月14日時点、価格.com「ブルーレイ・DVDレコーダー」カテゴリー内のクチコミ掲示板に寄せられたクチコミを抜粋・編集しています。

ではこのレコーダーの「テレビとのメーカー合わせ」問題、実際のところどうなのか? 結論から言うと、メーカーを合わせる必要はない。今や、お使いのテレビとレコーダーをHDMIケーブルで接続できさえすれば、異なるメーカーの製品同士でも問題なく使えるし、リモコンの共有などのリンク機能も基本的には利用可能。つまり、ブルーレイディスクレコーダーの購入にあたっては、メーカーを同じものに合わせる必要はなく、むしろレコーダーにとって最重要となる録画機能にすぐれた製品を選んだほうがいいということになる。

そこで注目したいのが、「価格.comプロダクトアワード2020」のブルーレイ・DVDレコーダー部門で金賞を獲得したソニーの4K対応ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-FBW1000」後継機で、2021年6月に発売された最新モデル「BDZ-FBW1100」である。本機は、これまでも評価の高かったソニー独自の録画・再生機能を踏襲しつつ、細部にわたってより賢く進化。特にドラマの録画に強く、録り逃しを最小限に抑えてくれる機能が数多く搭載されている。ドラマを見るのが好きという人なら、まず押さえておくべき製品なのだ。

ソニー「BDZ-FBW1100」

2021年6月に発売されたソニーの最新4K対応ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-FBW1100」。1TB HDDを搭載するほか、地デジ/BS/110°CSチューナーを各2基、BS 4K/110°CS 4Kチューナーを各2基搭載し、4K放送の2番組同時録画にも対応する。また、4K映像を収録できる市販のUHD BDの再生に対応したブルーレイディスクドライブを装備。大容量規格「BDXL」にも書き込み可能なうえ、録画した4K放送番組を4K画質のままブルーレイディスクに保存できる

さらに、「BDZ-FBW1100」は、つないだテレビの種類に合わせて画質設定を行える「ディスプレイ種類別画質設定」や、接続したテレビのメーカーに合わせて自動で画質調整する「おまかせ画質モード」、高性能な4Kアップコンバート機能を備えるなど、ソニー以外のテレビとも相性がいい。もちろん、ソニーの薄型テレビ「4Kブラビア」と接続した場合には最適な映像に自動調整してくれる「4Kブラビアモード」も搭載している。

ソニー「BDZ-FBW1100」 ソニー「BDZ-FBW1100」

「BDZ-FBW1100」の付属リモコンはソニー製のテレビのほか、パナソニック、シャープ、東芝、日立、三菱電機、LGエレクトロニクス、FUNAI、ハイセンスという8メーカーの、HDMI入力端子が搭載されたテレビに対応。電源やチャンネル選局、画質調整までほとんどの操作が行える

ディスプレイ種類別画質設定

ソニー「BDZ-FBW1100」

初期設定時、「液晶テレビ」「有機ELテレビ」「プロジェクター」のうちどの映像機器と接続するかを問われるので、接続する機器の種類を選択。それだけで、映像機器に合わせて最適な画質設定を行ってくれる

おまかせ画質モード

ソニー「BDZ-FBW1100」

「おまかせ画質モード」は、4Kブラビアだけでなく、他社製テレビでもディスプレイごとに判別して自動で画質を調整してくれる機能。「映像ソース」や「ジャンル」「レート」などを組み合わせた約2500パターンのパラメーターの中から、自動で最適なものを選んで出力してくれる

4Kアップコンバート対応

ソニー「BDZ-FBW1100」

地デジの番組やブルーレイディスクといったハイビジョン映像※を、細部までクッキリとした高精細な4K画質に変換してくれる、高性能な4Kアップコンバート機能を装備。ソニーならではの超解像技術によって、他メーカーの4Kテレビでも、より美しい映像で楽しむことができる ※解像度 1920×1080、1440×1080

録画機能ドラマの録り逃しを防ぐ!
特番ドラマにも対応した賢い録画機能を搭載

ソニー「BDZ-FBW1100」

価格.comユーザーから評価の高い録画機能を、さらに賢くブラッシュアップさせた「BDZ-FBW1100」。とりわけ、ドラマの録画機能が強化されたと言うが、どのような進化を遂げているのだろうか?

他メーカーのテレビとも好相性な「BDZ-FBW1100」だが、本機の最大の魅力は、従来モデルでも高く評価されていた録画機能が強化され、賢さに磨きがかかったことだ。

たとえば、2018年モデルから搭載され、既存ユーザーからも定評のある「新作ドラマ・アニメガイド」。これは、テレビ情報誌「ザテレビジョン」の最新データを活用することで、従来のEPG(電子番組表)では対応していない最長1か月先の新作ドラマやアニメを先取り予約できるという録画機能だが、本機では連続ドラマに加え、新たに特番ドラマにも対応。特番ドラマは各局が力を入れて制作するため、話題性の高い作品が多いが、単発番組ゆえに一度録り逃がせば今後二度と放送されないことも。しかし、特番ドラマまで先取り予約できる本機なら、気になった時点ですぐに予約でき、録り逃しの可能性をグンと低減できるのだ。

最長1か月前から予約できる「新作ドラマ・アニメガイド」

ソニー「BDZ-FBW1100」

雑誌や番組宣伝を見て、おもしろそうだと思った新作ドラマ。しかし、EPGで録画予約できるのは1週間前からなので、「知っていたのに、予約するのを忘れていた!」なんて経験を持っている人も多いのでは? そんな時に便利なのが、最長1か月先の新作ドラマやアニメの先行予約が行える「新作ドラマ・アニメガイド」だ。気になったドラマがあれば即予約できるので、録り逃しを減らすことができる

「新作ドラマ・アニメガイド」が特番ドラマにも対応!

ソニー「BDZ-FBW1100」

「BDZ-FBW1100」に搭載された「新作ドラマ・アニメガイド」は、ユーザーから要望の多かった特番ドラマに対応。従来の連続ドラマ(4話以上)だけでなく、年末年始や番組改編期に放送されることの多い単発ドラマをはじめ、連読ドラマのスペシャル番組やスピオンオフ企画、話数が3話までのドラマなど、EPGが更新される前から、いち早く録画予約できる

また、お目当てのタレント名やジャンルなどを登録しておくだけで、自動的に検索して関連番組の録画を行ってくれるソニーの独自機能「おまかせ・まる録」もパワーアップ。キーワード検索に用いていた用語集「まる録辞書」が進化しており、たとえば、アイドルグループ名を登録しておけば、そのグループの個々のメンバーが出演する番組までまるっと録画してくれる。これはソニーのレコーダーならではの、録り逃しを防いでくれる機能だ。

さらに、番組名さえ設定しておけば、放送日や時間が変わっても自動で追跡録画してくれる「番組名予約」も引き続き搭載。ソニーならではのアルゴリズムを活用することで、重複録画をしない「二度録り回避機能」を装備しているので、おまかせで録画していたら「再放送の多重録画でいつの間にかHDDの容量が満杯だった」なんて事態も回避できる。

好きなキーワードやジャンルに関連した番組を自動で録画してくれる
「おまかせ・まる録」

ソニー「BDZ-FBW1100」

「おまかせ・まる録」は、タレント名やジャンルを登録しておくだけで、関連番組を自動で検索して録画してくれる機能。選択できるジャンルの種類も多く、「ドラマ」だけでも、「朝の連続ドラマ」や「ドラマ総集編」など細かく分類されているので、不要な番組まで録画して、HDD容量を圧迫してしまうようなことも防げる

サブワードまで含めて録画してくれる賢い「まる録辞書」

ソニー「BDZ-FBW1100」

「おまかせ・まる録」で使用されている用語集「まる録辞書」も強化された。たとえば、「BDレックス」というグループ名を「おまかせ・まる録」に登録したとしよう。すると、「BDレックス」の表記がある番組だけでなく、「BDレックス」の各メンバー名に対しても自動録画機能が動作し、メンバーA君が出演するバラエティ番組や、Bちゃんが出演するトーク番組なども録画してくれるのだ。ほかにも、「お笑い第7世代」や「戦隊ヒーロー俳優」といったワードにも対応しており、該当する芸人や俳優が出演する番組を逃さず録画してくれるのだ

再放送の重複録画を回避してくれる「番組名予約」

ソニー「BDZ-FBW1100」

同じ名前の番組を、1話から最終話まで自動で録画してくれる「番組名予約」も便利だ。毎回録画する手間が必要ないうえ、最終回が2時間スペシャル放送の場合や、臨時ニュースが入って放送日が変更された場合でも、自動的に追跡し、録り逃しを防いでくれる。また、同じ番組の同一話を除いて録画してくれる「二度録り回避機能」も備えており、ドラマの「見逃し再放送」などの重複録画を回避してくれる

スマートフォン連携機能専用アプリ「Video & TV SideView」を使えば外出先でも
テレビ番組が視聴可能。 2021年6月からは有料だった機能が無料化へ

最後は、「BDZ-FBW1100」のスマートフォン連携機能を紹介していこう。シリーズ専用のリモコン機能付きテレビ番組表アプリ「Video & TV SideView」(Android/iOS対応)は、これまでも、屋外から番組表や予約ランキングを確認して「録画」できる機能や、アプリをテレビのリモコン代わりに利用できる機能は無料で使用できたが、放送中のテレビ番組や録画番組をスマートフォンやタブレットで視聴できる「見る」機能は有料だった 。

ところが、「BDZ-FBW1100」発売のタイミングとなる2021年6月からは、この「見る」機能の無料化を実施。本機が接続されたリビングルームのテレビが家族に占領されていたとしても、自室や書斎でスマートフォンを使ってテレビ番組を視聴できるし、通勤・通学中や仕事の休憩中に録り貯めた連続ドラマを見ることがきる。Wi-Fi経由で圧縮した録画番組をスマートフォンに転送して持ち歩ける「ワイヤレスおでかけ転送」も用意されているので、スマートフォンのデータ通信量を気にせず楽しめるのもありがたい。

どこでも「録画」できる

ソニー「BDZ-FBW1100」

ソニーのレコーダー専用アプリ「Video & TV SideView」。録画予約をし忘れて出かけてしまった時や、残業が長引いて気になった番組がリアルタイムで見られなくなった時でも、アプリ上に表示された番組表から簡単に録画予約が行える

どこでも「視聴」できる

ソニー「BDZ-FBW1100」

「見たい番組があるのに、リビングルームのテレビを家族に占領されている……」。そんな時でも大丈夫。2021年6月から無料化される「Video & TV SideView」の「どこでも視聴」機能を使えば、放送中のテレビ番組はもちろん、レコーダー内の録画番組もスマートフォンで視聴可能。誰にもじゃまされず自室でゆっくりと好きな番組を堪能できる

「ワイヤレスおでかけ転送」

ソニー「BDZ-FBW1100」

録画した番組を「BDZ-FBW1100」からWi-Fi経由でスマートフォンに転送できる「ワイヤレスおでかけ転送」も重宝する。録画したドラマを一気に転送して通勤中や休憩中に消化するものいいし、アニメを転送してクルマでの移動中に退屈している子どもに見せるのもいいだろう。録画番組は圧縮したデータを転送するため、スマートフォンのストレージ容量を必要以上に圧迫しないのもうれしいポイントだ

まとめ賢く録画してくれるソニーの
最新レコーダーでテレビ番組をもっと楽しもう

レコーダーはテレビと同時購入されることが多く、同一メーカーで揃えている人も多いことだろう。そのため、後でレコーダーだけを買い替える場合も、テレビと同じメーカーの製品を選ぶ人が多いのではないだろうか。しかし、本特集で解説した通り、お使いのテレビにHDMI端子が搭載されていれば、今やどこのメーカーのレコーダーであっても問題なく使用できる。一度まっさらな状態でレコーダー各モデルの機能をチェックし、自分のテレビライフに合ったモデルを選ぶほうがいいだろう。

そうした意味で、今回注目したソニーの最新ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-FBW1100」は、録画機能において非常に賢い製品であることが実感できた 。とりわけドラマの録画に関してはものすごい充実ぶりで、最長1か月前から先行予約が行える「新作ドラマ・アニメガイド」は「特番ドラマ」に対応したほか、「おまかせ・まる録」は、アイドルグループのメンバーの名前など、メインワードにひも付くサブワードまで加味して自動録画してくれるように進化し、これまで以上に録り逃しが減らせるようになっているのだ。

4K放送も本格化した今、そろそろレコーダーを買い替えようかなと考えているなら、賢く録画してくれる「BDZ-FBW1100」を導入して、これまで以上にテレビライフを満喫してみてはいかがだろうか。

4Kチューナー対応ブルーレイディスクレコーダー
この記事は2021年06月09日の情報を基にしております。

製品アンケート

Q1.性別*

Q2.年齢*

Q3.現在、あなたはレコーダーの購入を検討していますか。 最もあてはまるものをひとつ、お答えください。*

Q4.☆問3で【検討している】と回答した方のみレコーダーと接続する予定のテレビメーカーを教えて下ください。(ひとつのみ)

Q5.この記事を読む前に、検討していたレコーダーのメーカーがあればお答えください。 検討候補にあがるメーカー(いくつでも)*

Q6.この記事を読む前に、検討していたレコーダーのメーカーがあればお答えください。 最も検討候補となるメーカー(ひとつのみ)*

Q7.前問で「最も検討候補となるメーカー」として 【前問の選択内容】を選ばれたのはどのような理由からですか。 あてはまるものをすべてお選びください。 (いくつでも)*

Q8.レコーダーはテレビと異なるメーカーでも接続できることを知っていましたか?*

Q9.レコーダーはテレビメーカー合わせではなく、録画/視聴機能や他メーカーテレビとの連携機能で選ぶべきということについて理解できましたか。*

Q10.ソニー「BDZ-FBW1100」のすぐれた録画/視聴機能について理解できましたか?*

Q11.この記事を読んで、 購入を検討するレコーダーメーカーに変化はありましたか?*

Q12.☆上記で【あった】と回答した方のみこの記事を読んで、現在検討しているレコーダーメーカーをお答えください。(いくつでも)

Q13.☆上記で【あった】と回答した方のみこの記事を読んで、現在検討しているレコーダーメーカーをお答えください。 最も検討候補となるメーカー(ひとつのみ)

Q14.☆上記で【あった】と回答し、問13でソニーを選ばれた方のみソニーを選ばれた理由を教えてください。(いくつでも)

Q15.この記事を読んで、この製品を購入してみたいと思いましたか?*