新開発1.8Lターボエンジンや「アイサイトX」など最新技術を結集 スバルのこだわりが注ぎ込まれた 「レヴォーグ」の“感動性能”徹底チェック

2020年10月に発売されたスバル「レヴォーグ」は、新開発の1.8Lターボエンジンや、本格的な自動運転を予見させる「アイサイトX」の搭載により、スバル車を愛するスバリストはもちろん、多くの自動車ファンから高い注目を集めている。本特集では、すでに「レヴォーグ」オーナーとなった、価格.comユーザーのコメントをチェックするとともに、同車の走りや、「アイサイトX」が実現するハンズオフアシスト機能、さらに、ツーリングワゴンとしての使い勝手を徹底レビュー。スバルが注ぎ込んだ“こだわり”に迫っていく。

01.走行性能スバルのフラッグシップモデルとして正常進化を遂げた上質な走り 走りに関するユーザーレビュー 試乗車のグレードとスペック 試乗インプレッション

「東京モーターショー2019」でプロトタイプが発表されて以降、スバリストはもちろん、多くの自動車ファンから、その登場が待ち望まれていたスバル「レヴォーグ」。その後、2020年8月に同年11月の発売がアナウンスされると、わずか3か月あまりの間に8,000台を超える先行予約が殺到したほか、発売後の12月には「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を、さらに、2021年5月にはJNCAP「自動車安全性能2020ファイブスター大賞」を受賞するなど、一般消費者はもとより、業界や客観的な評価を下す第三者機関からも、高い注目と評価を受け続けている。

そんな「レヴォーグ」の注目ポイントはさまざまあるが、まずは新プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」の採用をはじめ、新開発1.8Lターボの水平対向エンジンや、スバル車の伝統でもあるシンメトリカルAWDがもたらす同車の「走り」について、価格.comユーザーはどんな評価を下しているのか、チェックしてみよう。

「レヴォーグ」の走りに関するユーザーレビュー抜粋
ユーザーアイコン

とても滑らかで、気持ちよく、静かで安定していますし、ハンドリングは意図したように反応してくれます。ワインディングや高速道路で積極的に運転したくなります。

ユーザーアイコン

走り、乗り心地、ハンドリングなど、走行性能は文句の付けようがないくらいいいクルマです。購入したいという人には自信をもってオススメできます。

ユーザーアイコン

新型シャシーにデキのよい足回りで、走らせて楽しめるクルマに仕上がっています。

※ 2021年7月16日時点の、価格.com「レヴォーグ」(2020年モデル)製品ページに寄せられたユーザーレビューの一部を抜粋・編集しています。

試乗車のグレードとスペック

価格.comに寄せられた「レヴォーグ」の走りに関するコメントは、いずれも高評価。むしろ、ネガティブな意見を見つけようと思っても、見あたらないぐらいだ。なかでも目立つのは、滑らかさや静粛性の高さを評価する声で、新プラットフォーム採用の効果が早速出ているようである。ここからは、価格.comユーザーの声を意識しつつ、その評価の高さを確かめるべく、試乗車(GT-H EX)を使ってレビューを行っていく。

「レヴォーグ」の走り

都市部の一般道から、高速道路、ワインディングまで、さまざまなシチュエーションで「レヴォーグ」を走らせてみた。その実力やいかに?

「レヴォーグ」のグレード構成
グレードメーカー希望小売価格
(税込)
GT3,102,000円
GT EX3,487,000円
GT-H3,322,000円
試乗車GT-H EX3,707,000円
STI Sport3,707,000円
STI Sport EX4,092,000円
試乗車「GT-H EX」の主なスペック
全長×全幅×全高4,755×1,795×1,500mm
エンジン1.8L DOHC 直噴ターボ“DIT”
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
トランスミッションリニアトロニック
最高出力[ネット]130kW(177PS)/5200-5600rpm
最大トルク[ネット]300N・m(30.6kgf・m)/1600-3600rpm
燃費JC08モード:16.5km/L WLTCモード:13.6km/L

試乗インプレッション

「レヴォーグ」を、さまざまなシチュエーションで走らせて、最初に感じたのはエンジンの扱いやすさだった。ある程度回転数を高めてからではなく、低回転域からターボの効果が十分に発揮されている印象で、ストップ&ゴーの多い都市部の一般道でも、アクセルワークに合わせて軽快に加速していく。また、ブレーキの感覚も良好で、踏み始めはグッとディスクをつかんで減速し、その先はペダル操作で体感に合わせたコントロールが可能。滑らかさにおいては、先代からの大幅な進化が感じられる

高速道路では、177PSによる爽快な加速が存分に味わえるし、ワインディングでは、一新されたプラットフォームやサスペンション、シンメトリカルAWDが実現する安定感を背景に、滑らかな走りを堪能することができる。まさに“上質な走り”と呼ぶのにふさわしい完成度だ。

シチュエーション別インプレッション
スバル「レヴォーグ」

都市部の一般道アクセルを踏み込んだ瞬間、低回転域からトルクがグッと立ち上がるため、低速走行が多い都市部の一般道でも加速性能は十分。より洗練されたターボエンジンという印象を受けた

スバル「レヴォーグ」

高速道路高速道路での安定性は申し分なし。路面のつなぎ目での段差越えや、車線変更でも挙動の変化は最小限で、スムーズな加速と安定感のある直進性を存分に味わえる

スバル「レヴォーグ」

ワインディング一新されたプラットフォームやサスペンションのおかげか、路面に吸い付くようにコーナーを駆け抜けていく。まさに「意のままに操れる」といった感覚で、胸のすくような走りが楽しめた

運転視界
スバル「レヴォーグ」

細く絞り込まれたAピラーや、三角窓の採用によって死角が最小限に抑えられているため、視界は良好。初めて乗っても安心してドライブできる

02.安全性能ハンズオフ走行を可能にした
「アイサイトX」をはじめ多彩な先進安全装備を体感
先進安全装備に関するユーザーレビュー 近未来が味わえる新機能 ハンズオフ走行を体感 そのほかの運転支援機能 カコミ:ファイブスター大賞を受賞

続いては、「レヴォーグ」最大のトピックとも言える、「アイサイトX」をはじめとした同車の先進安全装備について確認していく。まずは、価格.comユーザーの声をチェックしてみよう。

「レヴォーグ」の先進安全装備に関するユーザーレビュー抜粋
ユーザーアイコン

ハンドルが勝手に動くだけで未来が感じられ、驚きの連続です。高速ではハンドルに手を添えてスイッチ操作するだけで、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作を自動でアシストしてくれます。

ユーザーアイコン

車線認識とハンドル保持が従来の「アイサイト」より明らかに向上しています。「アイサイトX」の車線変更は私より上手だと思っています。

ユーザーアイコン

世界一とも言える安全性能の「アイサイトX」と、この走行性能を持った「レヴォーグ」に、価格で勝負できるクルマは、国内はおろか世界にも存在しないでしょう。

※ 2021年7月16日時点の、価格.com「レヴォーグ」(2020年モデル)製品ページに寄せられたユーザーレビューの一部を抜粋・編集しています。

近未来が味わえる新機能

「レヴォーグ」に搭載された「アイサイトX」は、一定の条件を満たした高速道路や自動車専用道路において、搭載されたステレオカメラに加え、GPSや準天頂衛星「みちびき」などからの情報と、車線単位の道路情報を持つ3D高精度地図データを組み合わせることで、自車位置を正確に把握。運転支援機能を大幅に拡張してくれる。注目度の高い「ツーリングアシスト」や「全車速追従機能付クルーズコントロール」「渋滞時ハンズオフアシスト」「アクティブレーンチェンジアシスト」といった機能も、この「アイサイトX」の機能のひとつだ。そのため、ユーザーからのコメントも、これら機能に関するものが多く、「驚きの連続です」「『アイサイトX』の車線変更は私より上手だと思っています」などの声が多数寄せられている。

ハンズオフ走行を可能にした「アイサイトX」

「レヴォーグ」最大のトピックと言える、「アイサイトX」の搭載。その使用感や実用度をじっくりと確認していこう

ステレオカメラ
スバル「レヴォーグ」

新開発されたステレオカメラと前後4つのレーダー、電動ブレーキブースターを採用し、「アイサイト」も新世代に。アクセル、ブレーキ、ステアリング操作の支援制御を大きく進化させている

ハンズオフ走行を体感

そんな「アイサイトX」の実力を、実際に味わってみた。高速道路を走行中、ステアリング右に装備されたスイッチで「アイサイトX」を起動。車速と車間距離を設定すれば運転支援がスタートする。さらに、「アクティブレーンチェンジアシスト」は70〜120km/hの範囲で設定でき、車線変更する方向にウインカーレバーを下げると、ステアリングを保持しているだけで、システムのアシストに導かれて隣の車線へ。コーナーに進入する際の感覚もドライバーが運転するものに近く、違和感はない

さらに、試乗の途中で渋滞個所を通過することになったので、「アイサイトX」の機能のひとつ、「渋滞時ハンズオフアシスト」も試してみた。メーター表示がグリーンからブルーに変わるとハンズオフが可能となり、加減速、ステアリング操作、停止からの再スタートもすべて自動で行ってくれる。正直に言えば、最初はステアリングから手を放すのに恐怖心を覚えたが、渋滞にハマって5分もしないうちに「もう、この機能がないと渋滞を乗り切れない!」と思うほど、その便利さと快適さを堪能してしまった。

ハンズオフ走行
スバル「レヴォーグ」

巡行時はステアリングを握っておく必要があるが、渋滞時は条件(前走車検知+約50km/h以下)が揃えばハンズオフが可能になる。1度味わったら、「この機能なくして、高速道路は走れない」と思えるほど、感動的な機能だ
※3D高精度地図データが最新化されていない道路(新規開通道路、改修工事道路)では、機能が正しく動作しないことがあります。

そのほかの運転支援機能
スバル「レヴォーグ」

後側方警戒支援システムボディ後部のセンサーが後側方から接近する車両を検知。ドアミラー内側のLEDインジケーターで知らせてくれる。さらに、検知した側にハンドルを切ると、衝突の危険を知らせるため、警報音で注意をうながすほか、ステアリング操作をアシストして車線からの逸脱を抑制してくれる

スバル「レヴォーグ」

プリクラッシュブレーキ従来の「アイサイト」から作動領域が広がったことで、右折時の直進対向車や、右左折時の歩行者、横断中の自転車などを検知し、交差点内での衝突回避をサポートしてくれる

スバル「レヴォーグ」

前側方プリクラッシュブレーキ前側方レーダーによって、駐車場からの出庫など、見通しの悪い状況でも接近するクルマを検知し警告。回避操作がないとブレーキ制御を行ってくれる

スバル「レヴォーグ」

緊急時プリクラッシュステアリング「前側方プリクラッシュブレーキ」だけでは衝突回避が困難な状況で、周囲に回避スペースがあるとシステムが判断すると、ステアリング制御によって衝突回避をサポート

スバル「レヴォーグ」

後退時ブレーキアシスト駐車場などでバックするとき、衝突の可能性があれば注意を喚起し、回避操作がない場合はブレーキ制御で衝突回避をサポートしてくれる機能

スバル「レヴォーグ」

デジタルマルチビューモニターシフトレバー横の「VIEW」ボタンを押すと、前方やボディの側方など、死角になりやすいところをモニター上に表示してくれるため、安心して運転できる

JNCAP「自動車安全性能2020ファイブスター大賞」を受賞
JNCAP「自動車安全性能2020ファイブスター大賞」

「レヴォーグ」は、自動車の安全性能を比較・評価する自動車アセスメント(JNCAP)において、「自動車安全性能2020ファイブスター大賞」を受賞した。その内容は、190点満点中186.9点とい高得点で、衝突試験においての高評価に加え、テスト車両の中で最高の総合得点を記録。「フルインナーフレーム構造」による全方位の衝突安全性向上のほか、予防安全・運転支援システムでは、新型のステレオカメラと前後4つのレーダーを搭載し、360°全方位センシングを実現した新世代「アイサイト」の全車採用が評価された。トラブルの際に作動する自動通報機能を含むコネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」など、安全性に対するスバルの先進的な取り組みが実を結んだ結果と言える。

03.デザインひと目でスバル車とわかる
ダイナミックさと繊細さをあわせ持ったデザイン
デザインや使い勝手に関するユーザーレビュー 品のよさを感じさせるデザイン エクステリアデザイン インテリアデザイン ワゴンとしての使い勝手

最後は、「レヴォーグ」のエクステリア/インテリアデザインと、ツーリングワゴンとしての使い勝手を確認していきたい。ここでも、まずは価格.comユーザーの声に耳を傾けてみよう。

「レヴォーグ」のデザインや使い勝手に関するユーザーレビュー抜粋
ユーザーアイコン

シャープな顔つきで、サイドからテールまで流れるようなラインが好印象です。リヤタイヤのブリスターフェンダーの盛り上がりも個人的には好み。全体的にツーリングワゴンとは思えない、シャープで美しいデザインではないでしょうか。

ユーザーアイコン

内装はシンプルですが質感が向上し、フル液晶メーター、大画面ナビ、液晶ミラーなどのデジタル化で一気に先進的になりました。

ユーザーアイコン

クルマの大きさの割に、室内も荷室も広く、非常に上手なパッケージングだと思います。

※ 2021年7月16日時点の、価格.com「レヴォーグ」(2020年モデル)製品ページに寄せられたユーザーレビューの一部を抜粋・編集しています。

品のよさを感じさせるデザイン

ツーリングワゴンと言うと、ラゲッジに多くの荷物を積み込んで、ロングバケーションに出かけるための、実用性重視でやや無骨なデザインのクルマ、あるいは、マリンスポーツやウインタースポーツをはじめとするレジャーに出かけるためのタフなクルマ、というイメージを持っている人も少なくないはず。

ところが、価格.comユーザーのコメントには「流れるようなライン」「シャープで美しいデザイン」「先進的」などの言葉が並び、上品さやスタイリッシュさを評価する声が多く寄せられている。実際のところはどうなのか? 試乗車を使って詳しく見ていこう。

「レヴォーグ」のデザイン

エクステリアだけでなく、インテリアからも品のよさが感じられる「レヴォーグ」。この大人っぽい雰囲気も人気の理由のひとつと言えるだろう

エクステリアデザイン

エクステリアデザインは、スバルの新しいデザインコンセプト「BOLDER」を量産車として初めて取り入れたもので、エッジの効いた仕上がりとなっている。フロントとリヤはワイド&ローを意識し、大きく張り出した前後のフェンダーが精悍さを強化している。サイドビューは、フロントからリヤにかけてのキャラクターラインによって前傾気味のシルエットになっており、躍動感も十分だ。

フロントデザイン
スバル「レヴォーグ」

ワイドなヘキサゴングリルや、シャープで切れ長のヘッドランプなど、塊から削り出したような一体感のあるエクステリアデザインとなっている

リヤデザイン
スバル「レヴォーグ」

フロントデザインと同様、リヤのコンビネーションランプもワイド感を強調。リヤフェンダーを大きく張り出すことで、躍動感や力強さが伝わってくる

サイドシルエット
スバル「レヴォーグ」

フロントからリヤへキックアップするように、ウインドウ下部のメッキモールやキャラクターラインが描かれる。前傾姿勢で、今にも走り出しそうな「勢い」が感じられる

フロントランプ
スバル「レヴォーグ」

水平対向エンジンのピストンをモチーフとする、コの字型が印象的な「レヴォーグ」のポジションランプ。ヘッドランプとターンランプを含めフルLED仕様だ

リヤランプ
スバル「レヴォーグ」

リヤのLEDコンビネーションランプも、フロント同様のコの字型。左右のランプをピアノブラックのパーツでつなぐことでワイド感を強調している

インテリアデザイン

インテリアデザインに関しては、11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイやフル液晶メーターなど、先進的なデジタルコックピットが強く印象に残る。内装の素材にはカーボン調パネルとソフトパッドが組み合わされるほか、パネルの随所に美しい光沢のピアノブラックが、スイッチの一部にメッキが使われるなど、細部の作り込みにも余念がなく、高級感を演出していることに気づく。モデルチェンジによって、車格がひとつ上がったような上質感である。

インパネ
スバル「レヴォーグ」

大胆かつ立体的な面構成で、ワイド感や、包まれ感を演出するインパネ。センターコンソールに配置された大型ディスプレイに目を奪われがちだが、細部の作り込みにもこだわりが感じられる

ディスプレイ
スバル「レヴォーグ」 スバル「レヴォーグ」

11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイは、「アイサイトX」搭載グレードには標準装備となる。縦型画面のためカーナビの地図が見やすいうえ、多彩な操作メニューを集約しており、操作感はまさに「デジタルコックピット」だ

メーター
スバル「レヴォーグ」

ステアリング奥のフル液晶メーター。アナログのスピードメーターとタコメーターを配置したノーマル画面のほか、カーナビと連動した地図画面や、「アイサイトX」の作動状況を表示することができる

内装ディテール
スバル「レヴォーグ」 スバル「レヴォーグ」

インテリア全体は黒を基調としているものの、ソフトパッドとカーボン調パネルなど素材を使い分けたり、ピアノブラックとメッキなどの異なる加飾を施したりするなど、複数の要素が取り入れられており、高級感が漂う。また、「GT-H/GT-H EX」専用のブルーステッチが室内随所にあしらわれスポーティーな雰囲気も感じられる

ワゴンとしての使い勝手

ラゲッジスペースの容量は5人乗車時で492Lと十分なもので、開口部とフロアの段差が少ないため荷物の収納がしやすい。リヤシートの可倒スイッチがシートの肩口だけでなく、リヤゲートを開けて手の届く距離に配置されたラゲッジ内の可倒スイッチが用意されているところに、ツーリングワゴン作りに長けたスバルらしさを感じた。パタンッと倒すだけの操作でフラットな空間が広がり、使い勝手は申し分なさそうだ。

フロントシート
スバル「レヴォーグ」

臀部や腰のサポートも適度にあり、ほどよい包まれ感のあるフロントシート。長時間のドライブでも、疲れは最小限に抑えられるだろう

リヤシート
スバル「レヴォーグ」

リヤシートの膝前スペースやヘッドクリアランスは、大人の男性が乗っても十分なゆとりがある。手元にあるスイッチでリクライニングが可能で、後席中央から引き出すドリンクホルダー付きのアームレストも用意されている

ラゲッジルーム
スバル「レヴォーグ」

開口部が広く、ほぼフラットで使いやすいラゲッジルーム。リヤシートは4:2:4の3分割可倒式となり、乗車人数や荷物の大きさ、形状に合わせて柔軟に使い分けられる

積載性
スバル「レヴォーグ」

後席使用時に9インチのゴルフバッグが何個積み込めるか検証してみた。ゴルフバッグを横にした状態で3個、その上に1個重ねれば合計4個積載可能で、4人でゴルフに出かけることもできる

04.まとめ新たなカーライフをもたらしてくれる感動モノの
注目モデル

2020年8月、「レヴォーグ」発売がアナウンスされると、発売までのわずか2か月間に8,000台を超える先行予約が殺到したことは冒頭でも触れた通り。当時は「実車を見ていないのに、試乗もしていないのに、なぜ?」と疑問に思う部分もあったが、「レヴォーグ」のスタイリングや、新開発1.8Lターボエンジンの搭載、「アイサイトX」の採用など、さまざまな注目ポイントを持ったクルマであることを考えると、「まあ、それもありか」と、少々強引に自分を納得させたものである。

しかし今回、そんな「レヴォーグ」を実走レビューしてみて、スバルのスゴさ、「レヴォーグ」のスゴさを実感することとなった。これまでスバル車だけでなく、数多くのクルマのレビューを行ってきたが、この「レヴォーグ」の走りや先進安全装備、スタイリングや使い勝手は、そのどれもがハイレベルで、とりわけ、11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイの見やすさ、使いやすさと、「アイサイトX」による「渋滞時ハンズオフアシスト」の滑らかな動きには感動すら覚えたほどだ。

すでに「レヴォーグ」オーナーとなった人に敬意を表しつつ、今まさに購入を検討している人に伝えたい。このクルマは、従来までの自動車の概念を覆し、新しいカーライフをもたらしてくれる、買って間違いのないクルマであることを。

スバル車の購入を検討している人には見逃せない情報がたっぷり 価格.com「SUBARU CHANNEL」をチェック
スバル車の購入を検討している人には見逃せない情報がたっぷり 価格.com「SUBARU CHANNEL」をチェック
本ページでは、ユーザーの利用状況を把握するために、株式会社SUBARUが提供するGoogle Analytics 360を導入しております。 このため、同ツールから提供されるクッキー(cookie)を使用しています。クッキー(cookie)の使用に関する説明、 クッキー(cookie)によって収集される情報、オプトアウト(クッキーの利用に対する拒否権)の手続きについて 詳しくお知りになりたい方は、株式会社SUBARUのプライバシーポリシー をご確認ください。
Google Analytics 360のオプトアウトは右記のリンク先にて実施可能です。オプトアウトはこちらから。
この記事は2021年08月16日の情報を基にしております。