コードレス スティッククリーナー、吸引力だけで選んでいいの?

日立 パワかるスティック「PV-BL50J」登場“きわだつパワー”と“軽さ”を両立

コードレス スティッククリーナーを選ぶ際に重視するポイントはなんだろう? きっと多くの人が「吸引力」と答えるだろうが、吸引力と軽さはどちらかしか選べない印象がある。吸引力も十分で、なおかつ軽い製品はないものだろうか。そんなニーズに応える製品として登場したのが、日立の最新コードレス スティッククリーナー、“パワかるスティック「PV-BL50J」”だ。本特集では、“きわだつパワー”と“軽さ”を両立した本機の実力を、価格.com編集部がチェックしていこう。

吸引力 強い吸引力と軽量性を実現した秘密は、
独自の「ジェット3Dファンモーター」

“おうち時間”の増加にともない、部屋の汚れが気になるようになった人が多く、ごみに気づいた時にサッと吸い取れるコードレス スティッククリーナーの需要が大きく伸長している。そんなコードレス スティッククリーナーを選ぶ際に、多くの人が重視するのが「吸引力」だが、吸引力を求めると製品の重さが気になってしまう。おうち時間の増加とともに掃除機がけの頻度も増加していることを考えると、吸引力に加えて、取り回しやすい軽さも兼ね備えたモデルを選んだほうがいいだろう。

そこで注目したいのが、2021年11月に発売された日立のコードレス スティッククリーナー、“パワかるスティック「PV-BL50J」”だ。本モデルは、新開発の小型・軽量なファンモーター「ジェット3Dファンモーター」を採用することで、“きわだつパワー”と1.4kg※1という軽さを両立。床はもちろん、高いところも軽々、しっかりとキレイに掃除できる手軽なモデルに仕上がっているのだ。 ※1 標準質量1.4kgは本体・延長パイプ・パワフル スマートヘッド・電池の合計質量。

日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

日立の“パワかるスティック「PV-BL50J」”。“きわだつパワー”と“軽さ”を両立した注目のモデルだ

ジェット3Dファンモーター
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

「PV-BL50J」が“きわだつパワー”と“軽さ”を両立できた主な要因は、新開発の「ジェット3Dファンモーター」。「極異方4極マグネット」で強力に駆動しながら、前方の三次元形状の斜流ファンと後方の固定翼によって、空気の流れを効率よく制御。モーターの素材には強度の高い鋼板を採用することで、従来品から風量を10%※2向上しつつ、小型・軽量化を実現したという ※2 日立調べ。吸い込み口の最大風量を測定。2020年度モデルPV-BL30H:約1.03m3/min、PV-BL50J:約1.14m3/minを比較。

「PV-BL50J」の吸引力をチェック

「PV-BL50J」の“きわだつパワー”を確かめるべく、フローリングに茶葉をまいて吸引テストを行ってみた。結果はご覧の通り、スーッとワンストロークしただけで、ほぼ完ぺきに茶葉を取り除いてくれた。グッと床に顔を近づけて確かめてみたが、フローリングの目地に詰まった茶葉まできれいに吸引されていた(「強」運転で掃除)

軽さ“きわだつパワー”なのに軽量だから、床も高いところも軽々お掃除

「ジェット3Dファンモーター」の採用による“きわだつパワー”もさることながら、本機で驚かされるのはその軽さだ。本体から延長パイプ、ヘッド、電池までを合計した標準質量が1.4kgというのは、それだけで十分に軽いが、実際に掃除をしていると、数値以上に軽く感じられる。というのも、延長パイプやヘッドを除いた本体質量は0.97kg(電池を含む)と1kgを切っているのだ。

また、単に軽いだけでなく、スイスイ前に進む自走式の「パワフル スマートヘッド」によって、1回1回のストロークがラクなのも特徴。このおかげで、手首の負担をほとんど感じることなく、スーッ、スーッとラクにストロークできる。なお、回転ブラシはヘッド前方に配置されているので、壁ぎわの吸引もお手の物。普段なら吸い取るのが難しい壁ぎわのホコリも難なく吸引することができた。

日立 パワかるスティック「PV-BL50J」 日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

本体、延長パイプ、パワフル スマートヘッド、電池を合計した「PV-BL50J」の標準質量は1.4kgと軽量。本体質量は0.97kgと1kgを切っているので、掃除中、手元への負担はほとんど感じない。軽々と掃除できるので、5分、10分と掃除を続けていても手首や腕が疲れることはなかった ※「強」運転は8分、「標準」運転は40分連続して使用できます。

日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

高いところの掃除も「ヨイショ」ではなく、「ヒョイッ」と持ち上げてラクに行える。普段なかなか手が行き届かないカーテンレール上などもキレイに掃除できた

パワフル スマートヘッド
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」 日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

スイスイ前に進む自走式の「パワフル スマートヘッド」によって、軽快にストロークできるのもポイント。なお、ヘッド後方に開閉式のフラップを備えるため、前に押すときも後ろに引くときもごみを吸引できる。ごみの取り逃しを防ぐ、細やかな設計だ

柔軟なヘッド構造で、低いところも狭いすき間の掃除もラク

掃除機を寝かせてベッドやソファの下などを掃除する際も、ヘッドが浮かず、床にピタリと密着するのがありがたい。この「ペタリンコ構造」と、手首の返しに合わせてヘッドがクルリと向きを変える「クルッとヘッド」の組み合わせにより、ヘッドの取り回しはまさしく自由自在。家具と壁の間の狭いすき間もスムーズに掃除できた。

日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

回転ブラシはヘッド前方に配置されているので、壁際のごみも吸い取りやすい。ヘッドを何度も壁に当てる必要がなく、スムーズにごみを吸引できるのは気持ちがいい

日立 パワかるスティック「PV-BL50J」 日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

延長パイプを床と並行にしてソファの下を掃除。ダストケースが床にあたらず、ヘッドが浮き上がらない「ペタリンコ構造」の「PV-BL50J」は、手首を返すとヘッドがクルリと向きを変えてくれるので、狭いすき間の掃除も簡単だった

使い
勝手
見えにくいごみが見えやすくなる「ごみくっきりライト」を搭載。お手入れのしやすさも魅力

パワーと軽さに加えて「快適な掃除」を支えてくれるのが、「パワフル スマートヘッド」に搭載された「ごみくっきりライト」だ。最も明るく感じる波長に近い緑のLEDライトが4灯、白のLEDライトが3灯搭載されており、家具の下などの暗い場所はもちろん、明るい場所でも前方のごみが見えやすくなる。なるほど確かに、これならごみを取り逃しにくい。ごみをしっかり吸い取れていることが目視できるので、自然とむだなストロークが減るのもうれしい発見だった。

ごみくっきりライト
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」
運転前 
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」
運転ON
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

ほとんどごみがないように見えるフローリング。しかし、「ごみくっきりライト」で照らしてみると、白い綿ごみなどがどっさり。「ごみくっきりライト」があるとないとでは、ごみの取り逃しに大きな差が生じるはずだ

日立 パワかるスティック「PV-BL50J」 日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

「ごみくっきりライト」のおかげで、ベッドや棚の下などの暗い場所はもちろん、明るい場所でもごみを取り逃すことなく吸引できた

スタンド式充電台と、さまざまな場所の掃除に便利なツールが付属

「PV-BL50J」は付属品も豊富で便利だ。スタンド式充電台が付属するので、使い終わったら充電しながらリビングルームの隅に片付けておける。床以外の場所の掃除に役立つ付属ツールと一緒に収納しておけるので、ごみが気になった場所に適したスタイルに切り替えてサッと掃除を始められるのがありがたい。棚のすき間や、パソコンのキーボード、キッチンテーブル、ランプシェードの上など、家中のさまざまな場所を手軽に掃除できた。

日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

「PV-BL50J」にはスタンド式充電台が付属。すっきりとしたボディデザインと相まって、リビングルームに出しっぱなしにしておいても違和感がない。なお、スタンド式充電台の足元に、各種付属ツールをセットしておけるのも便利なポイント

2WAYすき間ブラシ
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」 日立 パワかるスティック「PV-BL50J」
ハンディブラシ
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」
ほうきブラシ
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」
ミニパワーヘッド
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

付属ツールを活用すれば、床面だけでなく、狭いすき間や、ホコリが溜まりやすいパソコンのキーボード、テーブルの上、ベッドやソファなど、さまざまな場所を掃除できる

メンテナンス性も◎。髪の毛などをからまりにくくした「からまんブラシ」を新搭載

お手入れのしやすさも「PV-BL50J」のうれしいポイントだ。回転ブラシには、ブラシの先端をループ状にすることで、髪の毛などをからまりにくくした「からまんブラシ」を新搭載。長さ約30cmの糸くずを使用して吸引テストを行ってみたが、確かに糸くずが回転ブラシにからまることなく吸引されていた。

このほか、ダストケース内でごみと空気を遠心分離しながら、ごみを圧縮する「からまんプレス構造」や、手を汚さずワンタッチでごみを捨てられる「ごみダッシュ」など、お手入れのしやすさを向上させる工夫がそこかしこに。ダストケースや回転ブラシは水洗いが可能なので、掃除機を清潔に保てるのもありがたい。

からまんブラシ
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

ブラシの先端をループ状にすることで、髪の毛などをからまりにくくした新搭載の「からまんブラシ」。その効果を確かめるため、長さ約30cmの糸くずをフローリングにセットし、ゆっくりとワンストロークしてみた。その後、ヘッドを裏返して回転ブラシを確認してみたところ、1本も糸がからまっていなかった

からまんプレス構造
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」 日立 パワかるスティック「PV-BL50J」
ごみダッシュ
日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

ごみと空気を遠心分離し、ごみを圧縮する「からまんプレス構造」。圧縮されたごみはダストケース横のボタンを押すだけで簡単に捨てられる

日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

「PV-BL50J」のダストケースや回転ブラシは水洗い可能。汚れが目立ってきたら、じゃぶじゃぶと水洗いすることで、清潔な状態を取り戻せるのがうれしい

日立 パワかるスティック「PV-BL50J」

カセット式リチウムイオン電池を採用する「PV-BL50J」は、電池の性能が低下してきても、掃除機自体を買い替える必要はなく、電池を交換すればOK。長く愛用できるユーザーフレンドリーな設計だ

まとめ吸引力、軽さ、使い勝手、お手入れのしやすさの
すべてにこだわりが感じられるモデル

吸引力を重視すれば軽さが犠牲になり、軽さを追い求めれば吸引力が物足りなくなる。コードレス スティッククリーナーが抱える二律背反とも言えるこの課題を、日立の技術で解決してみせたのが、“パワかるスティック「PV-BL50J」”だ。

新開発の小型・軽量なファンモーター「ジェット3Dファンモーター」が生み出す吸引力は申し分なく、このモーターの搭載によって製品の軽量化も実現。“きわだつパワー”と“軽さ”を見事に両立した、バランスのよい1台に仕上がっていた。また、「ごみくっきりライト」「からまんブラシ」「からまんプレス構造」「ごみダッシュ」など、使い勝手やお手入れのしやすさを高める工夫も随所に盛り込まれており、欠点らしい欠点の見当たらない秀逸なモデルだと感じた。

コードレス スティッククリーナーを「吸引力」だけで選ぼうとしているのなら、考え直したほうがいいかもしれない。今、市場には、吸引力と軽さを両立し、さらに使い勝手やお手入れのしやすさまでも兼ね備えた「PV-BL50J」があるのだから。

この記事は2021年11月22日の情報を基にしております。

製品アンケート

Q1.この記事を読む前からこの製品のことを知っていましたか?*

Q2.この記事を読んで、この製品の特長が理解できましたか?*

Q3.この記事を読んで、この製品を購入してみたいと思いましたか?*

Q4.Q3のようにお答えになった理由や、記事の感想など、自由にお書きください。

Q5.性別*

Q6.年齢*