画期的な「自動カット機能」搭載で便利&経済的!

A4サイズ→A5サイズに自動で印刷・カットできるプリンター ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」の魅力に迫る

価格.comで最新価格をチェック

ここ数年の間に在宅ワークや家庭学習が広がり、以前よりも自宅でプリンターを使うようになったという人は多いだろう。これまで自宅にプリンターがなかった人も、あったほうがよいと感じ始めているのではないだろうか。しかし、いざ購入しようとすると、主だった機能は各メーカーとも横並びで製品を選ぶのはなかなか難しい。そんな、「決め手に欠けて迷っている」という人に注目してほしいのが、ブラザーの自動カッティングプリンター「CUTFIT(カット・フィット) DCP-J1800N」だ。印刷中にA4用紙をカットし、半分のA5サイズで出力する「自動カット機能」という、ほかにはない画期的な新機能を備えている。「カットするだけ?」と思うかもしれないが、これが実に便利でいろいろなメリットがあるのだ。本特集では、「自動カット機能」を中心に「CUTFIT DCP-J1800N」を詳しくレビューしていこう。

自動カット機能
印刷と同時にA4サイズ→A5サイズに用紙をカットできる新機能を搭載

まずは「CUTFIT DCP-J1800N」の注目機能「自動カット機能」からチェックしていこう。この「自動カット機能」は、プリンター本体にカッターが内蔵されており、プリントの途中で用紙をカットすることで、A4用紙を使ってA5サイズのプリントができる機能だ。

使い方はとても簡単で、パソコンやスマートフォンからプリントする際に設定で「カットプリント」を選ぶだけ。用紙の指定や縮小など、細かな設定をすることなく、A4サイズで作成した原稿でも簡単にA5サイズでプリントできる。両面印刷と組み合わせることもできるため、ページ数の多い資料をプリントする時は、使用する紙とインクを大幅に削減できるのもメリットだ。もちろん、その分、印刷される文字などは小さくなる場合があるが、一般的なフォントサイズであれば、半分のサイズになっても視認性は保たれることが多く、十分に実用的と感じる場面も多いだろう。用途によって、A4サイズのプリントと、「カットプリント」を使い分けることで、インクや用紙を節約できるのだ。

「カットプリント」の仕組み
ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

パソコンのプリント設定画面。この画面で「カットプリント」を選べば、用紙の指定や縮小などの細かな設定をせずに、A4サイズの用紙を半分のA5サイズにカットして縮小プリントできる
※ Windows環境で、プリンタードライバーを使用した場合。macOSやChromeOSを使用の場合はブラザーホームページをご参照ください。

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

スマートフォンからプリントする場合は、ブラザーの純正アプリ「Mobile Connect」(無料)を使う。こちらはプリント時のメニューに「カットプリント」の項目があるので、これをオンにすればよい
※AirPrintなどの場合はブラザーホームページをご参照ください。

「カットプリント」の様子

「カットプリント」を実行すると、印刷後にA4サイズの用紙が半分にカットされ、重なった状態で排出される。縮小印刷して自分でカットしても同じことはできるが、圧倒的に手間が少なく、切り口もきれいだ

プリント速度はカタログスペックでA4カラーの片面プリントが約16.5ipm、「カットプリント」した場合が約16.0ipm※1※2。用紙をカットする分だけ時間はかかるが、縮小された分だけプリント面積が小さくなることもあり、トータルのプリント時間に大きな差はない。ストレスを感じさせない印刷が可能。実際に1ページのカラー文書を2種類プリントしたところ、A4ではそれぞれ10.1秒と13.5秒、「カットプリント」した場合は11.5秒と11.3秒だった。プリント速度は文書の内容によって変わるものの、カタログスペックのとおり、それほど大きな差はないと感じた。

  • ※1 測定方法・測定データなどの算出条件はブラザーホームページをご覧ください。
  • ※2 ipm:image per minuteの意味で、1分間に何枚プリントできるかを表す単位。数値が大きいほうがプリント速度は速い。
プリント時間A4カットプリント(A5)
文書110.111.5
文書213.511.3

カラー文書1ページのプリントに要した時間を比較した。カットプリントのほうが速くなるケースがあるのは、印刷面積が半分に減るため、所要時間の差が小さくなったからだと考えられる

プリントサイズが小さくなると、それにともないプリントコストも下がる。A4カラープリントの約9.9円/枚に対して、A5プリントは約5.0円/枚と半分近くになる(カタログ値)。ランニングコストが下がれば、それだけ気軽にプリントできるということにもなるだろう。ブラザーには「ファーストタンク」という、大容量インクカートリッジを搭載し、1枚あたりの印刷コストを下げたモデルもあるが、こちらは普段から大量にプリントする人向けのモデル。プリント量がそこまで多くないという人にとっては、通常サイズのインクカートリッジを使いつつコストを下げられる本モデルのほうがありがたいと感じる場面は多いだろう。

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

1ページのプリントコスト(インク代と用紙代)の比較。A5にサイズダウンすることで、1枚あたりのコストはほぼ半分になる。両面印刷を利用すれば用紙代はさらに抑えられて経済的だ
※測定方法・測定データ等の算出条件については、ブラザーホームページをご覧ください。

なお、奇数ページで印刷すると、印刷していないA5サイズの紙が残って、むだになると思う人もいるだろう。しかし、保管しておき、ある程度たまったら用紙トレイにセットしてA5用紙として使用すればむだなく用紙を使い切れる。

また、カッターが内蔵されたプリンターは、子どものいる家庭だと、手を切ったりしないか心配になるかもしれない。けれども「CUTFIT DCP-J1800N」は、排紙口からのぞくと、かろうじてカッターの刃が見える程度なので、子どもが手を入れてもケガをする心配はほとんどなさそうだ。

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

カッターの刃はかろうじて見える程度で、筆者は用紙トレイを外してのぞいてもなかなか見つけられなかった。手を入れてしまってもケガをする心配はほとんどなさそうだ

A5サイズ
A4の半分、小さなA5サイズはいろいろな用途に“ちょうどいい”

「CUTFIT DCP-J1800N」の「カットプリント」を利用すると、これまでA4サイズでプリントしていた文書などをその半分のサイズで簡単にプリントできる。このように小さくプリントすると便利な用途にはどんなものがあるだろうか。その活用例をいくつか紹介したい。

1子どもの学習プリント

「カットプリント」は在宅学習用の学習プリントにピッタリだ。子ども用の学習机はサイズが小さめのため、A4サイズでは何枚も並べにくい。A4サイズの半分のA5サイズなら、並べた際の一覧性が高く、扱いやすいのだ。プリントしたものをファイリングするファイルも小さくて済む。また、漢字の書き取りや計算問題など、繰り返し行うことに意味のある教材は1度プリントして終わりというわけにはいかない。何枚もプリントすることを考えると、コスト面での有利も効いてくる。

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

繰り返し学習用のプリントや塗り絵など、子ども用のプリントはA5サイズがピッタリ。学習机に並べやすく、ファイリングする時も省スペースで済む

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

A5サイズでプリントすると、A4サイズの半分になり、狭い学習机の上で並べやすく、扱いやすい。友だちへのメッセージカードなども小さなA5サイズのプリントに適している

2テレワークやプレゼンテーションの資料

テレワークをはじめとする仕事のシーンでもA5サイズは何かと重宝する。在宅ワークであれば、ノートパソコンの横に紙の資料を広げる場合などに場所をとらずに済んで便利だ。もちろん、A5サイズへの縮小でもドキュメントの視認性も十分確保される。プリントした用紙を持ち出す時も、ビジネスバッグに入れやすい。そのほか、プレゼンテーション時に自分用の資料をA5サイズでプリントすれば、スマートにプレゼンテーションを行えるだろう。

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」 ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

テレワークでも小さくプリントするメリットは大きい。ノートパソコンの横に資料を広げながら作業する時にも、A5サイズの用紙は小さくて作業しやすいのだ

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

プリントしたA4用紙を折り曲げてたりして保管したり、持ち運んだりしたことはないだろうか? 意外とA4用紙は大きくて保管や持ち運びがしにくいが、A5サイズならビジネスバッグへの収納もしやすい

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

プレゼンテーション中の自分用の資料をプリントするのにも小さなA5サイズがピッタリ。A4サイズの用紙を半分に折って使っている人をたまに見かけるが、「カットプリント」すれば半分に折る必要はない

3免許証や保険証のコピー

コピー機能でも、「自動カット機能」は便利。マイナンバーカードや免許証など身分証明書のコピーを取る場合、A4用紙では大きな余白ができてしまう。そんな時に「カットプリント」を使えば余白部分を大幅に減らせるのだ。原稿サイズを自動判別するため、余白が多い場合は縮小しないで出力してくれるのも便利だ。使い方は本体のメニューから「カットコピー」を選ぶだけで、面倒な設定は不要。初めてでも迷うことなく利用できた。

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

本体のメニューの中に「カットコピー」という項目があり、これを選ぶだけで、A5サイズでコピーできる

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

免許証を「カットコピー」してみた。右が「カットコピー」でコピーしたもの、左がA4用紙を使った通常のコピー。A5サイズの用紙にコピーしたほうが余白を大幅に減らせる。また、比べるとわかるが、用紙サイズが半分になっても、余白が多いため縮小せずにコピーしてくれている

4地図やレシピなどのちょっとしたプリントに

本モデルはプリントコストを抑えられるため、Webサイトで調べた地図や公共交通機関の乗り換え案内、ひんぱんにプリントする料理レシピなど、ちょっとしたものをメモ代わりにプリントするのにも便利だ。縮小すると見にくくなってしまう地図などは、縮小せず2ページにまたぐように「カットプリント」することもできる。

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

Web上の料理レシピなど、ちょっとした印刷にもA5サイズはピッタリ

5A5サイズの活用方法はまだまだたくさんある!

A4サイズの半分、A5サイズの用紙でプリントすると便利なコンテンツや使い道はほかにもたくさん考えられる。ぜひ自分にあった活用方法を見つけてもらいたい。

基本機能
自動両面プリントやADFなど充実の基本機能・装備をチェック!

ここまで本機の「自動カット機能」を中心にチェックしてきたが、「CUTFIT DCP-J1800N」は価格.com上でも評価が高いブラザープリンターの機能がしっかりと盛り込まれている。ここからは、本機の基本機能と便利な装備を見ていこう。

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

トレイなどを収納した状態で400(幅)×343(奥行)×172(高さ)mm(突起部を除く)というコンパクトボディも特徴のひとつ。置き場所を選ばず、設置しやすい

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

前面にUSBポートを搭載。USBフラッシュメモリー(256GBまで)に保存した写真や文書ファイルを直接印刷できる

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」 ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

前面の2.7型カラー液晶ディスプレイはタッチ操作に対応しており、パソコンがなくとも、本体だけでWi-Fi接続などの各種設定や、コピー/スキャンなどの操作が行える。インク残量を表示できるのも便利

家庭用プリンターでは、やはり写真プリントの品質は欠かせない。本機はその点でも十分なクオリティを実現している。スマートフォンで撮影した写真を何枚かプリントしてみたところ、空のグラデーションが滑らかで、鮮やかにプリントできた※3。これはブラザーが開発した「できる4色インク」によるところが大きい。赤、青、黄のカラーインクは写真に強い染料系インクを採用し、鮮やかな写真プリントを実現しているのだ。いっぽう、黒のインクには顔料系インクを採用することで、文書の文字をくっきりと印刷できる。

  • ※3 A4用紙(写真光沢紙)をA5サイズにカットプリントを行う場合、フチありでの印刷になります。
ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

写真プリントもお手のもの。スマートフォンで撮影した写真は「Mobile Connect」アプリから簡単にプリントできる。鮮やかな発色で、プリント品質は家庭用プリンターとしては十分なクオリティだ

インクカートリッジは色ごとに分かれており、なくなった色だけを交換できるので経済的だ。プリンター内部を開けることなく、本体前面からインク交換できるのも便利。本体にどの色のインクをどこに取り付けるかの指示が書いてあるので、セットするインクの色を間違える心配もない。ノズルが横向きになっており、交換時にインクが垂れにくいのもうれしいところ。

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」 ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

インクカートリッジは本体前面の右側にセットする。取り外す際はカートリッジ上部にあるレバーを押し下げながら軽く引っ張るだけでいい。ノズルが横向きでインク垂れが起こりにくいのもうれしい

また、スマートフォンとの連携機能も充実している。スマートフォンからのプリントはもちろん、本機からスマートフォンへのスキャンやコピーも行える。普段あまりパソコンを使わない人でも、スマートフォンのアプリからひと通りの機能が利用できるようになっている。プリンターとスマートフォンの接続設定に不安がある人でも、「接続アシスト」という機能が備わっているので、初めての接続でも細かくサポートしてくれるので安心だ。

このほか、コピーやスキャン時の文書の取り込みに便利な「ADF(自動原稿送り装置)」も備えている。上部トレイを開けてA4用紙をセットすれば、最大20枚の原稿を連続で読み取れる※4

  • ※4 普通紙厚さ:0.08mm〜0.12mmの場合
ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」 ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

スマートフォンとは「Mobile Connect」アプリで連携する。Wi-Fiルーターを通して利用できるほか、Wi-Fi環境がない場合でもプリンターと直接接続して利用することが可能なWi-Fi Directにも対応している。スマートフォンに保存した写真や文書をプリントできるほか、スキャンやコピー機能の操作もアプリから行える

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

大量のコピーやスキャンを行う人には、なくてはならない「ADF(自動原稿送り装置)」を搭載。スキャンしたデータはパソコンだけでなく、スマートフォンにも保存できる

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」 ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

給紙トレイは前面から着脱可能。便利な2段構造になっており、上段を手前に配置した場合は下段、奥に配置した場合は上段の用紙が使われる。上段にはL版など小型の用紙をセットしておける

ブラザー「CUTFIT DCP-J1800N」

A4サイズの用紙を使った自動両面プリントも可能。使う紙が半分になるためコストが抑えられるほか、保管する時にもかさばらない

まとめ
「小さく印刷」がプリンターの使い方を変える

ここまで「CUTFIT DCP-J1800N」を見てきたが、「自動カット機能」という画期的な新機能で、新しいプリンターの使い方を提案しているのがとにかくユニーク。「A5プリントならA5用紙を使えばいいだけでは?」と思うかもしれないが、2種類のサイズの用紙を準備して、使うたびに入れ替えるという手間を考えるとあまり現実的ではない。その手間がなくなれば「使おう」と思えるようになるのが不思議なところだ。一般的なA4サイズの半分であるA5サイズはいろいろな使い道があるので、はまる人にはピッタリとはまるのではないだろうか。もちろん、物価高のご時世、プリントコストを抑えられるのもありがたい。あなたなら「CUTFIT DCP-J1800N」で何をA5サイズにプリントするだろうか? 「カットプリント」でプリンターの新しい使い方をぜひ体験してもらいたい。

A4用紙を半分にカットする
自動カット」機能を備えたインクジェットプリンター
CUTFIT DCP-J1800N
CUTFIT DCP-J1800N
価格.comで最新価格をチェック
印刷方式/最高解像度 インクジェット方式/1200×6000dpi
インク 顔料ブラック、染料カラー3色、独立型インク
両面印刷 標準対応
給紙容量 普通紙最大100枚/はがき最大40枚など(下段)、L版光沢紙最大20枚/はがき20枚など(上段スライドトレイ)、1枚(手差しトレイ)
対応用紙 普通紙(0.08〜0.15mm)、手差し(最大0.3mm)、洋形封筒1号〜4号、蝶形封筒3号/4号、はがき
スキャナースペック サイズ:最大A4、解像度:主走査1200dpi、副走査2400dpi
インターフェイス Hi-Speed USB 2.0、有線LAN(10BASE-T/100BASE-TX)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)
外形寸法 400(幅)×343(奥行)×172(高さ)mm(突起部を除く)
重量 約8.3kg(インクカートリッジ含む)