外川 信太郎 さんのプロフィール

プロフィールご利用案内
ホーム  > 外川 信太郎 さんのプロフィール
  • プロフィール
  • クチコミ
  • レビュー
  • ピックアップリスト
  • 縁側

閲覧回数:123811

外川 信太郎 さんのプロフィール プロフェッショナルレビュー

年齢: 40代 性別: 男性 血液型: AB型
職業: その他 出身地: 神奈川県 現住所: 神奈川県
趣味: カメラ、クルマ、お酒、映画鑑賞、音楽鑑賞、時計、ペット
ホームページ: 外川信太郎の泡沫記オフィシャル
趣味:  国産ワイン収集
愛車:  日本上陸第一号車の初代ルノー「トゥインゴ」、フォルクスワーゲン「Polo」、スマート「for two」

神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。少年期に5年間イギリス・ロンドン、スコットランド・エディンバラに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、出版社に入社。輸入車専門誌にて執筆、編集を担当。退社後、育った英国に渡りレース活動などを経験後、2000年よりフリーの自動車ジャーナリストとして輸入車専門誌、新聞、ラジオコメンテーター、情報ウェブサイト、自動車関係コピーライターとして活動。また洗車、カーナビなどの自動車用品、特にクルマ磨きには精通しており、某洗車業者の開業資格、米国高級ワックスのマイスターを有する。その為、洗車関係の書籍を多数執筆。一部の業界では「ワックス評論家」などと呼ばれている。タイヤメーカーのテストドライバーの経験も持つ。

プロフェッショナルレビュー

自動車・バイク > 自動車(本体)

フォーツー クーペ 2015年モデル

最近、筆者自身が初代のスマートフォーツーC450型を購入し、その利便性の高さに感銘を受け、すっかりハマってしまいました。 今回は、現行モデルで3代目にあたるC453型フォーツに試乗しました。シリーズの中でも期間限定販売だった「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」です。 全幅は1665mmとなって、旧型より一気拡大しました。何とかすれば軽自動車枠に収まった旧型と・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

911カレラ 2011年モデル

ポルシェ911の最新モデルはデビュー間もないタイプ992型ですが、筆者周囲のポルシェ乗りの中では、いまだに先代の991型に魅力を覚える方も多いのは事実です。 991型は筆者も短期間所有していたことがありますが、機械臭さの魅力と圧倒的な動力性能は最新モデルに負けていないと思います。 今回は、以前試乗した先代911 タイプ991型の魅力をお届け致します。 ポルシェが渾身の力を込めた一・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

5008 2017年モデル

プジョーのフラッグシップ7シーターと位置付けられる新型「5008」の広報車両をお借りして、試乗してきました。 先代に比べよりSUVらしくなったエクステリアデザインは、「3008」と基本的に共通な部分も多いのですが、全長は3008の4450mmから4640mmと190mm長くなり、ホイールベースは2675mmから2840mmと165mm延長されています。そのため5008は3列シートを実現してい・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

T-Cross 2019年モデル

世界的に人気を博しているSUVですが、フォルクスワーゲンの最新モデルがコンパクトSUV「T-Cross」です。 フォルクスワーゲンのSUVラインナップの末っ子となる同車は、ハッチバックモデルである「ポロ」の美点を伸ばした発展版といえる部分もありますが、それとはまったく違ったクルマでした。 筆者が試乗を行ったのは、インポーターの広報車両。偶然にも、報道関係者記者会見会場でお披露目されたク・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > カー用品 > タイヤ

EAGLE LS2000 Hybrid II 165/50R15 73V

筆者自身も以前、1.3リッターのコンパクトカーに装備していたことがあった「EAGLE LS2000 Hybrid II」。 乗り心地が大きく変わり、ハンドリング性能の向上、乗り心地の高さ、リーズナブルな価格と好印象が高かったタイヤでした。 雪には縁のない首都圏で軽ワゴンに乗る知人がタイヤを変更したいということで迷わずお勧めしたのが、EAGLE LS2000 Hybrid IIでした。 ・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

TT RS クーペ 2017年モデル

Audi Sportが放つTTのハイパフォーマンスモデル「Audi TT RS Coupe」の広報車両を試乗しました。 今年の初夏でカタログモデルより外れてしまいましたが、その並外れた性能をチェック。 Audi Sport GmbH(アウディ スポーツ社)が手がけるビジネスには、「Audi R8 LMS」や「Audi RS 3 LMS」といったカスタマーレーシングカーの制作や「Audi e・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

DS 7 CROSSBACK 2018年モデル

DSオートモビルズが2018年に発表した「DS7 CROSSBACK」の広報車両をインポーターより借用して試乗してきました。 「DSってシトロエンではないの?」と聞かれてしまうほど、まだ認知度が低いこの”DSオートモビルズ”とは、シトロエン社が数年前から始めたプレミアムブランドです。 トヨタで言う、レクサスみたいなものといえばわかりやすいでしょうか。 DSは、1955年から1975年・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデル

今回試乗したMINI ジョン・クーパー・ワークス・クラブマンは、実用性を備えながらも、レーシング・スピリッツを受け継ぐ直系モデルです。 現在、BMWグループは、このJCWブランドのコンサルタントとして、ジョン・クーパー氏の息子であるマイク・クーパー氏を招聘しているというから、スピリッツばかりか流れる血も本物なのです。 明らかに、ノーマルのクラブマンのそれとは異なるエクステリアは、専用エアロ・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

XF スポーツブレイク 2018年モデル

ジャガーのラグジュアリーサルーン「XF」のステーションワゴン「XFスポーツブレイク」。このうっとりするほど美しいワゴンをインポーターの広報車両を借り、ハイウェイを中心に試乗してきました。 同車はデビュー前から、ティーザー公開されていましたが、実車は低くて傾斜の付いたルーフライン、高い位置の上品なショルダー、包みこむようなライン、末広がりのボトムとメルセデス・ベンツ「Eクラス」やBMW「5シリ・・・

レビューの続きを読む

自動車・バイク > 自動車(本体)

X2 2018年モデル

BMWでは、早くからSUVカテゴリーのクルマをSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)として独自性を打ち出してきたメーカーです。 今回の「X2」は、SAVの派生でクーペを名乗ることからSAC(スポーツ・アクティビディ・クーペ)という新しい名前が付けられました。ロードクリアランスを確保して荒れた道や雪道での走破性能を高めるというSUV本来の基本を抑えながらも、ボディを低く抑え、そしてワイド・・・

レビューの続きを読む

レビューをすべて見る

このページの先頭へ