多賀一晃 さんのプロフィール

プロフィールご利用案内
ホーム  > 多賀一晃 さんのプロフィール
  • プロフィール
  • クチコミ
  • レビュー
  • ピックアップリスト
  • 縁側

閲覧回数:11729

多賀一晃 さんのプロフィール プロフェッショナルレビュー

年齢: 50代 性別: 男性 血液型: B型
職業: その他 出身地: 山口県 現住所: 東京都
趣味: スポーツ、スポーツ観戦、旅行、アウトドア、自転車、料理、グルメ、お酒、映画鑑賞、音楽鑑賞、アート、読書、マンガ
ホームページ: 生活家電.com

家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の資格を有する。水、米、パン、珈琲、お茶の味に厳しい。

■主なメディア:
・生活家電.com
・フリーペーパー「スマート家電グランプリ」

プロフェッショナルレビュー

家電 > シェーバー

A-DRIVE IZF-V758-G [グリーン]

一目見たときの感想は「ザク!??」。ザクとはアニメ「機動戦士ガンダム」に出てくるジオン軍のモビルスーツ MS-06のこと。やられキャラであるため、「雑魚(ザコ)」と軍靴の「ザックザック」という音より名付けられたモデルだ。しかし、モノアイを始め、デザインの優秀さで、人気が高い。IZF-V758の第一印象はそうだった。 見た目が軍用だからかもしれないが、このモデル、MIL-SPEC(ミルスペック)を・・・

レビューの続きを読む

家電 > シェーバー

Z-DRIVE IZF-V948

IZUMIは、泉精器製作所(株)のブランド名。この物堅そうな社名を持つメーカーの歴史は古く、シェーバーの様な刃の加工は得意である。もともとセイコーのシェーバーの刃を出掛けていたが、セイコーがシェーバーから撤退したため、自社ブランドで参入した。このため新興ブランドでありながら、シェーバーの命とも言うべき刃の実力は折り紙付き。しかし、シェーバーを手がけるメーカーは、フィリップス、ブラウン、パナソニック・・・

レビューの続きを読む

家電 > 掃除機

Pure F9 PF91-5OGF

エレクトロラックスのエルゴラピードは傑作掃除機です。美しく、取り回しやすく、吸引力もそれなり。もう少しカーペット重視のヘッドでなく、フローリング、畳にも注目してくれると、もっと嬉しいのだがと思うのですが、スウェーデン生まれ。生まれ故郷は、カーペットが当たり前のエリアですから、仕方がないと言えば、仕方がないです。 完成度の高いエルゴラピードですが、欠点もあります。本体長さ:107cm。これは女・・・

レビューの続きを読む

家電 > 掃除機

パワーコードレス MC-VGS8000

コードレス掃除機の「手持ち型」には、「手提げ鞄」のように持つタイプと「握りしめる」ように持つタイプに2分されます。現在「自立型」にこだわるエレクトロラックス以外は、基本「手持ち型」のコードレスを主役に置いています。一番メジャーなのは、やはりダイソンでしょう。しかも日本でのシェアトップです。しかしダイソンが「握りしめる」タイプを採用したのに、日本の大手メーカーは「手提げ型」を採用します。それは「手提・・・

レビューの続きを読む

家電 > 掃除機

Dyson V10 Fluffy SV12 FF

2012年のDC-35より、ダイソンはスティック型掃除機に力を入れてきましたが、イイ感じの掃除機になったのは、V8以降です。これはPCと同じで、ある一定のレベルを越えたのがV8だからです。それまでのモデルは、バッテリーの持ちが悪かったり、ヘッドが不十分だったりという欠点が目立ちます。 そしてV10を発表した今年3月、ダイソンはスティック型掃除機以外の掃除機開発の停止を宣言しました。それはV1・・・

レビューの続きを読む

家電 > 掃除機

iNSTICK ZUBAQ HC-JXH30P

空気清浄機と合体させた以前のモデルは、目の付け所は良かったのですが、製品的には作り込みが足らず、非常に使い難く掃除機で筆者的にはランク外としました。特にメインスィッチの配置が良くなく、「強」にする積もりで、その度パワーオン/オフのボタンに触って、掃除機が止まると、その度に力が抜け、やる気も失せる感じでした。これでは掃除になりません。 新モデルは、前モデルの足らないところを直し、『今ドキ」の仕・・・

レビューの続きを読む

家電 > 掃除機

RACTIVE Air EC-AR2SX-P [ピンク系]

タイトル通り、掃除し易さをすべて「軽さ」に集約させたスティック型掃除機。本体重さ:1.5kg、だが、手荷重は、ほぼ1kg。自立型に匹敵する軽さを誇る。逆に、そこに特化したモデルと考えて良い。コードレス型の場合、最も重いパーツは「バッテリー」であるので、それは軽いバッテリーを使っていると言うこと。同じリチウムイオン・バッテリーだと、稼働時間が短い、モーターが非力なことを意味する。ただ、そのことは吸引・・・

レビューの続きを読む

家電 > 掃除機

パワーブーストサイクロン PV-BFH900(R) [ルビーレッド]

今や、主流となったスティック型掃除機。ダイソンは、今年3月。今後掃除機は、キャニスター型の掃除機の開発をしないと宣言。そのためでしょうか、2018年は各社、力こぶの入ったスティック型掃除機をリリース。日立もその例にもれません。スティック型掃除機は元々ハンディ型掃除機を利用して作られていますが、大きく自立式と手持ち式に分かれます。今、日本の市場を牽引しているのはダイソンで、そのためスティック型掃除機・・・

レビューの続きを読む

家電 > 加湿器

FE-KXR07-W [ミスティホワイト]

ノーヒーター気化式。オーソドックスな作りで、気化式加湿機の良いところ、悪いところが、そのままでている。 【デザイン】 横から見るとほぼ正方形。それなりに安定性が感じられ、床置き、台置きでも様になる。表面は水のさざ波を模したデザインが施されている。こちらの方は、シンプルではあるが、飽きがくるかも知れない。もう少し簡素でもよかったのでは。 【加湿能力】 お急ぎモードで、最大800mL/・・・

レビューの続きを読む

家電 > 加湿器

EE-RN50

加湿機には、スチーム式、気化式、ハイブリッド(気化式+ファン)式、超音波式といろいろな方式があります。内、水蒸気で部屋を潤すのは前の3つ。超音波式はミスト(霧)で部屋を潤します。日本の加湿機の最高峰は、ストーブの上のやかんでしょうね(*^O^*)。ゆっくり煮たっていき、それに連れて湯気を出し、部屋を潤します。しかし、昨今の日本の家は密閉性が高く、北欧の家とほぼ同レベル。煙突を出さないと、一酸化炭素・・・

レビューの続きを読む

レビューをすべて見る

このページの先頭へ