藤本健 さんのプロフィール

プロフィールご利用案内
ホーム  > 藤本健 さんのプロフィール

閲覧回数:13477

藤本健 さんのプロフィール プロフェッショナルレビュー

年齢: 50代 性別: 男性 血液型: A型
職業: その他 出身地: 神奈川県 現住所: 神奈川県
趣味: PC・ネット、バンド
ホームページ: DTMステーション

DTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をするとともに、有限会社フラクタル・デザインを設立して、専業ライターとなった。現在、AV WatchのDigital Audio LaboratoryやDTMステーション、AllAboutのDTM・デジタルレコーディングなどWeb系で多数の連載を持つ。またDTM関連の書籍も数多く出している。

プロフェッショナルレビュー

家電 > イヤホン・ヘッドホン

IE 500 PRO [SMOKY BLACK]

SENNHEISER IE 500 PROは、プロユーザー向けに開発されたイヤモニ。そのサウンドは、全体域のバランスがよく、ボーカリストやギタリスト、音楽制作ユーザー向けの出音をしている。低域から高域まで、ハイクオリティな出音で、SENNHEISER特有の「音楽を楽しみながら聴く」ということもできるし、モニタリングについても完璧。イヤモニにしてはめずらしく、広々とした音場で、個々の楽器がモニタリン・・・

レビューの続きを読む

家電 > イヤホン・ヘッドホン

IE 400 PRO [CLEAR]

プロユーザー向けに開発されたイヤモニ、SENNHEISER IE 400 PRO。そのサウンドは、パワフルな出音で中低域に特徴があり、ドラマーやベーシスト向けの出音をしている。低域がしっかり出ているのに、高域もきらびやかなので、全体的にはバランスよく仕上がっている。グルーブをしっかりモニタリングできる優秀なイヤモニだ。 そもそもSENNHEISERは、長年レコーディング業界で愛用されているダ・・・

レビューの続きを読む

家電 > イヤホン・ヘッドホン

IE 40 PRO [CLEAR]

SENNHEISERのエントリーモデルイヤモニ、IE 40 PRO。上位モデルにIE 400 PROとIE 500 PROがあるが、初めてイヤモニを試すならこのIE 40 PROがおすすめ。この価格帯のイヤモニとしては、かなり高いクオリティを誇っており、性能でいえばもっと高いイヤモニにチャレンジできる実力を兼ね備えている。解像度が高く、音がこもることがないので、鮮明に聴きたい音を聴ける。定位感や音・・・

レビューの続きを読む

家電 > イヤホン・ヘッドホン

K872-Y3

K872-Y3は、AKG密閉型モニターヘッドホンのフラグシップモデル。再生周波数帯域は5Hz〜54kHz。ケーブルを除いた重量は390g。K812-Y3に採用された最新技術を引き継ぎながら密閉型のハウジングを採用して、念入りにチューニングを施した、完璧なモニターヘッドホン。デザインは密閉型か開放型かの違いのみで、装着感などもほぼ同じ。サウンドは、情報量が多く、低音域から高音域まで余すことなくモニタ・・・

レビューの続きを読む

家電 > イヤホン・ヘッドホン

K553 MKII-Y3

K553 MKII-Y3は、原音を忠実に再生してくれるプロ向けの密閉型スタジオヘッドホン。再生周波数帯域は12Hz〜28kHz。ケーブルを除いた重量は316g。密閉型ヘッドホンの中には、音源との距離が近くなりすぎてモニタリングには不向きなモデルもあるが、K553 MKII-Y3は近すぎず遠すぎずのちょうどよい距離感。しっかり奥行きや立体感が分かるので、リバーブを使って空間を作るときにも使いやすい。・・・

レビューの続きを読む

家電 > イヤホン・ヘッドホン

K271 MKII-Y3

K271 MKU-Y3は、AKG密閉型モデル定番のモニターヘッドホン。再生周波数帯域は16Hz〜28kHz。ケーブルを除いた重量は240g。密閉型でありながら自然な音の広がりと、AKGらしい繊細なサウンドが特徴。よく比較されるK240 MKU-Y3と比べると、音は近めで、高音域がモニタリングしやすく、低音域がタイト寄り。どちらかというと、K271 MKU-Y3の方がモニターヘッドホンのイメージに近・・・

レビューの続きを読む

家電 > イヤホン・ヘッドホン

K812-Y3

K812-Y3は、AKG開放型モニターヘッドホンのフラグシップモデル。1つ下のK712 PRO-Y3との価格差は3倍以上で、10万円越えの高級ヘッドホンの分類に入るK812-Y3は、ほかのモデルと比べても別格な存在。再生周波数帯域は5Hz〜54kHzで、ケーブルを除いた重量は398g。 サウンドは、まず解像度が圧倒的に高く、なおかつ情報量が多くて、AKGらしい開放型の自然な音場の広さも感じる・・・

レビューの続きを読む

家電 > イヤホン・ヘッドホン

K712 PRO-Y3

K712 PRO-Y3は、オレンジ色のフレームとケーブルが特徴的なハイエンド開放型モニターヘッドホン。再生周波数帯域は10Hz〜39.8kHz。ケーブルを除いた重量は298g。K701-Y3、K702-Y3の上位モデルにあたる存在で、このヘッドホンから出力されるサウンドはまさに秀逸。 K712 PRO-Y3の音は、K701-Y3の低音域が豊かで心地よいサウンドと、K702-Y3の高音域のモニ・・・

レビューの続きを読む

家電 > イヤホン・ヘッドホン

K702-Y3

K702-Y3は、上位機種の中でもっともスタンダードなモニターヘッドホン。再生周波数帯域は10Hz〜39.8kHz。ケーブルを除いた重量は290g。K612 PRO-Y3の上位モデルにあたり、K701-Y3とは双子のような存在。音は、バランスよく低音域から高音域まできれい出ており、K701-Y3と比べるとK702-Y3のほうがスッキリとした印象だ。 音楽的にフラットで解像度が高く、開放型モニ・・・

レビューの続きを読む

家電 > イヤホン・ヘッドホン

HD 25 LIGHT

HD 25 Lightは、HD 25の下位モデルにあたるスタジオモニター。登場当初はカプセルも異なる完全な下位モデルという扱いだったが、その後HD 25と同じカプセルが採用されるようになり、仕様上はHD 25と同じ音で、約3,000円安いモデルとなっている。 そんなHD 25 Lightを開発したSENNHEISERは、1945年に前身のLabor Wを設立して以降、「くじら」という愛称で長・・・

レビューの続きを読む

レビューをすべて見る

このページの先頭へ