メーカー別注目モデルを紹介! 失敗しないベビーカーの選び方

ホーム > ベビー・キッズ > ベビーカー > ベビーカーの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「1台で長く使えるベビーカーってどんなもの?」「両対面式と背面式ってどこが違うの?」「今流行りの機能を教えて!」など、ベビーカーに関する疑問を解決。ママ・パパが使いやすくて、赤ちゃんも快適なベビーカー選びのポイントを紹介します。

これだけは押さえておきたい「ベビーカー選びの要点」

月齢・体重で選ぶ
(新生児期〜・7か月〜、〜15kg、15〜20kg)

タイプで選ぶ
(A型、AB型、B型、3輪バギー、2人用、3人用)

移動手段で選ぶ
(電車・バス、自転車、徒歩)

トレンドをおさえる
(オート4輪、トラベルシステム)

軽さで選ぶ
(コンパクト、持ち運びやすさ)

ベビーカー選びのポイント!

ベビーカー選びのポイント

その1 使う月齢・体重で選ぶ

新生児期〜6か月くらい

新生児期〜3歳くらい

生後1か月から6か月くらいは、首が据わっていないため、寝かせた状態で使えるリクライニング機能付きのタイプを選ぶとよいでしょう。また、体重を基準にして選ぶこともできます。

月齢&体重をチェック

7か月〜3歳くらい

7か月〜3歳くらい

生後7か月ごろになると首が据わってくるので、ベビーカーを座った状態で使用することが多くなります。また、子供が活発になりベビーカーを持ち運ぶシーンも多くなるので、なるべく軽量なものを選ぶとよいでしょう。体も大きくなるので、適応体重は15kg以上を選びましょう。

月齢&体重をチェック

その2 タイプで選ぶ

ベビーカーは大きく分けて、A型・B型の2種類があります。これは一般財団法人製品安全協会が定めるSGマーク(基準)によって規定されている種別です。日本基準の規格なので、海外ブランドの場合、A型相当・B型相当などと記載されています。

A型(新生児期〜3歳くらい)

A型

A型は生後1か月から3歳くらいまで使えるタイプで、最も幅広く使われているベビーカーです。リクライニング機能が搭載されており、赤ちゃんを寝かせた状態でも使用できます。最近は「オート4輪」などを搭載した高機能モデルが人気です。

A型(4輪)を探す

B型(生後7か月〜3歳くらい)

B型

B型は生後7か月から3歳くらいまで使用でき、セカンドカーとして購入する人も多いタイプです。基本的に座った状態で使用するため、リクライニング機能が搭載されていないものもあります。子供が活発に動き始める頃を想定し、非常に軽量で、持ち運びやすいのが特徴です。

B型(4輪)を探す

AB型(新生児期〜3歳くらい)

AB型

AB型は、お座りのできない新生児から使用できるリクライニング機能を備えつつ、B型タイプのように軽量&コンパクトなベビーカーの総称です。現在はA型ベビーカーの性能が向上しており、AB型=A型という認識が一般的になっています。

バギー

バギー

座った状態で使用するベビーカーです。B型よりも軽くて持ち運びやすく、旅行などに便利なコンパクトタイプもあります。また、「エアバギー」のように3輪でタイヤに空気を入れて振動を軽減しスムーズな走行を楽しむタイプなど、幅広いモデルがラインアップされています。

バギー(3輪)を探す

2人乗り

2人乗り

2人乗りのベビーカーです。双子や年子など、兄弟や姉妹で2人同時に移動できます。

2人乗り(6輪)を探す

3人乗り以上

3人乗り以上

日本ではあまり見かけませんが、3人乗り・4人乗りタイプもあります。三つ子など大家族に最適なモデルです。

3人乗り以上を探す

その3 よく使う移動手段で選ぶ

電車・バス

電車・バス

電車やバスでの移動が多い場合、片手で楽に折りたためるタイプのベビーカーが適しています。特にバスは、混雑時は折りたたまないと通行のじゃまになることも。また、自動改札を通れるサイズかどうか、最寄り駅の改札幅もチェックしておくことも大切です。通常の改札は55〜60cm、幅の広い改札は90cm前後です。

幅をチェック

自動車

自動車

1968年に、欧州の育児用品先進国オランダで誕生したチャイルドシートブランド「マキシコシ」。車での移動が多い場合は、「マキシコシ」のように、シート部分が外れる「トラベルシステム」搭載のモデルが便利です。走行中に眠った赤ちゃんを起こさずに、そのまま移動できます。また、赤ちゃんの成長に合わせて、シート部分だけを交換できるモデルもあります。

徒歩

徒歩

家の近所や公園などに行くのがメインという場合は、デコボコ道でも楽に操作できるような走行性の高いベビーカーが適しています。また、スーパーなどは通路が狭いので、使用時の幅も考慮して選びましょう。買ったものや荷物を入れられるように、シート下のカゴ容量が大きいと便利です。

カゴ容量をチェック

その4 トレンドをおさえる

オート4輪切替

オート4輪切替

ベビーカーは通常走行時(背面走行時)、前輪が駆動します。背面走行時のみであれば問題ありませんが、対面走行時には駆動する車輪がうしろになるため、ぎくしゃくした動きになります。それを解消するために、常に前輪がフリーに動く仕組みをオート(自動)で行うのが「オート4輪」機能です。最近のA型両対面ベビーカーでは必須の機能となりつつあり、押し心地のよいベビーカーの条件として注目されています。

オート4輪切替機能搭載製品を探す

トラベルシステム

トラベルシステム

トラベルシステムとは、ベビーカー、チャイルドシート、キャリーシートの機能を1つに集約したシステムのことで、欧米では定番となっています。日本では、「マキシコシ」が火付け役として有名。トラベルシステムに対応している商品を、同じくトラベルシステム機能を搭載したベビーカーに取り付ければ、ベビーカーとして使用できます。たとえば、「エアバギー」+「マキシコシ」、「Quinny」+「マキシコシ」などです。ベビーカーとセットで発売しているブランドもあります。

シングルタイヤ

シングルタイヤ

ひとつの足にタイヤが2つ付いた「ダブルタイヤ」に対して、タイヤが1つのタイプを「シングルタイヤ」といいます。その特徴は、小回りが利き、ブレが小さいため、進みやすく、曲がりやすいという点です。石畳の道が多いヨーロッパではシングルタイヤのベビーカーが多く使われていますが、最近では日本でも、走行音が小さく、デコボコ道でも押しやすいとして、シングルタイヤを取り入れるメーカーが増えてきているようです。

その5 軽さで選ぶ

国内メーカーのモデルで、いわゆる「軽量」とうたっているものは、およそ5kg前後です。軽量である最大のメリットは、持ち運びやすいという点ですので、多少重くても、持ち運びやすいグリップがある場合などは楽に感じます。必要と思われる機能があるか、走行性は問題ないかなど、バランスよく考慮したうえで、軽量ベビーカーを選択するとよいでしょう。

軽さで選ぶ

「軽量」のメリット

持ち運びが楽。

力のない女性でも扱いやすい。

軽量=コンパクトな場合が多く、置き場所をとらない。

「軽量」のデメリット

機能を省いていることも多く、耐久性や走行性が低下する可能性もある。

重さをチェック

このページの先頭へ

両対面式・背面式の違いは?

両対面式

液晶一体

赤ちゃんが押している人のほうを向いて対面する形になる機能のこと。新生児期から使えるA型ベビーカーでは「両対面式」がほぼ主流になっています。対面ができるベビーカーは原則的に背面式も可能なので、両方(背面・対面)可能な機種のことを「両対面式」といいます。

メリット

赤ちゃんと対面になるので様子を確認できる。

背面にもできるので、景色を見せながらの移動も可能。

デメリット

コンパクトにならないものが多く、持ち運びにくい。

価格がやや高め。

両対面式製品を探す

背面式

タワー

赤ちゃんが進行方向に向かって座るタイプのベビーカーを「背面式」といいます。「背面式」のみのベビーカーのほうが操作性がすぐれていることがあります。また、「両対面式」にくらべ、機能を簡素化し、軽量である場合が多いです。

メリット

機能を簡素化しているため、軽量で、操作しやすい。

折りたたむとコンパクトになり、持ち運びが楽。

デメリット

赤ちゃんの様子を確認しにくい。

首が据わった月齢からでないと使用できない。

背面式製品を探す

このページの先頭へ

機能をチェック

自立可能
折りたたんだときに、手で支えたり、壁に立てかけたりしなくても自立可能な機能のこと。国内メーカーのモデルは自立するものが主流ですが、海外メーカーのものは自立しないモデルも見られます。公共交通機関の利用時や、レストランなどでの外食時、保育園にベビーカーを置いておく場合などは、自立可能なタイプが便利です。

自立可能製品を探す

ワンタッチ開閉
ベビーカーを折りたたんだり、開いたりする作業がワンタッチで可能なことを示す機能です。赤ちゃんを抱っこしながら開閉しなければならないシーンでは、「ワンタッチ開閉」があるとないとでは、まったく違います。日頃、こまめに開閉する必要がある場合などは、「ワンタッチ開閉」機能付きのベビーカーが便利です。

ワンタッチ開閉対応製品を探す

紫外線カット
強い日差しから赤ちゃんを守る機能のこと。ベビーカーに使用する生地自体に紫外線カット機能を持たせたり、幌(ほろ)が大きいものはそれだけで紫外線がカットできたりします。幌に取り付けて使うサンシェイドや、ベビーカーをすっぽりと覆うように取り付けるネットタイプのものもあり、ネットタイプは虫よけにもなります。

紫外線カット対応製品を探す

ハイシート
赤ちゃんの乗るシートの位置が地面から高いことを示します。地表に近いほど多いといわれるホコリ・有害物質や、車から出る排気ガスから赤ちゃんを守るほか、地表から離れるため暑さもやわらぎ、熱中症対策にもなります。また、押す人の腰に負担をかけず、操作しやすいのも特徴。ベビーカー下のスペースが増え、収納できる荷物の量も多くなります。

ハイシート製品を探す

このページの先頭へ

主なメーカー&注目モデル

アップリカ(Aprica)

月齢や目的に沿ったベビーカーを多数揃えた国内メーカー

アップリカ(Aprica)

さまざまな赤ちゃんの月齢や目的に沿ったベビーカーを揃えている国内メーカー。衝撃や振動を抑える「カルーンエアー ABルチショックレス構造」、頭や首に負担をかけない「メディカル成長マモール」、熱がこもりやすいクッションや座席部分に通気性のよい素材を使用した「Wサーモメディカルシステム」など、独自の機能を搭載しています。

アップリカ(Aprica)製品を探す

アップリカ(Aprica)の注目モデル

カルーンエアー AB(両対面式)
カルーンエアー AB(両対面式)

超軽量3.9kgの1人用両対面ベビーカー。「ゆれぐらガード」により、デコボコ道での振動を軽減し、押しやすく、ちょっとした段差でも力をかけやすいのが特長です。

カルーンエアー ABを探す

ラクーナ クッション AC(両対面式)
ラクーナ クッション AC(両対面式)

でこぼこ道での振動を溶接されたがっちりフレームと車輪に備わった安心サスペンションが軽減し、全身をやさしく守る1人用両対面式ベビーカー。姿勢の崩れを防ぎ安定させる機能もついています。

ラクーナ クッション ACを探す

コンビ(COMBI)

快適さと使いやすさにこだわった安心の国内メーカー

アップリカ(Aprica)

赤ちゃんのための快適性とママのための使いやすさ、ふたりの安全と安心にこだわった国内メーカーです。傘のような独自の大型幌「アンブレラシェード」や衝撃吸収素材「エッグショック」、抱っこのように包み込む「ダッコシートα」、通気エリアを広く確保した「エアスルーシート」、進行方向前輪のキャスターが自動で回転する「オート4キャス」など、豊富な機能を搭載したモデルを展開しています。

コンビ(COMBI)製品を探す

コンビ(COMBI)の注目モデル

ホワイトレーベル スゴカルα 4キャス
ホワイトレーベル スゴカルα 4キャス

小回りがきいて楽に移動できるオート4キャスモデル。3層の振動吸収構造「トリプルエッグ」で、産まれたての赤ちゃんもしっかり守ることができます。

「ホワイトレーベル スゴカルα 4キャス」を探す

ホワイトレーベル スゴカル Switch エッグショック XL
ホワイトレーベル スゴカル Switch エッグショック XL

「ウルトラバランスフォーム」で衝撃吸収をする1人用両対面ベビーカー。ハイシートながら安定感のある独自の「低重心ハイシート設計」を実現しています。

サイベックス(cybex)

デザインと機能を兼ね備えたドイツブランド

サイベックス(cybex)

「安全性・デザイン・機能性」をモットーに、ベビーカーやチャイルドシートを開発するドイツ生まれのブランド。高い安全性に加え、すぐれたデザインと高い機能性を兼ね備えています。コンパクトに自立する折りたたみ機能など、日本ユーザー向けの性能も魅力です。

サイベックス(cybex)製品を探す

サイベックス(cybex)の注目モデル

MELIO CARBON
MELIO CARBON

5.8kgと軽量型の1人用両対面式ベビーカー。ハンドルとフロントホイールを直線で結び、手元操作を前輪にダイレクトに伝えることで操作性が向上しています。

EEZY S
EEZY S

走行時の衝撃を吸収し、快適な乗り心地を実現する1人用背面ベビーカー。小回りのきく足回りで狭い道でもスムーズに走行できます。

ピジョン(PIGEON)

ピジョン(PIGEON)

デザイン性の高さで人気の国内メーカー

哺乳瓶開発からスタートし、ベビー用品全般を扱う老舗国内メーカー。押しやすさを追求した「シングルタイヤ」を採用し、デザイン性の高さも魅力です。赤ちゃんへの衝撃をやわらげる「スイング式サスペンション」、前方向のタイヤが自由に動く「オート4輪切り替え」、振動を抑え軽やかに走行できる「ショックレスボディ」のほか、1時間で300mlもの、水蒸気になった汗を通す透湿性を実現したモデルも人気です。

ピジョン(PIGEON)製品を探す

エアバギー(Air Buggy)

エアバギー(Air Buggy)

すぐれた走行性能を備えた3輪タイプを展開

2002年に設立された比較的新しいブランドながら知名度は高く、デザイン性の高さから、海外ブランドと勘違いされることも多い。最大の特徴は、走行性の高い3輪タイプのベビーカーを展開していることです。全モデルに衝撃吸収にすぐれた「エアチューブタイヤ」を採用し、 空気圧によるクッション作用でアスファルトや凸凹道などの路面の衝撃を和らげ、安定した走行を実現します。

エアバギー(Air Buggy)製品を探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Qベビーカーはいつ頃購入するのがいいですか?
A出産前にこだわらず、出産後、住環境や生活パターンが決まってからでも遅くありません。
まず、「住環境」は、マンションか、一戸建てか、エレベーターがあるか、ないか。電車移動が多い地域か、車メインの地域か。出産の前後で引っ越したり、自宅を新築したりするなどの予定がある場合は、それらが決定してから購入したほうが間違いありません。また、毎日の生活スケジュールや赤ちゃんが抱っこひもを好きか嫌いかなどは、生まれてみないとわかりません。それらの点を考慮すると、出産前にこだわらず、出産後、実際に必要になったときに選ぶ、という心構えでもよいかもしれません。
Q1台で済ませたいけれど、どうしたらいいの?
A2パターンの方法が考えられます。

A型1台で済ませる

A型1台で済ませる

新生児期から3歳くらいまで使えるA型1台のみで済ませる、というパターンです。最近のA型ベビーカーは以前に比べ多機能なうえ、軽量・コンパクト化も進んでいます。持ち運びがしやすくなり、使い勝手もよくなっているので、経済面や保管スペースのことを考慮し、赤ちゃんが大きくなっても使えるA型を購入する、という人が増えてきました。

B型月齢まで使わない

B型月齢まで使わない

お座りができるようになるまでは抱っこひものみで乗り切り、B型ベビーカーが使えるようになった生後7か月以降にB型を購入する、というパターンです。赤ちゃんによっては、ベビーカーに乗るのを嫌がったり、逆に抱っこひもを嫌がったりする場合もあるので、生後すぐに購入するのではなく、赤ちゃんの好みがわかってきた頃に購入するとよいでしょう。

このページの先頭へ

用語集

オート4キャス
「オート4輪」と同義語。ハンドルの対面・背面を切り替えたときに、進行方向に向かって前輪タイヤだけが回転できるように自動で切り替える機能です。
サスペンション
ホイールとフレームの間にある緩衝装置のこと。段差を乗り越えたり、凹凸のある路面でベビーカーを押したりするときの振動を吸収し、赤ちゃんへの衝撃を抑えます。
セカンドベビーカー
生後7か月程度の、腰が据わってお座りができるようになった赤ちゃんを乗せるベビーカーです。いわゆるB型ベビーカーのこと。赤ちゃんの体がしっかりとしてから使用することを前提に作られており、赤ちゃんの保護機能やリクライニングの角度などを絞ることで、コンパクトかつ軽量なモデルを実現しています。
ファーストベビーカー
生後1か月程度の、まだ赤ちゃんの首が据わっていない時期から乗れるベビーカー。いわゆるA型ベビーカーのこと。寝ている状態で使用できるように、リクライニングの角度が深いのが特徴です。

このページの先頭へ

このページの先頭へ