価格.com

ビューティー・ヘルス

サロンシャンプー&サロントリートメントの選び方

お悩み別!

サロンシャンプー&サロントリートメントの選び方

美容院の後の髪はツヤツヤでサラサラ!でも数日たつとすぐにパサパサ髪に逆戻り……。その秘密は、美容室で使われているサロンシャンプーやサロントリートメントにありました! 美容院で取り扱いのあるシャンプーやトリートメントは、市販のものより高価なだけに、美容師さんにおすすめされるままに買うのはちょっとためらってしまいますよね。 でも、上手に選べば、髪の悩みを解消して、いつもキレイな髪でいられる頼もしい存在なんです。 サロンシャンプー・サロントリートメントの基本や洗浄成分のこと、正しいシャンプーの方法やお悩み別の選び方についてご紹介します!

齊藤あき

教えてくれたのはこの人!毛髪診断士・美養研究家齊藤あき

大手美容室、化粧品会社で経験を積んだ後2008年独立。「美肌・美髪のスペシャリスト」としてサロンワークのほか、講師や執筆活動など幅広く活躍中。スキンケアサロンtinarossaオーナー

齊藤あき

教えてくれたのはこの人!毛髪診断士・美養研究家齊藤あき

大手美容室、化粧品会社で経験を積んだ後2008年独立。「美肌・美髪のスペシャリスト」としてサロンワークのほか、講師や執筆活動など幅広く活躍中。スキンケアサロンtinarossaオーナー

サロンシャンプー・サロントリートメント 基本

サロンシャンプー・サロントリートメントとは?

サロンシャンプー・サロントリートメントとは、美容院で使われているシャンプーやトリートメントのことを指します。アミノ酸系の洗浄成分など、髪にやさしい成分が使われていたり、カラーやパーマの持ちをよくする成分が含まれるなど、単に汚れを落としたりうるおいを与えたりするだけではなく、+αの効果が期待できます。 価格はドラッグストアなどで手に入る市販のシャンプーやトリートメントよりも少し高価な傾向にあります。また髪のうねりやカラーの保持など、髪の悩みや目的によって種類が細かく分かれているものが多いのも特徴です。

サロンシャンプーと市販シャンプーの違い

スーパーやドラッグストアで全国どこでも手に入り、CMなどによる認知度も高い市販シャンプーと比べると、あまり名前が知られていない商品が多いサロンシャンプー・サロントリートメント。商品によって特徴や配合成分はさまざまですが、一般的なサロンシャンプーと市販のシャンプーを比べたときのメリット、デメリットをまとめました。

  • サロンシャンプー

    メリット
    • 肌への刺激が少ないことが多い
    • 自分の髪質や髪の悩みと合ったものを選べる
    • カラー、パーマの持ちがいい
    デメリット
    • 購入できる場所が限られるものが多い
    • 市販シャンプーに比べて高価なものが多い
    • 並べて比較することが難しい
  • 市販シャンプー

    メリット
    • どこでも購入しやすい
    • 価格が安い
    • 泡立ちがよいものが多い
    デメリット
    • 洗浄成分が強すぎるものが多い
    • 細かい悩みに対応したものが少ない
    • カラーやパーマが落ちやすい

美容院でしか購入できないの?

もともとは美容院でしか購入できないサロン専売品のシャンプーやトリートメントがほとんどでしたが、最近ではコスメ雑貨を取り扱うお店や百貨店、ネットショップなどで購入できるものも増え、手に取りやすくなりました。ですが、サロンシャンプーの中には、1人ひとりの髪や頭皮の状態を美容師が見極めたうえで使ってほしいという方針から、メーカーが美容院での購入を推奨しているものもあります。

サロンシャンプー・サロントリートメント 髪悩み別 選び方

悩み別の選ぶポイント

  • 髪のダメージが大きい
  • ボリュームがでない
  • 髪や頭皮がベタつく
  • カラーやパーマがすぐ落ちる
  • 日焼けによるダメージが気になる
  • 抜け毛や白髪が増えた

髪のダメージが大きい

髪の悩み
  • パサついてツヤがない
  • 枝毛や切れ毛
  • 髪を引っ張ると伸びる
必要なのは
  • ・やさしい洗浄成分で洗う
  • ・高いコーティング&保湿力

カラーやパーマの繰り返しや、日差しによるダメージが蓄積してしまった髪は、アミノ酸系やベタイン系など、やさしい洗浄成分を使ったシャンプーで洗うのが基本。トリートメントは、コーティング力のあるシリコン系の補修成分や、セラミド、加水分解系などの保湿成分が豊富に含まれているものを使ってうるおいをキープしましょう。洗い流さないアウトバスのオイルトリートメントで日中の紫外線対策も忘れずに!

シャンプー
保湿・補修系のシャンプーは、アミノ酸系の洗浄成分で作られているものがほとんど。頭皮に必要なうるおいを残しつつ、髪を傷めないよう刺激を抑えて作られています。

例えばこの商品

トリートメント
加水分解コラーゲンやセラミドなど、さまざまな保湿成分が配合されたものが適しています。髪の補修を助けるケラチンなどのタンパク質成分を配合したものや、シリコンで髪を守るタイプも。

例えばこの商品

髪にボリュームがでない

髪の悩み
  • 髪のハリやコシがなくなった
  • 髪が細く貧相な印象
  • ヘアスタイルが決まりにくい
必要なのは
  • ・エイジングケアや毛穴詰まりの改善
  • ・シリコンの少ないものを選ぶ

髪のボリュームが失われる原因は大きく分けて2つ。ストレスや加齢などにより髪が細くなっている場合は、エイジングケア成分が配合されているものを選びましょう。また、オイリー肌の人や洗浄が不十分な場合は毛穴が詰まることで毛が細くなってしまうので、スルホコハク酸系など洗浄力のあるシャンプーに変えるのがよいでしょう。どちらの場合も、シリコンが少ないものや、サラサラ仕上がるシャンプーやトリートメントを選ぶと、髪にボリュームがでます。

シャンプー
基本的に、サラサラ&ふっくらと仕上がるノンシリコンタイプがよいでしょう。皮脂詰まりが原因と思われる場合は、スルホコハク酸系など洗浄力のあるものも有効です。

例えばこの商品

トリートメント
トリートメントもノンシリコンタイプを選ぶと髪がつぶれにくくなります。頭皮と髪をイキイキさせる、アスタキサンチンやパンテノールなどのエイジングケア成分が含まれたものもあります。

例えばこの商品

髪や頭皮がベタつく

髪の悩み
  • 頭皮のにおいが気になる
  • スタイリングがしにくい
  • フケやかゆみが気になる
必要なのは
  • ・洗浄力高めのシャンプー
  • ・シリコンフリーのトリートメント

髪や頭皮がベタつく人は、洗浄力が高めの洗浄成分が配合されているシャンプーを使ってみましょう。皮脂を取りすぎるとさらに分泌を促進してしまうことがあるので、その場合は毎日の使用は避けて数日おきに取り入れてみましょう。トリートメントは、シリコンに比べて軽く仕上がるカチオンを主成分としたものを使えば、ベタつきを抑えることができます。

シャンプー
やさしさ重視のアミノ酸系洗浄成分だけでなく、洗浄力が高めのベタイン系のシャンプーや、サラサラと仕上がる酸性石けん系のシャンプーを数日おきに使ってみましょう。

例えばこの商品

トリートメント
シリコンの多いトリートメントは仕上がりが重くなるので、シリコンフリーのものや、軽く仕上がるカチオンを主成分としたものを選ぶのがポイントです。

例えばこの商品

カラーやパーマがすぐ落ちる

髪の悩み
  • カラーが長く保てない
  • 毛先がすぐに明るくなる
  • パーマがきれいにでない
必要なのは
  • ・やさしい洗浄成分で洗う
  • ・髪をしっかりコーティング

髪のタンパク質の流出を防ぐため、アミノ酸系シャンプーでやさしく洗浄しましょう。色落ちを防ぐ褐色防止剤の入ったものならなおベター。トリートメントは、コーティング力のあるシリコンを主成分としたものを使い、保護力をアップ。施術後1週間はカラーやパーマがまだ定着しておらず抜けやすい時期なので、特に慎重なヘアケアが必要です。オイルタイプのアウトバストリートメントも必須です。

シャンプー
強すぎる洗浄成分は髪のタンパク質やカラー剤などを流出させてしまうため、アミノ酸系などやさしい洗浄成分のものを選ぶのが基本。ミリスチン酸などの褐色防止剤が入ったものならなおベターです。

例えばこの商品

トリートメント
シリコンを主成分としたトリートメントで髪をコーティングするのが、カラーやパーマを長持ちさせるコツ。アウトバストリートメントによる二重のケアも必須です。

例えばこの商品

髪の広がり・うねりが気になる

髪の悩み
  • 広がってまとまりにくい
  • スタイリングしづらい
  • きれいなストレートにならない
必要なのは
  • ・皮脂詰まりの解消
  • ・うるおいを与えて落ち着かせる

主な原因は、乾燥や毛穴の皮脂詰まり。そのため、頭皮にやさしくすっきり洗えるベタイン系や酸性石けん系のシャンプーでしっかり頭皮の汚れを落とし、保湿力の高いトリートメントで髪にうるおいを与えることがよい対策になります。また、浸透性の高いミルクタイプのアウトバストリートメントを併用するのもよいでしょう。特にうねりの気になる部分を中心に保湿しましょう。

シャンプー
保湿も重要ですが、まずはしっかりと頭皮の汚れを落とすことが重要。ベタイン系や石けん系など、刺激が強すぎず、しっかり汚れを落とせるシャンプーで毛穴の詰まりを解消することが必要です。

例えばこの商品

トリートメント
広がり・うねり対策用のトリートメントは、高い保湿力を持ったものが中心。また、髪を柔らかくし、うねりを内部から補正する成分が含まれたものもあります。

例えばこの商品

抜け毛や白髪が増えた

髪の悩み
  • 地肌の透けが気になる
  • 白髪が目立つようになった
  • 思い通りのヘアアレンジができない
必要なのは
  • ・頭皮環境の改善
  • ・頭皮の活性化

抜け毛も白髪も、頭皮の老化が原因です。シャンプーは刺激の少ないアミノ酸系やエイジングケア用のものを選びましょう。過剰な皮脂分泌も抜け毛の原因になるので、スカルプケア系シャンプーで解決することもあります。絡まった毛を無理にほぐすことも抜け毛の原因になるので、トリートメントで保湿することも重要。頭皮を活性化する植物エキスや、育毛剤に使われる成分が入ったものも適しています。

シャンプー
アミノ酸系などの洗浄成分を使った、頭皮と髪にやさしいシャンプーを選ぶのが基本。頭皮の環境を改善してくれるスカルプケア系のシャンプーが有効な場合もあります。

例えばこの商品

トリートメント
髪がつぶれにくいノンシリコンタイプがベスト。パンテノール、イチョウ、センブリ、にんにく、ショウガなど、頭皮を活性化する成分や育毛剤にも使われる成分が入ったものも見られます。

例えばこの商品

齊藤あき

シャンプーとコンディショナーは同じブランドでなくても大丈夫!
美容院などで同じブランドに統一することをすすめられる場合もありますが、別々のものを使ってもOK。自分の髪の悩みや頭皮の状態に合わせて、シャンプーとトリートメントを別々に選んだほうがより悩みにフィットするものを選べることも多いんです。

サロンシャンプー・サロントリートメント 成分と役割

サロンシャンプーと市販シャンプーとの違いは、配合されている洗浄成分の違いが主に挙げられます。
またトリートメントは、使い方によっても役割が少し異なります。
ここでは、シャンプー・トリートメントに含まれる成分や、その役割についてご紹介します。

シャンプーに含まれる洗浄成分の種類とその特徴

どのシャンプーにも、髪の皮脂や汚れを落とすための「界面活性剤」と呼ばれる洗浄成分が含まれています。この洗浄成分は大きく6つに分類され、サロンシャンプーには「アミノ酸系」や「ベタイン系」と呼ばれる低刺激の洗浄成分がよく使われています。また、1つのシャンプーに、複数の洗浄成分が配合されることも多くなっています。この割合や組み合わせによって、洗い心地や仕上がりが変わるのです。配合成分は、配合量が多い順に記載されています。購入時にはパッケージ裏の成分表をチェックしてみましょう。

  • 洗浄力 弱

    メリット
    • 髪や頭皮を保湿できる
    • 頭皮への刺激が少ない
    • ほかの洗浄成分に比べカラーやパーマの持ちがよい
    デメリット
    • 価格が高価なものが多い
    • スタイリング剤が落ちにくい
    • 脂性肌には向かない
  • 洗浄力 強

    メリット
    • 価格が手頃なものが多い
    • 洗浄力が高くスタイリング剤を落としやすい
    • 脂性肌もしっかり洗える
    デメリット
    • 頭皮への刺激が強い
    • 皮脂を落としすぎてしまうことがある
    • パーマやカラーが落ちやすい

アミノ酸系の代表的なサロンシャンプー

ベタイン系の代表的なサロンシャンプー

スルホコハク酸系の代表的なサロンシャンプー

α-オレフィン系の代表的なサロンシャンプー

酸性石けん系の代表的なサロンシャンプー

硫酸系の代表的なサロンシャンプー

齊藤あき

シャンプーの2本使いでより美しい髪に
毎日同じシャンプーを使うのではなく、複数のシャンプーを使い分けるのも美髪への近道に。運動をして汗をかいた日など皮脂が気になる日には洗浄力の高いシャンプーを使い、乾燥が気になるときにはやさしい洗浄成分のものを使えば、季節による変化や頭皮の状態に合わせたより細やかなケアができます。

使い方で異なるトリートメントの役割

トリートメントは、お風呂で洗い流すタイプ(=インバストリートメント)と洗い流さないタイプ(=アウトバストリートメント)の大きく2種類に分けられます。その中にもいくつかの種類があり、それぞれ役割が異なります。実際に美容院で取り扱われている商品とともに、特徴を見ていきましょう。

洗い流すタイプ

シャンプーをした後髪になじませ、少し時間をおいて髪の内部に成分を浸透させてから洗い流すタイプのトリートメント。髪の内側からケアをすることを目的としています。 キューティクルが開いている状態で使うのでしっかり成分が浸透し、内部ダメージの補修がしやすいのが特徴です。

トリートメント
髪に必要な油分を補ったり、髪に栄養を与えたりするためのもの。髪表面だけではなく、内部の補修も目的として作られている。

例えばこの商品

ヘアパック・ヘアマスク
明確な成分などの定義はないが、トリートメントよりも栄養補給力やダメージ補修力が強く、集中ケア用として使われるもの。

例えばこの商品

洗い流さないタイプ

お風呂上がりや外出前などに、髪につけてなじませるタイプ。洗い流さないため長時間髪に定着し、効果を実感しやすいのがメリットです。静電気や紫外線、排ガスなど、ダメージの原因となるものから髪を守り、保湿する役割を持ちます。髪になじみやすいミストタイプのほか、髪をコーティングするオイルタイプなど、大きく分けて4つの種類があります。

クリームタイプ
濃厚な感触で、オイルタイプに比べ補修成分が多く含まれているものが多い。硬い髪やボリュームを抑えてまとまりやすくするのに向いているタイプ。

例えばこの商品

オイルタイプ
髪の表面をコートしてダメージから髪を守り、うるおいとまとまりをプラス。ツヤだしや乾燥対策に役立つほか、特に熱から髪を守る効果が高いので、ドライヤー前に使うのが効果的。

例えばこの商品

ミストタイプ
霧状でムラなくつけられ、水分量が多く成分が髪になじみやすいのが特徴。油分が少ないのでダメージ予防力は弱いが、軽やかな仕上がりで髪の細い人でも使いやすい。

例えばこの商品

ミルクタイプ
油分と水分のバランスにより、ベタつきにくくサラッとした感触。成分が髪に浸透しやすく、保湿力が高いのに仕上がりが重くならないのがメリット。

例えばこの商品

リンスやコンディショナーとの違い
トリートメントに似たジャンルとして、リンスやコンディショナーが挙げられます。リンスやコンディショナーは、主に髪の表面をなめらかにすることを目的として作られており、内部から髪を補修するトリートメントと区別されることが多くなっています。しかし実際には、リンス・コンディショナー・トリートメントの成分に明確な基準があるわけではなく、どの名称で発売するかはメーカーに委ねられています。そのためコンディショナーとして発売されていても、トリートメント並みの補修成分が含まれている商品もあるのです。

シャンプー・トリートメント選びのQ&A

男性用のシャンプーを使っても大丈夫?

たまにならOKだけど長期使用は避けて

男性向けのものは清涼感が強く、洗浄力が強い成分が含まれる傾向にあります。一方女性向けのものは、洗浄力が穏やかで、保湿・補修成分が入ったものが多くなっています。清涼感を求めたいときなどに男性用を使ってもかまいませんが、刺激が強すぎることがあるので、長期使用はおすすめしません。髪を美しく保つには、女性用のものが適しています。

ノンシリコンは髪にいいの?

シリコン入りのほうがいい場合もある

ノンシリコンシャンプーという言葉を近年よく見かけるようになりましたが、シリコンは一概に避けたほうがいい成分というわけではありません。シリコンには、髪をコーティングしてダメージから守ったり、指どおりをよくしたりする効果があります。半面、細い髪がペタンとつぶれてしまうデメリットも。目的に応じてうまく味方につければ、頼もしい成分なのです。

サロンシャンプー・サロントリートメント 正しい髪の洗い方

いくらよいシャンプーやトリートメントを使っていても、正しい使い方ができていないと、効果は半減してしまいます。髪質や悩みによって選ぶアイテムは変わりますが、正しいシャンプー・トリートメントの方法は同じです。髪や頭皮をすこやかに保つ方法を知って、より美しい髪を目指しましょう。

シャンプーの基本的な流れ

  1. 1.ブラッシング

    ブラシで髪をほぐし、もつれや大まかな汚れを取り除く。頭皮がぬれた状態で行うと抜け毛やダメージの原因になるので、乾いた状態で行う。

  2. 2.プレシャンプー

    頭全体をお湯で予備洗いする。単にぬらすのではなく、お湯だけでシャンプーをするようなイメージで、しっかり毛穴を開かせる。

  3. 3.泡立て

    両手に取ったシャンプーを髪の表面で泡立て、泡を全体に広げていく。いきなり頭皮にシャンプーをつけると刺激が強すぎるので注意。

  4. 4.シャンプー

    髪よりも頭皮を洗うイメージでシャンプーする。おでこから後頭部にかけての中心線は皮脂がでやすいので、特に念入りに。

  5. 5.すすぎ

    すすぎはシャンプーの2倍の時間をかけて洗い流す。地肌を洗い流すようなイメージで、お湯だけでなく指の腹を使ってぬめりがなくなるまですすぐ。

ワックスやスプレーがしっかりついているとき

ワックスやスプレーでしっかりとスタイリングした日は、シャンプー前のブラッシングをオイルマッサージに変えることで、効果的に汚れを落とすことができます。ワックスやスプレーは油分がメインなので、ホホバオイルなどのマッサージオイルを乾いた髪や頭皮につけ、もむようにマッサージを行うと、毛穴に詰まったスタイリング剤の成分を浮き上がらせることができます。この場合はシャンプーで2度洗いするとよいでしょう。

シャンプーに適したお湯

シャンプーをするときの温度は、少しだけぬるいと感じる38度くらいが適温です。熱すぎるお湯は頭皮や髪にダメージを与えたり、皮脂を落としすぎたりする恐れがあります。また、湯船の残り湯を使う場合、入浴剤が頭皮や髪に残ると刺激になってしまうことがあります。最後は必ずシャワーのお湯で仕上げのすすぎを行いましょう。

齊藤あき

朝シャンよりも夜のシャンプーが正解!
シャンプーの後は頭皮に皮脂が少なくなり、紫外線によるダメージを受けやすくなってしまうため、朝のシャンプーはできるだけ控えましょう。また、髪の成長は夜に活発になるので、頭皮が汚れたまま寝ると、髪の成長が阻害されてしまいます。美しい髪のためには夜のシャンプーが鉄則です!

トリートメントの基本的な流れ

洗い流すタイプ

  1. 1.タオルドライ

    シャンプー後、タオルで髪の水分をふき取る。ぬれた髪はキューティクルが開いておりダメージを受けやすいので、やさしく両手で挟むように。

  2. 2.トリートメントを塗布

    トリートメントを2〜3回に分けて手に取り、毛先から順にもみ込んでいく。頭皮にトリートメントがつくと毛穴詰まりの原因になるので5cmほど離してつける。

  3. 3.浸透させる

    髪全体にもみ込んだら、最低でも1分、できれば3〜5分おく。タオルをお湯で絞り、髪に巻いておくとなお効果的。湯船につかるとさらに効果アップ。

  4. 4.洗い流す

    ぬめり感がなくなるまで洗い流す。頭皮にトリートメントが残ると頭皮トラブルの原因になるので、頭皮をしっかり洗い流すようにシャワーを当てる。

洗い流さないタイプ

  1. 1.タオルドライ

    インバストリートメントを洗い流した後、タオルで髪の水分をふき取る。髪にダメージを与えないよう、やさしく両手で挟むようにタオルを当てる。

  2. 2.トリートメントを温める

    手で包んでトリートメントを少し温める。両手に広げて、髪全体になじみやすくなるよう準備をする。ミストタイプの場合はこのステップは不要。

  3. 3.トリートメントを塗布

    毛先から2〜3回に分けて髪全体にもみ込んでいく。ダメージや乾燥が気になる部分には重点的に。できるだけ頭皮や顔などの皮膚につかないようにする。

  4. 4.髪全体になじませる

    手ぐしか目の粗いくしでやさしく髪をとかしてからドライヤーで乾かす。ダメージを与えないようにするため、髪を引っ張らないようにし、手早く乾かす。

齊藤あき

インバストリートメントとアウトバストリートメントの併用で効果アップ
シャンプーの後に使うインバストリートメントは、髪の内部の補修を目的としています。アウトバストリートメントは内部補修よりもドライヤーの熱ダメージを軽減したり、表面を保湿したりすることに目的があります。特に髪の長い人は、インバストリートメントの後にアウトバストリートメントを行うのが髪をキレイに保つ秘訣です。数日おきでもいいので行うと、効果が違ってきますよ。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止