電動自転車の選び方

ホーム > スポーツ > 自転車 > 電動自転車 > 電動自転車の選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

電動自転車とは?

電動自転車とは?

「電動自転車」とは、モーターの力で走行する自転車です。モーターの力だけで走行するフルアシストの電動自転車と、ペダルをこがないとモーターが駆動しない電動アシスト自転車があります。フルアシストの電動自転車は原動機付き自転車として扱われるため、運転する際には原付き免許やヘルメットの着用、自賠責保険の加入が義務付けられます。
一方、電動アシスト自転車は、道路交通法上は自転車と同じ扱いなので、免許不要で乗ることができます。その仕組みはペダルを踏む力や回転数などをセンサーで検出し、モーターの補助によりペダルをこぐ力を低減させることができるというものです。モーターを駆動させるために、バッテリーを搭載しています。ここでは電動アシスト自転車の選び方について説明します。

選び方のポイント

電動自転車のタイプをチェック

買い物にも通学にも便利な
シティサイクルタイプ

買い物にも通学にも便利なシティサイクルタイプ

俗に「ママチャリ」と呼ばれている、最も一般的なタイプ。主に通勤や通学、買い物など、日常生活での近距離移動に向いています。

シティサイクルタイプを探す

小さい子供との移動が中心なら子乗せタイプ

小さい子供との移動が中心なら子乗せタイプ

車体の前後どちらかに、子供を乗せるための「チャイルドシート」を備えているタイプ。小径タイヤで低床設計のものが主流です。

子乗せタイプを探す

長距離を楽に移動できる
スポーツ・e-Bikeタイプ

スポーツ・e-Bikeタイプ

ロードバイクやマウンテンバイクなどのスポーツ用途に使われる自転車でも、専用アシストユニットを搭載したものが増えています。長距離でも楽に移動できます。

スポーツ・e-Bikeタイプを探す

近距離の移動中心に向く
小径・折りたたみタイプ

アイアンには番手が表記される

タイヤサイズがおおむね20インチ以下の自転車を小径車と呼びます。街中など近距離の移動に向くほか、車体を折りたたんで持ち運べるものもあります。

小径・折りたたみタイプを探す

バッテリー性能をチェック

バッテリー性能をチェック

1回の走行距離が長い人は補助走行距離を重視

電動アシストを受けて走れる距離のこと補助走行距離といいます。バッテリー容量や乗員数、変速ギアやこぎ方などによっても変わりますが、一度の走行で長距離を走るような人は、補助走行距離を目安に選ぶとよいでしょう。

長期間の使用が前提なら
充電容量が大きなものを

低価格車に採用される容量の小さいバッテリーは、充電頻度が高く寿命も短いうえ、買い替えると数万円かかります。使う頻度や年数次第では、高価格な大容量モデルのほうが安くつくケースも。

使う頻度が高い人は充電時間の短さもポイント

充電時間はバッテリーの性能やメーカーによっても異なりますが、基本的に大容量なものほど、充電時間が長くなります。通学や通勤などで毎日使用するような人には、重要な選択基準になります。

製品を探す

このページの先頭へ

機能・スペックをチェック

子供を乗せるなら、専用装備の選択も必要

子供を乗せるなら、専用装備の選択も必要

チャイルドシート付

子供を乗せるための専用シートを車体の前もしくはうしろに標準装備しているモデルです。現在販売されている「子乗せ」タイプの電動自転車は、ほとんどがこのチャイルドシート付になっています。

チャイルドシート付の製品を探す

3人乗り対応

販売中の子乗せモデルの多くは、子供2人を乗せて走れる「3人乗り」対応。チャイルドシート付モデルでは、前後どちらか一方のシートが付属するため、3人乗りの際はシート1点を追加購入する必要があります。

3人乗り対応製品を探す

タイヤサイズをチェック

タイヤサイズが20〜22インチ程度と小さいモデルは、小回りが利き、重心も低いため安定感があるので小柄な女性や子供を乗せる用途に向いています。一方、24インチ以上のタイヤが大きいモデルは、スピードを出しやすく長距離の移動でも疲れにくい特長があります。なお、利用する駐輪場がレーン式の場合には、タイヤの幅がレーンに収まるかどうかもチェックしましょう。

適応身長をチェック

自分の身長に合っているかの目安となるのが「適応身長」です。カタログの適応身長は、おおむねサドルを一番下げた状態で地面に両足のつま先が着く程度の身長が記載されています。ただし、子供を前後に2人乗せる場合は、安全性の観点から両足のかかとがべったり地面に着くものを選びましょう。なお、子供を2名乗車させるのに必要な推奨身長を記載しているメーカーもあります。

このページの先頭へ