アクションカメラ・ウェアラブルカメラの選び方

ホーム > カメラ > ビデオカメラ > アクションカメラ・ウェアラブルカメラ > アクションカメラ・ウェアラブルカメラの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

アクションカメラ・ウェアラブルカメラ(以下、アクションカメラ)は、自転車やバイクのヘルメットやサーフボードなどに装着して臨場感あふれる映像を撮影できるアイテムです。高倍率のズームレンズで、大きなモニターを見ながら動画を撮る従来のビデオカメラ(ハンディカメラ)とは真逆のコンセプトが、人気を集めています。各社から発売されているアクションカメラの選び方のポイントを解説していきます。

アクションカメラ選びの前に

アクションカメラとは何か?

アクションカメラとは、サーフィンやスキー、登山、自転車などのアクティブシーンで競技者目線の迫力ある動画を撮るために開発されたカメラで、身につけて使うのでウェアラブルカメラともいいます。広角レンズを搭載しており、視野の広いライブ感がある映像を撮れるのが魅力です。撮影をスタートしたら、あとはカメラを気にせず競技に集中しましょう。防水耐衝撃性にも優れているので、過酷なシーンでも対応できます。

小型軽量かつウェアラブルなので
撮影シーンの自由度がアップ

小型軽量なウェアラブルカメラで撮影シーンの自由度がアップ

カメラが小型軽量なため、自転車のハンドルやフレーム、ヘルメット、サーフボードなどに装着してハンズフリーでの撮影が可能です。そのための付属品、あるいは別売りアクセサリーも多数ラインアップされています。手に持つのではなくどこかに装着して撮るため、撮影の自由度が非常に高いです。その自由度を損なわないためにも、行動の邪魔にならない本体の小ささが重要になります。

防水性・耐衝撃性に優れ
アクティブなシーンで活躍

防水・耐衝撃性にすぐれアクティブシーンで活躍

アクションカメラ最大の魅力は、防水性・耐衝撃性に優れた本体のタフネスさ。もともと本体に防水・耐衝撃性が備わったものと、付属のハウジングと呼ばれる密閉容器に入れることでそれらを得る2タイプに分かれます。どちらも、サーフボードにつけて迫力ある映像を撮ったり、ヘルメットにつけて登山の様子を記録したり、ダイビングで頭部に装着して海の様子を撮影したりと、さまざまな環境で活躍します。

広角かつ高画質で撮影した動画は
ダイナミックで美しい映像に

広角かつ高画質で美しい映像を

アクションカメラの基本は広角レンズ。広い範囲を撮ることで視野全体を記録できるだけでなく、遠近感が強く出せるので、より迫力のある映像を撮れます。ズームがないなど機構の単純さもあいまって、ここ数年で画質がぐんと上がっており、テレビ番組内でも使われるほどです。フルHDや4K動画に加えて、スローモーションやタイムラプスなど撮影機能の幅も広がっています。

ハンディカメラとの違いは何か?

ハンディカメラとの違いは何か?

臨場感ある広い視野角の映像を、自由な視点で撮影できる

アクションカメラとハンディカメラの異なる点をチェック

広角レンズで視野の広い映像が撮影できる

小型サイズかつ豊富なマウントで視点が自由自在

衝撃や水などへの対策が充実

ズーム機能がない

手ブレ補正やマイクの性能は劣る傾向に

ハンディカメラとの大きな違いは「レンズとモニター」です。ハンディカメラはモニターを見ながら撮りたいものにズームして撮影するため、運動会などに向いています。一方のアクションカメラは、カメラを装着して構図を決めるとき以外はモニターを見ないのでズームレンズがなく、小型化と防水重視のためマイクに高い性能を求めていません。その代わり、広い範囲を一度に撮れる広角レンズを搭載しており、視界全体が収められます。小型で軽いうえに両手が自由になるので、身につけていることを意識せず撮影できます。自分の体験を映像で残すカメラというイメージで捉えましょう。

このページの先頭へ

選び方のポイント

画質・画角で選ぶ

解像度をチェック

アクションカメラの動画サイズはハイビジョン(HD)、フルHD、4Kの3種類が基本です。現在一般的な動画サイズはフルHDですが、将来に向けて高解像度で残したい、動画から静止画を切り出したいといったことが想定される場合は、4Kが最適です。ただし、フレームレート(動画のもととなる静止画の枚数)がフルHDでは60fpsまで撮れるのに対し、4Kでは30fps止まりとなるなど、制限が付くこともあるので注意してください。

解像度 総画素数
ハイビジョン 1270x720
フルハイビジョン 1920×1080
4K 3840×2160

撮像素子をチェック

基本画質や暗所での画質はイメージセンサーの大きさで決まるといっても過言ではありません。サイズが大きいほど高性能になります。一般にコンパクトデジカメサイズの1/2.3型か、それより小さめのセンサーが使われます。ただし、センサーサイズが非公開の製品もありますので、目安として考えましょう。



撮像素子のサイズで選ぶ

画角をチェック

画角をチェック

写る範囲を「画角」といいます。一般的なハンディカメラは広角側で70〜80度なのに対し、アクションカメラは100度以上と広い範囲を写せます。なお、手ブレ補正をオンにすると画角が少し狭くなります。

撮影環境で選ぶ

暗いところで撮影する

暗いところで撮影する

どのくらい暗い場所でも撮影できるかは、そのカメラにとって被写体を写すのに最低限必要な照度である「最低被写体照度」で示されます。これは明るさの単位「ルクス」で表され、数字が小さくなるほど、より暗い環境で撮影できます。一般なアクションカメラは6ルクスくらいですので、暗い環境で使うことが多いならこれより小さいものを選びましょう。

最低被写体照度 6ルクス未満

水中やぬれる環境で撮影する
水中や濡れる環境で撮影する

アクションカメラは、本体自体が防水のものと、付属のハウジングに入れることで防水になるものがあります。防水も水深3m程度のものから同20m、さらにハウジング利用で同60mまで潜れるものまでさまざま。水辺や海水浴場で遊ぶ程度なのか、水中に潜って撮るのかを判断基準にしましょう。また、雪上で使用する場合にも防水機能は必須です。

防水性能をチェック
長時間連続で撮影する
長時間連続で撮影する

アクションカメラは一度撮影を始めると、アクティビティーや競技をやめるまで撮り続けるのが基本なので、バッテリーの持ちが重要です。1回のフル充電で何分まで撮れるかをチェックしましょう。長時間の撮影をするなら予備バッテリーの準備や、USBを使ってモバイルバッテリーから充電できる製品を選びましょう。

撮影時間をチェック

使い勝手で選ぶ

手ブレ補正機能

動きながら撮るときは、手ブレ補正性能が重要になります。手ブレ補正には電子式手ブレ補正、光学式手ブレ補正があります。多くの機種は電子式ですが、中には強力な光学式手ブレ補正を持つ機種もあります。ブレを極力抑えたい本格的な撮影では「スタビライザー」という装置を使うこともあります。

手ぶれ補正機構

タッチパネル

アクションカメラは小型でボタンも少なく操作性が高いとはいえませんが、タッチパネルが搭載されていれば快適に細かな設定も行えます。設定を細かく変えながら撮影を楽しみたいなら、ぜひとも欲しい機能です。タッチパネルがない機種から探すなら、スマートフォンやタブレット端末などとWi-Fi連携できるモデルを選ぶと便利です。

タッチパネル

Wi-Fi

アクションカメラの多くは、モニタの小ささをスマートフォンやタブレット端末で補います。スマートフォンとWi-Fiでつなぎ、専用のアプリを使って撮影設定や撮影映像の確認を行うのが一般的です。その意味ではWi-Fi機能とスマートフォンは必須といえます。スマートフォンは撮影時のワイヤレスモニタとしても使えるので便利です。

Wi-Fi

本体重量

本体が軽いほど、その存在を意識せず競技に集中でき、風の抵抗も少なくてすみます。カメラ本体が防水耐衝撃仕様になっているとその分重くなるため、ハウジングが必要な機種と比べるときは、ハウジングの重さも含めた「撮影時重量」で比べましょう。

本体重量をチェック
内蔵メモリー

一部のモデルでは内蔵メモリーを搭載しています。長時間の動画を撮るには不十分ですが、いざというときの静止画撮影などに役立ちます。映像の記録にはSDカードより小さいmicroSDカードを使用するのが一般的です。カードが非常に小さく頻繁な抜き差しはしづらいため、大容量のものを用意しましょう。

内蔵メモリー容量をチェック
インターフェイス

カメラのインターフェイスはHDMIとUSBの2つが基本です。HDMIはHD映像と音声をデジタルでつなぐ規格で、モニターにつないで撮影時のプレビュー用や再生に使えます。USBはパソコンへのデータ転送と充電に使います。主にmicroUSBとminiUSBの2規格が採用され、前者のほうがケーブルを入手しやすく便利です。

HDMI端子

microUSB

このページの先頭へ

主なメーカー

GoPro(ゴープロ)

GoPro(ゴープロ)

アクションカメラの元祖!
優れた耐久性と防水性能

圧倒的なシェアを誇るアクションカメラのパイオニアメーカー。優れた耐久・防水性に加え、手ぶれ補正機能などを備えた「HERO」シリーズを展開し、マウントなど専用のアクセサリーも豊富です。

GoPro(ゴープロ)製品を探す

SONY(ソニー)

SONY(ソニー)

空気抵抗が少ないボディと手ブレ補正が強み

風の抵抗を受けにくく、頭などへ装着した際もジャマになりにくい小型で軽量の縦型ボディが特長です。圧倒的にブレに強く、ハイスピードでの撮影にも対応。小刻みなブレなども補正して安定した撮影が可能です。

SONY(ソニー)製品を探す

コダック(Kodak)

コダック(Kodak)

360度の
全天球撮影が可能!

360度の撮影が可能な「PIXPRO」シリーズを展開。同シリーズの「4KVR360」は水平・垂直方向の全天球撮影に加え、4Kの超高画質撮影も行えます。付属のリモコンでの遠隔操作も可能です。

コダック(Kodak)製品を探す

リコー(RICOH)

リコー(RICOH)

小型軽量なのにタフネス!
超広角レンズも魅力

防水ハウジング不要のコンパクトなボディでありながら、耐衝撃性能、耐寒性能、防水性能を備えたタフさを兼備。超広角レンズを搭載しており、ワイドな画角で動画の記録ができます。

リコー(RICOH)製品を探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Q光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正の違いは?
Aレンズを動かすのが光学式、画像処理で行うのが電子式です。
光学式手ブレ補正は手ブレとは逆方向にレンズ(あるいはイメージセンサー)を動かすことで、ブレのない映像を録画する方法。電子式は実際に撮影した画像を直前の画像と比べて、ずれがあればその分画像をずらして重ねていくことでブレのない映像を作ります。ただ、画像をずらす余地を残さないといけないのでその分記録できる範囲(画角)が狭くなります。
Q画角と焦点距離の関係について教えてください。
A焦点距離が短いほど画角は広くなります。
画角は、角度で表記される場合と焦点距離で表される場合とがあり、商品によって異なります。両者の関係を計算するのは非常に難しいのですが、一般的なデジタルカメラでは35mmフィルム換算で14mmが114度の画角となり、焦点距離が短いほど広角になります。ただし魚眼レンズという周辺が多少ゆがんでも広い範囲を映せるレンズだと、15mmで180度の画角を得られます。アクションカメラのレンズは魚眼レンズに近いため、15mmで180度を目安にするとよいでしょう。
Q水中だと写る範囲が狭くなるのはなぜですか?
A空中と水中では光の屈折率が異なるからです。
空中(つまり地上)に対して、水中では屈折率に約1.33倍の違いがあるため、水中では写る範囲が狭くなってしまいます。たとえば、空中では180度撮れるカメラも水中では135度くらいになります。
Q水中でもワイヤレスのモニターやスマートフォンは使えますか?
A水中ではワイヤレス通信は使えません。
水中では電波が急激に弱くなるため、空気中でWi-Fiを使ってリモート撮影していても、カメラを水中に入れたとたんに接続が切れてしまいます。カメラだけを水中に入れて、地上からスマートフォンでモニターしながら撮る、という使い方は残念ながらできません。
Qオートフォーカス機能はついていますか?
Aオートフォーカスはついていないものが主流です。
カメラは広角になればなるほどピントの合う範囲が広くなるため、アクションカメラほどの超広角レンズを使えば、数十cmから無限遠まで全体にピントが合うからです。これをパンフォーカスといいます。よってピンボケの心配はしなくても大丈夫です。

このページの先頭へ

用語集

ハウジング
正式には水中ハウジングといいます。透明な密閉容器で、カメラをそこへ入れることで、防水・耐圧性能が上がります。水中では深く潜るほど圧力がかかるため、防水のカメラでもハウジングに入れることでより深く潜ることができます。
スタビライザー
カメラスタビライザーといい、カメラが揺れないよう安定を保つ装置です。これにカメラを装着して撮影すると、持つ手が揺れたり傾いたりしても、スタビライザーがカメラを水平に保つため、揺れのない映像を撮ることができます。手ブレ補正よりも補正できる範囲が広いため、本格的な撮影で使われます。
ウェアラブル
身につけるという意味で、衣服や頭部に装着して使うカメラをウェアラブルカメラ、腕時計や眼鏡型の端末をウェアラブル端末といいます。パナソニックは、自社のアクションカメラ製品をウェアラブルカメラと呼んでいます。
画角と焦点距離
画角と焦点距離は、いずれも撮影範囲の広さの指標となります。画角は撮影範囲を角度で示したもの。数字が大きいほど広い範囲が写ります。映像範囲の対角線で表現され、画角180度の場合、斜め方向は180度全体が写りますが、上下左右はもう少し狭くなるイメージです(上下左右すべて180度写ったら、円形の画像になってしまいます)。焦点距離はイメージセンサーとレンズの光学的な中心(焦点)との距離のことで、短ければ短いほど広い範囲が写ります。
4K動画
4KのKはキロ(つまり、1000)のことです。横幅が約4000ピクセルのサイズを持つ動画のことです。フルHDは横幅が1920ピクセルで2000に近いので2Kと呼ぶこともあります。
IPX8(防水性能)
IPXは水に対する耐性を示すための規格の名前で、IPX8は水中にある程度の時間おいても浸水することがないことを示しています。実際に何メートルまで大丈夫か何時間水中においても大丈夫かは示されないので、各メーカーは別途「水深何メートルまで」大丈夫かを独自にテストして記述しています。水深が深くなればなるほど水圧が高くなり、中に水が入りやすくなるので何メートルまで大丈夫かは重要な指標です。
IP6X(防塵性能)
IPは防塵性能を示す等級で、IP6Xでは、ホコリなど粉じんが内部に侵入しないという等級になります。
耐衝撃性能
各メーカーが独自で性能を示しています。一般的に「何メートルの高さまでなら落としても大丈夫」という書き方で示されます。
フレームレート(fps)
動画はパラパラ漫画のように連続した静止画を組み合わせて動いているように見せています。その1枚1枚をフレームといい1秒間に何枚の画像を表示するかをフレームレートといいます。fpsはその単位で「frame per seconds」の略。「フレーム/秒」という意味です。動画は30fpsが基本ですが、より動きを滑らかに見せるには60fpsが望ましいとされています。
ハイスピード動画
通常より速い速度で動画を撮影する技法です。それを通常の速度で再生すると、きれいなスローモーションになるため「スローモーション動画」とも呼ばれます。たとえば120fpsで撮影したものを30fpsで再生するとスピードは1/4になります。
夜間撮影機能
夜間は光が足りないため、通常の撮影ではノイズが増えて画質が大きく劣化してしまいます。それを補うため、1秒あたりの撮影コマ数を落として1コマあたりの画質を上げる手法があります。ナイトモードなどの夜間撮影機能はこれを利用していることが多いです。その場合、1ルクス程度の暗い場所でも撮れますが、フレームレートが落ちるため、動きがカクカクします。 また、屋外の夜間は非常に暗いため、通常はビデオ用ライトを別途用意して使います。なかには、オリンパスのTG-TrackerのようにLEDライトを内蔵する機種もあります。
タイムラプス動画
タイムラプスとは時間の経過を意味する言葉で、タイムラプス撮影は微速度撮影ともいいます。ハイスピードの逆で、わざとゆっくり撮影することです。たとえば、長時間かけて1秒に1コマずつ撮影し、それを30fpsで再生すると30倍の速度になります。時間の経過を早送りで見られるわけです。長時間の定点撮影で状況を記録する用途などに便利です。
マウント
カメラ用マウントは、カメラをさまざまな場所に固定するための部品を指します。たとえばバイクにカメラを付けるためのマウントは「バイク用カメラマウント」といいます。

このページの先頭へ

このページの先頭へ