価格.com

カメラ

【キヤノン製品ラインアップ徹底解説】デジタル一眼カメラの選び方

3デジタル一眼カメラ 製品ラインアップ徹底解説CANON(キヤノン)

一眼レフとミラーレスで多彩な機種を展開するキヤノン

プロフェッショナル向けの一眼レフカメラからエントリー向けミラーレスまで「EOS」シリーズとして豊富なラインアップを持つのが特徴。ユーザーのレベルを問わず、最適な一台を選ぶことができるメーカーです。以下では、現行機種をメインに紹介します。

2022/05/11 更新

[高速連写]
:連写秒8コマ以上の機種(AF追従)
[軽量機種]
:ボディ450g未満
[高画素]
:有効3000万画素以上の機種
機種一覧
高速連写機種
軽量機種
高画素機種

一眼レフ・ミラーレスともにプロ/ハイエンド機からエントリー機、さらに高速連写機から高画素機まで備えます。

製品名でわかるキヤノン製カメラのレベル区分!
初心者は「Kiss」に注目

キヤノンはEOSシリーズは一眼レフ、ミラーレス両方で展開しており、それぞれフルサイズとAPS-Cセンサーの機種を持つなど、幅広いユーザーに対応できるラインアップとなっています。また、型番の法則は比較的明確で、機種の位置づけは比較的分かりやすいです。

ミラーレス

ミラーレス機の名称は3つ。フルサイズの機種は「R」シリーズとなり、Rの後につく数字の小さいほうが上位機となりますが「EOS R」と「EOS RP」は現状例外的な存在です。APS-Cの「EOS M」シリーズも型番の桁数が小さく、数字が小さいほど上位機となります。同じAPS-Cの初心者向きモデル「EOS Kiss M」シリーズはやや例外的な存在です。

製品名 初心者 中級者 上級者
EOS R3  
EOS R5  
EOS R6  
EOS R  
EOS RP  
EOS M6 Mark U  
EOS Kiss M2    
EOS M200    

※レベルの判定はサブ電子ダイヤルの有無や金額など

一眼レフ

一眼レフは機種名中のDのうしろにつく数字が小さいほうが上位機です。また、数字が1桁の機種はフルサイズ機となります。それに対し、APS-Cの大ヒットエントリー機「EOS Kiss」はやや特殊で、数字は製品の世代を表し、型番末尾にiがつくものが標準機(例:EOS Kiss X10i)、つかないものは軽量モデル。EOS Kiss X90は廉価機です。

製品名 初心者 中級者 上級者
EOS-1D X Mark III    
EOS 5D Mark IV  
EOS 6D Mark II  
EOS 90D  
EOS Kiss X10i  
EOS Kiss X10    
EOS Kiss X90    

キヤノンのポイント
目的に応じて細かく選べる機種・レンズの豊富さ

キヤノンはカメラボディやレンズの豊富さが魅力です。なかでもフルサイズ一眼レフ用のレンズは群を抜いて多く、魚眼レンズから超望遠レンズ、単焦点レンズやズームレンズとさまざまなタイプのレンズから選べます。

一眼レフとミラーレス

一眼レフもミラーレスも上級からエントリーまでカバーするフルラインアップです。

マウント別レンズラインアップ数

マウント 単焦点レンズ ズームレンズ
RF 15 11
EF 16 12
EF-S 1 5
EF-M 3 4

主に現行機種を解説! キヤノン製一眼カメラ全ガイド

ミラーレス/フルサイズ

ミラーレス最上位機種となるプロ機

EOS R3

EOS R3

  • ミラーレス
  • フルサイズ
  • 2410万画素
  • 中上級者向き

撮影者の視線を検知し、見ているところにAFエリアを移動してくれる視線入力AFを搭載する中上級者モデルです。メカシャッターで12コマ/秒、電子シャッターで最高30コマ/秒の高速連写が可能となっており、さらに新開発の積層型CMOSセンサーを採用することで、電子シャッター使用時でもローリングゆがみの発生を最小限に抑えることに成功しています。また、連写中もファインダー像が見え続けるブラックアウトフリー撮影も可能で、高速で動く被写体も的確に捉え続けることができます。

EOS R3の詳細を見る

フルサイズミラーレスの高画素機種

EOS R5

EOS R5

  • ミラーレス
  • フルサイズ
  • 4500万画素
  • 中上級者向き

4500万画素のフルサイズセンサーを採用するハイアマチュアモデルです。ボディ内手ぶれ補正機構を搭載しており、レンズ側の光学式手ぶれ補正機構との協調制御によって8段分の補正効果が得られます。動画機能にもすぐれ、4K60Pのほか、8K30Pの記録も可能です。最高ISO感度はやや抑えめのISO51200までとなっています。連写や電子シャッター使用時で20コマ/秒、メカシャッター使用時でも12コマ/秒の撮影が可能。あらゆる被写体に対応可能な万能機種といえます。

EOS R5の詳細を見る

連写秒20コマの高速連写が可能なフルサイズミラーレス

EOS R6

EOS R6

  • ミラーレス
  • フルサイズ
  • 2010万画素
  • 中上級者向き

8段分の補正効果があるボディ内手ぶれ補正機構を搭載するミドルクラスのミラーレス一眼。画素数は2010万画素と抑えめだが、その分、高感度性能にすぐれ、ISO102400までを常用感度とします。動画撮影も4K60Pまでの記録が可能です。上位モデルとなるEOS R5と同等のAF性能を持っており、かつ電子シャッターによる撮影時は最高約20コマ/秒の高速連写を実現。中上級者が納得して使えるモデルとなっています。

EOS R6の詳細を見る

高画素が魅力のフルサイズミラーレス

EOS R

EOS R

  • ミラーレス
  • フルサイズ
  • 3030万画素
  • 中上級者向き

3030万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載するミラーレス。新設計のRFマウントを採用し、ミラーレスに最適化されたレンズ群が使用可能。最新のデュアルピクセルCMOS AFは、EV -6の暗所でもピント合わせが可能。最新レンズによる高画質を楽しみたい人に向くカメラです。

EOS Rの詳細を見る

小型軽量ながら扱いやすいフルサイズ

EOS RP

EOS RP

  • ミラーレス
  • フルサイズ
  • 2620万画素
  • 初中級者向き

約485gの小型軽量ボディを実現するフルサイズミラーレス。バリアングル液晶を搭載し、横位置でも縦位置でも自由な位置に液晶モニターを動かすことができます。約88%(横)×約100%(縦)の広い範囲でAFが可能なほか、サーボAF使用時でも人物の瞳にピント合わせができるなど、ポートレート撮影にも向いたカメラです。

EOS RPの詳細を見る

ミラーレス/APS-C

最高14コマ/秒の高速連写で動く被写体に強い

EOS M6 MarkII

EOS M6 MarkII

  • ミラーレス
  • APS-C
  • 3250万画素
  • 初中級者向き

3250万画素のAPS-Cセンサーを採用する小型のミラーレスカメラです。ファインダーは装備されず、チルト式の液晶モニターを使って撮影します。液晶は上方180度まで動くので自分撮りも簡単に楽しめます。AF追従で最高14コマ/秒の超高速連写が可能となっており、動きの速い動物などの撮影にも向きます。

EOS M6 Mark IIの詳細を見る

エントリーモデルながら4Kの動画撮影が可能

EOS Kiss M2

EOS Kiss M2

  • ミラーレス
  • APS-C
  • 2410万画素
  • 初心者向き

高速・高精度なAF性能を備えたエントリーモデル。「EOS Kiss M」の後継機種です。4Kの高精細な動画撮影ができ、4K動画から任意の1フレームを静止画として切り出して保存できる点も魅力です。

EOS Kiss M2の詳細を見る

美肌効果など「自撮りモード」充実のエントリー機

EOS M200

EOS M200

  • ミラーレス
  • APS-C
  • 2410万画素
  • 初心者向き

初心者向けミラーレスカメラ「EOS M100」の後継モデルです。EOS M100からの進化点として、映像エンジンに最新の「DIGIC8」を搭載し、常用ISO感度が100-25600と向上したことで、手ぶれや被写体ぶれにより強くなりました。背面液晶モニターは上方向に約180度チルトでき、画面を見ながらの自撮りが簡単に行えるほか、「自分撮りモード」を搭載し、簡単に背景を大きくぼかしたり、美肌効果を加えたりと、初心者であっても思い思いに写真が楽しめます。

EOS M200の詳細を見る

一眼レフ/フルサイズ

最高20コマ/秒の連写が可能なプロフェッショナルモデル

EOS-1D X MarkV

EOS-1D X MarkV

  • 一眼レフ
  • フルサイズ
  • 2010万画素
  • 上級者向け

EOS-1D X Mark IIの後継機となるプロ用一眼レフカメラ。ファインダー撮影時AF追従で16コマ/秒、AE/AF追従のライブビュー撮影時には最高20コマ/秒の超高速連写も可能と大幅に進化。61点から大幅に増えた191点のAF測距点やRAW+JPEGラージでも1000枚以上の連続撮影が可能な点と相まって、スポーツや飛行機といった高速で移動する被写体の撮影に適しています。また、4Kムービーも従来からの映画用規格の4,096×2,160に加え、民生用規格である3,840×2160サイズでの撮影が可能になり、静止画と合わせ大幅に進化しています。

EOS-1D X Mark IIIの詳細を見る

良バランスの3040万画素上級機

EOS 5D MarkIV

EOS 5D Mark IV

  • 一眼レフ
  • フルサイズ
  • 3040万画素
  • 中上級者向け

ハイアマチュア向けの一眼レフ。連写はファインダー撮影時、ライブビュー時ともに最高7コマ/秒。ファインダー撮影時のAFは61点のAFエリアを使用し、うち41点に高精度なクロスセンサーです。ライブビュー時には画面内約80%×80%の領域でピント合わせが可能。オールマイティーな性能で中級者から上級者まで満足できます。

EOS 5D Mark IVの詳細を見る

フルサイズ一眼レフのお手軽カメラ

EOS 6D Mark U

EOS 6D Mark U

  • 一眼レフ
  • フルサイズ
  • 2620万画素
  • 初中級者向け

フルサイズ一眼レフとしては軽量の765gで、タッチパネル搭載のバリアングル液晶モニターを装備。光学ファインダー使用時のAFは45点で全点でクロスセンサーを採用しています。ライブビュー使用時のAFは80%×80%の範囲でピント合わせが可能ですが、最新のミラーレスカメラに比べるとややAFの範囲は狭いといえます。

EOS 6D Mark Uの詳細を見る

一眼レフ/APS-C

10コマ/秒の連写が可能な中級モデル

EOS 90D

EOS 90D

  • 一眼レフ
  • APS-C
  • 3250万画素
  • 初中級者向け

3250万画素のAPS-Cセンサーへと画素アップしたミドルクラスの一眼レフカメラです。連写も10コマ/秒(ファインダー使用時)へと高速化され、従来モデルよりもさらに万能感がアップしたモデルとなりました。4K動画の記録も可能となっています。初心者でも扱えますが、中級者以上の人におすすめのモデルといえます。

EOS 90Dの詳細を見る

高精度なAF性能が魅力のエントリーモデル

EOS Kiss X10i

EOS Kiss X10i

  • 一眼レフ
  • APS-C
  • 2410万画素
  • 初中級者向け

高精度なAF性能を備えたエントリークラスのモデルです。動く被写体に対してもすぐれた捕捉性能を実現する「オールクロス45点AF」や、被写体の顔を検出し追尾する「EOS iTR AF」を搭載。Wi-Fiに接続されているスマホに撮影と同時に画像を自動送信できる点も魅力です。

EOS Kiss X10iの詳細を見る

初心者向け撮影モードを装備した小型一眼レフ

EOS Kiss X10

EOS Kiss X10

  • 一眼レフ
  • APS-C
  • 2410万画素
  • 初心者向き

2410万画素のAPS-Cセンサーに、最新の画像処理エンジンを組み合わせた小型軽量のエントリー一眼レフです。タッチパネル式のバリアングル液晶モニターも装備され、直感的な操作がしやすいビジュアルガイドを装備したり、モードダイヤルに「かんたん撮影ゾーン」を搭載したりと、初心者でも使いやすい操作性が魅力です。

EOS Kiss X10の詳細を見る

コスト最優先で一眼レフが欲しい人向け

EOS Kiss X90

EOS Kiss X90

  • 一眼レフ
  • APS-C
  • 2410万画素
  • 初心者向き

2410万画素のAPS-Cサイズのセンサーを採用するエントリー一眼レフカメラです。Wi-Fi機能こそ装備されていますが、ファインダー使用時のAFは9点と少なめで連写も約3コマ/秒とかなり控えめなスペックです。とにかく手頃な価格で一眼レフカメラを手にしたい初心者に向くモデルでしょう。

EOS Kiss X90の詳細を見る

ページの先頭へ戻る

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止