価格.com

クレジットカード

クレジットカード比較

比較リスト(0件)

価格.com クレジットカード比較 還元率・年会費などからお得なカードを見つけよう

クレジットカード検索

  • カード種別

  • 国際ブランド

  • 年会費

  • 追加カード

  • 還元率

  • 電子マネー機能

  • スマホ決済

  • 付帯保険

  • カード名・会社名

レビュー・評価

  • 格安simをDMMで家内とシュアプランで使ってたのですが、低速で3日366kで低速より更に遅い20kbに制限され高速の切替も出来無い
    最アクのsimだったので、低速データ消費無制限の
    楽天モバイルにしたのに伴いそれまでアマゾンカードゴールドでした
    続きを読む が、楽天カードにしました。
    半年使っての感想ですが、
    やたらメールが来る→設定で止められる
    カード使用のお知らせでリボ払いに誘導
    →チェックを入れて設定に進まなければ大丈夫?
    ただしリボ払いに誘導させたがる。

    ポイントが貯めやすいです、以前はアマゾンメインでしたが同等品が同価格で有れば楽天市場で購入。
    口座振替を楽天銀行にすれば1%ポイントらしい
    ナナコカードのチャージをカードでしてセブンイレブンで税金など可能な限り支払うなど工夫次第で
    結構使えそうです。


    その後2ヶ月経過しLINE Payなどのキャッレス決済など話題になり自分もPAYPAYを使ってみたりnanacoで
    税金を払ったりしています。
     PAYPAYですがyahooウォレットに登録してある楽天カードを簡単に登録し使えました、事前にチャージしなくてもその都度カードから引き落としされるのでチャージの残金が残らないので無駄が無いです、地方でさほど使える店は有りませんがファミマ、ミニストップで使ってます。
     nanacoで公金支払の方法ですがkiigoで楽天カードからデジタルコードを購入しnanacoに登録すれば2日後位に使える様になります。月5万円迄の制限が有りますMASTERとVISAで使えますJCBは使えませんが、詳しくは kiigo nanacoで検索すれば詳しく説明したサイトが沢山出て来ます。
     以前から楽天銀行、楽天証券、楽天トラベル等使っていましたが楽天市場で6倍なのでアマゾン、楽天市場を比較し同額だったら楽天市場を利用しています。
     そんなこんなで3000円前後のポイントをget出来ますが出光興産でガソリン代に余すことなく使ってます

  • 【ポイント・マイル】
     還元率0.5%、期限あり、1000ポイント貯まるまで使えない、と制約が多いです。ポイントを貯めるのならもっと割がいいカードがあります。

    【付帯サービス】
     ETCは無料、料金所のバーにぶつけて損傷した場合の見舞金制度
    続きを読む があります。

    【会員専用サイト】
     余り利用していません。

    【申込手続き】
     どこでも同じと思います。

    【デザイン】
     可もなく不可もなく。

    【ステータス】
     持っていてどうと言うことはありません

    【総評】
     イオン系列のスーパーで買い物することが多いのであれば、イオン銀行とセットで持って、クレジットカードとして使うよりWAONカードとして使った方がいいです。イオン銀行からWAONへオートチャージを設定しておけばチャージで0.5%、使って0.5%、時々ある2倍デー、ボーナスポイントを活用すれば1.5%以上の還元率になります。

  • カードを作るのは、特に難しくない(過去に信用情報に登録されるようなことをしてなければ)。

    eNavi?は使いにくい。
    楽天市場は、検索機能が最低で役に立たない。時間のムダ。時間が余っている方には最適。送料や割引の条件が分かりにくいから使ってい
    続きを読む るうちに辟易してくる。
    Amazonと比較して有利な点を探すが、見つからない。
    あと、個人情報を適切に扱っているか、かなり不安を感じることを経験した。
    二度と作らない。

    解約して1年以上経過しているが、先日もカード更新の前触れがあり、今日は「お支払情報の確認」という怪しいメールが楽天カード株式会社から受信。顧客情報の管理が適当なレベルだろうな。


    そして、今日、郵便局から書留で送られてきたので、受取拒否して持ち帰ってもらった。
    所管の官庁に報告します。
    不正利用が相当発生している可能性が高い。


  • ポイント制度が良かったので5年近く利用してましたが、恐ろしくて二度と使えません。経緯は以下。

    ある日、数万単位の身に覚えのない請求が数十秒毎にあり、不正利用検知システムから通知。すぐに利用ストップしました。
    その後、カード会社から確認の電話が
    続きを読む あり不正利用だと伝えましたが、不正利用のあった会社に自分で問い合わせろ、期日までに返答なければ請求分は引き落とすとのこと。
    不正利用先に問い合わせた結果、調査中なので待ってほしいと返答。なのでカード会社にも引き落としを待ってほしいと伝えようとしましたが、電話しても混雑中だと自動音声が流れるだけ。
    後日、カードがストップされているから電話してこいとハガキで連絡あり。いやいや、そのハガキに書いてある番号に電話してたんだけど???
    カード会社に連絡は付かず結局、不正利用分まで引き落とされてしまいました。カード会社からの再確認電話とかは一度もありませんでした。
    不正利用にすぐ気付いて強制ストップをかけたから良かったものの、気付いてなかったら限度額100万まで引き落とされていたわけです。
    不正利用のあった会社が調査、キャンセル対応したので最終的に返金されそうですがカード会社は何もしてくれませんでした。
    緊急時に連絡つかないってのはほんとにありえません。

クチコミ

  • 2020年3月12日より事前登録(新規登録)対象カードを以下のとおり変更致します。
    【事前登録(新規登録)対象カード】
    ・セブンカード・プラス【一体型・紐付型】
    ・セブンカード・プラス(ゴールド)【一体型・紐付型】
    続きを読む セブンカード
    ・セブンカード(ゴールド)

    https://www.nanaco-net.jp/information/creditcharge2003.html

    この高還元カードが、nanacoチャージに使えなくなります。
    なお、すでに登録済みのカードは、これまでどおり継続して利用できるとのこと。

  • 家族カードを追加申請しましたが、その際Edy付帯としました。本人カードの際はEdy付帯手数料は無料だったので当然家族カードも無料だと思っていましたし、家族カード申請手続き画面にも「324円の手数料」については案内がありませんでした。
    問い合わせた所
    続きを読む 「本人カード更新時にEdy付帯とする場合は家族カードにも自動的に無料で付帯されるが、家族カード追加申請には(家族カード自身は無料だが)Edy付帯は有料」という説明。そんなややこしい説明がどこかに書いてあるのでしょうか。書いてあったとしてもそこまで読み取るのは大変かと思います。
    なんとなく釈然しません。悶々としています。

    • ナイスクチコミ3
    • 返信数4

    今、楽天ゴールドです。他にも色々所有しています。
    引き落としできなかったことは過去20年で一度もありませんが、
    クレカについて見ているとプロバーカード以外では時々
    突然の解約が目に付きます。
    海外旅行中にこれをされると本当に大変なことになる可
    続きを読む 能性もあり懸念しています。
    こちらのカードについてはどうでしょうか?
    ぱっと見る感じそういった話がなく安心して持っておける一枚かなやんでいます。
    (海外では使える場所が限られるので緊急時のATMカードになりそうですが・・・。)

初心者向け基礎知識

価格.comマガジン クレジットカード記事

新着記事

クレジットカード初心者におすすめの基礎知識まとめ

岩田昭男さん

初めての方も、2枚目を探している方も必見!

専門家に教わるクレジットカードの基礎知識

監修者
岩田昭男さん
クレジットカード評論家。早稲田大学を卒業後、月刊誌の記者を経て独立。「キャッシュレス覇権戦争」(NHK出版)など、多数の書籍の執筆・監修を担当している。
  • 一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの違い

    クレジットカードには一般的に、ランクがあり「一般カード」→「ゴールドカード」→「プラチナカード」の順にランクがアップします。基本的に、ランクが上がるともに、年会費も高額になり、その分、利用限度額も高くなり、特典や優待サービスも充実していきます。

    「一般カード」の年会費は無料、もしくは高くても1,000円程度(税別)で持つことが可能です。上位グレードの「ゴールドカード」「プラチナカード」に比べると、保険の補償額などは少額になりますが、基本的な支払い手段のほか、ポイント還元やキャッシュバックといったサービスは備わっており、クレジットカード保有者の多くが利用しているカードです。

    「ゴールドカード」の一般的な年会費は1万円以上かかりますが、その分、付帯保険による保障額が大きかったり、空港ラウンジの利用サービスが付帯したりするほか、還元率も高くなる傾向にあります。このため、よく海外旅行に行く方やカードで買い物をする方にとっては利用価値も高くなります。なお、最近では「格安ゴールドカード」と呼ばれるカードも登場しています。こちらの年会費は2,000〜5,000円程度ですが、一般的なゴールドカードと比べて、何らかのサービスが削られていると考えておいたほうがよいでしょう。上質のサービスが付帯している「プラチナカード」の年会費は、最低でも3万円程度するのが一般的です。「プラチナカード」の場合、申し込みを受け付けておらず、カード会社から招待(インビテーション)を受けた人のみが発行できる「招待制」を導入しているケースが多くあります。ステータスの高さはもちろん、年中無休でさまざまな相談や予約に対応してくれるコンシェルジュサービス、世界各地の1,000か所を超える空港ラウンジサービスが無料で使えるプライオリティパスの無料発行など、ゴールドカード以上の付帯サービスを備えています。忙しくて飲食店の予約をする時間がない方も、希望を伝えればコンシェルジュからおすすめのお店を教えてもらい、予約まで任せることができます。

    なお、クレジットカードの最高峰のランクと言われているのが、「ブラックカード」です。ブラックカードの中でも、年会費が高いものは30万円以上となり、富裕層にターゲットを絞ったカードと言えそうです。コンシェルジュサービスも当然ありますが、会員ごとに専任のスタッフが付いて、秘書のような対応をしてくれるといいます。

    いずれのランクのカードも基本的な支払い機能に変わりはなく、はじめてクレジットカードを持つ方は一般カードがおすすめと言えるでしょう。利用可能枠を引き上げたり、付帯サービスを充実させたりしたい場合は、ゴールドカードやプラチナカードへの切り替えや、「2枚持ち」「3枚持ち」の検討をおすすめします。

  • 国際ブランドの種類

    クレジットカードには、「VISA」「MasterCard」「JCB」などといった国際ブランドが必ずついています。これらは、それぞれのクレジットカードの決済ネットワークを指すもので、そのカードがどのネットワークで使えるかを示しています。利用シーンや生活スタイルにあわせて、おすすめのブランドは変わります。

    国際ブランドの種類にはVISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club Card、銀聯(Union Pay)、Discover Cardの7ブランドがあります。中でも加盟店が世界で一番多いのがVISA、続いてはMasterCardとされています。JCBは日本発の唯一の国際ブランドで、VISAやMasterCardと比べると海外の加盟店が少ないですが、海外の主要都市には「JCBプラザ」が設置され、観光情報やトラブル対応に日本語で対応してくれる利点もあります。このようにそれぞれの特徴を生かして、日常生活で使うカードと、海外旅行で使うカードで国際ブランドを使い分けるという手もあります。

    国際ブランド一覧
    VISA
    (ビザ)
    VISA(ビザ)は、世界でのカード発行枚数、加盟店数が1位の国際ブランド。利用できる店舗が多いので、1枚持っておくと安心のカードです。
    MasterCard
    (マスターカード)
    MasterCard(マスターカード)は、VISAに準ずるカード発行枚数、加盟点数を誇る国際ブランド。海外ではMasterCardしか利用できないお店もあります。
    JCB
    (ジェーシービー)
    JCB(ジェーシービー)は、日本発の唯一の国際ブランドで、国内加盟店の多さが強みです。海外加盟店も年々増加しています。
    American Express
    (アメリカン・エキスプレス)
    American Express(アメリカン・エキスプレス)は、富裕層向けのカードで、独自の優待サービスが充実しています。JCBと提携しており、多くのJCB加盟店でも利用可能です。通称はAMEX(アメックス)。
    Diners Club Card
    (ダイナースクラブカード)
    Diners Club Card(ダイナースクラブカード)は、富裕層向けのカードで、入会審査が厳しく、ステータス重視のカードです。JCBと提携しており、多くのJCB加盟店でも利用できるようになり、かなり便利になりましたが、基本は高級ホテルやレストランが中心になります。
    銀聯
    (Union Pay)
    銀聯(Union Pay)は、中国発の国際ブランドです。中国人観光客の増加に伴い、日本国内でも銀聯ブランド対応店舗が増えました。日本人向けの銀聯カードは三井住友カードや三菱UFJニコスが発行しています。
    Discover Card
    (ディスカバーカード)
    Discover Card(ディスカバーカード)は米国発の新興勢力で、JCBと提携しています。国内で利用できますが、発行しているクレジットカード会社はありません。
  • クレジットカードの付帯サービス

    クレジットカードの選び方に迷ったら、付帯サービスの内容を比較するのもおすすめです。クレジットカードの付帯サービスとは、支払い機能以外のサービスのことで、ポイント還元や保険、ラウンジ、サポートデスクなどがあります。

    選ぶ際の基準として、多くの人が注目する「還元率」。こちらはクレジットカードを利用した際、利用額に対してもらえるポイントを円に換算して計算します。たとえば、以下の場合、還元率はこのようになります。

    100円の利用で1P(1P=1円相当)獲得 還元率1%
    200円の利用で1P(1P=1円相当)獲得 還元率0.5%
    1,000円の利用で2P(1P=5円相当)獲得 還元率1%

    還元率は一般的なクレジットカードで「0.5%」、高いものだと「1%」、「1.2%」になるとかなり高い部類と見てよいでしょう。もちろん、還元率が高いのに超したことはありませんが、通常の還元率はさほどでも、特定の店舗や時期に利用すると高還元になるカードもありますので、自分の利用方法に応じて選ぶという視点も大事になってくるでしょう。

    また、もうひとつの注目のポイントとなる旅行保険。こちらは「傷害死亡・後遺障害」「傷害・疾病治療費用」などの項目があり、これらの補償額に目が行きがちですが、最初に確認するべきは保険適用の条件です。条件には、「利用付帯」と「自動付帯」の2種類あり、利用付帯のクレジットカードならば、旅行代金などをカードで支払っていることが保険適用の条件となります。一方で、自動付帯のカードであれば持っているだけで保険が適用されるので安心して利用することができるでしょう。

    ほかにも付帯サービスには空港ラウンジ利用やトラブル発生時のサポートデスクなどがあります。まずは自分が利用したいクレジットカードにどのような付帯サービスがついているか、チェックしてみることをおすすめします。

  • クレジットカードの支払い方法

    クレジットカードは、必要に応じて代金を分割払いにもできるため、大きな金額の買い物をしたいときは大変役立ちます。しかし、支払い方法の仕組みと特徴(メリット・デメリット)をよく理解しないまま利用すると、使いすぎて支払いに苦労することも少なくありません。

    クレジットカードは支払いのタイミングによって、1回払いやボーナス払い、分割払いなど、6種類の支払い方法がありますが、その中から自分の都合に合った方法が選択できます。ただ、一括での支払いは手数料もかからず気軽に活用できるお得な支払い方法ですから、この方法を基準に考えるとよいでしょう。一方、3回以上の分割払いに関しては、購入金額に対しての手数料も割高であるうえ、支払期間が長ければ長いほどより手数料もかさんでくるので利用の際は注意する必要があります。また、すでにクレカをお持ちの方も決済方法の再確認をおすすめします。

    支払いの種類と返済方法
    支払いの種類 返済方法 手数料
    1回払い 商品などを購入した翌月に一括して支払う なし
    2回払い 商品などを購入した翌月と翌々月、2回に分けて支払う なし(必要な場合も)
    ボーナス一括払い 商品などを購入した翌ボーナス時期に一括して支払う なし(必要な場合も)
    指定月一括払い 商品などを購入した翌月(または翌々月)以降半年以内の指定月に一括して支払う なし
    分割払い 利用金額と手数料の合計を指定の回数に分けて、毎月支払う方法 あり
    リボルビング払い 利用件数や金額に関わらず、月々の支払額を一定額に決めて支払う方法 あり
  • クレジットカードの利用限度額

    クレジットカードの利用限度額は基本的に、年収や生活維持費などをもとに計算したその人の支払可能見込額の90%と決まっており、利用限度額の範囲内でショッピングやキャッシングが可能です。

    利用限度額の上限は、カードの利用頻度を増やし、遅滞なく支払いをすることで少しずつ引き上げられます。また、カード会社へ増額申請を行うと、途上与信などの審査を通じて、利用限度額を増やすこともできます。ただし、利用限度額が増えても無計画な使いすぎには注意し、生活スタイルにあったご利用をおすすめしています。

    カード別の利用限度額設定
    学生カード 10〜30万円
    年会費無料一般カード 10〜30万円
    一般カード 10〜100万円
    年会費が安いゴールドカード 10〜100万円
    ゴールドカード 10〜300万円
    年会費が安いプラチナカード 100〜200万円
    プラチナカード 100〜500万円
    ブラックカード 無制限(?)
  • クレジットカードの仕組み

    クレジットカードを使ってお店で買い物できるのは、クレジットカードを通じて消費者、お店、クレジットカード会社がつながり、お互いを「信用」しているためです。

    この信用関係を壊さないために、クレジットカードを利用する消費者は、カードの利用代金を銀行口座などにきちんと入金し、1カ月〜2カ月間、立て替えてくれたカード会社に支払う必要があります。もし支払いが滞ったりするとペナルティとしてカード利用がとめられたり、消費者自身の信用力に傷がついたりするため、注意が必要です。

    クレジットカードの仕組みや信用の重要さをよく理解し、ルールを守ってただしく活用することをおすすめします。

    クレジットカード決済の流れ
    図:クレジットカード仕組み
  • クレジットカードの審査

    クレジットカードの審査で特に重要なのは、「仕事と収入に関する情報」と「信用情報」です。カード会社は審査の際、その人の収入や職業だけではなく、過去の延滞や債務整理の有無などを信用情報機関に照会します(そうした情報を信用情報といいます)。そのため、延滞などの信用に傷がつくような金融事故があれば、信用情報機関に情報が一定期間残り、カード発行の際に不利になる可能性が高くなるので注意しましょう。また、いったんクレジットカードを作ったらきちんと返済を続け、カード会社に「この人はきちんと返済してくれる人だ」と思われるような信用力を積み上げていくことも重要です。

    審査に必要な情報
    図:クレジットカードの審査の項目
  • クレジットカードのキャッシング

    クレジットカードには、よく知られた買い物の際に使える「ショッピング」サービスとは別に、現金を借りられる「キャッシング」サービスがあります「キャッシング」は通常、クレジットカードを持っている人であれば、誰でも利用することが可能で、コンビニATMなどから現金を借りられます(現金を引き出せます)。

    同じような少額融資のサービスとして、銀行や消費者金融の「カードローン」もありますが、両者のサービス内容や仕組みには違いもあります。下記の記事では、クレジットカードのキャッシングの仕組みや利用方法などの基本に加え、「カードローン」との違い、そしてどちらがお得なのか、といったことまで詳しく解説しています。

  • いまお使いのクレジットカードよりも
    お得なクレカがないか探してみませんか?

    現在、さまざまなキャッシュレス決済の手段が増えていっています。ただ、その中でも、クレジットカードは決済だけではなく、ポイント還元や保険、空港ラウンジなど、さまざまなシーンで活躍するサービスが付帯している点がそのほかのキャッシュレス決済との大きな違いになります。電子マネーやQRコード決済の支払いにもクレジットカードを紐づけておけば、利用代金を簡単にまとめたり、ポイントを効率よく貯めることができるため、お得に使うことができます。

    これからクレジットカードを新たに作ろうと考えている人、いまお使いのクレジットカードよりもお得になるクレカがないか考えている人は、そうした視点を持ちつつカード選びをしてみてはいかがでしょうか。下記のサイトでは、さまざまな特徴で比較したおすすめのクレジットカードをまとめてご紹介しています。下記のサイトも参考にしながら、自分にあったクレジットカードを探してみましょう。

閉じる
  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカードの情報サイト価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止