複数のクレジットカードを1枚にまとめるサービス「Coin」と「Plastc」

  1. ホーム > 
  2. クレジットカード比較 > 
  3. 時事ニュース > 
  4. 複数のクレジットカードを1枚にまとめるサービス「Coin」と「Plastc」

2014年10月31日掲載

時事ニュース

複数のクレジットカードを1枚にまとめるサービス「Coin」と「Plastc」

複数のクレジットカードを1枚にまとめるサービス「Coin(コイン)」と「Plastc(プラスチック)」 複数のクレジットカードを持つと財布がパンパンになってしまい不格好。そんな悩みを持つ人に画期的な「複数のクレジットカードを1枚にまとめるサービス」が、アメリカでは企画されているとか。

価格.comマネーでも約200枚以上のクレジットカード比較を行っていますが、便利なクレジットカードがたくさんあり、複数枚持っている人も多いはず。ですが、ユーザー心理に立って考えれば、「出来れば1枚にまとめたい……」と思うもの。

やはり、複数枚のクレジットカードを持っていると「“どの”カードを“どこ”で使えば、一番お得なのか?」が分かりにくいのが難点です。加えて、利用明細も複数枚確認せねばならず、家計簿をつけるときも面倒。一つ一つの出費は軽微でも、つもり重なれば大きな金額となり、節約の観点からもあまり好ましくはありません。

そんな煩わしい手間を解消するべく、複数のクレジットカードを1枚にまとめてくれるサービスがアメリカでは開発中です。それが、「Coin(コイン)」と「Plastc(プラスチック)」。Coinは2015年春、Plastcは2015年夏にリリースされると報道されています。


Coinのサイト。切り替えスイッチで各クレジットカードを管理

カード情報をスマホで登録 使うときはiPhoneとセットで

CoinもPlastcも使い方は簡単。クレジットカードと同じサイズのデバイスで、カード情報を専用のリーダーとスマートフォンを使ってスワイプして登録します。支払いの際には、どのクレジットカードを使うか選択して、CoinやPlastcをお店のレジに通すだけ。登録さえすめば、複数枚のクレジットカードを持ち歩く必要はなくなります。

CoinとPlastcの大きな違いは、登録可能な枚数とそのデバイス性。登録可能枚数はCoinが最大8枚に対して、Plastcは最大20枚まで。CoinよりもPlastcの方が表示されるクレジットカード情報の画面が若干大きくなっています。

また、CoinはBluetoothを通じてiPhoneとペアリングし、iPhoneが近くにないと使えなくなるという機能も。仮にCoinをどこかに置き忘れたとしても、iPhoneがなければ使えませんからセキュリティ的にも安心できます。

値段はCoinが50ドルに対して、Plastcは155ドルとなっています。Plastcの方が機能面では充実しているので、この価格での値付けかと推測されます。

こういったサービスが一般的になれば、クレジットカードの複数枚持ちも怖くありません。財布が厚くなる心配も無用になるでしょう。

どちらも2015年以降の発売であり、日本のクレジットカードがどこまで対応できるかまだ不明な点も多いですが、2015年からは「クレジットカードをひとまとめにして使う」サービスがどんどん一般的になっていくかもしれません。

高還元率のクレジットカードを比較する

いまお使いのクレジットカードよりも
お得なカードがないか探してみませんか?

決済機能としてクレジットカードを使うだけではもったいない。クレジットカードには高還元率のポイントがついたり、年会費が無料だったり、保険やラウンジなどの付帯サービスが充実していたりと決済機能以外にも特徴がたくさんあります。

これからクレジットカードを新たに作ろうと考えている人、いまお使いのクレジットカードよりもお得になるカードがないか考えている人は必見。特徴別にクレジットカードをまとめてご紹介します。自分にあったクレジットカードを探してみましょう。

このページの先頭へ