価格.com

投資・資産運用

株式投資型クラウドファンディングの解説

少額投資・高利回り・分配型商品の「貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)」とは?

株式投資型クラウドファンディングの解説

株式投資型クラウドファンディングとは

「株式投資型クラウドファンディング」は、インターネットを通じ、株式未公開(非上場)のベンチャー企業や中小企業などが発行する株式を購入する仕組みです。2015年5月に金融商品取引法が改正され、「購入型」「寄付型」「貸付型」「ファンド型」に続く5番目の新たな枠組みとして、解禁されました。

投資できる金額には上限があります。同じ企業が発行する株式は、年間50万円までしか買えません。株式を発行する企業も、株式投資型クラウドファンディングを通じた資金調達額は、年間1億円未満と決まっています。

株式投資型クラウドファンディングの仕組み(代表例) 株式投資型クラウドファンディングの仕組み

株式投資型クラウドファンディングのメリット

株式投資型クラウドファンディングを通じて株式を買えるのは、小規模でも魅力的な技術やサービスを持つベンチャー企業や地方で活躍する中小企業、たくさんのファンを抱えるプロスポーツ運営企業などさまざまです。

こうした非上場企業の株主になれば、上場したときなどに、多額のもうけを得られる可能性があります。「長い目で見て企業の頑張りを応援しよう」と、1人のファンとして投資した企業が自分のお金によって成長を続け、将来的に上場にこぎ着けられれば、喜びもひとしおでしょう。また、配当を実施する企業に投資すれば、業績次第で配当をもらえる場合があります。

株式投資型クラウドファンディングのデメリット

株式を発行して資金調達をしようとしている企業の多くは、設立後間もないベンチャー企業だったり、中小企業だったりと経営体力は十分ではありません。事業が立ち行かなくなり、倒産すれば、投資したお金がゼロになる可能性があります。
株式投資型クラウドファンディングを通じて購入した株式は、証券取引所に上場していません。いったん購入した後は、流動性が低く、自由に換金することができないため、余力を持って投資する必要があります。もちろん、短期売買にも向きません。長期的な投資商品として認識する必要があります。

注意点

株式投資型クラウドファンディングは、投資家の購入申込金額が期限内に企業の目標調達額に届かなかった場合、募集を中止することがあります。一方で、目標調達額よりも申込金額が多い場合、申し込みができない可能性があります。

非上場企業のため、上場企業のように、会社の財務内容やお金の流れなどをすべて記載する「有価証券報告書」の公表義務がありません。ただし、契約締結前交付書面で非上場企業の内容の開示や、株式投資型クラウドファンディングで資金調達をした企業は新しい株主に対して定期的にIR情報の開示がなされますのでしっかり確認しましょう。

もし、申し込みした後に不安を感じ、投資をやめたいと思ったら、購入申し込みの日から8日以内であれば、撤回できます
上記以外にも投資のリスクは存在します。投資を検討する際は各社の重要事項説明書及び契約締結前交付書面等の確認が必要です。

  • ※株式会社カカクコムはクラウドファンディング運営会社の情報提供のみを行っており、各種商品の勧誘・募集を行ってはおりません。
  • ※株式会社カカクコムが掲載する金額、手数料、その他商品・サービスに関する情報は各金融機関のウェブサイト等にて公にしている特定時点の情報を収集したものです。ご利用者様が当社提供情報を閲覧される時点での各商品・サービスについて保証するものではありません。
  • ※クラウドファンディングサービスのご契約につきましては、必ず金融機関の「契約締結前の交付書面」等をご確認の上、お客様ご自身でご判断ください。
  • ※情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが、正確性を保証するものではありません。実際にご利用されるサービスに関しては、各運営会社のサイト内容・契約内容を十分ご確認ください。
  • ※株式会社カカクコムでは各クラウドファンディングのサービス等に関するご質問にはお答えできません。各運営会社に直接お問い合わせください。
  • ※掲載情報に関するお問い合わせ先 株式会社カカクコムお問い合わせフォーム

このページの先頭へ

  • 投資・資産運用
  • クラウドファンディング
  • 株式投資型クラウドファンディングの解説価格.com

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止