エコマーク

エコマーク

製品の生産から廃棄までを評価した環境ラベル

製品やサービスが環境負荷の低減にどのように配慮しているかを教えてくれる「環境ラベル」。そのひとつである「エコマーク」は、資源の採取〜製造〜消費〜リサイクル〜廃棄といった製品のライフサイクル全体を通して、環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認められた製品が認定される環境ラベルです。中立の第三者機関が認定しており、品目に応じた厳しい評価基準を設けています。

エコマークの
特徴

feature 01生産から廃棄まで、製品の一生を評価
例えば使用時には省エネ性能が高い製品であったとしても、製造時にエネルギーを大量に使ったり汚染物質を排出していたりしていれば、本当に環境負荷の低減に配慮している製品とは言えません。そこで環境ラベルのひとつであるエコマークは、製品の生産から廃棄までの一生(製品のライフサイクル)を幅広い環境評価項目に配慮して審査しています。具体的には、「省資源と資源循環」「地球温暖化の防止」「生物多様性の保全」「有害物質の制限とコントロール」の4つの観点で重点的に評価しています。
ライフサイクル
feature 02エコマークの表示でわかること
エコマーク製品の種類によってさまざまな審査基準を設けています。例えばプリンタであれば、古紙パルプが配合された用紙が使用できることが審査されているため、エコマークが表示された製品は古紙が使用できる環境に配慮した仕様のプリンタだということが分かります。また、例えばノートパソコンであれば、有害物質(鉛、水銀、カドミウム など)を基準値以上含んでいないことなどが審査されているため、エコマークが表示された製品は有害物質を過度に使っていない地球や人類に優しい仕様の製品だということが分かります。

制度運営
ついて

誰が運営しているか?

エコマークは、公益財団法人日本環境協会エコマーク事務局が運営している制度です。

administration 01設立の背景

出典:エコマーク 事務局について 沿革

1987〜89年、環境庁(現在の環境省)の委託により、(財)日本環境協会(当時)が「環境保全型商品推進事業に関する調査」を行いました。この中で、西ドイツの環境保護ラベル(ブルーエンジェル)などを参考にした「エコマーク」の基本的な考え方が示されました。
これらを受けて、1989年(平成元年)2月から、(財)日本環境協会がエコマーク事業を開始し、1989年に「特定フロンを使用しないスプレー製品」など7種類の品目を対象としてスタートしました。
administration 02認定基準は?

出典:エコマーク パンフレット「エコマークのてびき」

国際標準化機構の規格ISO14020(環境ラベル及び宣言・一般原則)およびISO14024(環境ラベル及び宣言・タイプ環境ラベル表示・原則及び手続き)に則って運営されており、「自主的で多様な基準に基づいた、第三者の機関によってラベルの使用が認められる制度」とされています。
エコマークでは、「環境保全のために適切である」と認められる商品のカテゴリに対して、学識者、関係行政機関、消費者問題専門家などからなる「企画戦略委員会」において、エコマークの対象となる商品類型を選定します。 商品類型ごとの認定基準書は、事業者、消費者および中立機関の専門家や有識者などからなる「基準策定委員会」において、環境の観点から商品の全ライフステージ(資源採取、製造、流通、使用消費、リサイクル、廃棄)における環境負荷を考慮のうえ策定し、「基準審議委員会」における専門的見地からの精査・検証を経て公益財団法人日本環境協会が制定します。
公益財団法人日本環境協会 エコマーク事務局 体制図
エコマークの商品認定審査は、該当する商品類型の認定基準書に基づいて、「審査委員会」が審査を行います。その結果「認定」となりましたら、(公財)日本環境協会との間でエコマーク使用契約を締結します。

エコマークを
取得した製品
を探す

ここまで、エコマークの特徴について解説してきましたが、具体的にどのような製品にエコマークが表示されているのでしょうか。製品カテゴリごとにどのような基準で評価しているかと合わせて紹介します。

エコ・サステナブル

私たち人類は、環境・社会・経済に関わる様々な問題を抱えています。安心して暮らせる未来のために、エコ・サステナブルを意識した買い物をしてみませんか?