チェーンソーの選び方

ご利用案内
ホーム > DIY・工具 > 電動工具 > チェーンソー > チェーンソーの選び方 > 履歴一覧 > 価格.comスタッフさんの編集 概要 2014年4月9日 15:05

価格.comスタッフさんの編集 概要 2014年4月9日 15:05

概要

チェーンソーは鎖状の刃を高速回転させて素材を切断する工具で、樹木の伐採や枝打ちに最適です。有効切断長やチェーンスピードによって、切断できる樹木や使い方が異なりますので、この記事を読んで最適な1台を選んでください。

小型(250mm未満)250-400mm大型(400mm以上)

小型

中型

大型
庭木の手入れやガーデニングなど、個人ユースに最適ですエンジン(混合燃料)式のほかに、手軽に使えるコード式も多くあります太い立ち木も切断できる大型タイプはエンジン(混合燃料)式が主流です

刃が取り付けられたチェーンをモーターやエンジンの力で回転させるチェーンソーは、素材の形状や場所を選ばず切断できるのが特徴です。主に木材が対象で、庭木の手入れから林業まで幅広く活躍しています。硬く太い樹木でも短時間で切断できるのがメリットですが、幅の広い刃を使うため、精密な切断は苦手です。

木材に触れるチェーンの長さを「有効切断長」と呼び、長いほど太い木材を扱えます。また、1秒間に移動するチェーンの距離は「チェーンスピード」と呼ばれ、数値が大きいほど早く切断できます。ガーデニングや庭木の手入れを主眼とした有効切断長が250mm未満の小型製品はコード式や充電式が多く、400mm以上の大型製品は、電源のない山林でも使えるエンジン(混合燃料)式のプロユース製品が主流です。

有効切断長(mm)に対するスペックの目安
有効切断長(mm)動力重量(kg)チェーンスピード(m/s)
250mm未満電動が主流2kg前後〜6.3
中型(250-400mm)電動またはエンジン3kg前後6.3〜8.0
400mm以上エンジンが主流5kg〜8.0〜
前の履歴を見る次の履歴を見る

このページの先頭へ