電動ドリル・ドライバードリルの選び方

ホーム > DIY・工具 > 電動工具 > 電動ドリル・ドライバードリル > 電動ドリル・ドライバードリルの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

電動ドリル・ドライバードリルとは?

コンパクトタイプ

電動ドリル・ドライバードリルとは、ビット(先端工具)を回転させて穴あけ加工やネジ締め作業を行うための電動工具です。3タイプに大別され、ドリルビットで穴をあける「電動ドリル」、ドライバービットでネジ締めを行う「電動ドライバー」、どちらも取り付け可能で、穴あけ・ネジ締めの両方をこなせる「ドライバードリル」があります。まずは各タイプの違いを確認して自分の用途に適したタイプを把握しましょう。

選び方のポイント

電動ドリル:
穴あけに特化したパワー型

電動ドリルを探す

穴あけ加工専用のハイパワータイプで、木工または鉄工専用のドリルビットを装着して使用します。バッテリーではなく、AC電源に挿して使うコード式が多いです。中には、コンクリートに穴をあけられる振動ドリルタイプなどもあります。


電動ドリルを探す

電動ドライバー:
簡単な工作ならこれで十分

簡単な工作ならこれで十分電動ドライバー

組み立て家具や電子工作などの軽作業を行うのに向くタイプで、ドライバービットを装着して使用します。バッテリー式で小型のタイプやペン型のタイプなどは、狭い場所での作業や精密な作業に向きます。コーススレッドなど長いネジを締めるのは苦手です。


電動ドライバーを探す

ドライバードリル:
穴あけ&ネジ締めの両方に対応

電動ドライバードリルを探す

ビット(ドリル/ドライバー)を交換することで、穴あけとネジ締めの両方を1台で行える汎用タイプで、木工などのDIY用途にはこのタイプが一般的です。バッテリー式とコード式の2種類の製品があります。ほとんどの製品で締め付けトルクを段階的に調節でき、ドリルとして使用する際は最大トルクに設定してドリルビットを装着します。

ドライバードリルを探す

製品を探す

このページの先頭へ

機能・スペックをチェック

製品の細かな仕様までじっくりと吟味して選びたい人は、各機能でできることやスペック項目の意味を理解することでより選びやすくなります。製品選びで重要な項目を以下で詳しく解説していきますので、自分にぴったりな製品探しに役立ててください。価格.comでは、これらの項目を使って製品を絞り込むことが可能です。

目的に合わせたトルクで選ぶ

軽いDIY作業のみなら30N・m前後でもOK

製品はそれぞれ締め付ける“強さ”=締め付け“トルク”が異なります。組み立て家具のネジ締めや、電子工作に使用するのなら、30N・m程度のトルクで十分でしょう。逆に、硬い素材にネジを締めたり、穴あけ加工を行ったりするには、より高いトルクが必要です。ウッドデッキ作成などの本格的なDIYが目的ならば、50N・m以上の製品が便利です。

最大締め付けトルクをチェック

何段階でトルク調整できるかも要チェック

何段階でトルク調整できるかも要チェック

多くのドライバードリルや電動ドライバーには、ネジを強く締めすぎてネジ山をつぶしてしまわないように、設定したトルクに達するとモーターの力が遮断されるクラッチが搭載されています。トルクの強弱を段階的に調節できる機構がついていることが多く、何段階でトルク調節が可能なのかも製品選びの基準となります。

電源方式で選ぶ

目的に合わせたトルクで選ぶ

充電式のコードレスタイプは取り回しやすく手軽に使える

長時間作業なら電池切れのないAC電源タイプが便利

充電式の製品がコードレスのため取り回し容易で、場所を選ばず手軽に使える一方、AC電源式は電池切れの心配が要らないため、長時間の作業で役に立ちます。充電式では、バッテリーの電圧が高いほどハイパワーになる傾向があるため、穴あけ加工を多く行ったり、より太くて長いネジを締めたりするには、電圧36V以上などの高電圧タイプを選ぶとよいでしょう。現在、充電池はリチウムイオン電池が主流です。一般的に、リチウムイオン電池は「長寿命」「放電が少ない」「軽量」などの特徴があります。

コードレスの製品を探す

最大使用時間と充電時間をチェック

バッテリー式の製品では、充電池の種類や容量によってフル充電で使用できる時間の長さが異なります。作業内容によっては電池切れのおそれがあるので注意が必要でしょう。また、充電池が満タンになるまでの所要時間もまちまちです。製品によっては急速充電機能を搭載したモデルもあります。

ビットの取り付け方式をチェック

つけ外しが簡単なスリーブ式

スリーブ式

スリーブ部にビットを差し込むワンタッチ操作でビットを装着できるスリーブ式は、ビットの着脱・交換が手軽なメリットがある一方、ビットの軸形状が決まった形のものでないと装着できません。なお、ほとんどの製品が六角形の軸形状に対応したものとなります。

丸軸にも六角軸にも対応できるドリルチャック式

チャック式

ドリルチャック式はビットを爪で挟んで固定する方式のため、六角形のほか丸型の軸形状をしたビットにも対応できます。

ドリルチャックの形式は2種類

ドリルチャック式には、ドリルチャック部を回転させて固定するキーレス方式と専用のチャックキーを使って固定する方式の2種類があります。電動ドライバードリルと電動ドライバーでは、手で回すだけで手間なくビットを着脱できるキーレスチャック方式が主流ですが、電動ドリルでは、ビットの緩みによる空回りが起きにくいチャックキー方式が多く採用されています。

チャックの形式をチェック

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Q数千円〜数万円と価格差が大きいですが、値段によって何が違いますか?
Aパワーや耐久性が異なるため、用途や使用頻度を加味して選びましょう。
価格帯が異なると、締め付けトルクや電圧、充電容量、耐久性などに違いがでてきます。2,000〜3,000円クラスだと締め付けトルクが小さく、バッテリー式の場合には電圧が低めだったり充電容量が小さかったりする傾向があります。組み立て式の家具など、ライトなDIY用途であればその価格帯の製品でも問題ありませんが、板から本棚を作成するなどの用途になってくると求められるパワーも大きくなりますので、5,000円〜1万数千円程度を視野に入れるとよいでしょう。数万円以上の高価なモデルでは前述の項目がより強化されるほか、高出力・高耐久なブラシレスモーターを搭載した製品などもあり、業務用の高頻度な使用にも応えるラインアップとなります。

このページの先頭へ

このページの先頭へ