電動ハンマ・振動ドリルの選び方

ご利用案内
ホーム > DIY・工具 > 電動工具 > 電動ハンマ・振動ドリル > 電動ハンマ・振動ドリルの選び方

電動ハンマ・振動ドリルの選び方

価格.com ユーザーが編集する電動ハンマ・振動ドリルの選び方のガイドです。電動ハンマ・振動ドリル選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェック!

概要編集する

「電動ハンマ・振動ドリル」は、壁やコンクリートブロックなどへの穴あけを目的とした工具です。前後のピストン運動で破砕するタイプを「電動ハンマ」、ドリルビットの回転に前後運動を付加したタイプを「振動ドリル」と呼びます。

電動ハンマ振動ドリル

電動ハンマ

振動ドリル
強力な破砕力の代償として動作の反動が大きく、製品サイズも大型です。両手で支えるT字型も特徴的です電動ドリルに似た風貌ですが、振動でブレないように、サイドハンドル付きが一般的です
「電動ハンマ・振動ドリル」の比較表
種類用途特長
電動ハンマ先端に取り付けたブルポイントやチゼルを前後させて粉砕する工具です。広範囲を削り取るのに最適です道路工事でも見かける「はつり」定番の工具。反動が大きいため、両手で持つT字型も多くあります。
振動ドリル電動ドリルに振動機能を追加した構造です。石材やレンガなどに円形の穴を開けるのに最適です振動機能をOffにして、電動ドリルとしても使用できるピストル型が多くあります

最終更新:価格.comスタッフ 2014/04/09 14:40:49

選び方のポイント編集する

電動ハンマ

電動ハンマ

・概要
ハンマの名の通り、コンクリートやアスファルトを打撃して破砕する工具です。振動ドリルと違って回転機能がないため、円形の穴を開けるのには適していませんが、広く深く掘るのに適しています。日曜大工やDIYで使われることは少ないですが、住宅の基礎部分や道路・岩石の切削など、プロユースには欠かせない工具です。

・ポイント
性能は打撃エネルギー(ジュール)と打撃数(回/分)で決まり、どちらも数値が大きいほど強力になります。カーボンブラシやグリスなどの消耗品の交換が必要な工具ですので、メンテナンスが容易なものを選びましょう。SDSシャンクや六角シャンクなど、ビットの取り付け構造や口径が異なるタイプがありますので、必ず本体に合ったものを用意してください。'

振動ドリル

振動ドリル

・概要
回転と同時にドリルビットを前後に動かすのが振動ドリルで、ハンマに比べて弱い打撃を高速で行うのが特長です。コンクリートやレンガに対して使うと摩擦が大きくなり、鉄工用のドリルビットでは焼けてしまいますので、必ず素材に合ったドリルビットを使用してください。特に作業直後のビットは高温になっていますので、直接触れないように注意が必要です。

・ポイント
振動数や回転数の調整機能があると、さまざまな素材や穴径に対応できます。反動を抑えた低振動タイプは、疲れにくく長時間の作業に向いています。ビットが抜けにくく、交換が容易なSDSシャンクが便利です。作業中は破片や粉塵が舞うため、防護メガネやゴーグルを着用しましょう。

最終更新:価格.comスタッフ 2014/04/09 14:42:10

FAQ(よくある質問と回答集)編集する

電動ハンマ・振動ドリル トレンド

  • メーカー
  • 価格帯
  • スペック

価格.comにおいて、どのメーカーの製品が売れ筋なのかがわかります。製品選びの参考にしてください。

棒グラフ円グラフ
  • 2020年7月のトレンド情報です

電動ハンマ・振動ドリル なんでも掲示板  -電動ハンマ・振動ドリルに関する話題ならなんでも投稿できる掲示板-

このページの先頭へ