価格.com

電気・ガス料金

電気ストーブにも色々? 電気代と特徴を把握して最適なものを選ぼう

電気代 節約(節電)ガイド

更新日:2016年11月08日

電気ストーブにも色々? 電気代と特徴を把握して最適なものを選ぼう

電気ストーブにも色々? 電気代と特徴を把握して最適なものを選ぼう

電気ストーブは大きく分けて3種類

冬の暖房器具は電気や灯油、ガスなど様々な熱源を利用しています。その中で、電気を熱エネルギーに変えて暖を取るのが電気ストーブ。電気ストーブには大きく分けて3つのタイプがあります。

1つ目はハロゲンやカーボンのヒーターが赤々と輝くタイプのもの(ふく射式)、2つ目は電気で暖めた空気をファンで室内に送るタイプのもの(温風式)、3つ目は、オイルヒーターに代表される室内の空気を自然対流させ部屋全体を暖めるもの(対流式)です。

  特徴
ふく射式 ヒーターが赤々と輝く カーボンヒーター
ハロゲンヒーター
温風式 暖めた空気をファンで室内に送る セラミックファンヒーター
対流式 室内の空気を自然対流させ部屋全体を暖める オイルヒーター
パネルヒーター

電気ストーブは、スイッチをオンにしている間は常に一定の電力を消費するので、長時間使い続けると電気代がかさむ傾向にあります。ここでは、こうした電気ストーブの特徴や電気代などについてお話ししましょう。

ふく射式 電気ストーブの特徴と電気代

特徴

電気ストーブというと、赤々と輝くヒーターに手や身体を近づけて暖まるタイプのものをイメージされる方が多いかと思います。このタイプの電気ストーブはふく射式と言われ、安価なものが多く手軽に使えるのがポイントです。電気を通すと発熱する発熱体を利用し、ヒーターから赤外線として放射。赤外線は周りの空気に熱を奪われることがないので、赤外線が当たった身体が直接暖まるという特徴があります。

そのため、寒い部屋やドアを開け放した店舗のような場所でも活躍します。ただし、赤外線が当たらない場所は暖かくならず、部屋全体を暖めるには向いていません。このタイプの電気ストーブには、ハロゲンヒーターやカーボンヒーターがよく使われていますが、今では熱効率のよいカーボンヒーターが主流で、かつて人気を誇ったハロゲンヒーターはほとんど見かけなくなりました。

電気代

それでは、気になる電気代をチェックしてみましょう。このタイプの電気ストーブは、2つのヒーターが内蔵されていて、1つだけ使う場合は「弱」、2つとも使う場合は「強」というのが通常です。

消費電力は、500W(弱)〜1000W(強)程度で、1kWh当たりの電気代を27円として計算すると(電気代の計算方法は以下も同様です)、それぞれの1時間当たりの電気代は13.5円〜27円となります。

温風式 セラミックファンヒーターの特徴と電気代

特徴

電気で加熱した電熱部にファンで風を送り、暖かくなった空気を室内に送風するタイプの電気ストーブは、温風式と言われます。このタイプの電気ヒーターでは、暖かくなる電熱部が特殊加工したセラミックでできている、セラミックファンヒーターがよく知られています。

温風式は部屋全体を暖めるタイプの暖房器具ではありますが、あまり広い部屋には適していません。一般的な600W〜1200Wタイプのセラミックファンヒーターなら、広くても6〜8畳程度までの部屋での使用にとどめておくほうがよいでしょう。

電気代

気になるセラミックファンヒーターの消費電力は、600W(弱)〜1200W(強)程度。それぞれ1時間当たりの電気代は16.2円〜32.4円となります。

対流式 オイルヒーターの特徴と電気代

特徴

空気と接触する面積を大きくとって、熱伝導によって空気を暖め室内の空気を自然対流、部屋全体を暖めるのが対流式電気ストーブの特徴です。対流式の代表格は、最近人気が高まっているオイルヒーター。

放熱板(フィン)がついた密閉容器内に入った難燃性のオイルを暖め、本体と室内の温度差によって生じる空気の自然な対流によって部屋を暖めます。部屋全体が暖まるまでは時間がかかりますが、無風で優しい感じのするやわらかな暖かさが得られるのが特徴です。

電気代

消費電力は、1200W(8〜10畳用)〜1500W(10〜13畳用)程度で、1時間当たりの電気代は32.4〜40.5円となります。1時間当たりの電気代は他の電気ストーブの「強」運転とあまり変わりません。

よく「オイルヒーターの電気代は高い」と言われますが、その理由は、他の電気ストーブと比較して使用時間が長いことが原因だと思われます。

節電につながる電気ストーブの上手な使い方

電気ストーブは、スイッチが入っている間は常にヒーターに電気が流れ続けるので、使用時間が長くなればなるほど消費電力量が増え、電気代が高くなります。そのため、使用時間をできるだけ短くすることが電気代を抑えるポイントになります。

ふく射式の電気ストーブは広い範囲を暖めることができないので、寒い部屋で手や身体をすばやく暖めたい時や足元など一部分を暖めたい時だけに使い、エアコンやファンヒーターなどで部屋全体が暖まったら電気ストーブのスイッチを切るという使い方がよいでしょう。

温風式は、部屋全体が暖かくなりますが、広い部屋には適していません。断熱性と機密性が高く、あまり広くない部屋(4.5畳や6畳程度)であれば効率的に部屋を暖かくできます。

優しい暖かさが特徴のオイルストーブは、他の暖房器具と併用することが少なく、使用時間が長くなりがちです。長時間部屋の中に人がいない時にはこまめにスイッチを切るといった基本的な対策はもちろん、エコモードなどの節電機能を使うことが大切です。

 特徴電気代
カーボンヒーター安価・手軽に使える13.5円〜27円/時
セラミックファンヒーター6〜8畳程度の部屋での使用に向く16.2円〜32.4円/時
オイルヒーター部屋全体が暖まる・無風で優しい32.4〜40.5円/時

電気ストーブの電気代節約は、その特徴を活かした使い方が出来るかにかかっています。ライフスタイルに合った機器を選び、賢く節約をしたいものです。

最新の節約術はこれだ!30秒でできる電気料金比較

もっと電気代を節約したい!電気料金プラン比較

「もっと電気代を節約したい!」と思っている人は多いことでしょう。電気代を節約する方法はたくさんあります。その中でも一度お試し頂きたいのが電気料金のプランを切り替えて電気代を節約すること。実は電気料金プランの切り替えは非常に簡単です。価格.com経由で申し込みをした人だけが受けられる特典も!高くなりがちな冬の電気代をかしこく節約しましょう。

価格.com限定キャンペーン実施中!

東京電力エリアではどのくらい節約できる?

関西電力エリアではどのくらい節約できる?

電気代 節約(節電)ガイドの人気記事

電気代 節約(節電)ガイドへ

あなたの家庭にピッタリの電気料金プランを診断します。電気料金プランシミュレーション
30秒ですぐできる!各社のプランを一括比較 電気料金プランシミュレーション いくら節約できるかチェック 価格.com限定キャンペーン実施中!

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止